2011/5 2011/6 2011/7 2011/8 2011/9 2011/10
2011/07 SCHEDULE
1
JAZZ / VIOLIN Naoko Terai
人気・実力ともにNO.1のジャズ・ヴァイオリニスト。
情熱的かつエレガントなスタイルでステージを彩る!
寺井尚子





Naoko Terai


昨年3月、音楽的功績が認められ、文化庁「芸術選奨文部科学大臣新人賞」を受賞。ジャズ、クラシックの垣根を取り払った独自のスタイルと、潤沢な感性、華麗なパフォーマンスで多くの音楽ファンを魅了し続ける寺井尚子は、まさしく“現代のミューズ”だ。この春リリースした最新作『ライムライト』は、誰にも耳なじみのあるクラシック曲と映画音楽の2つのテーマを中心に、MCとして出演中のテレビ番組「シネマジック カフェ」テーマ曲も収録。妙味に溢れた「展覧会の絵」をはじめ、アップテンポの「シング・シング・シング」まで、聴き応え十分! ライブでひときわエキサイティングな演奏に酔いしれたい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
寺井尚子(vln) 北島直樹(p) 店網邦雄(b) 中沢 剛(ds)
【ゲスト】ケン・バルディス(vo) 司いつ子(vo)
2
JAZZ / SPECIAL SESSION ALLSTAR SESSIONS
プレーヤーとして、プロデューサーとして日本の音楽界で縦横無尽の活躍を続ける鬼才によるスペシャル・セッション!
クリヤ・マコト

オールスター・セッションズ
with NAOTO, 上田裕香, and RHYTHMATRIX



Makoto Kuriya ALLSTAR SESSIONS


10年にわたるアメリカでの活動を経て、いまや世界を股にかけて活躍するジャズ・ピアニスト、クリヤ・マコトが、大人気ヴァイオリニストNAOTO、パワフルな歌声が注目を集める上田裕香、そしてコモブチキイチロウ、安井源之新を擁するスーパー・ユニット“RHYTHMATRIX”と共に登場! 日米同時アルバムデビューを果たして20周年となる記念アルバム『Art for Life』のリリースを記念して全国ツアーを行う。ソウルフルでグルーヴィーなプレイに、果てしなく舞い上がるような迫力。圧倒的なエンタテインメント性…。悩みもストレスも不況もすべて吹き飛ばす、豪快なステージをお約束します!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
クリヤ・マコト(p) コモブチキイチロウ(b) 安井源之新(per) 村上広樹(ds)
【ゲスト】NAOTO(vln) 上田裕香(vo)
3 PRIVATE
4 -
5
POPS SENTIMENTAL CITY ROMANCE
名古屋が誇るウエストコースト・アメリカン・ロック・バンド!
豪華ゲストを迎えて贈るスペシャル・ライブ!
センチメンタル・シティ・ロマンス

with special guests EPO and 伊勢正三

〜NEWアルバム発売記念Live〜



SENTIMENTAL CITY ROMANCE


名古屋が誇るウエストコースト・アメリカン・ロック・バンド。とにかく素晴らしいグループである。1975年、細野晴臣プロデュースのもと『センチメンタル・シティ・ロマンス』でCBSソニーからデビュー。そこで聴くことができる名古屋の原風景とカリフォルニアの青い空をマッチングさせたような、いなたく爽快、そして日本的情緒をたたえた音。それは37年以上経過した今なお、当たり前のようにカッコいい。心地よいギター・サウンド、完璧なコーラス・ワーク、ダイナミックなアレンジ、歌心あふれるメロディ・ライン…。 今までに16枚のアルバムをリリース。“センチ”あるいはメンバーが個別にサポートしてきたアーティストは、加藤登紀子・竹内まりやなど数え挙げたらキリが無いほど多岐にわたる。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
告井延隆(vo,g) 中野督夫(vo,g) 細井 豊(vo,key)
野口明彦(ds,cho) 瀬川信二(b,cho)
【ゲスト】EPO(vo) 伊勢正三(vo,g)
6
JAZZ / FUSION Bob James
フォープレイでもお馴染みのフュージョン・シーンを代表するキーボーディストが会心のトリオを披露!
ボブ・ジェームス TRIO





