2012/07 2012/08 2012/09 2012/10 2012/11 2012/12
2012/09 SCHEDULE
1
津軽三味線 YOSHIDA BROTHERS
日本の伝統芸能に新たな息吹を注ぎ続ける
吉田兄弟による貴重なクラブ公演
吉田兄弟





YOSHIDA BROTHERS


ともに5歳より三味線を習い始め、津軽三味線の全国大会で頭角を現し、一躍その名を知らしめた良一郎と健一による“吉田兄弟”。1999年アルバム「いぶき」でメジャーデビュー。邦楽界では異例のヒットを記録し、以降、現在まで12枚のアルバム他をリリース。日本ゴールドディスク大賞純邦楽アルバム・オブ・ジ・イヤー(第15回)、日中国交正常化30周年記念特別賞(第17回)を受賞している。2003年の全米デビュー以降、アメリカ・ヨーロッパ・アジア・オセアニア等、世界各国での活動や、EXILEやモンキーマジックなど様々なアーティストとのコラボレーションも積極的に行っている。また近年、良一郎は代表的な和楽器(三味線・尺八・箏・太鼓)による学校公演を中心とした新・純邦楽ユニット『WASABI』を結成、健一は若手トップクラスの奏者が集結した津軽三味線集団『疾風』をプロデュースするなど個々の活動の幅も広げ、日本の伝統芸能の枠を超えて、ワールドワイドに活躍できるアーティストとして期待されている。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,000
7月10日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月3日11:00〜)
吉田良一郎(津軽三味線) 吉田健一(津軽三味線)
井上 鑑(key) 仙波清彦(perc)
2
3 OFF
4
JAZZ Makoto Ozone TRIO
ファン待望の“トリオ”で帰ってくる! 最強のリズム・セクションとともに世界最高水準のジャズを見せつける!!
小曽根真トリオ

featuring

クリスチャン・マクブライド,

ジェフ"テイン"ワッツ



Makoto Ozone TRIO feat. Christian McBride
and Jeff "Tain" Watts



小曽根真トリオとしてワールドプレミアとなる初日はディナープレート付のスペシャル公演! 1回限りの豪華なステージをご堪能ください

【特別営業時間】
open 18:30 start 20:00 ※1日1回公演となります。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥11,500
(ディナープレート付)
7月12日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月5日11:00〜)
小曽根真(p) クリスチャン・マクブライド(b)
ジェフ"テイン"ワッツ(ds)
5
JAZZ Makoto Ozone TRIO
ファン待望の“トリオ”で帰ってくる! 最強のリズム・セクションとともに世界最高水準のジャズを見せつける!!
小曽根真トリオ

featuring

クリスチャン・マクブライド,

ジェフ"テイン"ワッツ



Makoto Ozone TRIO feat. Christian McBride
and Jeff "Tain" Watts



2004年に日本のスター・プレイヤーからなるビッグバンド“NO NAME HORSES”を結成した頃から、小曽根真のバイタリティはあらゆる方向に加速度を増していった。定期的な全国ツアーで結束力を強めたこのビッグバンドは、フランスやスコットランドなどの音楽祭からも招かれるなど、世界レベルで注目を集め、小曽根真のキャリアにおけるひとつの金字塔となった。クラシックにも本格的に取り組み、国内外の主要オーケストラと、バーンスタイン、モーツァルト、ショスタコーヴィチなどの協奏曲で共演を重ね、各国で賞賛の嵐を受けた。そんなボーダレスな活躍を続けていた彼が、ここ数年“封印”していた“トリオ”を遂に復活させる! 指名したのはクリスチャン・マクブライドとジェフ"テイン"ワッツというこちらも“替えの効かない”世界レベルの2人。しかも名古屋からツアーが始まるというまさにワールドプレミア!ジャズファンが待ちに待った小曽根真トリオにもうすぐ会える!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,900
7月12日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月5日11:00〜)
小曽根真(p) クリスチャン・マクブライド(b)
ジェフ"テイン"ワッツ(ds)
6
7
JAZZ / FUSION Bob James QUINTET
コンテンポラリー・ジャズ界の巨匠ボブが“CTI”プロジェクトのもとに集結させた奇跡の豪華絢爛ユニット!
ボブ・ジェームス QUINTET

featuring

スティーヴ・ガッド, ウィル・リー,

デイヴ・マクマレイ&ペリー・ヒューズ

“CTI YEARS”



