2010/9 2010/10 2010/11 2010/12 2011/01 2011/02
2010/10 SCHEDULE
1
POPS / MALE VOCAL 崎谷健次郎
〜アダルト世代がもういちど恋をしたくなる〜
優しい歌声と洗練されたメロディに包まれる珠玉のステージ!
崎谷健次郎

〜PIECE OF DREAMS LIVE TOUR〜



Kenjiro Sakiya


デビューから23年。代表曲「もう一度夜を止めて」本人による初めてのリメイクを含む新曲で構成されたミニアルバムを9月1日にリリースする、崎谷健次郎。心に沁みる優しい歌声、洗練されたメロディは「元祖AOR」、の名前にふさわしい。柴咲コウ、クリスタルケイ、高橋真梨子などの作曲提供も盛んな彼が、今年は自分のアルバム作品「PIECE OF DREAMS」を引っさげて名古屋ブルーノートに登場。〜アダルト世代がもういちど恋をしたくなる〜
崎谷健次郎のサウンドと楽しいMCで素敵な時間をお過ごしください。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,300
崎谷健次郎(vo,p,key) 渡辺 格(g) 伊藤直樹(per)
伊能 修(vln) 友納真緒(vc)
2 -
3 -
4
JAZZ Lars Jansson TRIO
北欧を代表する美しく透明感あふれたピアノによる名曲の数々。
初のスタンダード作品を携えて登場!
ラーシュ・ヤンソン

with special guest

ウルフ・ワケーニウス



Lars Jansson TRIO


北欧を代表するピアニスト、ラーシュ・ヤンソンが真正面からスタンダードの名曲に挑戦したアルバムを発表する。スタンダードジャズに対する造詣の深さと魅力あふれるプレイはこれまでにも実証済みであったが、彼のスタンダードをもっと聞きたいという声に応えてのリリースとなる。“美メロ”と呼ばれる、北欧の凛とした空気感と美しく哀愁のこもったメロディーは常にジャズファンに大きな感動を与えてきた。もう一人の巨人ウルフ・ワケーニウスを加えたカルテットはひと時も目を離すことができないスリリングな夜になるだろう。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,000
ラーシュ・ヤンソン(p) トーマス・フォネスベック(b)
ポール・スヴァンベリー(ds) 【ゲスト】ウルフ・ワケーニウス(g)
5
JAZZ FUNK / SAX キャンディ・ダルファー
ダンサブルでトビッキリFUNKYなステージ! 世界中を熱狂させる最高峰のパフォーマンスは必見!
キャンディ・ダルファー


 
Candy Dulfer


女性サックス奏者のパイオニアとして世界中で高い人気を博すキャンディ・ダルファー。そんな彼女の1番の魅力はなんといってもファンキーなライブだろう。ステージはファンキーだが、佇まいはあくまで上品かつエレガント。美しい容姿から放たれるサックスの音は実にパワフルで、一糸乱れぬほど統率されたバックバンドもまた秀逸。メイシオ・パーカーをも凌駕するファンクネスと、プリンスに勝るとも劣らないメロウネスを持ち合わせたアーティストはキャンディ以外には見当たらない。艶やかでエンタテインメント性溢れるステージに接して、最高に心ときめく夜を過ごしたい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,900
キャンディ・ダルファー(sax,vo) その他未定
6
7
特別公演 金井克子
約半世紀にわたる活動の集大成を披露するゴージャス&パワフルなレビューショー。大人の審美眼を満足させるステージ!
金井克子




