2012/03 2012/04 2012/05 2012/06 2012/07 2012/08
2012/05 SCHEDULE
1 OFF
2
BOOGIE WOOGIE PIANO Keito Saito / Axel Zwingenberger
斎藤圭土(レ・フレール)がブギ・ウギの“巨匠”
アクセル氏を迎えて贈るプレミアム・ライブ!
斎藤圭土&

アクセル・ツヴィンゲンベルガー

THE JOY OF BOOGIE WOOGIE



Keito Saito / Axel Zwingenberger


初めて出会う「音」がある…。ブルージーで繊細かつダイナミックなスタイルを極めるブギ・ウギ・ピアノの第一人者、アクセル・ツヴィンゲンベルガー。「ブギ・ウギ大使」として世界中を旅し続ける1955年生まれの鍵盤の巨匠が奏でるのは、まさに円熟のブギ・ウギ。一方、1978年生まれの若きブギ・ウギ・ピアノの牽引者、斎藤圭土が奏でるのは、ファー・イーストからの次代を担う鮮烈なるブギ・ウギ。独学で習得したそのスタイルは、ヨーロッパのファンに大きな喝采を浴び、ドイツのメディアにも高く評価されている。そんな2人が再びこのステージで競演。左手から繰り出される転がるようなエイトビート、そして豊かな表現と躍動感…。聴く者・観る者すべてを虜にする至極のブギ・ウギ・ピアノライブだ!

レ・フレール オフィシャルサイト
アクセル オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
斎藤圭土(p) アクセル・ツヴィンゲンベルガー(p)
3 OFF
4 OFF
5 OFF
6 BRIDAL FAIR
7 OFF
8 OFF
9
FRENCH POPS / BOSSA NOVA Pierre Barouh
■公演中止のお知らせ
ピエール・バルー

Special Live 2012



Pierre Barouh


予定しておりました本公演は、会場側の都合により中止とさせていただきます。 ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。
また、インターネット予約にて決済された方にはご購入時のクレジットカード会社を通じてご返金致します。 ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

名古屋ブルーノート
ミュージックチャージ:¥7,500
チケットぴあでご購入されたお客様につきましては
発券された店舗で払い戻しいたします。
10 OFF
11
POPS / FEMALE VOCAL ANRI
まるで杏里の部屋に遊びに来たかのような
リラックスした空間で愉しむグレイテストヒッツの数々…
ANRI LIVE TOUR ♥2♥ 2012

〜 Remember the Future 〜



杏里


1978年に「オリビアを聴きながら」でデビュー。80年代には「悲しみがとまらない」「SUMMER CANDLES」、90年代には「Future For You」などが大ヒット。そのキャリアは30数年にのぼるが、世代を問わず歌い継がれるのが杏里の魅力。人々に愛される珠玉の名曲は色褪せない永遠の輝きを放つ。“Heart to Heart”と題した恒例のクラブギグは、そのアットホームな雰囲気がまるで杏里の家に遊びに来たかのような錯覚に陥るほど等身大の彼女の“今”を体感できる。しっとりしたバラードでは感動に包まれ、アップテンポなナンバーではフロアをダンスホールへと一変させる。ビッグ・アーティストの魅力を至近距離でたっぷりと堪能できるのはブルーノートならではの醍醐味! 大ホールでは決して味わうことのできない息遣いや、特別な選曲をワイン片手に心ゆくまでお楽しみください…。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥9,800
杏里(vo) 高山一也(g) 安部 潤(key) レンジー・クロスビー(b) 高田 真(ds) グスターボ・アナクレート(sax) 小島恵理(cho) vahoE(cho) 吉野慶太郎(Mp)
12
13 PRIVATE
14
R&B / SOUL Eric Benet
ハートを溶かす甘いソウルフルヴォイス…
正統派R&Bの伝道者がセクシーなファルセットで魅了する
エリック・ベネイ





