2008/9 2008/10 2008/11 2008/12 2009/1 2009/2
2008/10 SCHEDULE
1 OFF
2
FUSION / GUITAR 野呂一生
CASIOPEA活動休止から約2年。そのすべての費やした…野呂一生、渾身のソロ・プロジェクト!
野呂一生
インスピリッツ
〜THE REAL NIGHT〜


カシオペアのリーダーであり、大半の曲を作曲し、「ASAYAKE」など音楽史に残る名曲を生み出して いる野呂一生。カシオペアの活動休止後に取り組んだソロ・プロジェクトは野呂自身が『現在まで の自分の活動のすべてのエッセンスが詰まっている』と自負する。SOLD OUT必至のスペシャル・ナ イト。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
野呂一生(g) 神保 彰(ds) 箭島裕治(b) 扇谷ケント(key) 林 良(key)
3
JAZZ / FUSION リー・リトナー&
フュージョン・ブームを巻き起こした歴史的名コンビが名古屋ブルーノートで甦る!
リー・リトナー&
デイヴ・グルーシン


歌心に溢れるギターと流麗なキーボードが織り成す、上質なワインのような味わい。スムース・ジャズ〜フュージョン界の頂点に輝き続ける2人の名コンビが復活。サポートは共にファーストコールとして名を馳せるエイブとウィル・ケネディ。音を知り尽くした4人による、珠玉のパフォーマンスは必見!
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥11,000
リー・リトナー(g) デイヴ・グルーシン(p,key) エイブラハム・ラボリエル(b) ウィル・ケネディ(ds)
4
5
JAZZ / FEMALE VOCAL 島田歌穂
ミュージカル界のディーバがジャズのスタンダードナンバーを中心に贈るスペシャル・コラボレート
島田歌穂
〜Acoustic Jazzin' Night〜


ミュージカル界のディーヴァのジャズ・アコースティックLIVE。優しく、そして切ないまでのヴォー カルと島健の繊細なピアノ、そして心の琴線を震わす納浩一のベースがスペシャル・コラボレート 。ジャズのスタンダードナンバーを中心にとっておきのJazzyナイトをお贈りします。普段とは違う極上なひとときを。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
島田歌穂(vo) 島 健(p) 納 浩一(b)
6 OFF
7
JAZZ ジョン・スコフィールド
晩年のマイルスが寵愛した個性派ギタリストと、盟友とも言える人気サックス・プレイヤーの競演。
ジョン・スコフィールド&
ジョー・ロヴァーノ
QUARTET

ジャズ・フュージョン界で大きな牽引役を果たしてきた2人の対決には格別の期待がこめられる。最 早シーンの大御所の域に入ったベテランの生み出す熱くとも繊細なインタープレイはジャズテイス ト満載のサムシングが大きな魅力だろう。変幻自在に技巧をこらす象徴的な職人の融合は、予測の つかない化学反応。当代きっての凄腕プレーヤーのコラボレーションは絶対に見逃せない。
<ジョン・スコフィールド オフィシャルホームページ>
<ジョー・ロヴァーノ オフィシャルホームページ>
ミュージックチャージ:¥8,500
John Scofield(g) Joe Lovano(sax) Matthew Penman(b) Matthew Wilson(ds
8 OFF
9
CLUB JAZZ ニコラ・コンテ
クロスオーバーなサウンドで独自のテイストを提示するヨーロッパ・クラブ・ジャズ界の大人気プロデューサー。
ニコラ・コンテ JAZZ COMBO



プロデューサー、DJ、ギタリストとしてマルチな活動を続けるイタリアの才人。'95年にSCHEMAの発 足に参加し、多くのプロジェクトを成功に導く。ジャズやブラジル音楽の要素を導入したスタイリ ッシュな音作りで高い評価を得る。なんと今回は天才シンガー、ホセ・ジェイムズをシンガーに迎 えて贈る。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
ニコラ・コンテ(g) ホセ・ジェイムズ(vo) ガエターノ・パルティピロ(sax) ティモ・ラッシー(ts,fl) ピエトロ・ルッス(p) ピエトロ・チャンカリーニ(b) テッポ・マキネン(ds)
10 OFF
11
津軽三味線 山口晃司
国内外で活躍をする、津軽三味線奏者山口晃司を中心としたプログレッシブロックバンド アクト カデンツァ いよいよ登場!