Katsuko Kanai




ミュージックチャージ:¥7,900
企画制作:株式会社テイクワン 金井克子 コーラス・ダンサー:西田伊公子、酒井麻也子
演奏:ザ・スーパースターズ 構成・演出:阿部徹
8
JAZZ / VOCAL / TAP DANCE 阿川泰子 / 熊谷和徳
ゴージャスなステージングでジャズ・ヴォーカル界に君臨する阿川泰子が話題のタップ・ダンサーをゲストに迎えて贈る2日間!
阿川泰子

with special guest 熊谷和徳


 
Yasuko Agawa / Kazunori Kumagai


「正統派ジャズ・ヴォーカル」としてのスタンスを崩すことなく、一方でUKクラブシーンとリンクするなど、コンテンポラリーなアプローチで常に新鮮な話題と作品づくりを続けている阿川泰子。トミー・フラナガンやロン・カーターといった巨匠勢との共演に留まらず、若手アーティストとの斬新なコラボレーションは、まさに研ぎ澄まされた彼女の感性ならでは。今回も、異色の経歴と魅力を持つ話題のタップ・ダンサー熊谷和徳をゲストに迎え、ハスキーな歌声と軽妙なタップのリズムが織りなす一夜の幻想を創出。どちらのファンにも見逃せない舞台に。

8日(金)【通常営業時間】
1st開場 5:30pm 開演 6:30pm
2nd開場 8:30pm 開演 9:15pm

9日(土)【特別営業時間】
1st開場 3:00pm 開演 4:00pm
2nd開場 6:00pm 開演 7:00pm


阿川泰子オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,900
阿川泰子(vo) 村岡 建(sax) 古野光昭(b)
市原 康(ds) 松本峰明(p)
【ゲスト】熊谷和徳(tap)
9
10 -
11 -
12 -
13
JAZZ / VOCAL 森山良子
名実ともに日本のトップシンガーの座に君臨する森山良子が
自らのルーツでもあるジャズをブルーノートのステージで披露!
森山良子 JAZZ SET


 
Ryoko Moriyama


幅広いジャンルを取り入れながら聴く人の胸に届く音楽を作り、発信し続けている森山良子。今回は、自身のルーツであるジャズをたっぷりと聴かせてくれるエレガントな一夜を展開。スタンダードを中心とした親しみやすい選曲で、あの澄み切った伸びやかな歌声が、名プレイヤー達が奏でるジャジーなサウンドの中で、ひと味違った輝きを放つひとときは格別。こんなに近い距離で彼女を感じられる贅沢も名古屋ブルーノートならでは。少女のような笑顔と、観客を和ませてくれるMCも楽しみのひとつ。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥9,000
森山良子(vo) 三好“3吉”功郎(g) 納 浩一(b)
古川初穂(p) 藤井 摂(ds)
14
15 -
16 -
17 -
18
POPS ジェシー・ハリス
グラミー受賞の天才シンガー・ソングライターが、温もりのあるバンド・サウンドでクラブを包み込む…。
ジェシー・ハリス


“Through The Night”
JAPAN TOUR 2010




Jesse Harris


NY出身、ブルックリン在住のシンガー・ソングライター。幼少よりピアノ、10代半ばよりギターを始め、90年代中頃にバンド「Once Blue」でメジャー・デビューを果たす。'97年のバンド解散以降は、ダウンタウンのジャズ・シーンでマイペースに活動を続ける。'98年に出会ったノラ・ジョーンズのバンドの一員として、ソングライティングやライブ活動に参加するかたわら、自ら設立した“Bean Records”から3枚のアルバムをリリース。ノラのデビュー・アルバムに収録された「Don't Know Why」の大ヒットにより、世界中にその名を知らしめ、'02年度グラミーの<Song of The Year>を受賞。ノラ・ジョーンズ以外にもメロディ・ガルドー、リズ・ライト、トリスタン・プリティマン、ニッキーなど数々の女性シンガーに名曲を提供し、「美女のヒットの影にはジェシー・ハリスあり」と囁かれている。

オフィシャルホームページ

ジェシー・ハリス新聞(Jesse Harris Tribune)VOL.1創刊!
ミュージックチャージ:¥6,900
ジェシー・ハリス(vo,g) Bill Dobrow(ds)
Guilherme Monteiro(b) Hannah Cohen(cho)
19
JAZZ / PIANO ドン・フリードマン
ビル・エヴァンスと並び称される白人ジャズ・ピアニストの代表格。
叙情性に富むリリカルなプレイは国宝級!
ドン・フリードマン TRIO