Eric Benet


先日、第54回グラミー賞にもノミネートされ健在ぶりをアピールしたエリック・ベネイ。リリースすれば常にR&Bチャートをにぎわせる実力派の彼が、ニューアルバムリリース直後という絶好のタイミングで登場を果たす。ディアンジェロ、マックスウェルと共に“ニュー・クラシック・ソウル”と呼ばれる一大ムーヴメントを形成し90年代を牽引。その後独自の進化を遂げ、近年はアダルト・オリエンテッドな楽曲にも積極的に取り組み新たなマーケットを開拓。最新作『ザ・ワン』は、70年代の香り漂う正統派R&Bアルバムに仕上がっている。その世界観をそのままに、ソウル・ミュージックへの愛に満ちあふれたステージになるだろう…。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,900
エリック・ベネイ(vo) その他未定
15 OFF
16
SPECIAL SESSION Richard Bona / Kazunori Kumagai
雄大で美しいサウンド、超絶的なプレイに温かな歌声。
天才ベーシストが人気タップダンサーを迎えるステージ…
リチャード・ボナ BAND with 熊谷和徳





Richard Bona BAND with Kazunori Kumagai


カメルーンから世界に飛び出したコンテンポラリー・ジャズ・ベーシスト、リチャード・ボナ。超絶技巧のプレイと、雄大で美しい歌声はアフリカの大地を思わせる唯一無二の存在感を誇る。ハリー・ベラフォンテ、ジョー・ザヴィヌル、渡辺貞夫、パット・メセニーなどのビッグスターが惚れ込み、こぞって起用したことで彼の眠れる才能がさらに開花。押しも押されぬアーティストとなった。そんな彼が今回のライブでフィーチャーするのが、世界的な評価を集めるタップダンサー、熊谷和徳。15歳でタップを始め、NYと日本を2大拠点として活動する日本におけるタップダンスシーンのパイオニアだ。そんな2人が、以前から互いに関心を持っていたことから実現した今回のステージ。ボナの強烈なグルーヴと、熊谷の超絶タップがどんなハーモニーを生み出すのか… 必見のライブだ。

リチャード・ボナ オフィシャルサイト
熊谷和徳 オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,900
リチャード・ボナ(b,vo) 熊谷和徳(tap) Osmany Paredes(p)Dennis Herndandez(tp)Osvaldo Melendez(tb)Luis Quintero(perc)Robert Quintero(perc)
17
JAZZ Fabrizio Bosso
欧州最強のバンド“ハイ・ファイヴ・クインテット”の中心人物であり、世界中から注目を浴びる人気トランペッター
ファブリッツィオ・ボッソ





Fabrizio Bosso


ハイ・ファイヴの中心メンバーとして名を馳せ、ニコラ・コンテらと共にヨーロッパのジャズシーンを牽引する伊達男、ファブリッツィオ・ボッソ。ヨーロッパNo.1との呼び声も高いトランペットの名手が待望の新作を携えて名古屋ブルーノートに凱旋する。気になる新作の内容は、英国を代表する名門オーケストラ=ロンドン交響楽団をバックにニーノ・ロータ作品をフィーチャー。クラシックの巨匠にして「ゴッドー・ファーザー」などの映画音楽を数多く手掛けたこの偉大な作曲家の生誕100周年を記念する企画アルバムに仕上がっている。絶好のタイミングでの来日公演。鮮やかなテクニック、比類なき歌心、そして精悍なルックスを兼ね備えた気鋭トランペッターが繰り広げる会心のステージに酔いしれたい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
ファブリッツィオ・ボッソ(tp) クラウディオ・フィリッピーニ(p)
トンマーソ・スカナピエコ(b) ロレンツォ・トゥッチ(ds)
18
POPS / MALE VOCAL Tatsuya Himeno
TULIPのメンバーとしてデビュー40年。ソロ活動も10年目を迎える今年、エバーグリーンな歌声でお届けする名曲の数々
姫野達也 Live

PAPPY PEP POP 2012

THE BEST SONGS OF ABE & HIMENO



Tatsuya Himeno


1952年福岡市生まれ。'72年、“TULIP”のメンバーとして「魔法の黄色い靴」でデビュー。'73年リード・ヴォーカルをとった初のシングル「心の旅」が大ヒットを記録。その後「夏色のおもいで」「銀の指環」「ぼくがつくった愛のうた」等のヒット曲を歌いヴォーカリストとしての頭角を現す。'85年“TULIP”を離れ、安部俊幸らと“always”を結成。'97年から“TULIP”としての活動を再開。翌'98年にはテレビ情報番組のキャスターを務めるなど音楽以外の分野でも活躍。デビュー30周年を迎えた'02年には、初のソロライブを全国5都市で開催。つい先日、今年9月から始まる“TULIP”の40周年メモリアル・ツアーの開催が発表されたばかり! 今回のステージはその前哨戦となるのだろうか… 乞うご期待!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
姫野達也(vo,g,key)-from チューリップ
藤本かつき(b,cho) 清水康弘(g,cho)
19
ROCK / MALE VOCAL Takui Nakajima
絶対的な歌唱力と多彩なソングライティングで、圧倒的な支持を受けるシンガーソングライターの初登場!
中島卓偉

