2009/1 2009/2 2009/3 2009/4 2009/5 2009/6
2009/02 SCHEDULE
1
JAZZ / FEMALE VOCAL マリーン
抜群の歌唱力と和やかなトークで贈る、
エレガントなジャズ・オン・ステージ。
マリーン
Marlene


【特別営業時間】
1stステージ
開場4:00pm 開演5:00pm
2ndステージ
開場7:00pm 開演8:00pm

日本デビュー30周年を迎える今年のマリーンは、いつもにも増して意欲的だ。昨年は本田雅人とのビッグ・バンド・ジャズでジャズ・シンガーとしての実力と華のある存在感を再確認させてくれたが、今年はなんと、ロックやラテンにも挑戦。BOWWOWの山本恭司がプロデュースするハードロックのアコースティック・カヴァー・アルバムでSTYXを歌ったかと思えば、熱帯ジャズ楽団のカルロス菅野プロデュースによるラテン・アルバムもリリースする予定だ。当然、ライブにも新展開を期待。だが、どんなジャンルを歌っても彼女の歌の"Magic"が人をハッピーにすることだけは間違いない。
ミュージックチャージ:¥8,000
  マリーン(vo) 秋田慎治(p) 藤井 摂(ds) 竹中俊二(g) クリス・シルバースタイン(b)
2 OFF
3 OFF
4
JAZZ / VOCAL 平賀マリカ
洗練、上質を極めた艶のある声、 スウィンギーにグルーヴするリズム感、 次世代のジャズ・シーンを代表する実力派ヴォーカリスト。
平賀マリカ


Marica Hiraga



リオの風がマンハッタンを吹き抜ける。ギル・ゴールドスタイン、マイケル・フランクス、マルコス・ヴァーリ、フィル・ウッズ、ケニー・ギャレット等々、巨人クラスとのインターナショナルなアプローチを完成させた“ボサ・ノヴァ・オマージュ”の決定版『BATUCADA〜Jazz'n' Bossa〜』発売記念ライブ!平賀マリカの洗練されたシルキーヴォイスと豪華オーケストレーションが繰り出す「ジャズとボッサの新たな融合」をお楽しみ下さい!
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,800
  平賀マリカ(vo) 堀 秀彰(p) 早川哲也(b) 藤井 摂(ds) 太田 剣(as) 渡辺かづき(sync) 平山織絵ストリングス・アンサンブル
5
POPS / MALE VOCAL ピーボ・ブライソン
ウォルト・ディズニー映画「美女と野獣」や「アラジン」のテーマ曲で世界中を酔わせるグラミー・シンガー!
ピーボ・ブライソン


Peabo Bryson

胸にじんわりと染み入るハートフルな歌声で世界中を魅了するソフトロック・バラッドの歌い手、そして、グラミー・シンガーのピーボ・ブライソン。ライブでは、誰もが知っているディズニー映画『美女と野獣』
や『アラジン』のテーマソングはもちろん、天国にいる母と姉に捧げた「ミッシング・ユー」など、パッションを感じずにはいられない感動の歌声を存分に聴かせてくれる。特に、女性シンガーとのデュエットは最大の見どころ。客席の女性に薔薇をプレゼントして回る演出も恒例となっている。耳と、そして心を潤す完璧なハーモニーにうっとりと酔いしれたい。
ミュージックチャージ:¥9,800
  ピーボ・ブライソン(vo) その他未定
6
7
CROSS OVER Jazztronik
国内外のクラブシーンを席巻しつづける、野崎良太率いる ミュージックプロジェクト。10周年を記念したスペシャル・ライブ!
Jazztronik

10th Anniversary
「JTK」Release Live Tour

ジャズトロニック

【クラブナイトタイム】
1stステージ
開場 6:00pm 開演 7:00pm
2ndステージ
開場 9:00pm 開演 9:45pm

昨年7月にミニアルバム『Repro』、12月にはアルバム『JTK』をリリースした、国内外のクラブシーンで高い評価を得ている野崎良太=ジャズトロニック。今回は活動10周年を記念したスペシャル・ライブで名古屋の夜をどんなときめきとハプニングで盛り上げてくれるのか!?サウンド・プロデューサー、リミキサー、プレイヤー、ピアニストとしても多方面で活躍している多才な彼だけに、期待に胸がふくらむ。11人編成という大所帯で繰り広げられる贅沢な演奏も楽しみだ。何よりも、気取りのない愛にあふれた野崎の人柄にふれてみたい。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
  野崎良太(p,key) 天倉正敬(ds) 藤谷一郎(b) 姫野朋久(sax,fl) 寺内 茂(tp) 有坂美香(vo) 為岡そのみ(vo) 越川 歩(vln) 伊藤 彩(vln) 三木章子(vla) 古川淑惠(cello)
8 OFF
9
FOLK / POPS ばんばひろふみ
テレビ・ラジオなどで活躍を続けるばんばひろふみが、【バンバン】の盟友高山 厳を迎えて贈るスペシャル・ステージ。
ばんばひろふみ 弾き語りライブ
(ゲスト:高山 厳)


