2010/6 2010/7 2010/8 2010/9 2010/10 2010/11
2010/08 SCHEDULE
1
SOUL / POPS 露崎春女
癒しと力強さが同居した圧倒的歌唱力と魂を揺さぶる圧巻のライブパフォーマンス!
露崎春女

“Summer Breeze”


Harumi Tsuyuzaki


テレビの歌番組でホイットニー・ヒューストンの「ALL AT ONCE」を歌う露崎春女を観て、画面に釘付けになった。曲に敬意を表しながらも、日本人離れした表現力と美しい歌声で、自分の持ち歌のように歌う姿に、感動で涙が止まらなかった…。多くのファンが待ちわびる中、'08年に再スタートをきり、作詞作曲をはじめ、トラックメイキング、ヴォーカルアレンジ、プロデューサーと活躍の場を広げている彼女。この、癒しと、生きる強さを兼ね備えた歌声はぜひ生で体感してほしい。誰もがきっと、露崎春女の存在の大きさに気づくことだろう。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,300
6月15日一般予約受付開始 露崎春女(vo) 田中“Tak”拓也(g) 松田博之(b)
MAKO−T(key) 中村 亮(ds)
2 -
3 -
4
POPS / FEMALE VOCAL 辛島美登里
シンブルな中にもしっとりと深みのあるアコースティック編成でのライブ。シックで大人の魅力が詰まった特別な一夜。
辛島美登里

ベストアルバム発売記念コンサート
〜カラフル〜



Midori Karashima


のびやかなヴォーカル、洗練されたメロディ、女性の揺れ動く心境を見事に綴った歌詞。90年代から現在に至るまで、もはやOL層という括りだけでなく、現代を生きる女性たちに幅広く支持され続けるアーティストに。ここ数年のTALK&LIVEスタイルでの公演は、澄み渡るやわらかな歌声、著書などからも感じ取れる自然体の彼女を身近に感じることができるとあって、全国各地で大好評。デビュー20周年を迎え、8月にリリースするオールタイム・ベストから「サイレント・イヴ」「あなたは知らない」等を中心にじっくりと聴かせる。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,800
6月3日一般予約受付開始 辛島美登里(vo,p) 古川昌義(g) 古川初穂(p)
5
JAZZ / WORLD オマール・ソーサ
キューバが生んだ鍵盤の魔術師!
スピリチュアルな世界観と熱いパフォーマンスは全音楽ファン必見!
オマール・ソーサ

AFRO-ELECTRIC QUINTET


Omar Sosa


常に時代の一歩先をゆく“鍵盤の魔術師”、オマール・ソーサ。母国キューバをふりだしに、エクアドル、スペイン、アメリカ西海岸などで活動を続け、独自のスピリチュアル・サウンドに磨きをかけてきた彼がクラブに戻ってくる。今回のステージは、昨年バルセロナのジャズ・フェスティバルで話題を呼んだプロジェクトをさらに発展させたもの。クラブ・シーンでも人気を集めるジョー・クラウスや、ドン・チェリーやダフニス・プリエトとの共演で知られるピーター・アプフェルバウムら凄腕ミュージシャンの刺激を受けて、オマールのピアノがどう光り輝き、どう躍動するのか。ドラマティックに変貌し続けるオマール・ミュージックの、また新たな一面が、ここ名古屋で明らかになる。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,500
5月18日一般予約受付開始 Omar Sosa(p, leader) Childo Tomas(electric bass, kalimba, vo)
Marque Gilmore(ds) Leandro Saint-Hill(sax,fl) Joo Kraus(tp)
6
他社主催 Battle Cry
アメリカンロックを感じさせる骨太なロックバンド“Battle Cry”
元class、岡崎公聡が動き出す!
Battle Cry




今 剛 / susumu.k / 松原秀樹 / 小島良喜 / 長谷川浩二 / ko



《公演時間》
■18:30 (17:30 開場)
■20:45 (20:15 開場)

《備考》
■全席指定
■入場時ドリンク代 500円別途必要
※追加のドリンク代は当日ご精算ください。
■中学生以下入場不可
■他社主催公演につき電話予約のみでの受付となります。
■名古屋ブルーノートメンバーズ特典はございません。

主催:GMAエンタープライズ / サンデーフォークプロモーション
お問い合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00〜18:00)