山口晃司
with
Act kadenza Special Unit

津軽三味線が歌い躍動する! あふれんばかりの才能を秘めた山口晃司の三味線の世界! 時流に迎合することなく、津軽三味線の伝統的曲からいい意味でのエゴと音楽性を存分に盛り込んだ楽曲を皆様にお届けします。演奏者として、また作曲者として、様々な音楽を生み出しそれを多くの人に聞いていただくその過程の中には、「津軽三味線をたくさんの人に知ってもらいたい」という、思いがあります。たとえ、1フレーズでも1音でも人に届く音を作れたら…津軽三味線奏者山口晃司を中心としたプログレッシブロックバンド『アクトカデンツァ』はそんな願いを胸に活動しています。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥4,800
山口晃司(津軽三味線) 大堀タカヒロ(g) 小川和也(ds) 勝 良平(p,key)
12 OFF
13
JAZZ / VOCAL シェリル・ベンティーン
大人気コーラスグループ、マンハッタン・トランスファーのソプラノ=シェリルの貴重な単独公演!
シェリル・ベンティーン
of
マンハッタン・トランスファー

人気・実力ともにトップを走り続けるコーラス・グループ、マンハッタン・トランスファー。中でもとりわけ高いポピュラリティを誇るシェリルが初登場。ソロ名義でのアルバムはコンスタントに発表しているが、クラブ公演は本国アメリカでも珍しい。名古屋ブルーノートでしっとりとした甘美な歌声が響き渡る。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,800
Cherl Bentyne(vo) Corey Allen(key) Kevin Axt(b) Dave Tull(ds,vo)
14
CROSS OVER M-Swift
Jazztronik、Free TEMPOらに続く、クロスオーヴァー/ハウス・シーンの窮児!ジャジーでダンサブルな一夜。
M-Swift Live Band
featuring
ヴァネッサ・ヘインズ(vo)
イタリア、イルマレコーズからファーストアルバムをリリースし、一躍クロスオーバージャズ界の寵児となったM-SWIFT。9月17日にポニーキャニオンからセカンドアルバムをリリースした「Evening Sun」をひっさげ、ロースタイラス、インコグニートでリードボーカルをつとめるドナ ガーディーアをロンドンから招き、8人編成のライブを行う。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,900
松下昇平(g,key) ドナ・ガーディアー(vo) 中村ケイスケ(tp) 後藤 篤(tb) 岡 和博(ds) 大和田晴臣(b) 宮崎裕介(key) 田中まゆ果(cho)
15 OFF
16 OFF
17
JAZZ / VOCAL 伊藤君子
国内外で高く評価される歌唱力と、常に挑戦し続ける意欲的な活動で注目を集めるジャズ・ヴォーカリスト!
伊藤君子


一聴して伊藤君子とわかる存在感が彼女にはある。しなやかな歌い方に、思わず引き寄せられてしまう。 伊藤君子の音楽は不思議だ。声とテクニックは勿論抜群だが、それだけではない。 小曽根真や大石学、後藤浩二といった共演者の個性が強ければ強いほど、彼女の歌は自然体になっていくのだ。 先日ここ名古屋ブルーノートを熱狂の渦に巻き込んだスティーブ・ガッドをして「君子の感性と情熱は、 側にいる者をゾクゾクさせる」といわしめた。今回のステージではどんな新しい一面を見せてくれるだろう。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
伊藤君子(vo) 後藤浩二(p) 坂井紅介(b) 海老沢 一博(ds)
18 OFF
19 OFF
20 OFF
21
JAZZ / FUSION リチャード・ボナ
アフリカの大地を感じさせるメロディアスなボナの世界。ファースト・コールの超絶テクニックも見逃せない。
リチャード・ボナ



カメルーン出身の天才ベーシスト&ヴォーカリスト。ジャコ・パストリアスに感銘を受けてベースを 始め、“ザヴィヌル・シンジケート”に加入。その後もパット・メセニーなど数多くのミュージシ ャンと共演、音楽シーンに欠かせない存在となった。'99年からはソロ活動も開始し、グローバルな 音作りで話題を集めている。ワン&オンリーの“ボナ・ミュージック”が、クラブを興奮と感動で 満たしてくれる。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,000
Richard Bona(b,vo) Taylor Haskins(tp) Etienne Stadwijk(key) Adam Stoler(g) Ernesto Simpson(ds) Samuel Torres(per)
22 OFF
23
CHANSON KAKEHASHI
親しみのあるシャンソンの名曲の数々を、日仏の歌手がロマンティックに歌い上げます。
日仏交流150周年記念
KAKEHASHI
〜フランコ・ジャポネ
シャンソン コンサート 2008〜

日本を代表するシャンソン歌手が、親しみのあるシャンソンの名曲の数々を、日本語とフランス語で歌い魅了します。  フランスからのゲスト、セシレームは、今のフランスのシャンソンをロマンティックに歌い上げます。 シャンソンを通して日仏文化交流のKAKEHASHIを、存分にお楽しみください。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,500
風かおる(vo) 広瀬敏郎(vo) パトリック・ヌジェ(acc,vo) 《ゲスト》セシレーム(vo)
24
JAZZ / CHORUS タイム ファイブ
誰もが必ずや耳にした極上のハーモニー。結成40周年を迎える大御所コーラス・グループ!
タイム ファイブ


