2010/3 2010/4 2010/5 2010/6 2010/7 2010/8
2010/04 SCHEDULE
1
HAWAIIAN アネライカラニ
美しいファルセットで、今もっとも注目を集める歌姫。ハワイアンソングとフラに包まれ楽園へトリップ!
アネライカラニ


 
Anelaikalani


優しさや繊細さに加え、力強さを秘めた透明感のある美しいファルセットで聴くものを魅了するハワイの若手シンガー、アネライカラニ。天使の歌声と評されたヒーリング・ヴォイスは、ハワイだけでなく、海外でも人気上昇中。ハワイの豊かな自然、命の尊さ、生きる強さを、愛あふれる波動でゆったりと伝えるライブは、疲れた心とカラダをほぐしてくれるはず。今宵、ハワイアン・ソングとフラで、名古屋ブルーノートが楽園ハワイに大変身!? 彼女の笑顔が運んできた本場の風と神秘的な空気を感じて、名古屋にいながらハワイへトリップ!

ミュージックチャージ:¥5,800
アネライカラニ(vo) その他未定
2
BOOGIE WOOGIE PIANO 斎藤圭土
古典的Boogieの継承者として注目を集める“レ・フレール”の斎藤圭土が“巨匠”アクセルを迎えて贈るスペシャル・ライブ!
Legendary Standard

斎藤圭土&アクセル・ツヴィンゲンベルガー

The Boogie Woogie in NAGOYA
 


Keito Saito & Axel Zwingenberger


“レ・フレール”の斉藤圭土は、ピアノの可能性をストイックなまでに追求し、同時に音楽の歓びをすべての観客と分かち合うことが出来る類稀なる才能の持ち主である。国際的にも高く評価され、古典的なブギ・ウギの継承者として、またアジアのブギ・ウギ・シーンの牽引役としても注目を集めている。今回はビル・ワイマンとも共演しているドイツのブギウギ・ピアニスト、巨匠アクセル・ツヴィンゲンベルガーを迎えて白熱の連弾を披露する。“レ・フレール”とは一味も二味も違ったキャトルマン・スタイルを堪能したい。プレミアム・ライブになること間違いなし!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
斎藤圭土(p) アクセル・ツヴィンゲンベルガー(p)
3 Private Event
4
R&B / MALE VOCAL 黒沢 薫
ゴスペラーズと並行して精力的なソロ活動を展開。圧倒的な歌唱力とパフォーマンスでオーディエンスを魅了する…。
黒沢 薫LIVE TOUR 2010


“Spice for Lovers〜全ての香辛料は愛に通ず〜”


Kaoru Kurosawa


「Spice for Lovers〜全ての香辛料は愛に通ず〜」をツアー・タイトルに、ゴスペラーズの黒沢薫が名古屋ブルーノートに登場。果たしてカレー好きで知られる彼ならではのこのタイトルに秘められた想いとは!? 自身のオリジナル、洋楽のカヴァーなどをバンド編成でダイナミックに、ときにピアノだけで儚く美しく表現し、圧倒的な声の存在感をあますところなく披露する黒沢。スパイスを効かせ、広い音域を自在に操るロマンティックな音楽の世界は、ソロならではの醍醐味かも。気さくに客席に語りかけるMCも楽しみのひとつ。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
黒沢 薫(vo) 松本圭司(p,key) 太田貴之(g) 笹井克彦(b) 田中栄二(ds) MARU(cho) YUKO(cho)
5
AOR / FEMALE VOCAL リタ・クーリッジ
都会的で大人の雰囲気漂う往年のAORサウンド。
「あなたしか見えない」など名曲の数々で綴る至福の夜…。
リタ・クーリッジ