ポール・ドワイヤー(b)
セシル・モンロー(ds)



Don Friedman TRIO


ソロ活動を中心に、レギュラートリオを持たない云わば“流浪の吟遊詩人”、そして今なお新しいピアニズムの極地を求めて止まることのないドン・フリードマン。珠玉のピアノタッチで歌心に富んだプレイはシリアスでポエトリー、そして叙情的な至芸はまさにポスト・ビル・エヴァンスと呼ばれる所以である。その先人エヴァンスの没後30年となる今年、初顔合わせのサイドメンたちとのコンビネーションで見せるインタープレイは必見。秋の夜長にふさわしいこのギグをたっぷりとお楽しみ下さい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,000
ドン・フリードマン(p) ポール・ドワイヤー(b) セシル・モンロー(ds)
20
ROCK / BLUES 柳ジョージ
“ザ・ゴールデン・カップス”“レイニーウッド”と伝説を歩んできたギター・ヒーローが、トレード・マークのストラトでブルージーにキメる!
柳ジョージ





George Yanagi


女心をくすぐる渋い歌声と卓越したギタープレイで大人のライブを魅せてくれる柳ジョージ。心を揺さぶるブルージーなナンバーから思わず立ち上って踊りたくなるロックなナンバーまで、たっぷりと自身の世界を繰り広げて客席を巻き込んでいく。心に残る名曲「雨に泣いてる」「青い瞳のステラ」「コインンランドリーブルース」、さらには洋楽のカヴァーも聴かせてくれるかも…!? 1ST、2NDステージの両方を予約する熱狂的なファンが多いのも特徴のひとつ。カクテルを味わいながら、心もカラダも柳ジョージに酔いしれる珠玉のひとときを。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,500
柳ジョージ(vo,eg) 竹中敬一(key,cho) 石井裕二(b,cho)
田口慎二(g,cho) 中村 敦(ds,cho)
21
POPS / MALE VOCAL 中川晃教
ほとばしる才能…。圧倒的なヴォーカルと華麗なステージングは
観る者すべてを魅了する!
中川晃教


LIVE 2010 in NAGOYA




Akinori Nakagawa


シンガーソングライターとして人気ドラマの主題歌を次々とヒットさせ、ミュージカル『モーツァルト!』では初舞台の主演で数々の賞を受賞、台湾でもアルバム&コンサートデビュー。そして、大河ドラマ『天地人』では徳川秀忠役を演じ、たちまち注目を集める存在に! その八面六臂の活躍とでも言うべき活躍ぶりに、古くからのファンに加え、新たなフォロワーが急増中! その魅力はなんと言ってもR&Bのテイストをしなやかに表現するクリアなヴォーカルと、独特のリリカルな世界。俳優とシンガーとの理想的なフュージョンを体現する新星プリンスが、少し早めの「終らないクリスマス」を届けに来る!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
中川晃教(vo) 鮫島 巧(g) 日野JINO賢二(b) アーミン・T・リンツビヒラ(ds)
22
JAZZ / CHORUS タイムファイブ / サラ・レクター
楽器と声を自在にあやつる独自のスタイルで40年以上も第一線で活躍を続ける大御所コーラス・グループ!
タイムファイブ

with special guest
サラ・レクター(vo)




TIME FIVE with special guest Sara Rector


惜しくも休刊となったスイングジャーナル誌の人気投票コーラス部門で21年連続、通算24回第1位を獲得しているタイムファイブ。結成以来42年間、一度もメンバーチェンジがない息の合った揺るぎないコーラスワークは、今や誰も越えることの出来ないテクニックとセンス、そして圧倒的なパフォーマンスを放つ。ライブでは、ジャズのスタンダードナンバーをはじめ、馴染み深い日本の名曲、彼らが手掛けたCMソングなど、バラエティ豊かなサウンドで楽しませてくれる予定。重なる声の美しさに、ただただ感動。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
田井康夫(1st vo) 野口鎮夫(2nd vo) 勅使河原貞昭(3rd vo,tp)
吉村晴哉(4th vo,key) 杉江浩平(5th vo,fl) 相原英章(g)
【ゲスト】サラ・レクター(vo)
23
ACAPPELLA GROUPS BROAD6
ロマンティックな秋の夜に贈る
純粋6声から生まれるジャズアカペラナイト…。
BROAD6