Bob James


数々の栄誉ある音楽賞に輝くコンテンポラリー・ジャズ〜フュージョン界の巨匠、ボブ・ジェームス。スーパー・ユニット“フォープレイ”として、また自己のユニットやアール・クルーとのデュオなど、いつも素敵なプログラムで名古屋のオーディエンスを楽しませてくれる。そんなボブのネクスト・プロジェクトは、凄腕アジア人ミュージシャンとのスペシャル・セッション。ベースは若手技巧派のシャドゥ・シャー・チャイダー、ドラムスはマレーシアの国民的音楽家であるルイス・プラガサムが担当。トリオ編成ということもあり、ボブのアコースティック・ピアノをさらに満喫できるに違いない。キャリア集大成とも言える今回の名古屋ブルーノート公演。最高にクールでスタイリッシュな、一夜になりそうだ。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
ボブ・ジェームス(p,key) シャドゥ・シャー・チャイダー(b)
ルイス・プラガサム(ds)
7
JAZZ Aquapit
ジャズを超えるエキサイティングなオルガン・ミュージックの新しい形!
アクアピット

金子雄太/小沼ようすけ/大槻“カルタ”英宣



Aquapit


若手を代表するジャズ・オルガン奏者として活動してきた金子雄太は、大坂昌彦、川嶋哲郎と“ディレクション”を結成して2枚のアルバムを発表。orange pekoeなどポップスの仕事も数多くこなし、現在もbird、綾戸智恵のレギュラーメンバーとして活躍している。テクニック、歌心、グルーヴィな左手ベースによる卓越した演奏は高い評価を得ている。小沼ようすけは、これまでに8枚のアルバムを発表。カリブ海グアドゥループ島のリズムを用いた2010年発表の最新作「ジャム・カ」で独自の世界観を確立、レコーディングメンバーを呼び寄せてブルーノート東京でリーダーライブを行った。大槻“カルタ”英宣は'08年にリーダー作「ヴァーティカル・エンジン」をセルフプロデュース。色彩豊かで音楽的なドラミングは、多数のバンドから全幅の信頼を寄せられている。それぞれがリーダーバンドを率いて日本ジャズシーンで活躍する3人によるスーパートリオ!

ミュージックチャージ:¥5,500
金子雄太(org) 小沼ようすけ(g) 大槻“カルタ”英宣(ds)
8
SPECIAL STAGE JERO
「バークレー日本ニュー・ビジョン賞」にも輝いた
ジェロのスペシャルステージ!
ジェロ





JERO


日本の歌謡界に彗星のごとく現れ、そのルックスからは想像できない歌声で我々を魅了する演歌歌手、ジェロ。幼いころ、大好きな祖母を喜ばせたくて演歌を歌い始めると、自身もその虜に。名門ピッツバーグ大学で情報科学を専攻し優秀な成績をおさめるも、演歌歌手になる夢を実現するために来日。仕事をしながらアマチュアとして活動を続けていたところをスカウトされ、2008年シングル「海雪」でデビュー、オリコン総合シングルチャート初登場第4位、さまざまな音楽賞で最優秀新人賞を獲得した。名古屋ブルーノートには今回が初登場。演歌とともにR&Bやソウルなどに親しんできたジェロならではの選曲で、プレミアムなステージになること間違いない。

=====================
整理券発行のお知らせ
=====================
本公演は当日の15:45より各ステージの整理券を発行いたします。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
ジェロ(vo) 河野啓三(key) 養父 貴(g)
田中晋吾(b) 岡野大介(ds)
9 -
10
JAZZ / PIANO Yuji Ohno & Lupintic Five
ジャズの楽しさと奥深さを世の中に広める大役を果たす人気ユニット、ルパンティック・ファイブ!
大野雄二 & Lupintic Five





Yuji Ohno & Lupintic Five


結成5周年のメモリアルイヤーとなる今年、新ベーシスト・井上陽介加入後初となるアルバム『LET’S DANCE』をリリースしたばかりのルパンティックファイヴ。スリリング&ジャジーな大人スタイルで「ルパン三世」シリーズのナンバーを聴かせてくれる人気グループだ。彼らの持ち味は、スピード感溢れる演奏に加え、メロウで軽快なサウンド。そのわかり易さで、ジャズの敷居を下げ、若者を中心とした大衆に広めた彼らのシーンへの功績は計り知れない。大野氏曰く「JAZZは難しいものではなく、格好良くて楽しいもの」。ますます勢い極まるジャズ熱戦は夏の夜にぴったり! 常連さんもビギナーの方もこの日は名古屋ブルーノートへ集合!肩肘張らずにジャズを思う存分楽しんで。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
大野雄二(p,rhodes) 井上陽介(b) 江藤良人(ds)
鈴木央紹(sax) 松島啓之(tp) 和泉聡志(g)
11 -
12
POPS / FEMALE VOCAL Kohmi Hirose
数多くのヒット曲を持つ、広瀬香美が新たに提示するClassyスタイルな夜へ
広瀬香美

