2011/02 2011/03 2011/04 2011/05 2011/06 2011/07
2011/03 SCHEDULE
1 -
2
JAZZ / VOCAL Holly Cole
『コーリング・ユー』の世界的ヒットで知られるカナダのディーヴァ。待望の新譜とともに名古屋ブルーノートに登場!
ホリー・コール


 
Holly Cole


2000年頃から始まった、ジャズのエッセンスを絶妙にスパイスしたノラ・ジョーンズやダイアナ・クラールらのスタイルは新しいジャズのフォーマットとして広く認知され、やがて世界的な一大ムーブメントへと発展していった。当時、音楽業界全体がアイドル路線にシフトする中、ジャズに再びスポットライトを当てた彼女らの功績は計り知れない。そこから遡ること10年、ホリー・コールはたった1枚のアルバムを機に一躍大スターへと登りつめた。'92年にリリースした『Blame It On My Youth 』は、「Calling You」の大ヒットもさることながら、その後のトレンドの礎となったエポック・メイキングな1枚と言える。独特の深みのある歌声は彼女の真骨頂。ライブでのレパートリーもビル・エヴァンスの「My Foolish Heart」やジョニ・ミッチェルの「リヴァー」など実に多彩。親日家としても知られるホリー・コールのステージはジャズファンはもちろんジャズ・ビギナーの方にこそ是非ご覧いただきたいプログラムだ。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,900
ホリー・コール(vo) コリーン・アレン(sax,fl,cl) アーロン・デイヴィス(p) マーク・ロジャース(b) ダビデ・ディ・レンゾ(ds)
3
4
GUITAR / FLAMENCO Jin Oki
いま最も注目を集めるフラメンコ・ギタリスト! 日本中を席巻する圧巻のスキルと超絶パフォーマンスを目撃せよ!
沖 仁

SPRING TOUR 2011 〜Con Palmas〜




Jin Oki


3年半スペインで単身ギターを学び、帰国後10年を経た今、「日本にいながら本場の音」として高く評価される中でそれに甘んじず、昨年スペインでも権威あるフラメンコギター・コンクールに挑戦。その国際部門で日本人として初めて優勝するという快挙を成し遂げた。その様子はテレビ番組「情熱大陸」でも紹介され、幅広い層の耳にも熱く響いた。デビュー10周年記念アルバム『ミ・カミーノ〜10年の軌跡〜』は、その時の演奏曲をはじめNHK大河ドラマ「風林火山」紀行テーマ曲やCM起用曲など、彼の魅力を感じるのにまさにベストなアルバム。最も注目すべき自身曰く「人生で起こる深い感情、哀しみから歓びまですべてを受け止めてくれる大きな器を持った音楽」というフラメンコの真髄を、彼の指先から、ライブならではの音色から熱く感じ取ってほしい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,300
沖 仁(flamenco guitar) 高岸弘樹(Palma,Cante)
伊集院史朗(Palma,Baile)
5
6 -
7
FUNK / SOUL / ROCK TOWER OF POWER
西海岸のベイエリアシティ、オークランドが生んだ世界一のファンク・バンドが2年ぶりに帰ってくる!
タワー・オブ・パワー





TOWER OF POWER


彼らが1音出した瞬間にフロアは歓喜と興奮の坩堝となる…。エミリオを筆頭に見事に統率のとれた完璧なホーン・ セクション。もはや2人のコンビはブランドとも言える“リヴィング・レジェンズ”=ロッコとガリバルディによる鉄壁 のリズム・セクション。バンドを言葉で言い表すなら“正確無比×ファンク”だ。アメリカ西海岸のオークランドで発足したタワー・オブ・パワーは、この40年間に「ホワット・イズ・ヒップ」、「ユー・アー・スティル・ア・ヤング・マン」などビッグ・ヒットを量産。スキルフルで定評のあるそのステージングは今なお進化し続けている。ラリー・ブラッグスのソウルフルなヴォーカルがさらにバンドを煽ることによって、最高潮にエキサイティングなサウンドに。この日、名古屋ブルーノートは灼熱のグルーヴに満たされる。全音楽ファン必見のステージ!