尾張淑女甘美会

〜フォーマルソウルナイト〜



Takui Nakajima


1978年福岡県生まれ。バンド活動を経て、“TAKUI”としてソロ活動を開始。'99年に1STシングル『トライアングル』でデビューし、'06年にアーティスト名を本名である“中島卓偉”に改める。自身で作詞作曲を手掛け、これまでにシングル14枚、アルバム11枚を発表している。レコーディングにはスティーヴィー・サラス、マット・ソーラム、森重樹一、屋敷豪太などロック界の大物が名を連ね、中島卓偉の実力を高く評価。一方で、つんくや安倍なつみなど、他アーティストへの楽曲提供も手掛けるなどマルチな才能をみせる。'11年にはニュー・シングル『3号線』をリリース。楽曲で描ききれなかった物語を初の書き下ろし短編私小説として発表するなど、ますます活躍の幅を拡げている。名古屋ブルーノートへの出演は今回が初めて。どんな世界を魅せてくれるのか期待が高まる。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,250
中島卓偉(vo,g) 嶌岡大祐(p)
20 PRIVATE
21 OFF
22
JAZZ / VIOLIN Naoko Terai
新譜リリース・ツアーが好評につき、アンコール公演が決定!NO.1のジャズ・ヴァイオリニスト情熱のプレイを堪能
寺井尚子

「LIBERTANGO IN TOKYO」TOUR 2012

【追加公演】



Naoko Terai


日本を代表するジャズ・ヴァイオリニストとして、独自性あふれる表現力ゆたかな演奏スタイルで人気の高い寺井尚子。コンサートを中心に、テレビ番組(「Cinemagic Cafe シネマジックカフェ」BS-TBS、2010年〜)のパーソナリティやCM出演など、ジャズの枠組みにこだわることなく幅広く音楽活動を展開している。1988年プロ・デビュー。ケニー・バロンとのセッションをきっかけにニューヨークでのレコーディングに参加し、一躍注目を集める。リシャール・ガリアーノ、リー・リトナー、ハービー・ハンコックといった世界的アーティストとも数多く共演。「文化庁芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」受賞(2010年)。繊細な表現力と情熱的な演奏にますます磨きがかかっている。最新アルバムは、リシャール・ガリアーノ、オーケストラ・カメラータ・ドゥカーレと共演した「東京JAZZ2011」のライヴ盤『LIBERTANGO IN TOKYO リベルタンゴ・イン・トーキョー』。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
寺井尚子(vln) 北島直樹(p) 店網邦雄(b) 中沢 剛(ds)
23 PRIVATE
24
FUSION / ROCK JACO PASTORIUS TRIBUTE LIVE
JAZZ / FUSION シーンを牽引する名手5人が音楽界の至宝“ジャコ・パストリアス”の楽曲をフィーチャー!
Tetsuo Sakurai presents

JACO PASTORIUS TRIBUTE LIVE

櫻井哲夫(b) 本多俊之(sax)

新澤健一郎(key) 菰口雄矢(g)

平陸(ds)



JACO PASTORIUS TRIBUTE LIVE


エレクトリック・ベース黎明期にシーンに登場し、革新的なスタイルを構築、超人的なプレイと作編曲でジャズ〜フュージョンに君臨した天才ミュージシャン、ジャコ・パストリアス。当店で繰り広げた2006年の伝説的な名演後、惜しくもジャコの元へと旅立ったジャコの盟友ジョー・ザヴィヌル。ザヴィヌルが結成し、ジャコが参加した“ウェザー・リポート”がなければ今の音楽地図は大きく変わっていただろう。彼らの功績は色褪せることなく黄金の輝きを放ち、今なお多くのリスペクトを集めている。そんなジャコと“ウェザー・リポート”の影響を受けた名手5人がここに集結! いずれも日本のJAZZ / FUSION シーンを牽引する実力派だ。ジャコのマニアックなナンバーから“ウェザー・リポート”の名曲まで白熱のサウンドを展開する!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,900
櫻井哲夫(b) 本多俊之(sax) 新澤健一郎(key)
菰口雄矢(g) 平陸(ds)
25
JAZZ / VOCAL meg
最高峰の布陣を従えたリリースライブ! 日々進化を続けるmegがジャズのスタンダードをしっとりと聴かせる…
meg