同志社大学軽音楽部出身の先輩後輩同志で結成した男性5人のジャズ・コーラス・グループ。 誰もが必ずや耳にした極上のハーモニーで数々の受賞に輝くトップランクだ。 スイングジャーナル誌人気投票コーラス部門、21年連続・通算24回目の第一位を獲得。今年は記念すべき結成40周年を迎える。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
田井康夫(1st vo) 野口鎮夫(2nd vo) 勅使河原貞昭(3rd vo,tp) 吉村晴哉(4th vo,key) 杉江浩平(5th vo,fl) 長谷川清司(ds) 近藤研之(b) 相原英章(g)
25 OFF
26
JAZZ / BIG BAND デューク・エリントン・
黄金時代のハーレムが甦る。 ジャズ史上に輝く伝統のビッグ・バンド登場。
デューク・エリントン・
オーケストラ

※26日のみサンデーアフタヌーンスケジュール
26日(日)サンデーアフタヌーン
1st開場3:00pm 開演4:00pm
2nd開場6:00pm 開演7:00pm

27日(月)通常時間
1st開場5:30pm 開演6:30pm
2nd開場8:30pm 開演9:15pm

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥9,000
トミー・ジェームス(p/MD) エンリケ・フェルナンデス(as) マーク・グロス(as) シェリー・キャロル(ts) ボビー・ラヴェル(ts) ステファン・サックス(bs) マーク・マゴワン(tp) ケヴィン・ルイス(tp) セネカ・ブラック(tp) ラヴィ・ベスト(tp) スタフォード・ハンター(tb) ディオン・タッカー(tb) ジャック・ジェファーズ(tb) ジェニファー・ヴィンセント(b) マーティー・モレル(ds)
27
28
JAZZ / VOCAL 鈴木重子
暖かい歌声とチャーミングな美貌で人気を集めるジャズ・ヴォーカリスト。話題のピアニストをサポートに従えて登場!
鈴木重子
&ウォン・ウィンツァン

東大法学部卒という異色のキャリアに美貌と実力を兼ね備えた才媛、鈴木重子。NYブルーノートでの鮮烈なデビューから13年を経て、昨年6月には70年代の名曲を中心にしたニューアルバム『LOVE』をリリース。今回はジャズ・ポップスから現代音楽まで幅広く活動し、ヒーリング音楽ファンからも絶大なる人気を誇る、ウォン・ウィン・ツァンとの共演が実現。極上のステージを繰り広げる。
ミュージックチャージ:¥7,500
鈴木重子(vo) ウォン・ウィンツァン(p) ウォン美音志(g)
29
30
JAZZ FUNK 大槻KALTA英宣
J-JAZZ界で不動の人気を誇るドラマー、大槻 "カルタ" 英宣の呼びかけで集結したスーパー・セッション!
大槻"KALTA"英宣
『VERTICAL-ENGINE』
CD発売記念ツアー

J-JAZZ界で不動の人気を誇るドラマー、大槻 "カルタ" 英宣率いる「Vertical-Engine」が、待望のアルバムを携え久々の登場。豪華顔ぶれで送る白熱のパフォーマンス。新世代のジャズを物語るクールな楽曲と息をつかせぬインタープレイで熱いステージを繰り広げる。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,800
大槻カルタ英宣(ds) 太田 剣(sax) 天野清継(g) 新澤健一郎(p,key) 鈴木正人(b)
31
CLASSIC / VIOLIN 奥村 愛
クラシック音楽Entertainmentシリーズ記念すべき第1回目に登場!リバーダンスなどをピアノと贈るケルティック・ナイト!

クラシック音楽
Entertainment シリーズ

奥村 愛ヴァイオリンコンサート
加藤昌則(ピアノ・作曲)

デビュー作がクラシック界の新人アーティストとしては異例の20,000枚を超える大ヒットとなったのが6年前。デビュー当時はその美貌に注目が集まりがちだったが、コンスタントなCDリリースやリサイタルで着実にキャリアを重ね、いまや音楽家として揺るぎない地位を築いている奥村愛。CM・テレビ・ラジオへの出演も多い彼女が、ライフワークとして取り組んでいるのが、親子向けコンサートやワークショップ。敷居の高いイメージのあるクラシックをもっと身近に感じてもらいたいという彼女の活動は、名古屋ブルーノートのクラシック音楽シリーズのコンセプトともぴったり重なる。“ジャズクラブで、カジュアルにクラシックを楽しむ”という新しい価値観は新時代のトレンドとなる気がしてならない。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,000
奥村 愛(vln) 加藤昌則(ピアノ・作曲)
2008/9 2008/10 2008/11 2008/12 2009/1 2009/2