オフィシャルホームページ

【タワー・オブ・パワー公演:出演メンバー変更】
アーティストの都合によりミック・ジレット(tp,tb)の出演がキャンセルとなり、替りに日本を代表するトランぺッター、エリック宮城の出演が決定しました。ミック・ジレットの出演を楽しみにされていた皆様にはお詫び申し上げます。
ミュージックチャージ:¥9,800
エミリオ・カスティロ(sax,vo) ラリー・ブラッグス(vo) トム・ポリッツァー(sax) スティーヴン“ドッグ”クプカ(sax) エリック宮城(tp) アドルフォ・アコスタ(tp,flh) ロジャー・スミス(key,vo) ジェリー・コーテス(g) フランシス・ロッコ・プレスティア(b) デヴィッド・ガリバルディ(ds)
8
ROCK / SOUL 真心ブラザーズ
「22年目の初・ブルーノート」
真心ブラザーズ


タンデムダンディ22



MAGOKORO BROTHERS


「どかんと一発やってみようよ〜♪」甲子園ではお決まりの、妙に耳に残るこの曲。ご存知の方も多いのではないだろうか。1989年のデビュー以来、「拝啓、ジョン・レノン」「スピード」「サマーヌード」など、音楽界に衝撃爆弾を投下し続ける真心ブラザーズが、春の甲子園も近づいてきたこの季節に名古屋ブルーノートに2夜連続で登場! 型破りで唯一無二の存在感。繊細かつ、大胆なプレイ。心の奥底に届く歌声。フォーク、ロック、ソウル、ファンク、そしてポップスetc… 変幻自在に変化し、今なお走り続ける“真心ブラザーズ”のライブを間近で堪能できるのは、この親密なクラブ空間だからこそ。全身全霊のパフォーマンスを見逃すな!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
YO-KING(vo,g) 桜井秀俊(vo,g) 小川文明(key) 上野一郎(b) 須貝直人(ds)
9
10
FEMALE VOCAL Asato Shizuki
自身5度目となるセルフ・プロデュースコンサート「THE PRAYER」。2011年はブルーノートのスペシャル・ヴァージョン!
Shizuki Asato Birthday Live 2011


“THE PRAYER V”



姿月あさと


2003年に始まり、その時々の姿月あさとのエンタテインメントの集大成を表現し続けてきた、コンサートツアー「THE PRAYER」。今年、2年ぶりにバースデーライブツアーとして、第5弾の開催が決定しました! 昨年末のディナーミュージカルで発表された秋元康作詞、プロデュースによる話題の新曲、「夜明け」も披露されます。名古屋ブルーノートでの特別なひとときをお楽しみください。

【特別営業時間】
1st開場 3:00pm 開演 4:00pm
2nd開場 6:00pm 開演 7:00pm

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
姿月あさと(vo) 大石真理恵(per,etc) TOKIE(b) 遠山哲朗(g)
11
12 -
13 BRIDAL FAIR
14
JAZZ Ken Ota NEW QUARTET
ジャズの域を超越した圧倒的グルーヴ! 次世代のシーンを牽引するオールスターを太田剣がまとめ上げる!
太田 剣 NEW QUARTET

with special guest 小沼ようすけ


Ken Ota NEW QUARTET


1970年生まれのジャズが面白い。ブラッド・メルドー、ブライアン・ブレイド。日本ならば、大槻“カルタ”英宣、そしてこの太田剣だ。ジャズの伝統的なスイング感とジャムバンド的なタイム感、そして洗練された質感をブレンドしながら自らの個性を出すのが上手い。久々の名古屋となる太田剣のサックスは、今風のグルーヴでグイグイと攻め込んだかと思えば、キャノンボール・アダレイばりのドライブ感で観客を巻き込んでゆく。新しいカルテットには、'79年生まれの熊谷ヤスマサと'82年生まれの川村竜が加入。ゲストの盟友・小沼ようすけとの融合が一体どんな音世界を生み出すのか楽しみだ。

太田剣オフィシャルホームページ

小沼ようすけオフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,900
太田 剣(sax) 熊谷ヤスマサ(p) 川村 竜(b) 大槻“カルタ”英宣(ds)
【ゲスト】小沼ようすけ(ag)
15
JAZZ Jacky Terrasson TRIO
■公演中止のお知らせ
ジャッキー・テラソン TRIO





Jacky Terrasson TRIO


予定しておりました本公演は、この度の東日本大震災の影響により急遽公演を中止とさせていただきます。 ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