「Little Waltz」 Tour



meg


スレンダーな容姿からは想像できない、パワフルな歌声を持つ“美Jazzシンガー”として注目を集めている、meg。ファッション誌の表紙を飾るほどのスタイルと美貌に加え、デザイナーとしても才能を発揮する才女ぶりでファッションリーダーとしての側面も持ち合わせている。一昨年、小室哲哉が作曲・アレンジを、湯川れい子が作詞を担当した「再愛〜Love you again〜」が映画「行きずりの街」の主題歌に起用されたことで一躍スポットライトを浴びた彼女。続く最新作『Little Waltz』はなんと巨匠ロン・カーターのプロデュース。そんな大御所をも唸らせるmegのヴォーカリストとしてのポテンシャルは計り知れない。今回のライブ・サポートには守屋純子などジャズ界が誇る鉄壁の布陣がズラリ。進化を続ける次世代のジャズ・ディーヴァのゴージャスなステージをどうぞお見逃しなく。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,250
meg(vo) 守屋純子(p) 中村健吾(b) 近藤和彦(sax) 岡部洋一(perc)
馬場孝喜(g) ジーン・ジャクソン(ds)
26
POPS / MALE VOCAL Akinori Nakagawa
圧倒的なヴォーカルと華麗なステージングで唯一無二の存在感を誇るシンガー・ソングライター
中川晃教





Akinori Nakagawa


この人にはスターという言葉がぴったりだ。人気ドラマの主題歌を次々とヒットさせてきたシンガー・ソングライターとしての顔だけでなく、大河ドラマ『天地人』をはじめ、ミュージカル界で数々の大舞台の主役を務めるなど、大活躍中の中川晃教。劇中歌の作詞・作曲も手がけるなど、エンターテイナーとしてもアーティストとしてもその個性と才能を大きく開花させてきた。独自のコンセプトで音楽を展開し、毎回新しい進化をみせる世界観はワン&オンリー。名古屋ブルーノートでのステージはピアノを弾きながら、しなやかなクリアヴォイスで詩情に溢れた世界を描く。一度耳にしたら心から離れない圧倒的な存在感は、R&Bファンにもぜひ味わっていただきたい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
中川晃教(vo) 大坪 正(p) 榊原長紀(g) 林美智子(vln)
27
CHORUS / POPS J&O
鉄壁のコーラスワークを誇る人気コーラスグループ“サーカス”から生まれた夫婦DUOユニット!
原 順子 with Kano Ohsuke

〜J&O Live 2012〜



Junko Hara / Ohsuke Kano


「Mr.サマータイム」「アメリカンフィーリング」など、団塊の世代の青春時代を彩った不朽の名曲の数々と、屈指のハーモニーでお馴染みのコーラス・グループ“サーカス”。その“サーカス”から原順子と叶央介による夫婦ユニットが“J&O”だ。声量豊かでソウルフルな順子のヴォーカルとそれを絶妙のコーラスでサポートする央介。二人のハーモニーの魅力は、テクニックだけでなく、“歌は人と人の心をつなぐ”という歌の持つ力を感じさせてくれること。オリジナルからポップス、ジャズまでジャンルを超えた楽曲で楽しませるステージは、大人のための上質なエンターテイメント。円熟のハーモニーと時折みせる息の合ったトークを心ゆくまでお楽しみください。

【特別営業時間】
[1ST]open 3:00pm start 4:00pm [2ND]open 6:00pm start 7:00pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
原 順子(vo) 叶 央介(vo) 岩瀬立飛(ds) 箭島裕治(b) 森丘ヒロキ(p)
28
JAZZ / VOCAL Keiko Lee
人気・実力ともにNO.1に君臨するジャズ・ヴォーカルの女王がいつもとは違ったスタイルで魅せる!
ケイコ・リー