 
Rita Coolidge


デラニー&ボニー&フレンズやジョー・コッカーのバック・コーラスで活躍し、“デルタ・レディ”と呼ばれたスワンプ・シーン(アメリカ南部で流行したスタイル)を代表する女性シンガーから、『あなたしか見えない』『ウィ・アー・オール・アローン』などのヒットで知られるクイーン、そして自らのチェロキーのルーツを色濃く反映した「WALELA」、そして近年ではジャズ・シンガーとしても魅力を満開! その多彩な声色と深みのある表現力には、リラックスと同時にグイグイと惹き込まれていく強い力が満ちている。親日家でもある彼女の親しみ溢れるステージをお楽しみに!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,900
Rita Coolidge(vo) Mary Ekler(p) John McDuffie(g/MD) Randy Landas(b) Lynn Coulter(ds)
6 OFF
7
JAZZ / VOCAL ソフィー・ミルマン
魅惑的な歌声とルックスを併せ持つ、トロントを拠点に活躍する新進ジャズ・ヴォーカリスト。
ソフィー・ミルマン


 
Sophie Milman


カナダのジャズシーンが熱い。バンクーバー五輪で国歌斉唱を行ったニッキーがその若さで注目を集めているが、このカナダのシーンを牽引しているのは、他ならぬソフィー・ミルマンである。彼女の声は、ユダヤ教のカンター(祈りを詠唱する歌い手)だった祖父の影響なのか、独特の響きを持っている。重厚で、繊細で、艶もある。異例の大ヒットとなった世界デビュー作から4年が経とうとしているが、彼女が登場した衝撃はいまも余韻となって耳に残っている。ソフィーの魅力を最大限に引き出すポール・シュロフ(p)とともに待望の来日である。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,900
Sophie Milman(vo) Diego Rivera(sax) Paul Shrofel(p/key) Peter Slavov(b) Jim Doxas(ds)
8
JAZZ / VOCAL ジャネット・サイデル
心安らぐ優しい歌声で幅広く愛されるオーストラリア・ジャズ界のファースト・レディ。
ジャネット・サイデル・トリオ


 
Janet Seidel


ジャネット・サイデルはピアノを弾きながら歌うジャズ・シンガーである。母国オーストラリアでは“ジャズ界のファースト・レディ”と呼ばれ、日本では辛口で知られる寺島靖国氏から「何を歌ってもハズレなし!」と絶賛されている。親しみやすく、チャーミングで、ピュアな声。彼女が歌うと大定番の「シャレード」や「虹の彼方に」や「サムバディ・ラヴス・ミー」も瑞々しい輝きを放ち、ブロッサム・ディアリーやペギー・リー、コール・ポーターが空から微笑みかけているのが分かる。春のひとときを優しい声に包まれてお過ごしいただきたい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,500
ジャネット・サイデル(vo,p) チャック・モーガン(g) デイヴィッド・サイデル(b)
9
GUITAR / FLAMENCO 沖 仁
本場スペインの権威あるフラメンコギターコンクール、ファイナリストの実力を間近で体感!
沖 仁

Flamenco Guitar Concert
 

Jin Oki


'08年に権威あるフラメンコギターコンクール「III CONCURSO INTERNACIONAL DE GUITARRA FLAMENCA NINO RICARDO」に出場。決勝の5人に選ばれ、惜しくも受賞は逃したものの、国際部門第2位にランクインするという快挙を手にした沖仁。彼が奏でる情熱的なフラメンコギターの音色は、ときに静かでゆるやかに切なく、ときに感情を揺さぶるほど熱く燃えて躍りだす。この卓越した繊細なギター・テクニックと魂を込めたプレイは、ぜひライブで体感を。常に進化し続ける豊かなギターの響きに耳を澄ませ、スペインに思いを馳せて。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,500
沖 仁(g) 高岸弘樹(Palma, Cante) 石塚隆充(Palma, Cante)
10
JAZZ / FUSION 野呂一生&櫻井哲夫
「カシオペア」の始動メンバーだった二人が幻のバンド名のもとに集結! フュージョンの伝説がいま再び…。
野呂一生&櫻井哲夫