with special guest 鳥山雄司



Kohmi Hirose


1992年デビュー。1STシングル「愛があれば大丈夫」から、リリースする曲が次々にヒット。「ロマンスの神様」(175万枚)、ベストアルバム『The Best LOVE WINTER』(240万枚)などの大ヒットをきっかけに“冬の女王・広瀬香美”のイメージが世の中に定着。以降、音楽監督やプロデューサーとしても活動の幅を広げながら、ピアノの弾き歌いで構成される「香美別邸」など、コンサート活動も精力的に行っている。またそれらと並行して、ボイストレーニングやヴォーカルレッスンを行う広瀬香美音楽学校を開講。自ら校長を務めている。'09年7月、自らのライフスタイルも盛り込んだブログ「心とろける音楽の時間」をオフィシャルサイトにてスタート。同時にtwitterアカウントを開設し、ユーザーとのやりとりから生まれた楽曲をブログ上で発表したり、ライブ中にPCやモバイルを持ち込みtweetするという画期的な単独「twitterコンサート」を日本で初めて成功させるなど常に話題を提供し続けている。現在は、毎週金曜日にUstream番組「Friday Kohmi」を配信している。'11年、20周年Anniversary Yearに突入。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
広瀬香美(vo,p) 【ゲスト】鳥山雄司(g)
13
14
POPS / R&B Tito Jackson
弟マイケルに捧げたギグも記憶に新しいジャクソン・ファミリーの次男ティトが再び名古屋に帰ってくる!
ティト・ジャクソン

ex. JACKSON 5



Tito Jackson


昨年、名古屋ブルーノートに初登場し、ジャクソン5のヒット・メドレーからお気に入りのブルース・ナンバーまで、多彩な選曲で会場を熱狂の渦に巻き込んだティト・ジャクソンが今年も名古屋に帰ってくる! マイケルやジャネットを生んだ“世界で最も有名な音楽一家”ジャクソン・ファミリーの次男として生まれ、1968年にジャクソン5の一員としてメジャー・デビュー。ジャクソンズと改称した後も、卓越したヴォーカルとギター、気さくなキャラクターで兄弟たちを支え、'84年にはあのUSAフォー・アフリカの「ウィ・アー・ザ・ワールド」に参加。最近はアルバム『So Far So Good』をリリースするなど、精力的な活動を続けるソウルフルでハート・ウォーミングなティト・ワールドを味わいたい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,500
ティト・ジャクソン(g,vo) アレックス・ネスター(vo) ラ・ニース・マッケイ(vo) ナディーン・フォード(vo) ローマン・ジョンソン(key) マイケル・ノーフリート(key) アンジェロ・アール(g) モリス・レンティ(b) レイモンド・カルホーン(ds)
15
POPS / FEMALE VOCAL Junko Ohashi
「シンプル・ラブ」「たそがれマイ・ラブ」「シルエット・ロマンス」など、名曲の数々を抜群の歌唱力で披露!
大橋純子





Junko Ohashi


良質な日本語のポップスを絶対的な歌唱力で世に送り出し、今日に続く礎を作った元祖J-POPのディーヴァ、大橋純子。2009年に35周年を記念した『Terra2』を、'10年11月には5年ぶりのオリジナル曲「大人の恋をしましょう」(NHK『ラジオ深夜便』テーマ曲)を矢継ぎ早にリリース。ともに団塊の世代を中心にロング・セールスを続けている。長いキャリアの中でも今がもっとも充実の時といえよう。恒例となった名古屋ブルーノートでのクラブサーキットも毎回新しい話題とともにその日だけのサプライズ演出を用意してくれている。リピーターの方も、今回が初めてという方も、パワフルなヴォーカルで元気をチャージしてみてはいかがでしょうか。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,500
大橋純子(vo) 和田春彦(key) 六川正彦(b) 土屋 潔(g) 植村昌弘(ds) 後藤輝夫(sax,per) 山下由紀子(cho) 佐藤ひろこ(cho)
16
17
POPS / MALE VOCAL Akira Fuse
艶やかな声質、圧倒的な声量、
日本を代表するヴォーカリストと過ごす至福の二夜…。
布施 明