from RAG FAIR&INSPi
〜My Romance〜




BROAD6


人気アカペラ・ヴォーカル・グループ、RAG FAIRとINSPiの精鋭メンバーが意気投合し、今年の春結成された「BROAD6」。デビュー時期もほぼ同じ、抜群のコーラス・ワークと躍動感溢れるステージが楽しみな新生グループのツアーが、遂に決定!なんと、あわせて5オクターブの声域から生まれる極上のハーモニーは、華麗、迫力、圧巻。純粋6声の声だけで織りなす響きは、まるで未知の領域と言えそう。9月に人気TV番組企画の青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグでおなじみの「あなたといれば」も初リリース。この秋注目度No.1のアカペラ・パーティーで、いっしょにスイングしよう!

※10/1より土日祝の通常営業時間が変わります!
1st開場 4:00pm 開演 5:00pm
2nd開場 7:00pm 開演 8:00pm

RAG FAIR オフィシャルホームページ

INSPi オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
【RAG FAIR】加藤慶之(vo) 荒井健一(vo)
【INSPi】杉田篤史(vo) 北 剛彦(vo) 奥村伸二(vo) 吉田圭介(Ba vo)
24 BRIDAL FAIR
25
POPS / ACOUSTIC 上風
他に類をみない独自のスタイルとボーダレスな音楽性で人気の“上々颱風”から女性メンバー3名によるスペシャル・ユニットが誕生!
上風




Shang-Pooh !


90年代よりいち早くボーダレスなアジアン・ミュージックを多彩なスタイルでローリングライブし続けてきた、上々颱風(シャンシャンタイフーン)。その女性メンバー3名によるアコースティック・ポップ・ユニット「上風(Shang-Pooh !)」の初の名古屋ライブが決定!「不定期ユニットゆえ、観たくてもなかなか観れない」と巷では話題。'08年よりピアノを中心としたアコースティックならではの選曲、アレンジ、スタイルと空間で、上々颱風とは趣きの違うコンサートを展開中。「愛より青い海」など上々颱風の代表曲や「いつでも夢を」等カバー曲も、独自の味付けでたっぷり披露。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,800
白崎映美(vo) 西川郷子(vo) 猪野陽子(p,acc,vo)
26
JAZZ / PIANO エリック・ルイス
ピアノ一本でスラムから全米セレブフロアーまで上り詰めた
今大注目のピアノマン。
エリック・ルイス





Eric Lewis


'73年、アメリカ1のスラム街、ニュージャージー州・カムデンにある音楽一家に生まれ、2歳からピアノを始める。14歳までクラシックピアノを学び、そこからジャズへ転向。'96年度、セロニアス・モンク・インターナショナル・ピアノコンペティションで優勝。その後、ウィントン・マリサリス、ジャズ・アット・リンカーンセンター・オーケストラ、エルヴィン・ジョーンズといった一流ミュージシャンと、ツアーやレコーディングで共演。それらの活動で得た経験を生かし、独自の音楽性、演奏スタイルを追求し始める。ロックとジャズの融合、ロック/ポップスの名曲を斬新にピアノアレンジしたり、そのバイタリティはとどまることを知らない。アスリートが肉体の限界に挑戦するかの如く、激しく演奏するパフォーマンスと、卓越した演奏テクニックは世界中のカルチャーリーダーから注目を集めている。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,800
エリック・ルイス(p)
27
R&B / POPS Shanice
「I Love Your Smile」でスターダムにのし上がり、ベイビーフェイスとのタッグによりその座を不動のものとしたR&Bクイーン!
シャニ−ス