Hirofumi Banba
guest Gen Takayama



フォークグループ「バンバン」に共に在籍していたばんばと高山が名古屋ブルーノートに初登場。旧友の二人が原点に戻り、全ての楽曲を本人弾き語りでお送りする。ばんばひろふみは、昨年、秋まで4年半の間、CBCラジオ「ツー快!お昼ドキッ」火曜日のパーソナリティーとして毎週、名古屋に通い生放送を行ってきた。また、2000年から8年続いた恒例のフォークイベント「青春のグラフィティコンサート」にも全て参加しており名古屋にゆかりの深いアーティストとなった。高山厳は、「心凍らせて」のヒットから、演歌・歌謡曲のイメージが強いが、元々はフォーク出身。2007年よりライブハウスを中心に、本人一人によるギターとピアノの弾き語りのみでライブ活動を続けている。フォーク・歌謡曲などのジャンルに関係なく「高山節」を披露するライブは、観客を魅了している。
<ばんばひろふみオフィシャルホームページ>
<高山 厳オフィシャルホームページ>
ミュージックチャージ:¥7,800
  ばんばひろふみ(vo,g)高山 厳(vo,p)
10
AOR / FEMALE VOCAL リタ・クーリッジ
都会的で大人の雰囲気漂う往年のAORサウンド。
「あなたしか見えない」など名曲の数々で綴る至福の夜。
リタ・クーリッジ


Rita Coolidge

立春を過ぎたとはいえ、特に寒さが身に堪える今年は、リタのスモーキーで温もりのある声が恋しく感じられる。デラニー&ボニー&フレンズでの活躍後、ソロ・シンガーとして「あなたしか見えない」「ウィ・アー・オール・アローン」「オール・タイム・ハイ」など数々の大ヒットを放ち、ユーミンのカヴァー曲もリリースするなど親日家としても知られているベテラン・シンガーだが、近年はジャズ・スタンダードでも魅力を発揮。'07年10月以来のステージは、豊かな表現力とその歌声で冷え切った心も優しく温めてくれるだろう。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,000
  リタ・クーリッジ(vo) マリー・アクラー(p) ジョン・マクダフィ(g/MD) ランディ・ランダス(b) ジム・マッカーティ(ds)
11 OFF
12
PIANO 西村由紀江
凛とした女性の魅力と彼女が紡ぎ出す美しいピアノの音色は、ピアノの楽しさと音楽の魅力を教えてくれる。
西村由紀江ライブ
〜おいしいピアノ〜

Yukie Nishimura

今までに30枚を超えるアルバムをリリースする制作活動の他、近年ではNHKテレビ「趣味悠々・西村由紀江のやさしいピアノレッスン」にピアノ講師として出演し、ピアノの楽しさ、音楽の魅力を、わかりやすく広めたことでも注目を集めた。彼女のふんわりしながらも凛とした人柄、またそこから紡ぎ出されるピアノの音色は、同世代の女性からの支持も高い。エッセイ「あなたが輝くとき」の出版、ドラマスペシャル「吉原炎上」の音楽担当、また、NHK「アーカイブス」のテーマ曲を手がけるなど、ますます意欲的に活動中である。代表作は、ドラマ「101回目のプロポーズ」、映画「子ぎつねヘレン」、NHK「アーカイブス」など。人気ヴァイオリニスト中西俊博をゲストに迎え、名古屋ブルーノート初登場。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
  西村由紀江(p) 《ゲスト》中西俊博(vln)
13
ROCK / FEMALE VOCAL レイチェル・ヤマガタ
やさしく、そして激しく…。ほろにがいチョコレート・ヴォイスで世界を魅了する女性シンガーソングライター。
レイチェル・ヤマガタ