LIVE DATA
ミュージックチャージ:¥5,800
5月18日11:00受付開始
(8月5日20:00まで)
今 剛(g) susumu.k(g) 松原秀樹(b) 小島良喜(key)
長谷川浩二(ds) ko(vo)
7 BRIDAL FAIR
8 -
9
JAZZ / LATIN 斎藤ノブ
斎藤ノブ率いる腕利きミュージシャンがサンタナのカヴァー・チューンをパーカッシブで最高にゴキゲンな音でお届け!
斎藤ノブ

Presents 「SANTANA de NIGHT」 in NAGOYA


NOBU SAITO


“NOBU-SONS”、“Non Chords”でのバンドやユニット活動のほかに、最近ではパートナーの夏木マリをフューチャリングした“GIBIER du MARI”にも注目が集まっている日本を代表するパーカッショニスト、斎藤ノブ。夏真っ盛りの今回は、気の合ったミュージシャンたちを引き連れてサンタナのカヴァーを中心に繰り広げていく。カヴァーと言っても彼のパーカッションと音楽センスにかかれば、サンタナの名曲も新たなサウンドとして耳に感動を与えるミラクルを放つはず。パーカッションの多彩なリズムと音色が、暑い夜をしびれるような快感で包み込んでくれる。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,000
5月27日一般予約受付開始 斎藤ノブ(per) 櫻井哲夫(b) 古川 望(g) 重実 徹(key) 宮崎まさひろ(ds) 伊達 弦(per) ウィリーナガサキ(per)
10 -
11 -
12
JAZZ / PIANO Lupintic Five
大野雄二率いる人気ユニット、新生ルパンティック・ファイブが繰り広げる真夏の夜のフィエスタ!
大野雄二 & Lupintic Five




Yuji Ohno & Lupintic Five


大事件! いまや屈指の人気ジャズバンドとなったルパンティック・ファイブに、日本ジャズ界が誇るトップベーシスト、井上陽介が正式に加入したのだ。今回のライブは新メンバーになって初の名古屋ブルーノート公演である。井上陽介といえば、江藤良人とのコンビネーションも良い。“ルパン系ジャズ”に新たな生命を吹き込んでくれるに違いない。もちろんバンド・リーダー大野雄二の肩肘の張らない軽快なピアノプレイも楽しみ。静と動を巧みに調和させる見事な統率力で今回も最高のステージを演出してくれるだろう。あとは美味しい食事とお気に入りのカクテルが揃えば言うことなし。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
6月3日一般予約受付開始 大野雄二(p,rhodes) 井上陽介(b) 江藤良人(ds)
鈴木央紹(sax) 松島啓之(tp) 和泉聡志(g)
13
FRENCH POPS クレモンティーヌ
エレガントかつ心地よいウィスパー・ヴォイス…。
フレンチ・ボッサのアイコンとして20年以上愛され続ける歌姫。
クレモンティーヌ




Clementine


夏が来れば…クレモンティーヌがまた、新しい風を運んできてくれる!先進のトレンドからスロー・ライフまでいつも自然体で発信し、そのセンスとライフスタイルが日本のファンを魅了し続ける永遠の歌姫。最近では韓国、台湾などアジアでもその人気を不動のものにしているとか。今夏は、「サザエさん」「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」などだれもが知っている国民的アニソンをオシャレにボッサ・カヴァーした最新アルバムをひっさげての来日。クレモンティーヌが口ずさむ「バカボン」って!? 話題沸騰間違いナシの夏休みライブ、お楽しみに。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
6月22日一般予約受付開始 クレモンティーヌ(vo) ロブソン・ガルディノ(g,b)
ロホン・ドゥ・オリヴェイラ(p,key) クリストフ・ブラ(ds)
14
FUSION 小林香織
恒例となったクラブ・サーキット!
今回はデビュー5周年を記念したスペシャル・ヴァージョン!
小林香織

デビュー5周年ライブ
at NAGOYA Blue Note



Kaori Kobayashi


デビューから5年目にして名古屋ブルーノート8回の出演を誇るサックス界のミューズ。村上“ポンタ”秀一(ds)や清水興(b)といったフュージョン界の大御所と共演したかと思うと、groovelineのメンバーらとハウス系ジャズの新しいサウンドに挑戦するなど、毎回趣向の違ったサウンドを聴かせてくれる。今回は女性サックス奏者をズラリと揃えたアンサンブル主体のサウンドを披露する。清涼感あふれる音で真夏の夕べを涼しく、爽やかに演出してくれるだろう。J-POPをカバーした最新作からの泣けるバラードにも期待したい。 Message from Kaori Kobayashi