Akira Fuse


1965年、シングル「君に涙とほほえみを」でデビュー。'75年、「シクラメンのかほり」で第17回日本レコード大賞受賞をはじめ、これまでに数多くの音楽賞を受賞。押しも押されぬ日本を代表するエンターテイナー、布施明。その艶やかな声質、圧倒的な声量、エネルギッシュな歌いっぷり… どれを取ってもパーフェクト。感動の歌声は、デビューから今なお衰えることを知らず、のびやかに聴く人の耳を駆けまわり、曲と歌詞の魅力までしっかりと届けてくれる。お待ちかね、恒例の名古屋ブルーノート2DAYS。お洒落なトークを交えながら、夏の到来にふさわしいトキメキをプレゼントしてくれるはず!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥11,000
布施 明(vo) 井川雅幸(p) 広瀬徳志(ds) 松本 茂(b) 小堀 浩(g)
18
19
JAZZ / VIBRAPHONE Gary Burton QUARTET
パット・メセニー、チック・コリア、小曽根真との伝説の共演でも知られるヴィブラフォンのマエストロ!
ゲイリー・バートン QUARTET

featuring アントニオ・サンチェス



Gary Burton QUARTET


透明感あふれる音色と、夢のように美しいハーモニー。ジャズ・ヴィブラフォン界の頂点に立つ巨星、ゲイリー・バートンが待望の登場を果たす。10代からプロ活動を始め、ジャズ、カントリー、ロックをミックスしたワン&オンリーのサウンドで人気を確立。1967年に自己のグループを結成し、ラリー・コリエル、パット・メセニー、小曽根真など数多くの才人を起用しながら独自の花を咲かせてきた。その一方でチック・コリア、キース・ジャレット、アストル・ピアソラ他ともコラボレーションを繰り広げている。そんなバートンが最新ユニットを率いておくる、久々の来日公演。“まるで魔術のよう”と形容される圧倒的なテクニック、幅広い音楽性に身体中で浸りたい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
ゲイリー・バートン(vib) アントニオ・サンチェス(ds)
ジュリアン・ラージ(g) ホルヘ・ローダー(b)
20
POPS / FEMALE VOCAL Asako Toki
振替&追加公演決定!ジャズもロックも彼女のマジックで極上のポップスへ… 待望のクラブ公演!
土岐麻子 see the‘LIVE’LIGHT!

−往くてを照らせ−



【振替公演】20日

【追加公演】21日



Asako Toki


「あなたって不思議だわ あなたっていくつなの〜♪」というフレーズが耳に心地いい化粧品CM曲『Gift 〜あなたはマドンナ〜』が大好評! 昨年9月のオンエアと同時にCD化の要望が殺到し、今年1月にワンコインシングルとしてリリース。さらに2月には、『Gift』を含む、これまで話題となったCM曲やカバー曲をコンパイルしたアルバム『TOKI ASAKO“LIGHT!”〜CM&COVER SONGS〜』をリリース。'04年にCymbalsを解散後、父・土岐英史プロデュースによるカバー集『STANDARDS〜土岐麻子ジャズを歌う〜』でソロアーティストとして始動。洗練されたジャズ・エッセンスと土岐麻子流シティポップが天衣無縫に融け合う彼女の音楽性は、ミュージシャンからの支持も厚い。

==================================
3/21の公演を予約されていたお客様へ
==================================
■テーブル指定でご予約のお客様(メンバーズクラブ会員)
テーブル指定を含む予約権を自動的に7/20(水)に振替えさせていただきます。
ex.) 3/21(祝・月) 1ST テーブル18 ⇒ 7/20(水) 1ST テーブル18
キャンセルをご希望の場合は、4/28(木)の20:00までに名古屋ブルーノートまでお申し付けください。
また、日程・人数・セットの変更をご希望の場合は、一度キャンセル後5/10(火)の11:00より改めてご予約いただくこととなります。
■自由席でご予約のお客様
予約権を自動的に7/20(水)に振替えさせていただきます。
ex.) 3/21(祝・月) 1STテーブル 2名 ⇒ 7/20(水) 1ST テーブル 2名
日程・人数・セットの変更またはキャンセルをご希望の場合は、4/28(木)の20:00までに名古屋ブルーノートまでお申し付けください。

名古屋ブルーノート 052-961-6311(11:00〜20:00/土日祝休業)