with special guest
Kevin Devine

Rachael Yamagata

名曲「1963」が、'04年の音楽シーンを駆け巡ったとき、僕らはついにキャロル・キングを忘れるときが来たと感じた。それほどの衝撃をもって、このレイチェル・ヤマガタは世界に迎えられたのだ。あれから5年。最新作をひっさげて、ほろ苦い声の持ち主は、ここ名古屋にやって来る。デビュー直後に行われた来日ライブでは、CDよりも生々しい歌声で観客たちの心を鷲掴みにし、ライブでこそ最大の力を発揮するアーチストであることを証明してみせた。「1963」の衝撃をあなたにもライブで味わっていただきたい。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
  レイチェル・ヤマガタ(vo) ケヴィン・デヴァイン(vo,g) マイケル・チャヴェス(g) オリヴァー・クラウス(cello) ダニエル・カーライル(b) クリストファー・ジラルディ(ds)
14 OFF
15
JAZZ 大我
人種、国境、世代を越えたジャズ後継者トリオ。奇跡の瞬間!
Tiger Jazz Successors
Japan Tour 2009

大我


※特別営業時間
【サンデーアフタヌーン営業】
1stステージ開場3:00pm開演4:00pm
2ndステージ開場6:00pm開演7:00pm
うわさの神童が、再びこのステージにやって来る。日野皓正、秋吉敏子、山下洋輔、渡辺香津美、市川修、ハンク・ジョーンズ、エディ・ヘンダーソン、ルー・ドナルドソンなど、共演したジャズメンの名前を挙げれば、彼の実力が"大人顔負け"などという平凡なレベルではないことが分かるだろう。大御所バスター・ウィリアムズをして、「アート・ブレイキーの生まれ変わり」と言わしめた才能である。ベニー・グリーンも参加となる今回のスーパー・セッションは、世代も、国境も、想像までも遥かに超える伝説となるだろう。

※本公演は中学生以下でもご入場可能です。(要保護者同伴)
子供料金は名古屋ブルーノートのみでのご予約となります。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,900
子供料金(中学生以下):¥4,800
  大我 (ds) バスター・ウィリアムズ(b) ベニー・グリーン(p)
16 OFF
17
POPS / FEMALE VOCAL 岩崎宏美
ふくよかで包容力のある歌声。心にいつまでも残る名曲の数々をアコースティック・ヴァージョンで。
岩崎宏美


Hiromi Iwasaki

正統派アイドルとしてデビューした時からその歌唱力への評価は高かったが、透明で繊細だった歌声に深みと力強さが加わり、近年、益々その魅力に磨きがかかっている岩崎宏美。好評を博しているJポップの名曲カヴァー集「Dear Friends」第4弾が昨秋リリースされたが、このアルバム、正直、いい意味で期待を裏切ってくれた。もしかすると、彼女が本当に輝くのはこれからなのでは?と想ったほどだ。オーケストラをバックに歌うのをホールで聴くのもいいが、ライブハウスでのアコースティックもまた秀逸。ぜひ、間近であの歌声に癒されたい。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,900
  岩崎宏美(vo) 青柳 誠(p) 古川昌義(g)
18
19
JAZZ / SAX MALTA
パワーみなぎるキャラクターと入魂のブロウ!文化教育面でも後進の育成に尽力するスーパーSAX奏者。
MALTA Hit&Run


マルタ

毎年、様々なユニットを率いて素晴らしいライブを魅せてくれるMALTA。爽やかなフュージョンサウンドからストレート・アヘッドなジャズまで、エネルギー溢れるブロウは観るもの全てに元気を与えてくれる。近年、そのパッションを次世代の育成にも惜しみなく注ぎ、プロ・アマ問わない音楽発展に尽力している。「全日本高等学校選抜吹奏楽大会」では自ら審査員をつとめ、なんと“MALTA賞”があるほど。精力的かつ幅広い活動は観衆のみならず、一緒に演奏した人たちの心にも多くの夢と感動を与え続けている。さあ、今宵はどんな“熱”を魅せてくれるか。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
  MALTA(sax) 布川俊樹(g) 平下政志(key) ジーン重村(ds) 早川哲也(b) 三木成能(p)
20
POPS / MALE VOCAL リジャズ
大人のロック・スピリットあふれる珠玉のコラボレーション!
桑名正博&小島良喜


Masahiro Kuwana

昨年デビュー35周年のベストアルバムをリリースした桑名正博が、朋友とも言うべきピアニストとのスーパーセッションで登場する。東のキャロル、西のファニカンと言われたブギー/ブルース時代から「哀愁トゥナイト」や「セクシャルバイオレットNo.1」、そして名曲「月のあかり」に最新曲「あの日…」まで、日本語のロックを歌い続けてきた桑名と、井上陽水、Char、浜田省吾など多くのアーティストのライブやレコーディングに参加、グルーヴとブルースフィーリングに溢れたプレイで定評のある小島良喜との熱いステージは、ファンならずとも見逃せない!
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
  桑名正博(vo,g) 小島良喜(p) その他未定
21 OFF
22 OFF
23
POPULAR / ROCK 寺内タケシ
日本の音楽界に君臨する“キング・オブ・エレキ” 生誕70周年を記念するスーパーライブ!
寺内タケシとブルージーンズ