名古屋ブルーノート

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,000
ジャッキー・テラソン(p) ベン・ウィリアムス(b) ジャマイア・ウィリアムス(ds)
16
JAZZY POP WINTERPLAY
スタイリッシュなサウンドとクール・ビューティ=ヘウォンの歌声がJAZZYかつブルージー絡み合う…。
WINTERPLAY

Spring Tour in Japan 2011



ウィンタープレイ


ノラ・ジョーンズがジャズの概念を変えたように、韓国からジャズの概念を変えたのが、このウィンタープレイである。グループを主宰するジュハン・リーは、エッジの効いたサウンドメイクとチェット・ベイカーのような甘いトランペットの音で我々に語りかける。スマートでジャジーでポップだが、スパイスが米国産でも日本産でもないところがイイ。そこにヴォーカル、ヘウォンの声が乗ると絶妙としか言いようのないスイング感が生まれるのだ。今どきの“Jazzy not Jazz”とは、まさにこのグループのためにあるような言葉。食べず嫌いではあまりにもモッタイナイ音楽。暖かい春の風を運んでくれるライブを、ご賞味あれ。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥5,500
ヘウォン(vo) ジュハン・リー(tp) ウジュン(g)
スンホ(b) ジョンギュン(per)
17
JAZZ Shigeko Suzuki & Yoshiko Kishino
ふたりのほうが自然になれる。
ジャズ界に凛と立つふたりのミューズが溶けあう瞬間。
鈴木重子&木住野佳子

“with you” CDリリース・ツアー


Shigeko Suzuki & Yoshiko Kishino


ふたりが初めてライブで共演したのは約5年前のこと。「一緒にやりませんか?」と木住野佳子が声を掛けたのが最初だった。澄みきった空気のような透明感で歌いかける鈴木重子の声は、木住野のピアノとよく合った。鈴木は、これまで女性ピアニストとレコーディングに取り組んだことはなかったというが、1月に発売された『with you』は、まるで最初からそこにあったかのような自然なシンクロを聴かせてくれる。特にふたりの共作によるオリジナルは秀逸。鳥の声に誘われて春が扉を開けるように、この日のライブは、ふたりの女性アーティストによる極めてナチュラルな心の交流を感じることができるだろう。

鈴木重子オフィシャルホームページ

木住野佳子オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
鈴木重子(vo) 木住野佳子(p)
18
POPS / FEMALE VOCAL Masa Takagi
高木麻早恒例のブルーノート公演。音楽の素晴らしさがふんだんに盛り込まれたハートフルなライブ!
高木麻早





Masa Takagi


1973年に名古屋出身のシンガーソングライターとして『ひとりぼっちの部屋』でデビュー。その後結婚・出産を経て、'02年にセルフカバーアルバム『MASA★夢』で復帰した高木麻早。'04年にリリースした20年ぶりとなるオリジナルアルバム『TRUE LOVE』では、デビュー当時のヒットナンバーも収録。より深みを増した歌声と愁いを湛えた歌詞で「コッキーポップ、懐かしい!」という同世代ファンから、新たな音楽ファンまで注目を集めた。昨年はカーペンターズ・トリュビュート・アルバムにも『ジャンバラヤ』で参加。毎年恒例となった名古屋ブルーノートのコンサートでは、日本を代表するトップミュージシャン達の演奏とともに登場。おなじみのナンバーやポップスの名曲等を中心に、軽やかなトークをまじえつつ、心地よい春の一夜を届けてくれる。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,800
高木麻早(vo) 松原正樹(g) 南部昌江(key) 春名正治(sax,per)
入江太郎(b) 田中栄二(ds)
19 -
20
JAZZ Phil Woods
4度のグラミー賞に輝くジャズ界の至宝!
“黄金のアルト・サックス”がついに登場!
フィル・ウッズ QUINTET

featuring ブライアン・リンチ、ビル・メイズ、スティーヴ・ギルモア&ビル・グッドウィン



Phil Woods / Brian Lynch / Bill Mays
Steve Gilmore / Bill Goodwin



4度のグラミー賞に輝くジャズ界の至宝がついに名古屋ブルーノートに登場する。今なお艶やかな音色と歌心に富んだアドリブに磨きをかけ続けるフィル・ウッズ奇跡のクラブ・ギグ! ジュリアード音楽院を経て、本格的にプロ入り。ソロ活動と並行してクインシー・ジョーンズやディジー・ガレスピーと共演、伝説の巨星チャーリー・パーカーの後継者としても注目を集めた。『フィル・ウッズ&ヨーロピアン・リズム・マシーン』など数多くの名盤を残す一方、ビリー・ジョエル(「素顔のままで」)、スティーリー・ダン、ポール・サイモン等ポップス〜ロック系の作品でも印象的なプレイを繰り広げてきた彼。あのデヴィット・サンボーンも敬愛する “黄金のアルト・サックス”を至近距離で満喫したい。