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,300
7月6日一般予約受付開始 小林香織(sax) 前田サラ(as) 加藤順子(ts) 阿部寿代(bs)
村田隆行(b) 田中“Tak”拓也(g) 中村 亮(ds)
15 -
16 -
17
JAZZ / VOCAL Fried Pride
Shihoの体中から発信するJAZZスピリッツとBLUESセンス、横田明紀男の圧倒的テクニックとが交差して生み出される極上の世界。
Fried Pride




フライド・プライド


第一声から胸元をぐっと強く掴まれる、shihoの迫力と躍動に満ちた歌声。JAZZスタンダードからソウル、ロックスのナンバーまで縦横無尽に歌いこなすヴォーカルは、一度聞いたらきっと忘れられなくなる。そして、その爽快かつ繊細なヴォーカルを、追従不可な独自のサウンド&プレイスタイルに高めているのが、ワン&オンリーのジャズギタリスト横田明紀男の才能である。昨秋発表した7thアルバム『A Time For Love』で更なる進化を魅せ、楽曲配信アイチューンズで総合チャート9位を記録。ワールドワイドに活躍する成熟した二人のステージから目が離せない!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
6月10日一般予約受付開始 Shiho(vo) 横田明紀男(g) その他未定
18
JAZZ / FUSION 5Cats
新世代のジャズ・シーンを代表するファースト・コール5人による新ユニットがいよいよ始動!
5Cats featuring

太田 剣, 鈴木央紹, ハクエイ・キム,

日野JINO賢二 and 大槻“カルタ”英宣






渡辺貞夫が日本に本場のモダンジャズを持ち帰ってから半世紀が経つ。フリージャズやフュージョン、ロック、ジャムバンドの嵐を乗り越え、日本ジャズは進化を続けている。そんな日本のジャズを面白くしている5人が集まった。ソウル、ファンク畑でも活躍する 日野賢二、京都出身でフランスでも評価の高いハクエイ・キム、日野皓正のバンドにも参加したエリート鈴木央紹、そして2年前に、ここ名古屋ブルーノートで新時代の到来を告げる素晴らしいライブを披露した太田剣と、その時に好サポートを務めた 大槻“カルタ”英宣。ジャズファンを自負する方なら、是非とも見ていただきたいライブのひとつである。


ミュージックチャージ:¥5,800
6月22日一般予約受付開始 太田 剣(sax) 鈴木央紹(sax) ハクエイ・キム(p) 日野JINO賢二(b)
大槻“カルタ”英宣(ds)
19
SPECIAL PROJECT / CELLO 溝口 肇
『世界の車窓から』のテーマ曲をはじめとした美しいチェロの音色は多くの人を魅了してやまない…。
溝口 肇




Hajime Mizoguchi


『世界の車窓から』のテーマ曲で知られるチェリストで作曲家の溝口肇。現在、全国を巡回展示中の『ポンペイ展』では、実際にイタリア南部のカンパ二ア地方にある奇跡の街、世界遺産のポンペイを訪れ、土地が持つエネルギーを感じながら「ETERNITY」を作曲。4月にはこれらの曲を収録したアルバム『New Best Selection』をリリースした。チェロの包容力のある心地良い響きに加え、溝口ならではの親しみあるメロディと美しい弾き姿は、チェロに馴染みのない人でも魅了されること間違いなし。本人による曲解説やMCもライブの楽しみのひとつ!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,800
6月24日一般予約受付開始 溝口 肇(vc) 古川初穂(p) 鳥越啓介(cb) 岡部洋一(per)
20
REGGAE / SKA 川上つよしと彼のムードメイカーズ
「ロック・ステディ」を基調にあらゆる音楽のエッセンスを加え、極上の音楽へと昇華する精鋭軍団!
川上つよしと彼のムードメイカーズ