Bob James / Steve Gadd / Will Lee
Dave McMurray / Perry Hughes



当店のラインナップでもおなじみのスーパー・ユニット“フォープレイ”や、数多くのソロ・プロジェクトでいまだ衰えを知らぬ活躍を続けるジャズ界の巨匠ボブ・ジェームス。常にバラエティに富んだパフォーマンスで我々を魅了してくれるが、今回のテーマに選んだのは“CTI”。名プロデューサー、クリード・テイラーが設立した伝説のジャズ〜フュージョン・レーベルゆかりの曲を集めたスペシャル・セッションだ。ボブは1970年代初頭から'77年までCTIに所属し、セッション・ミュージシャンとして活動する一方で4枚のリーダー・アルバムを発表。キーボード奏者/アレンジャーとしての名声を確立した。さらに今回の公演には、当時からの盟友であるスティーヴ・ガッドやウィル・リーもフィーチャー。フュージョン草創期を彩った名曲の数々が、どのように目の前で蘇るのか。歴史的瞬間を目の当たりにしたい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥9,800
7月17日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月10日11:00〜)
ボブ・ジェームス(p,key) スティーヴ・ガッド(ds) ウィル・リー(b)
デイヴ・マクマレイ(sax) ペリー・ヒューズ(g)
8
POPS / FEMALE VOCAL Machiko Watanabe
「迷い道」「かもめが翔んだ日」など、数々のヒット曲を
アコースティック・スタイルで披露する特別な一夜…
デビュー35周年記念

渡辺真知子

LIVE 2012〜腕の中のスマイル〜



Machiko Watanabe


「彼女の歌を聴くと元気になれる」と多くのファンが熱いエールをおくる人気シンガーソングライター、渡辺真知子。デビュー時よりドラマチックに心情を描く印象的な歌詞とメロディー、ディープ&メロウな歌声で、ジャンルを問わず幅広い層に支持され続けてきた。その魅力はさらに円熟味を増し、なおも進化を続ける。「迷い道」や「かもめが翔んだ日」などのヒット曲はもちろん、今回35周年記念のCDに収録予定の新曲やカバー曲など初披露の曲も楽しみだ。ブラジル移民100周年やキューバ移民100周年の記念式典など、海外でも評価の高い抜群の歌唱力はそのままに、さまざまな経験を経て得た彼女の歌は、豊かな表現力と包容力を持って人を包み込む。こんな時だからこそ、聴く人にパワーを与えてくれる彼女のライブを是非体感して欲しい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,900
7月12日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月5日11:00〜)
渡辺真知子(vo) 石塚まみ(p) コモブチキイチロウ(b) 加納樹麻(ds)
9
FUSION NANIWA EXP
毎秒放たれる究極のスリル… 個性的なキャラクターが繰り広げる圧倒的なライブ・パフォーマンス!
ナニワエキスプレス