Shanice


近年の洋楽界は女性の時代が続いている。ビヨンセ、アリシア・キーズ、レディー・ガガなど、オピニオン・リーダーの多くは女性が占めている。個性的でファッション・アイコンでもある彼女たちに、“自立した都会の女性”のイメージを重ねるのだろう。それほど女性アーティストはトレンドの1歩先をいっているのだ。90年代のPOPS/R&Bシーンを代表するアイコンといえばシャニースである。ナラダ・マイケル・ウォルデンのペンによる「I Love Your Smile」はバブル世代感涙のキラー・チューン。ベイビーフェイスの『MTV Unplugged NYC 1997』でもゲスト・ヴォーカルとして美声を披露している。ブラックミュージックファンにはたまらないあの声をもうすぐブルーノートで聴くことができるのだ。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,800
シャニ−ス(vo) Olivia Burrell(cho) ドナ(cho)
ケヴィン・チャンプ(key) ジョン・ストラトフォード(b)
マイケル・クレモンズ(ds)
28
R&B / SOUL / REGGAE Spinna B-ILL
ブラックミュージックからレゲエまでのフィルターを通した、唯一無二のニューソウルを提示するSpinna B-ILL。ソウルフルなフルバンドで登場!
Spinna B-ILL





スピナビル


シンガーソングライター、パフォーマー。'02年にSpinna B-ill&the cavemansで活動を開始。'05年の解散後、Simply Redのギタリスト Kenji Jammerとの活動を経て、'07年には自身のレーベル"UNIQUE CHANNEL”を設立。待望のフル・アルバム『Re:program』をリリース。R&B、ヒップホップ、ソウル、ファンクからレゲエといった幅広いフィルターを通しながらも、日本人としてのアイデンティティを大切にしたルーツミュージックを提示し続けている。フェスからクラブまで様々なステージでマイクを持ち、ジャンルの壁を飛び越えて変幻自在のスタイルを操る。大胆且つ繊細、ユニーク且つエネルギッシュなパフォーマンスとリリックで魅せるSpinna B-ILLのライブは、オーディエンスの期待を裏切らない。柔らかなファルセットに強烈なシャウト。伸びやかに歌い、リズミカルにフロウする。まさにワン&オンリーなシンガーである。

【特別営業時間】
1st開場 6:00pm 開演 7:00pm
2nd開場 9:00pm 開演 9:45pm


オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,000
Spinna B-ILL(vo) Kenichiro Sugiyama(ds) Jungo Miura(b)
Shingo Nagasaki(g) Nut's(key)
29
JAZZ ミシェル・カミロ
ドミニカ共和国出身の超絶ピアニストが、鉄壁の布陣をサポートに従えカルテットで登場!
ミシェル・カミロ QUARTET

アンソニー・ジャクソン(b),
クリフ・アーモンド(ds),
and ワリオネクス・アクィーノ(per)



Michel Camilo / Anthony Jackson
Cliff Almond / Guarionex Aquino



ドミニカ共和国から単身ニューヨークへ渡り、名門ジュリアード音楽院の門を叩いたミシェル・カミロ。その瞬間からラテン・ジャズの定義が変わり始めたといっても過言ではない。25年にわたって世界をねじ伏せてきた、その剛腕はますます冴え渡っている。最新作は'94年のライブを収録したビッグバンド作品。そのため東京公演では、ビッグバンドとしてのライブしか行われない。大阪公演も寺井尚子らをゲストに迎えた内容。純粋なカルテットでカリブの怪物を目の当たりにできるのは、ここ名古屋ブルーノートだけ。プレミアム・チケット間違いなしの本公演を逃してはいけない。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,500
ミシェル・カミロ(p) アンソニー・ジャクソン(b)
クリフ・アーモンド(ds) ワリオネクス・アクィーノ(per)
30 -
31 -
2010/9 2010/10 2010/11 2010/12 2011/01 2011/02