Keiko Lee


ホームタウンでのスペシャルな公演が急遽決定! ディープでラグジュアリーなヴォーカル・ワークはますます冴えをみせ、長いキャリアの中でも今が最も充実の時と言っても過言ではない活動を展開するケイコ・リー。その充実ぶりは最新作でも聴いてとれ、ジャズはもちろん、AORやポップスにも変幻自在にアプローチ。それらを唯一無二の“ケイコ・リーStyle”としてさらに昇華させるスキルと存在感は他を圧倒している。今回、ツアーとは異なる切り口でいつもとは違ったステージを展開する特別な一夜。どんなステージになるのか!? 興味は無限大に広がる…。その夜、名古屋ブルーノートで新たな伝説が生まれる。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,400
ケイコ・リー(vo,p) 大口純一郎(p) 岡沢 章(b) 渡嘉敷祐一(ds)
29
POPS / MALE VOCAL Kenjiro Sakiya
メロディ・メイカーとして抜群のキャリアを誇るシンガー・ソングライターによる珠玉のバラードの数々…
崎谷健次郎





Kenjiro Sakiya


これまでに楽曲を手掛けたアーティストは、高橋真梨子、稲垣潤一、中山美穂、郷ひろみなど錚々たる顔ぶれ。メロディ・メイカーとして抜群のキャリアを誇る、崎谷健次郎。自身のシンガー・ソングライターとしてのデビューは1987年の「思いがけないSITUATION」(東宝映画いとしのエリー主題歌)。続いてリリースした「もう一度夜を止めて」は、崎谷健次郎・秋元康・武部聡志という豪華制作陣によるもので大ヒットを記録。ドラマ『東京ラブストーリー』でも挿入歌として使用され、この時代を代表する名バラードとして人々の心に深く刻まれている。3度目の出演となる今回は、過去の提供作品を含む新旧のオールタイムベストと言えるプログラムでお届け。いち早く新曲の披露も予定されている。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,500
崎谷健次郎(p,vo) 須磨和声(vln)
30
JAZZ / VOCAL Rika Tanaka
「JAZZIN' R's BAR」でもすっかりお馴染み!幅広い層に支持される、いま最も注目の実力派ヴォーカリスト
たなかりか

Japanese Songbook リリースツアー



Rika Tanaka


毎週土曜日夜8時の人気プログラム「JAZZIN' R's BAR」(ZIP-FM)のパーソナリティとしてもすっかりお馴染みのジャズ・ヴォーカリスト、たなかりか。アマチュアとして出場した2001年「神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト」で準グランプリを獲得後、プロへ転向し活動を本格化。'04年ファーストアルバムをリリースし全国ツアーを行う。関西を拠点に九州から北海道まで日本全国で活躍を続けている。'09年7月、アルバム「Colors」でメジャーデビュー。'11年2月16日アルバム「When She Flowes」をリリース。CDリリース全国ツアーを行なう。'11年5月中旬より積和不動産中部株式会社のCMソングをオリジナル楽曲にて担当。ライブパフォーマンスにも定評があり、会場はいつも満席。若い女性から中高年の男性まで幅広い層に支持されている。今回は、新作のジャズ・カヴァー・アルバムを携えての登場。

オフィシャルサイト

ぴあ×star cat【たなかりか インタビュー】
ミュージックチャージ:¥5,900
たなかりか(vo) 鈴木正人(b) ハタヤテツヤ(p,key)
小沼ようすけ(g) 坂田 学(ds)
31
ACAPPELLA GROUPS BROAD6
メロディに夢の詰まったあの時代。一斉を風靡したAORの名曲であなたの青春時代が蘇ります…
BROAD6

5th tour「Adult Oriented Acappella」



BROAD6


BROAD6 Meets AOR ――――
男性6声による緻密なコーラス・ワークで入念に練り上げられたサウンド。そしてライブとしての完成度の高さ。彼らのアカペラはまさにAdult Oriented Acappella(大人向けのアカペラ)と呼ぶに相応しい。2009年に行われた、“RAG FAIR”と“INSPi”の合同ファンクラブイベントでの企画バンド“加藤JAPAN”が前身となりスタートしたこのスペシャル・ユニット。それぞれの持ち味を生かして絶妙に組み合わさった卓越したコーラス・ワーク。確かなスキルに加え、メンバーひとりひとりのハートがダイレクトに伝わるエモーショナルな部分こそこのグループの最大の見どころ。メロディに夢の詰まったあの時代…。一斉を風靡したAORの名曲であなたの青春時代が蘇ります。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
ご来場の方全員にBROAD6初となる音源(1曲入りCD)をプレゼント! 【RAG FAIR】加藤慶之(vo) 荒井健一(vo)
【INSPi】杉田篤史(vo) 北 剛彦(vo) 奥村伸二(vo) 吉田圭介(Ba vo)
2012/03 2012/04 2012/05 2012/06 2012/07 2012/08