Tsuyoshi Kawakami & His moodmakers


'01年に結成された、東京スカパラダイスオーケストラのベーシスト、川上つよしが率いる日本のスカ、レゲエ界、そして多ジャンルで広く活躍する凄腕ミュージシャンが集うスペシャル・バンド。スカパラとはまた違ったアプローチによるジャマイカの60年代の音楽「ロック・ステディ」を基調にし、あらゆる音楽ジャンルの良いエッセンスを加え、全ての音楽ファンに楽しんでもらえる、まさに心地良いムードメイカーズのムード音楽を奏でている。楽曲はインスト曲中心ではあるが、毎回、多彩なゲストを迎えてのヴォーカル曲も魅力。現在、今秋リリースに向け約5年振りとなる全曲新曲フル・アルバムのレコーディング中。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,500
6月22日一般予約受付開始 川上つよし(b) 大森はじめ(per) 大石幸司(ds) 秋広真一郎(g)
小倉昭彦(g) HAKASE(key) 西内 徹(sax) 市原大資(tb)
黄啓傑(tp) 武田カオリ(vo)
21
JAZZ / LATIN / BIG BAND 熱帯JAZZ楽団
17人の個性溢れるメンバーが、ステージ上で縦横無尽にラテン名曲・ファンクからオリジナルまでトビッキリ熱いビッグバンドサウンドを展開!
熱帯JAZZ楽団

15th Anniversary Live


TROPICAL BIG BAND


どかーんと迫力のあるラテン・ジャズ・サウンドで、名古屋ブルーノートを一瞬にして熱帯空間に変えてしまう彼ら。6月にリリースしたアルバム『熱帯JAZZ楽団XIV〜Liberty〜』では、オリジナルはもちろん、シナトラの名曲「I'VE GOT THE WORLD ON A STRING」やマイケル・ジャクソンの「BLACK OR WHITE」などをカヴァーし、新たな魅力をこれでもかと披露してくれただけにライブでの期待がふくらむ。メンバーそれぞれ輝かしい経歴を持つ大所帯楽団が、たまらないリズムとエネルギーで、身悶えするほど熱い夜をプレゼントしてくれる。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
6月15日一般予約受付開始 カルロス菅野(per) 美座良彦(timb) 森村 献(p) 神保 彰(ds) 伊達 弦(conga) 高橋ゲタ夫(b) 佐々木史郎(tp) 佐久間 勲(tp) 奥村 晶(tp) 松島啓之(tp) 中路英明(tb) 佐野 聡(tb) 西田 幹(b.tb) 近藤和彦(as) 藤陵雅裕(as) 野々田万照(ts) 宮本大路(b.sax)
22
JAZZ / VOCAL ダイアン・シューア
グラミー・ウィナーの貫禄を間近で体感する貴重なチャンス!
スウィンギーにブルージーに歌う最高峰のジャズ・シンガー。
ダイアン・シューア




Diane Schuur


ジャズ不毛の80年代にデビューし、カウント・ベイシー楽団との迫力ある共演などで日本ジャズファンの度肝を抜いた彼女。その堂々とした姿に、ジャズの素晴らしさを再認識したファンも少なくない。伝統を受け継ぐ貫禄の声。本物のスイング感。切ないブルースの響き。真骨頂は、ピアノ・トリオをバックにリラックスして歌うスタンダードだ。今回の来日メンバーは、2年前に日本で発売されヒットしたスタンダード作品集『サム・アザー・タイム』のレコーディング・メンバーと同じである。真夏の夜の夢を、ここ名古屋ブルーノートで体感していただきたい。

【特別営業時間】
1st開場 3:00pm 開演 4:00pm
2nd開場 6:00pm 開演 7:00pm


オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
6月29日一般予約受付開始 ダイアン・シューア(vo) ランディ・ポーター(p)
スコット・スティード(b) レジー・ジャクソン(ds)
23
JAZZ / VOCAL サリナ・ジョーンズ
日本で最も人気のある大物シンガーのひとり、サリナの魅力をクラブサイズで堪能する貴重な一夜。
サリナ・ジョーンズ