〜PEGASUS〜

 
Issei Noro & Tetsuo Sakurai


日本の伝説的フュージョン・バンド“カシオペア”最盛期の双頭が、“ペガサス”として飛翔! デビュー盤発売記念ライブとして、アコースティック・デュオ・セッションで登場。30年のキャリアを歩んできた2人が若き日に熱く傾倒した洋楽ヒットナンバーから、カシオペア時代の名曲のセルフ・カバー、最新オリジナル曲まで、熟成されたサウンドと絶妙のハーモニーで競演! 時に美しく、時にスリリングなカシオペアとは一味違った世界の中に、ジャスト世代も新生ファンも、2人の音楽的ルーツと今のフレッシュな心意気を鮮明に感受できるはず。

野呂一生オフィシャルホームページ

櫻井哲夫オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
野呂一生(g) 櫻井哲夫(b)
11
BLUES / GUITAR ロバート・クレイ
初登場! スティーヴィー・レイ・ヴォーン亡き後、独りでブルース界を支え続けた孤高の男がやって来る!
ロバート・クレイ


 
Robert Cray


1980年代。ブルース不毛の時代に新たな生命を吹き込んだのは、スティーヴィー・レイ・ヴォーンとロバート・クレイの二人だけだった。スマートでエモーショナルなギタープレイは、チャック・ベリー、ジョン・リー・フッカーといった大御所を残らずノックアウトした。名曲「スモーキング・ガン」がブルース史上に残る大ヒットを記録すると、エリック・クラプトンが自分のコンサートに彼を合流させた。素人も玄人も、ロバート・クレイのライブを生で見ると彼の虜になってしまう。手が届きそうなジャズ・クラブでその感動を味わっていただきたい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,900
ロバート・クレイ(g,vo) ジェイムズ・パウ(key)
リチャード・カズンズ(b) トニー・ブラウナジェル(ds)
12 Private Event
13 OFF
14
POPS / FEMALE VOCAL 杏里
「CAT'S EYE」「悲しみがとまらない」「オリビアを聴きながら」など、珠玉のヒット曲に包まれる特別な夜…。
杏里



ANRI


恋する女性の気持ちを美しいメロディと、夏のリゾートにいるような気分で聴かせてくれる杏里。クリーンで憂いを帯びた歌声は、恋に悩み迷う女性たちを優しく包み込んでくれる。今回はファンのリクエストに応え、隠れた名曲もリストアップすると共に昨年発売された『ANRI AGAIN』の中からも数曲を予定している。また、海外ミュージシャンと数多くのコラボレーションを通して培った経験は自身の音楽にも大きく反映されている。マイペースに、そして地道にソングライターとしての道を歩き続けてきた彼女から今後も益々目が離せない。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥12,000
杏里(vo) 安部 潤(key) Lenzie Crosby(b) 高山 一也(g)
Kenny Moslay(ds) Luiz Gustavo(sax) 小島 恵理(cho)
freddiesnedeco(cho)
15 OFF
16
POPS / FEMALE VOCAL 杏里
「CAT'S EYE」「悲しみがとまらない」「オリビアを聴きながら」など、珠玉のヒット曲に包まれる特別な夜…。
杏里



ANRI


恋する女性の気持ちを美しいメロディと、夏のリゾートにいるような気分で聴かせてくれる杏里。クリーンで憂いを帯びた歌声は、恋に悩み迷う女性たちを優しく包み込んでくれる。今回はファンのリクエストに応え、隠れた名曲もリストアップすると共に昨年発売された『ANRI AGAIN』の中からも数曲を予定している。また、海外ミュージシャンと数多くのコラボレーションを通して培った経験は自身の音楽にも大きく反映されている。マイペースに、そして地道にソングライターとしての道を歩き続けてきた彼女から今後も益々目が離せない。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥12,000
杏里(vo) 安部 潤(key) Lenzie Crosby(b) 高山 一也(g)
Kenny Moslay(ds) Luiz Gustavo(sax) 小島 恵理(cho)
freddiesnedeco(cho)
17
18 Private Event
19 OFF
20 OFF
21 OFF
22
POPS / MALE VOCAL 原田真二
恒例となったクラブ・ギグ! 今回はデビュー33周年記念となるNew Singleを携え、スペシャルな編成で登場!
原田真二

