2009/6 2009/7 2009/8 2009/9 2009/10 2009/11
2009/07 SCHEDULE
1
POPS Song for Memories
「オフコース」「ハイファイセット」「ふきのとう」それぞれの代表曲や洋邦の名曲の数々を3人の美しいハーモニーでお贈りします。
Song for Memories(ソングフォーメモリーズ)

鈴木康博・山本潤子・細坪基佳


Yasuhiro Suzuki・Junko Yamamoto・Motoyoshi Hosotsubo


オフコース、ハイファイセット、ふきのとう。いわゆるニューミュージック世代の人間で、この3つのバンド名を聞いて反応しない人は、まずいないだろう。そのメンバーだった鈴木康博、山本潤子、細坪基佳の3人が'00年にライブ活動を中心に組んだユニットが“ソングフォーメモリーズ”だ。もともとハーモニーに定評があるバンド出身だけにハーモニーの素晴らしさは超一級品。ライブでは、それぞれの代表曲はもちろんのこと、懐かしい洋楽や邦楽の数々を聴かせてくれる。これが70年代後半なら間違いなくCSN&Y並みのスーパーグループだ。見逃せば後悔必至!!

鈴木康博オフィシャルホームページ
山本潤子オフィシャルホームページ
細坪基佳オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,800
  鈴木康博(vo,g) 山本潤子(vo,g) 細坪基佳(vo,g)
2 OFF
3
POPS / MALE VOCAL タケカワユキヒデ
世代を超えて愛される人気グループ“ゴダイゴ”を経て、 「ガンダーラ」「モンキーマジック」など幾多のヒット曲を持つシンガー・ソングライター。
タケカワユキヒデ


Yukihide Takekawa


'06年、結成30周年を機に完全復活を遂げた伝説のスーパーバンド、ゴダイゴ。彼らが世に送り出した「ガンダーラ」や「モンキー・マジック」「銀河鉄道999」などの名曲たちは、紛れもなくJ-POPの至宝だ。同時に、これらの名曲を生み出したタケカワユキヒデは、J-POP史上屈指のメロディ・メーカーであり、“自作曲を英語で歌うこと”にこだわった姿勢は、その後のシーンにも一石を投じた。最近ではBEATLESのトリビュートアルバムも好評だが、今回のライブはゴダイゴ時代のヒットソングやライブ初披露となる秘蔵の名曲もラインナップされ、必見なのは言うに及ばずだ。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,000
  タケカワユキヒデ(vo,p) 武川 基(vo,cho)
4
SPECIAL UNIT 仲井戸“CHABO”麗市
日本を代表するギタリストCHABOと“新時代の打楽器クリエイター”による予測不能な豪快コラボレーション!
仲井戸“CHABO”麗市・新谷祥子

THE Duet「ガルシアの風」


Reichi "CHABO" Nakaido・Shoko Araya


仲井戸麗市が誰かと創るステージ「THE Duet」の噂は、以前から耳に届いていたが、ようやく名古屋での初公演が決まった。お相手は"ロック・マリンバ"の異名を持つスーパー打楽器奏者、新谷祥子。東京では、終演後のスタンディング・オベーションが凄まじかったという絶妙の組み合わせである。時に力強く、時にしなやかな2人の音楽は、聴く者の胸を揺さぶり、会場を優しく包み込み、そして天にまで届くだろう。圧巻だというポエトリーリーディングとパーカッションのセッションにも期待したい。

仲井戸“CHABO”麗市オフィシャルホームページ
新谷祥子オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,000
  仲井戸“CHABO”麗市(g,cho) 新谷祥子(mar,per,cho)
5 OFF
6 OFF
7
SOUL / R&B アリ=オリー・ウッドソン
テンプテーションズ歴代リードシンガーの中で今なお最高の人気を誇るヴォーカリスト。本物のソウル・ショーをご堪能ください。
アリ=オリー・ウッドソン

(former lead singer of
ザ・テンプテーションズ)

Ali Ollie Woodson



7月7日(火)に公演予定をしてましたアリ・オリ・ウッドソン(vo)が体調不良ため急遽、 公演を中止とさせていただくこととなりました。 本公演をご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げております。
ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんが 何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
名古屋ブルーノート

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,500
※本公演は中止とさせていただきます。 アリ=オリー・ウッドソン(vo) フィリップ・ウー(key) クリフォード・アーチャー(b) 西山“HANK”史翁(g) ジェイ・スティックス(ds) ティファニー・マーティン(vo) タイニース(vo)
8
POPS / FEMALE VOCAL 大橋純子
「たそがれマイラブ」「シルエット・ロマンス」など数多くのヒット曲を持つ元祖“J-POPディーヴァ”
大橋純子