Salena Jones


西ロンドンに“Salena Jone's Restaurant”というジャズクラブがあった。ジャズを楽しむ理想的な環境を提供したいとサリナ・ジョーンズ本人がオープンした店である。もう無くなってしまったが、その店が名古屋ブルーノートと非常によく似ているという。約200席という席数、美味しい食事、質の高いジャズファン、あとはサリナの声があれば完璧というわけだ。スタンダードから映画音楽、ポップスにいたるまで、彼女が歌えば、それは理想的なジャズクラブの出来上がりである。大好きな日本で歌う特別なサリナ・ジョーンズを堪能していただきたい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
7月1日一般予約受付開始 サリナ・ジョーンズ(vo) 羽仁知治(p) 増原 巌(b) 石川雅春(ds)
24
SPECIAL UNIT SPEEDER-X (中村達也 & KenKen)
Blankey Jet City/LOSALIOSの中村達也とRIZEのカリスマ・ベーシストKenKenが変幻自在かつスリリングなバンドで登場!
SPEEDER-X

中村達也(ds) KenKen(b)
タブゾンビ(tp) 田中邦和(sax)
森岡 賢(p)




SPEEDER-X(中村達也&KenKen)
with The Heavy Friends



ブランキー・ジェット・シティを経てLOSALIOSを自らのリーダーズバンドに、FRICTION、EORなど多彩なバンド/シーンで活躍する稀代のドラム魔神、中村達也。国内外のジャズ界やインプロ界の重鎮とも渡り合う一方で、彼が新たな相棒として拳を重ねたのが“RIZE”の超重量級スーパー・ベーシストKenKenだった。この2人を核に始まった最新バンド“SPEEDER-X”が、遂に名古屋ブルーノート初登場! 人気も個性もまさに迷彩色のバトルメンバーが集合、未踏のハイスペックエンジンを搭載し、無限にうねり弾けるシンクロ・ビート・ダンシングを体感しよう。

※VOICE7月号(P16)内で営業時間の記載に誤りがありました。
お詫びして訂正いたします。
【特別営業時間】
1st開場 6:00pm 開演 7:00pm
2nd開場 9:00pm 開演 9:45pm

ミュージックチャージ:¥5,500
6月29日一般予約受付開始 中村達也(ds)-from LOSALIOS
KenKen(b)-from RIZE
タブゾンビ(tp)-from SOIL&"PIMP"SESSIONS
田中邦和(sax)-from Sembello
森岡 賢(p)
25 -
26 -
27
JAZZ ケン・バルディス
地元名古屋のアーティストにフォーカスした人気シリーズ!
甘い歌声に酔いしれる一夜…。

ケン・バルディス(vo)
and 青木弘武(p)トリオ

武山信吾(b)
ルベン・フィゲロア(ds,per)



Ken Valdez and Hiromu Aoki TRIO


スタンダード・ジャズ、ラテンからポップスまで、500曲以上のレパートリーを持つ名古屋でお馴染みの実力派シンガー、ケン・バルディス。ライブをこよなく愛す彼が今宵歌うのは、シナトラ?ディーン・マーチン?それともサザンの「いとしのエリー」?リクエストに応えてくれる可能性もあるので、歌ってほしい曲を準備しておくのもいいかもしれない。人柄がにじみ出た優しい笑顔と、一度聴いたらとりこになるスウィートでセクシーな歌声が、夏のロマンティックな夜を盛り上げてくれる。


ミュージックチャージ:¥6,000
7月8日一般予約受付開始 ケン・バルディス(vo) 青木弘武(p) 武山信吾(b)
福永幸治(ts) ルベン・フィゲロア(ds,per)
28
GUITAR / FLAMENCO 沖 仁
世界を舞台にめざましい活躍を続ける若手フラメンコ・ギターのトップ・ランナー!
沖 仁

“Al Toque” Tour 2010



Jin Oki


'74年生まれ。高校卒業後、カナダで一年間クラシックギターを学ぶ。その後、スペインに渡り通算3年半滞在。'06年、3rdソロアルバム『Nacimiento[ナシミエント]〜誕生〜』でEMIミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。同年12月には、NHK「トップランナー」に出演。大きな反響を呼ぶ。'07年4月〜NHK大河ドラマ「風林火山」紀行テーマ曲を担当。同年11月からYAMAHA企業TVCMに出演。'08年7月、権威あるフラメンコギターコンクール「III CONCURSO INTERNACIONAL DE GUITARRA FLAMENCA NINO RICARDO」に出場し、決勝(5人)に進出。 同年7月、FUJI ROCK FESTIVAL'08に出演。同年9月には、三味線奏者の上妻宏光とイタリア・ミラノ公演。今年3月には、師匠のセラニートが約20年ぶりに来日し、デュオ公演を行う。現在は東京を拠点にし、ソロ活動を中心に、国内外のアーティストとの共演、プロデュース、楽曲提供等を精力的に行っている。