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥8,000
フィル・ウッズ(sax) ブライアン・リンチ(tp) ビル・メイズ(p)
スティーヴ・ギルモア(b) ビル・グッドウィン(ds)
21
POPS / FEMALE VOCAL Asako Toki
■公演延期のお知らせ
スプリング 春 カム!

土岐麻子 LIVE LIGHT

−春の、大音楽会−



Asako Toki


予定しておりました本公演は、この度の東日本大震災の影響により延期とさせていただきます。 振替日程は7/20(水)、さらに追加公演として7/21(木)が決定しました。振替公演&追加公演
また、払い戻しを希望される方にはご購入時のクレジットカード会社を通じてご返金致します。
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

名古屋ブルーノート

ミュージックチャージ:¥6,500
22 -
23 -
24 -
25
CHORUS GROUP / JAZZ The Manhattan Transfer
■公演中止のお知らせ
マンハッタン・トランスファー





The Manhattan Transfer


予定しておりました本公演は、この度の東日本大震災の影響により急遽公演を中止とさせていただきます。ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。 今後新たにマンハッタン・トランスファー公演の日程が決定した際には、当ホームページおよび NAGOYA Blue Note Voiceでご案内いたします。
また、インターネット予約にて決済された方にはご購入時のクレジットカード会社を通じてご返金致します。
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

名古屋ブルーノート

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥10,500
26
JAZZ / VIOLIN Regina Carter
■公演中止のお知らせ
レジーナ・カーター





Regina Carter


予定しておりました本公演は、この度の東日本大震災の影響により急遽公演を中止とさせていただきます。ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。
また、インターネット予約にて決済された方にはご購入時のクレジットカード会社を通じてご返金致します。
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

名古屋ブルーノート

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥6,500
27 -
28
JAZZ / VOCAL Freddy Cole
■公演中止のお知らせ
フレディ・コール





Freddy Cole


予定しておりました本公演は、この度の東日本大震災の影響により急遽公演を中止とさせていただきます。ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。
また、インターネット予約にて決済された方にはご購入時のクレジットカード会社を通じてご返金致します。
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

名古屋ブルーノート

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,000
29 -
30
LATIN JAZZ / BIG BAND TROPICAL BIG BAND
個性溢れるメンバーが、ラテンの名曲、ファンクからオリジナルまで熱いビッグバンドサウンドを展開!
熱帯JAZZ楽団


ライブハウスツアー



TROPICAL BIG BAND


日本のラテン音楽界をリードし続けてきたパーカッショニスト、カルロス菅野を中心に、日本を代表するトップ・ミュージシャンを一堂に集めて結成したラテン・ジャズ・ビッグバンド。これまでに14枚のアルバムと2枚のDVDをリリース、アマュア・ビッグバンドや吹奏楽部の学生からも熱烈な支持を受けている。“音楽はエンターテイメントだ!”をコンセプトに、個性濃厚、有機的サウンド&パフォーマンスで、極彩色亜熱帯ステージを展開! 懐かしのラテンの名曲では胸を濡らし、ジャズ/ファンキー/オリジナルと幅広いナンバーで腰を揺さぶる、世代ジャンル不問のグルーヴ感。昨年結成15周年を迎え、最新作『熱帯JAZZ楽団XIV〜Liberty〜』をリリース。ますますヒートアップ中のビッグウェイブが、春の名古屋ブルーノートに押し寄せる!

オフィシャルホームページ
ミュージックチャージ:¥7,500
カルロス菅野(per) 美座良彦(timb) 森村 献(p) 平川象士(ds) 伊波 淑(conga) 高橋ゲタ夫(b) 佐々木史郎(tp) 鈴木正則(tp) 奥村 晶(tp) 松島啓之(tp) 中路英明(tb) 青木タイセイ(tb) 西田 幹(b.tb) 近藤和彦(as) 藤陵雅裕(as) 野々田万照(ts) 宮本大路(b.sax)
31
2011/02 2011/03 2011/04 2011/05 2011/06 2011/07