35th Anniversary

FRESH & COOL TOUR 2012



NANIWA EXP


“ナニワエキスプレス”を語るには清水興から語らなければならない。骨太のサウンドにスリルあふれるスピード感で“グルーヴ”という名のブラックネスを放ち、広く海外のミュージシャンにもその名を轟かせる日本屈指のグルーヴ・ベーシスト。特にドラマーからの評価は高く、James Gadson、Bernard Purdie、Dennis Chambersらと数多くの共演盤を残している。ゴスペラーズやSkoop On Somebodyとも古くから交流し、彼らの楽曲にグルーヴを注入してきたシーンのキーマンである。そんな彼が1977年に結成し、80年代のライブ・シーンを疾風のごとく駆け抜け、一度の解散を経て再始動させた伝説のバンド“ナニワエキスプレス”が35周年を迎えた今年、満を持して名古屋ブルーノートへ初登場を果たす! 往年の王道フュージョン・サウンドから、グルーヴィーなリズム・セクションより放たれるファンク・サウンドまで、個性豊かな4人が圧倒的なパフォーマンスを披露する!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
7月19日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月12日11:00〜)
清水興(b) 岩見和彦(g) 中村建治(key) 東原力哉(ds)
10
FUSION / JAZZ FUNK Joe Sample
ジョーのルーツのひとつであるアメリカ南部の音楽を深く掘り下げたハッピー&ダンサブルなステージ!
ジョー・サンプル

&THE CREOLE JOE BAND



Joe Sample & THE CREOLE JOE BAND


クルセイダーズ/ジャズ・クルセイダーズのキーボード奏者を務める一方で、様々なソロ・プロジェクトでも活躍。作曲家としても「メロディーズ・オブ・ラヴ」、「ストリート・ライフ」等の名曲を残すジョー・サンプルが、話題の“クレオール・ジョー・バンド”と共に再登場を果たす。このユニットの特色は、ずばり“ルイジアナ・ファンク”。ジョーのルーツのひとつであるアメリカ南部の音楽を深く掘り下げたハッピー&ダンサブルなステージは、全音楽ファン必見必聴といっていい。同名義での待望のニュー・アルバム『クレオール・ジョー・バンド』も先日国内でリリースされたばかりの絶好のタイミングでの来日。「こういうバンドをずっとやりたかった。長年の夢が遂に叶った」と語るジョーの、会心のステージに胸が躍る!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,000
8月7日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月31日11:00〜)
ジョー・サンプル(acc,key) レイ・パーカーJr.(g,vo) ニック・サンプル(b,vo) ダグ・ベローテ(ds) 山岸潤史(g) ブルース“サンピー”バーンズ(vo,acc) スキップ・ナリア(key) エリカ・フォールズ(vo) アレックス・マクドナルド(tp)
11 OFF
12
ROCK THEATRE BROOK
ライブでこそその真価を見せるエネルギッシュでパワフルなロック魂… 待望の名古屋ブルーノート初登場!
THEATRE BROOK

Plays 『TALISMAN』



シアターブルック


「満を持して登場」という言葉がふさわしいファン待望シアターブルックによる名古屋ブルーノート公演が遂に決定! 1986年にVo,Gである佐藤タイジが中心となって結成したシアターブルック。'95年のメジャーデビュー以降、様々な遍歴を経て現在のバンドに近い形に。過去にリリースした作品はいずれも熱狂的な支持を集め、フジロックなど大型フェスではラインナップに欠かせない存在感とカリスマ性を証明。定評のあるライブステージでは、エネルギッシュかつパワフルなロック魂でオーディエンスを興奮の渦に巻き込む貫禄のパフォーマンスを見せつける。今回のブルーノートのステージでは、'96年に発表し高い評価をうけた『TALISMAN』を現在のメンバーにて演奏するというまさに夢のような企画! 1STをSIDE A、2NDをSIDE Bとし、両ステージ全く違うセットを披露。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,300

【通し券】¥9,000
※両ステージ通しのお得なプラン!
※お電話のみでの受付となります
7月19日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月12日11:00〜)
佐藤タイジ(vo,g) 中條 卓(b) 沼澤 尚(ds) エマーソン北村(key)
13
JAZZ Sei Takahashi
ジプシー音楽の情熱と哀愁、クラシックでの高いテクニック、ジャズでの即興性を兼ね備える注目株!
高橋 誠