Spring Live Tour 2010
“Goodbye Tears”


 
Shinji Harada


今年1月にシンガー・ソングライター中川晃教とのスペシャル・コラボで登場した原田真二が、なんと今回は“デビュー33年”を記念してサプライズ構成でのライブを実現! 1stステージでは、たっぷりのソロパフォーマンスで、『キャンディ』はじめ自身のヒットナンバーから最新ナンバーまでを軽快なトークとともにたっぷり披露。2ndステージでは、今や盟友とも言える敏腕ベーシストのウォーネル・ジョーンズ、ドラマーには俳優としても活躍中の川野直輝を迎えてのトリオサウンドで、パワフルチューンを展開。思わず立ち上がって盛り上がってしまいそう!


【1stステージ】原田真二(vo,g,p)・・・アコースティックVer.
【2ndステージ】原田真二(vo,g,p) Wornell(b) 川野直輝(ds)

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
【1stステージ】原田真二(vo,g,p)・・・アコースティックVer.
【2ndステージ】原田真二(vo,g,p) Wornell(b) 川野直輝(ds)
23
JAZZ / VOCAL 平賀マリカ
スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞3年連続受賞の実力は圧巻! 話題の歌姫がブルーノートに登場。
平賀マリカ

「Sing Once More」 Tour


Marica Hiraga


幾度となくジャズボーカル賞を受賞。ジャズ・ボーカル・レッスンの講師も行いながら日本のジャズ・シーンをリードする実力派ヴォーカリスト、平賀マリカ。その活躍は歌にとどまらず、ラジオのパーソナリティや音楽専門誌でルポを執筆するなど、多彩な一面も。待望のライブでは、洗練された深い声質、艶やかな表現力、抜群のスウィング感、そして、エンターテイメント性を帯びた華やかなステージングで、会場を盛り上げてくれるはず。ポップス、ラテン、ボサノヴァまでも自身のジャズ・テイストで可憐に歌い上げる彼女に、もう夢中!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,800
平賀マリカ(vo) 荒武裕一朗(p) 生沼邦夫(b) 力武 誠(ds) 太田 剣(sax)
24
JAZZ / PIANO 塩谷 哲 トリオ
ジャンルを超えて活躍する“Salt”が、縦横無尽に繰り広げる新世代ピアノトリオのサウンド!
塩谷 哲 トリオ Live 2010


 
Satoru Shionoya


今年2月に名古屋のしらかわホールで行われた上妻宏光(三味線)との共演はじつに素晴らしかった。100% Made in Japanの音楽が世界のK点を遥かに超えた名演であった。様々なコラボを繰り返して進化を続ける塩谷哲。その姿をワクワクしながら、でもちょっと寂しい思いをしながら眺めていた。なぜならこの男の真骨頂はやはりジャズ。特にベースが井上陽介にチェンジしてからのトリオは、いま、日本で最高のピアノトリオと言ってよいだろう。さあ、このライブツアーこそがjazzman塩谷哲の2010年仕事始めである。いま最高のジャズの姿を見逃すな!

オフィシャルホームページ



ミュージックチャージ:¥7,000
塩谷 哲(p) 井上陽介(b) 山木秀夫(ds)
25
FEMALE VOCAL アンナケイ
天性の歌声と、マルチに楽器を弾きこなす豊かな才能…。オーガニックなJAZZYサウンドでブルーノートを包み込む。
アンナケイ


 
Annekei


プロデューサーとして名乗りを上げたリー・リトナーを筆頭に、L.A.音楽シーンの凄腕ミュージシャン陣が参加した自身3枚目のアルバム『タッチ』。自ら演奏もこなす彼女だが、このアルバムによりヴォーカルはもちろん、ソングライターとしての才能に光が向けられ、蓮花のごとくポン、ポン、と音を立てて開花したと言えるだろう。世界のミュージシャンが認めたその魅力は、驚くほど自然で心地よく、音楽を聴くことの楽しさを誰にも享受してくれる。DIMENSIONのスーパー・ギタリスト増崎孝司とともに登場、成長ぶりがますます楽しみ!