【特別営業時間】
1st開場 3:00pm 開演 4:00pm
2nd開場 6:00pm 開演 7:00pm


オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,500
6月27日一般予約受付開始 沖 仁(flamenco guitar) 石塚隆充(Palma,Cante)
伊集院史朗(Palma,Baile) 小林智詠(Side Guitar)
29
FUSION / GUITAR RENEGADE CREATION
全ギター・ファン必見! 2人のギター・ヒーローが名うてのリズムセクションをバックに白熱のバトルを繰り広げる!
RENEGADE CREATION featuring

ロベン・フォード, マイケル・ランドウ, ジミー・ハスリップ and ゲイリー・ノヴァック


Robben Ford / Michael Landau
Jimmy Haslip / Gary Novak



世界中の音楽フリークが熱い視線を注ぐステージが間もなく実現する。話題沸騰中のアルバム『レネゲイド・クリエイション』の世界が遂にライブで披露されるのだ。ロベン・フォードは“イエロージャケッツ”の結成に携わり、その後も帝王マイルス・デイヴィスとの共演、数々のソロ作品の発表と、多方面で活躍。マイケル・ランドウは、あのスティーヴ・ルカサーから「世界一のギタリスト」と賞賛された名セッション・ミュージシャンだ。リズム・セクションを構成するのは、シーンのファーストコール=ジミー・ハスリップと、チック・コリア・エレクトリック・バンドII等で活躍したゲイリー・ノヴァク。百戦錬磨の4人が生み出す圧倒的なサウンドを全身で体感したい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,000
6月1日一般予約受付開始 ロベン・フォード(g) マイケル・ランドウ(g) ジミー・ハスリップ(b)
ゲイリー・ノヴァック(ds)
30
JAZZ / GUITAR 西藤ヒロノブ
ニューヨークを拠点にボーダレスな活動を展開するスーパー・ギタリスト!本場スペインが認めたスキルは必見!
西藤ヒロノブ NYカルテット

with special guest
元晴 -from SOIL&"PIMP"SESSIONS



Hironobu Saito New York Quartet


ニューヨークに拠点を置きながらスペインから世界デビューを果たし、ヨーロッパ、北中米、そしてアジアなど世界中をボーダレスに駆け巡る新進気鋭のギタリスト、西藤ヒロノブ。名古屋ブルーノートには、ドミニク・ファリナッチや青木カレンと共演した'06年以来の登場となる。今回は“アイランド・ジャズ”と銘打った独自のコンセプトを具現化した最新作『Reflection』を携えての来日。レコーディング・メンバーに加え、SOIL&"PIMP"SESSIONSの元晴(sax)も参加して、リアルな今のジャズを聴かせてくれる。


ミュージックチャージ:¥5,000
7月8日一般予約受付開始 西藤大信(g) 柴田敏弥(p,key)
マルコ・パナシア(b) ジョン・ランプキン(ds)
【ゲスト】元晴(sax)-from SOIL&"PIMP"SESSIONS
31
JAZZ / FEMALE VOCAL マリーン
ヒット曲からスタンダードまでエンターテイメント性あふれるマリーンのステージは元気になること間違いなし!
マリーン




Marlene


ジャズをはじめ、ロック、R&B、ボッサなど、ジャンルを越えた作品を自身らしいアレンジで楽しませてくれるマリーン。ステージからたっぷりとした声量で、愛を込めて一人ひとり語りかけるように歌うスタイルは、聴き手の心にぴったり寄り添ってくれているようで、心がゆったりとほぐれていく…。これは天性のものだろう。彼女こそ本物のディーバだと感じる瞬間だ。2月のライブに続き、今回も凄腕プレイヤーらと登場。夏の想い出をたどるようなキラキラしたサウンドから、秋が恋しくなるしっとりとしたナンバーまで、大満足のひとときを!


ミュージックチャージ:¥8,000
7月9日一般予約受付開始 マリーン(vo) 奥山 勝(p) コモブチキイチロウ(b) 加納樹麻(ds)
竹中俊二(g) スティーヴ・サックス(sax)
2010/6 2010/7 2010/8 2010/9 2010/10 2010/11