※3/21(祝)と7/20(水)は営業時間が異なります。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
土岐麻子(vo) 渡辺シュンスケ(key) ゆーこー(b)
片山タカズミ(ds) NeVeSSa(manipulator)
21
22
JAZZ / SAX Erena Terakubo
ジャズ界の期待を一身に集めるサックス奏者!
フレッシュな魅力が詰まったライブは必見!
寺久保エレナ





Erena Terakubo


1992年札幌生まれ。'02年〜'07年、札幌ジュニア・ジャズ・オーケストラに参加。'05年、最年少でボストン・バークリー・アワードを受賞。'07年、ボストン・バークリー音楽院に奨学生としてサマープログラムに短期留学。'09年バークリー・サマー・ジャズ・ワークショップに日本人として初めて選抜される。'10年3月高校在学中にニューヨークにてケニー・バロン、クリスチャン・マクブライドといったジャズの巨匠たちを従えて1STアルバム『NORTH BIRD』をレコーディング。同年6月キングレコードからメジャーデビュー。“札幌シティジャズ2010”ではオープニングライブを務め、同年9月には“東京ジャズ2010”に出演。ロン・カーター、オマー・ハキムらと共演したステージは多くのジャズファンに衝撃を与えた。今秋からのアメリカ留学を控え、新作アルバム『New York Attitude』からの更に進化したプレイをお楽しみください。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,250
寺久保エレナ(sax) 大林武司(p) 井上陽介(b)
マーク・ホイットフィールドJr.(ds)
23
MALE VOCAL / AOR Yoshitaka Minami
「モンロー・ウォーク」「スローなブギにしてくれ」など、洗練された大人のアーバン・ポップの旗手!
南 佳孝





Yoshitaka Minami


「スローなブギにしてくれ(I Want You)」「モンロー・ウォーク」等のヒットで知られ、80年代シティ・ポップ・ムーヴメントの中心を担った南 佳孝が帰ってくる。今年6月には実に7年振りとなるオリジナル・アルバムをリリース予定。彼の真骨頂である、クセになる独特のメロディラインとセクシーなヴォーカルは健在。これまでのボサノヴァ基調のカバーとは一線を画す、本格的ポップス・アルバムに仕上がっている。そんな会心の作品を引っさげたライブが決定。往年のヒット曲はもちろん、ラテン、AOR、ロックからジャズ、バラードまで色彩豊かな名曲のオンパレードで大人の夜を艶やかに演出する。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
南 佳孝(vo,g) 竹田 元(p) 長岡道夫(b) 鶴谷智生(ds)
24 BRIDAL FAIR
25
JAZZ / VOCAL Fried Pride
SOLD OUTを記録した前回2月のアンコール公演が決定!
進化し続ける最強のDUOが灼熱の夜を届ける
Fried Pride





フライド・プライド


ジャズのスタンダードからソウル、ロックのナンバーまで、ソウルフルな歌声で圧倒するShihoと、他に類を見ないテクニックとセンスで独自のサウンドを創り出す、横田明紀男。Shihoはミュージカル「RENT」にも出演、横田は宇崎竜童など様々なアーティストとのライブ共演や楽曲提供など、それぞれのソロ活動も活発に行っている。そこで培ったものを互いにフライド・プライドへとフィードバックさせ、さらに高い次元へと昇華させている。先日リリースされた最新アルバム『for your smile』では、通算8枚目にしてジャズ・スタンダードに回帰。あらためてフラプラの真骨頂を魅せつけたばかり。前回の公演は早々にSOLD OUT! 見逃した方も今回こそは是非!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
Shiho(vo) 横田明紀男(g) 村上“ポンタ”秀一(ds)
26
NEO CLASSIC Le Velvets
彗星のごとく現れた超本格派ヴォーカルグループ!
次世代を担う日本の貴公子、Le Velvets が登場!
Le Velvets





ル ヴェルヴェッツ


柔らかく、上品で滑らかな生地を意味する「Velvet」(ヴェルベット)という言葉に由来。メンバーは5人で、全員が音楽大学を卒業し、テノール3人バリトン2人で構成。その素養と才能をもとに、クラシックはもちろんロックやポップス、ジャズ、日本の民謡に至るまで、様々なジャンルを自在に操る、近年まれに見る超実力派グループである。特徴あるそれぞれの歌声、数え切れないほどの豊かな表情をみせるコーラスは、聴くもの全ての心にダイレクトに突き刺さる。恵まれたルックスを持ち、優しさ、柔らかさとともに“男らしさ”をも兼ね備えている。コンサートでは極上の歌声に加え、客席と一体となったパフォーマンスを展開して観るもの全てを夢の中へといざなう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
佐藤隆紀(テノール) 佐賀龍彦(テノール) 日野真一郎(テノール) 宮原浩暢(バリトン) 黒川拓哉(バリトン) ただすけ(p)
27
POPS / FEMALE VOCAL Yuki Murakami
澄みきった歌声と、彩り豊かなサウンドが
絶妙な調和を魅せる大人のポップス!
村上ゆき