club circuit 2009 summer

Junko Ohashi


日本の音楽シーンに演歌とアイドルと歌謡曲というジャンルしかなかった時代に、良質な日本語のポップスを絶対的な歌唱力で世に送り出し、今日に続く礎を作った元祖J-POPのディーバ、大橋純子。デビュー35周年を記念してリリースされた第2弾カヴァー・アルバムも、井上陽水や松任谷由実、山下達郎らの名曲をバラエティに飛んだアレンジと繊細かつソウルフルな歌唱で、大人が聴ける作品に仕上げているのはさすが。旧作の同時再発と共にファンには嬉しい贈り物だ。恒例のクラブサーキットライブも今回はスペシャルな予感で、期待度大だ!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,500
  大橋純子(vo) 和田春彦(key) 六川正彦(b) 土屋 潔(g) 植村昌弘(ds) 後藤輝夫(sax,per) 山下由紀子(cho) 佐藤ひろこ(cho)
9
10
JAZZ / BIG BAND 小曽根 真
日本を代表するスター・プレイヤーが集結!小曽根真率いる世界レベルのビッグバンド!
小曽根 真

featuring No Name Horses

Makoto Ozone featuring No Name Horses


荒馬たちが帰って来る! 世界に誇るメジャー級のビッグバンドが、新作『ジャングル』を引っさげて名古屋ブルーノートに登場する。あのセルジオ・メンデスも絶賛したという新作は小曽根真でなければ構築できない驚愕のラテン音楽。ビッグバンドを、まるでピアノトリオのように操り、マジックを起こす小曽根が、今回はあなたを南国ジャズの世界へと連れて行ってくれる。パーカッションには、ディーディー・ブリッジウォーターのグループでも活躍しているオランダのパーネル・サトゥルニーノ。荒馬たちの新たなる挑戦が始まる!

※毎日営業時間が異なりますのでご注意ください
10日(金)■1st:Open 17:30 Start18:30 ■2nd:Open 20:30 Start21:15
11日(土)■1st:Open 17:00 Start18:00 ■2nd:Open 20:00 Start20:45
12日(日)■1st:Open 15:00 Start16:00 ■2nd:Open 18:00 Start19:00

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,900

スチューデント優待:¥7,400
(学生証持参)
小曽根 真(p) エリック宮城(tp,flh) 木幡光邦(tp,flh) 奥村 晶(tp,flh) 岡崎好朗(tp,flh) 中川英二郎(tb) 片岡雄三(tb) 山城純子(B-tb) 近藤和彦(as,ss,fl) 池田 篤(as,fl) 三木俊雄(ts) 岡崎正典(ts,cl) 岩持芳宏(Bs,cl) 中村健吾(b) 高橋信之介(ds) 【ゲスト】パーネル・サトゥルニーノ(per)
11
12
13 OFF
14
POPS / MALE VOCAL 布施 明
抜群の歌唱力で歌謡界を引率し続ける国内屈指のエンターテイナーによる貴重なクラブ公演!
布施 明


Akira Fuse




昨年9月にJ-POPのバラードを集めたカヴァーアルバムを発表、さらに今年4月、第2弾として女性アーティスト編をリリースした布施明。艶のある美声と抜群の歌唱力で定評のあるシンガーだが、この2作では得意とする熱唱型の歌唱と地声を封印し、語りかけるようなソフトな歌い方とファルセットを多用した新たな作品作りに挑戦。感情を押さえ込んだことで、逆に歌詞の奥行きや深みを感じさせているのはさすがだ。ライブでは、ぜひ洋楽のカヴァーも聞きたいところだが、いずれにしても“歌”を堪能できる、満足度の高いステージなのは間違いない。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥12,000
  布施 明(vo) その他未定
15
16
JAZZ PIANO / FEMALE VOCAL 「RHYTHMATRIX」
土岐麻子
ソウルフルでグルーヴィーなプレイヤーとして、平井堅・渡辺美里などポップスのプロデュサーとして多彩に活躍する奇才。
「RHYTHMATRIX」リリース記念ツアー

special guest 土岐麻子

クリヤ・マコト(p,key) コモブチキイチロウ(b) 安井源之新(per) 村上広樹(ds)

リズマトリックス


“スタイリッシュ・ジャズ”と“怒涛のリズム天国”が完璧に共存している音世界。それが“リズマトリックス”。天才クリヤ・マコトが新たに世に送り出したスーパーグループだ。イヴァン・リンスやジョイスとも共演歴を持つコモブチキイチロウ(b)や、ブラジル帰りでパンデイロの名手、安井源之新(per)らを従えて、ファースト・アルバム発売記念ライブがここ名古屋ブルーノートで行なわれる。アルバム内でキュートなスキャットを聞かせてくれた土岐麻子(vo)もゲスト参加。夢の饗宴をお見逃しなく!

クリヤマコトオフィシャルホームページ
土岐麻子オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
  クリヤ・マコト(p,key) コモブチキイチロウ(b) 安井源之新(per) 村上広樹(ds) 【ゲスト】土岐麻子(vo)
17
CLASSIC / GOSPEL 亀渕友香&VOJA
躍動するパッション、世界を包み込むラブ…。この歌声に魂を揺さぶられずにはいられない!未来への希望を体現する感動のステージ!!