ミュージックチャージ:¥6,000
アンナケイ(vo,g,key) 増崎孝司(g) 浜崎賢太(b) 則竹裕之(ds)
26 OFF
27 OFF
28
SOUL / FUNK つのだ☆ひろ
もっとも有名なドラマーといえばこの人! 卓越したテクニックと永遠のマスターピース「メリー・ジェーン」を…。
つのだ☆ひろ


 
TSUNODA☆HIRO


いつも明るく元気なオーラをふりまき、音楽のみならず幅広いシーンで大活躍の豪放ドラマーがやって来る! 般若心経をベートーベンの第九にのせ、ゴスペルアレンジで度肝を抜いたかと思えば、JAZZ界のトップ・ミュージシャンを集めて正統派ビッグバンドを結成したり、童謡や懐かしの名曲をソウルフルに歌い上げたアルバム『和魂洋才』を発表するなど、一見破天荒な中に人情味の厚さが感じられるところが、“ミスター・メリージェーン”の真骨頂。笑いも感動もひとつになって楽しめる、超絶ドラムプレイと和やかなステージが待っている。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
つのだ☆ひろ(ds,vo) 川勝陽一(p) 飯塚昌明(g) クリス・シルバーステイン(b) 小西真澄(key) 堤 智恵子(sax) 石母田まゆか(cho) 高橋奈保子(cho) 五条 文(cho)
29
PIANO 西村由紀江
その豊かな才能から紡ぎだされる美しくやわらかい音色…。ピアノを通して音楽の魅力を幅広く展開。
西村由紀江


 
Yukie Nishimura


今までに30枚を超えるアルバム制作活動の他、NHKのテレビ番組にてピアノ講師として広く注目されるなど、彼女の幅広い活動を通じてその柔和な人柄と演奏に惹かれたファンは多い。初めての著書「あなたが輝くとき」でも、同世代の女性の支持を集めた。葉加瀬太郎プロデュースのレーベル“HATS”への移籍第1弾アルバム『ビタミン』には、美しい演奏によるヒーリング効果はもちろん、聴いた人が元気になれる “音楽のビタミン”的ナンバーを多数収録。ライブでは、オリジナル曲以外にも、クラシックの名曲なども多数披露予定!


【特別営業時間】
1st開場 3:00pm 開演 4:00pm
2nd開場 6:00pm 開演 7:00pm

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
西村由紀江(p)
30
POPS / MALE VOCAL 岸田敏志
シンガー・ソングライター、役者として様々なステージで活躍を続ける岸田敏志のハート・ウォーミングなコンサート。
SATOSHI KISHIDA Live Tour 2010

“つながろうよ”

 
岸田敏志


本業のシンガーソングライターのほかに、ドラマやミュージカルでも活躍中の岸田敏志。あったかい人柄が伝わってくる彼のニューミュージックは、故郷や家族をテーマにした曲が多い。子どものころ眺めていた景色や、誰もが体験した想い、秘めた感情を丁寧に綴った歌は、胸の奥にじんわりと沁みて、ついつい自分と重ねあわせてしまう…。今回のツアー・テーマは「つながろうよ」。岸田はどんな気持ちでこの言葉を伝えてくれるのか。そして、つながった瞬間、何を感じるのだろう!? 恒例の名曲コーナーも楽しみ。優しさに包まれるひとときを。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,300
※本公演は1stステージのみの1日1ショーとなります。 岸田敏志(vo,g) 丸山ももたろう(g) 神佐澄人(p) 稲田慎太郎(per)
2010/3 2010/4 2010/5 2010/6 2010/7 2010/8