Takeshi Terauchi


'62年に“寺内タケシとブルージーンズ”を結成し、エレキブームの仕掛け人となり、世界のエレキファンから“エレキの神様”としてリスペクトされる寺内タケシ。'08年10月末時点で1421校を数える、ハイスクールコンサートをはじめとした社会貢献活動でも高く評価されており、その功績から先日【緑綬褒章】を受けた。昨年11月には、寺内タケシとブルージーンズによる『Mr.LEGEND』をリリース。70代を迎えてますます精力的に活動を続ける彼が名古屋ブルーノートに初登場!長く音楽界に君臨する、そのギタープレイは必見!
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
  寺内タケシ(g) 中村真也(g) 信田和雄(key) 猪川史子(key) 杉田孝弘(b) 松森英雄(ds) 岩澤あゆみ(vo)
24 OFF
25
CLUB JAZZ リジャズ
エレクトロニックを生ジャズ演奏に変換!
ドイツの7人組が来日。
[re:jazz]

リジャズ



昨年の12月にリリースしたアルバム『ニッポナイズド』で、DJクラッシュ、MONDO GROSSO、テイ・トウワといった日本のクラブ・アーティストが放った名曲の数々を、彼らの十八番である生ジャズ演奏でカヴァー。ならではの斬新な側面から、日本のクラブシーンでお馴染みの曲たちをアコースティックに生まれ変わらせたセンスの良さに、心をぎゅっと掴まれたリスナーも少なくないだろう。その味わい深いアコースティック・サウンドで、キャッチーに、クールに、ときにセクシーに会場を包み込んでくれるライブに期待!
ミュージックチャージ:¥6,500
  インガ・ルーニング(vo) オリバー・ライヒト(sax) ヤン・シュトゥアマー(g) マティアス・フォークト(p) ハイコ・ヒミングホーフェン(per) アンドレアス・マンズ(b) フォルカー・シュミット(ds)
26
JAZZ / FUNK / BRASS 村田陽一
日本を代表する管楽器奏者7人とドラムという編成。ボーダレスなジャンルの曲をSolid Brass流のアレンジで演奏
村田陽一 SOLID BRASS


Yoichi Murata

精力的な演奏活動をするトロンボーン奏者、村田陽一。プレイヤーとしては、実に1万曲以上のレコーディング・セッションに参加、ポップスのヒット曲には必ず参加していると言っても過言ではない。アレンジャーとしても、福山雅治をはじめ、今井美樹、サザン・オールスターズなど数多くのアーティストを手がけているマエストロだ。最近では人気TVドラマ『古畑任三郎』の編曲を担当するなど、お茶の間にも浸透している彼。今回のライブは、管楽器7人とドラムという編成。オリジナル楽曲やジャコ・パストリアスなど、ボーダレスな選曲で楽しませてくれる。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
  村田陽一(tb) 西村浩二(tp) 菅坡雅彦(tp) 佐藤 潔(tub) 小池 修(as) 竹野昌邦(ts) 山本拓夫(bs) 《ゲスト》渡嘉敷祐一(ds)
27
CLASSIC / PIANO 斎藤雅広
華麗にして自由闊達、そして雄弁。人々の想像を絶する斎藤雅広のスーパーマジカルピアノが名古屋の夜を席捲!

斎藤雅広
-スーパーマジカルピアノ-


Masahiro Saito

彼のステージは「虹色絵の具をぶちまけた」ようで、何色が出てくるか想像がつかない!とろけるようなショパンから思わず行進したくなるようなマーチ、目にもとまらぬハイスピード超絶技巧はマジシャンかと見紛うもの。高度なテクニックに支えられたパフォーマンス、その存在感は世界中のピアニストの誰とも比べられないオンリーワンのアーティストだ。さらにはコメディアン顔負けのトーク、観客を巻き込む「抱腹絶倒ピアノレッスン」など、引き出しは無数。クラシック作品を素材にして世界中にピアノの魅力を広める伝道師、いやマジシャンいやいやコメディアン!いいえ彼は正真正銘のヴィルトゥオーゾだ。
オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
斎藤雅広(p)
28 OFF
2009/1 2009/2 2009/3 2009/4 2009/5 2009/6