亀渕友香&VOJA

−Soulful Stage!!−



Yuka Kamebuchi & VOJA


音楽は、魂を救う− そんな台詞がふとよぎる。亀渕友香とVOJAのステージの前で、人は童心にかえって遊ぶことができるのではないかと思う。彼らの歌声は、未来への希望に溢れている。世界への感謝と愛に満ちている。自分を赦し励まし、清々しさとともに明日を切り開くエネルギーを授かる。ゴスペルをルーツに、音楽そして人間の声の素晴らしさを伝えるゴスペル界の“BIG MAMA YUKA”とVOJAが初登場! 彼らの新たな挑戦として、クラシカルナンバーを独自のコーラス・アレンジで披露。クラシックとゴスペルの再融合の夜となる。魂に響く圧倒的なパワーを体感!!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,000
  亀渕友香 (vo) VOJA 10名 黒木 真(p)
18 Private Event
19 Private Event
20 Private Event
21
PIANO / FEMALE VOCAL 国府弘子&MASAKO
ピアノ界のスーパレディーと華麗なコーラスグループ「サーカス」の歌姫。暖かい音楽とオトナなトークは絶品。
国府弘子&MASAKO(from サーカス)



Hiroko Kokubu & MASAKO


新たな世界に挑戦し続けるピアノ界のスーパー・レディー、国府弘子と華麗なコーラス・グループ“サーカス”の歌姫、MASAKO。2人が醸し出すお洒落な空間に聴こえてくるのはポップス、ジャズ、クラシックなどジャンルを超えたハート・ウォーミングな音楽。長いキャリアを重ねてきた彼女たちだからこそ実現した珠玉のコラボレーションは、純粋な音楽の楽しみ方を再発見させてくれる。「最近コンサートへ行ってないなぁ…」という方にこそ是非ご覧いただきたいライブ。大切なパートナーを誘って“少し着飾ってジャズ・クラブでデート”なんて素敵じゃないですか。

国府弘子オフィシャルホームページ
叶 正子オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
7月2日一般予約受付開始 国府弘子(p) 叶 正子(vo)
22 OFF
23 OFF
24
POPS / CHORUS Baby Boo
ハーモニーの美しさに澄んだ感動をプレゼントしてくれる、人気男声ヴォーカル・グループ。
Baby Boo

Live Tour 2009 「VOICE」

ベイビー・ブー


ライブが好評で人気の、実力派ヴォーカル・グループ"Baby Boo"今年の夏のツアーは、ヴォイス・パーカッションの渡辺悠を迎えたスペシャルなステージ。また、ツアータイトルの"VOICE"には、今回のステージにかける彼らの意気込みと自信が表れている。昨年リリースされたコンセプト・カヴァー・アルバム『ありがとう』では、邦楽の幅広いアーティストの楽曲をカヴァーし、新たな魅力を披露。ピュアな歌声から産み出される完成されたヴォイス・ワークと、ルックスの良さで、この2日間も多くのファンを魅了し、感動させられるだろう。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,500
  Cherry(vo) U:suke(vo) Shinobu(vo) Ken(vo) You(vo) 【ゲスト】渡辺悠(voice percussion)
25
26 Private Event
27 OFF
28
FRENCH POPS クレモンティーヌ
フレンチ・ポップの代名詞、クレモンティーヌが爽やかでハッピーなパリのエスプリをお届け。
クレモンティーヌ



Clementine


フレンチ・ポップスの女王が、ふたたび私たちに素敵な時間を届けてくれる。昨年は、 「大切な人、素敵な人と過ごす、“至福の時間”」をシリーズ・テーマにした3部作『Sweet Illumination』、『Sweet Rendez-Vous』、『Chocolats Et Sweets』をリリースし、改めて彼女の独特な空間を醸し出す歌声の魅力と実力を再認識させられた。オリジナル曲から素敵なカヴァー曲までレパートリーが多く、夏がピッタリな彼女だけに、その選曲にも期待は高まる。シャンパングラスを片手に、心地よい歌声に身を委ね、名古屋ブルーノート流のヴァカンスを楽しんでいただきたい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,000
  クレモンティーヌ(vo) ロブソン・ガルディノ(b,g) ローラン ・デ・オリベイラ(p,key) クリストフ・ブラス(ds)
29
POPS / PIANO 花*花 / 三輪洋子
誕生10周年を機に今年再結成を果たした花*花が、盟友でもある新進気鋭のピアニスト三輪洋子とステージをシェア。
花*花 / 三輪洋子



hanahana / Yoko Miwa


今年結成10周年を迎え、あのエヴァーグリーンな二人の歌声が帰ってくる。メジャーデビュー後、すぐにヒット曲に恵まれ人気を確立するが、'03年に突然の活動休止。その後はソロでの活動を続け、それぞれのペースで活動してきた。そして、“花*花”としての充電期間を終え、その間に育んできた生活から新たに生まれた、彼女たちのさらなる魅力と表現力が期待される。しかも今回は、アメリカ東海岸を中心に活動するジャズピアニストの三輪洋子をフィーチャーし、ブルーノートでしか体感出来ない特別なステージになりそうだ。

花*花オフィシャルホームページ
三輪洋子オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,300
  三輪洋子(p) 【花*花】 こじまいづみ(p,vo) おのまきこ(p,vo)
30 OFF
31 OFF
2009/6 2009/7 2009/8 2009/9 2009/10 2009/11