「Watercolours」リリース記念 Live



Yuki Murakami


福岡県飯塚市生まれ。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。2004年ジャズシンガー、ピアニストとしてデビュー。'05年、スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞国内部門3位受賞。現在までに5枚のアルバムをリリース。たおやかであたたかく包み込むような歌声と美しい発音が高く評価され、現在はピアノ弾き語りスタイルのシンガー・ソングライターとして幅広く活動。今年6月に水をテーマにしたニュー・アルバム『Watercolours』をリリースするやiTunes Music Storeヴォーカルアルバムチャート6位にランクイン。一方で積水ハウス、シャープアクオス、バファリンA、愛知銀行など数多くのCMソングを手がけ、“大人のCMソング No.1歌姫”、その声の心地よさから“ヘブンズ・ボイス”などと称される。最近では森山良子等へ楽曲提供や、2011年4月よりTBSラジオ「積水ハウスPresents村上ゆきのスローリビング」のパーソナリティも務め活動の幅を広めている。そんな村上ゆきの名古屋で初のリリース記念ライブ、美しい歌声を生で堪能するまたとないチャンスをお見逃しなく!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,250
村上ゆき(vo,p) 伊賀 航(b) 佐藤克彦(g)
28
NEO CLASSIC / CELLO Nobuo Furukawa
映画「おくりびと」テーマ曲のソロ演奏を担当するなど、人気・実力ともに各方面から最も注目を集めるチェリスト!
古川展生

with special guest 中西圭三



Nobuo Furukawa


桐朋学園大学卒業。1995年、第64回日本音楽コンクールチェロ部門第2位入賞。'96年、ハンガリーのリスト音楽院に留学。帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任。'03年、第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。ソリストとしても、ハンガリー/ソルノク市立交響楽団の定期演奏会に招かれるなど、国内外のオーケストラ、著名指揮者との共演も多数。また、全国各地においてソロリサイタル、室内楽の活動を展開。他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも積極的に行い、映画「おくりびと」ではテーマ曲のソロ演奏を担当するなど、人気、実力ともに各方面から注目を集めている。'07年には、藤原道山、妹尾武とユニット“KOBUDO -古武道-”を結成。あらたな音楽の創造を目指し演奏/制作活動を展開中。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
古川展生(vc) 塩入俊哉(p) 【ゲスト】中西圭三(vo)
29 -
30
SOUL / R&B Masaki Ueda
ソウルフルな歌声で、世代を超えてリスペクトされる
日本のブルース/R&Bのパイオニア
上田正樹





Masaki Ueda


ソウルフルな歌声で、世代を超えてリスペクトされる日本のブルース/R&Bのパイオニア、上田正樹。1974年、伝説のバンド、“上田正樹とサウストゥサウス”を結成。ファンキーで熱いステージが当時のロック・シーンで大評判となり、'75年アルバム『この熱い思いを伝えたいんや』でデビュー。ブルース・ブームの立役者となった。'77年からソロ活動を開始、'82年に「悲しい色やね」が大ヒット。コンスタントにアルバムを発表しながら、レイ・チャールズ、B.B.キング、タワー・オブ・パワーなど数多くのブルース/R&Bアーティストと共演を果たし、近年では韓国を含むアジア圏でも活躍。最新作『SMOOTH ASIA』には、ジャマイカのスライ&ロビーやアジアのトップアーティストが参加。現在も年間100本以上のライブを続けている。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
上田正樹(vo) その他未定
31
JAZZ Akiko Grace
■公演延期のお知らせ
Akiko Grace Trio Collective

with special guest 林 正子



アキコ・グレース


予定しておりました本公演は、都合により延期とさせていただきます。 ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。 また、インターネット予約にて決済された方にはご購入時のクレジットカード会社を通じてご返金いたします。
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 なお、振替日につきましては決定次第ホームページおよび月刊情報誌「VOICE」にて発表いたします。

名古屋ブルーノート

ミュージックチャージ:¥6,000
2011/5 2011/6 2011/7 2011/8 2011/9 2011/10