Sei Takahashi


ヨーロッパ各地に点在するジプシー音楽。ルーツはインドと言われており、トルコを越え東ヨーロッパへ…。そして西はスペイン、北はロシアへと広まっていった。彼らロマ族は、人種差別、迫害、孤独など幾つもの悲しみを乗り越え終わりなき大陸の旅を続ける。
ヴァイオリニスト高橋誠は、クラシックでの高いテクニック、ジャズでの即興性を兼ね備えジプシー音楽の情熱と悲しみ、そして希望を表現。即興音楽等も数多く取り入れ、ジャズやジプシー音楽、タンゴ、フラメンコ、シャンソン、ポピュラー音楽などジャンルにとらわれないスタイルを最大の持ち味としている。オリジナル作品「サバーチカ(小犬)」はパリの演劇祭でも使われるなど、高い評価を受けている。2012年5月に3枚目のアルバム「In the Blue」発表。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,500
7月26日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月19日11:00〜)
高橋 誠(vln) ティト・モンテ(acc,p) 望月雄史(g) 増田涼一郎(g)
【ゲスト】棚橋俊幸(b) 山下佳孝(ds,perc)
14
JAZZ / VOCAL Fried Pride
聴く者の心を動かす強い個性…。絶対的な人気を誇る人気デュオが9作目のニューアルバムを携えて登場!
Fried Pride Tour 2012

LIFE - source of energy @NAGOYA



フライド・プライド


これまでに、“フライド・プライド”としてはもちろん、佐藤竹善や矢野沙織とのコラボレーションという形でもここ名古屋ブルーノートのステージでスペシャルなパフォーマンスをみせてくれたヴォーカリストShihoとギタリスト横田明紀男によるデュオ・ユニット“フライド・プライド”。2001年に結成され、名門コンコード・レコードからファースト・アルバムを発表。'04年の『That's My Way』ではマーカス・ミラーやマイク・マイニエリとコラボレーションを行ない、この作品をきっかけに海外での活動も本格的にスタートさせた。7月発表の最新作『LIFE-source of energy』ではスタンダード・ナンバーに加え、今夏CMで使用される「シーザーズ・ドリーム」、エアロスミスのカバー「ウォーク・ディス・ウェイ」等も収録。今回のステージでも、ジャンルを超えた多彩なレパートリーを“フラプラ流”にアレンジして我々を驚愕させてくれるだろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
7月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月17日11:00〜)
Shiho(vo) 横田明紀男(g)
15
POPS / FEMALE VOCAL Masa Takagi
恒例となった高木麻早の名古屋ブルーノート公演
今回は秋に届けるオール・タイム・ベスト!
高木麻早





Masa Takagi


名古屋出身。1973年にシンガー・ソングライターとして『ひとりぼっちの部屋』でデビュー。その後結婚・出産を経て、'02年にセルフカバーアルバム『MASA★夢』で第一線に復帰を果たした高木麻早。'04年にリリースした20年ぶりのオリジナルアルバム『TRUE LOVE』では、デビュー当時のヒットナンバーも収録。より深みを増した歌声と愁いを湛えた歌詞で同世代から新たなファンまで、多くの心を鷲づかみにした。毎年恒例となった名古屋ブルーノートでのライブ。日本を代表するトップミュージシャンをバックに従え、おなじみのナンバーやポップスの名曲等を中心にお届け。来年デビュー40周年を控えた今なお当時と同じキーで歌い続ける天性の歌声に、それぞれの想い出を乗せて麻早ワールドに浸ってください。

【特別営業時間】
[1ST]open 5:30pm start 6:30pm [2ND]open 8:30pm start 9:15pm


オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
7月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月17日11:00〜)
高木麻早(vo) 松原正樹(g) 南部昌江(key) 春名正治(sax,perc)
入江太郎(b) 田中栄二(ds)
16
PUNK ROCK / JAZZ KATTENI-SHIYAGARE
様々なジャンルのジャズをパンク・ロックの精神で
独自の音楽に昇華する独特のポリシーを貫く7人組
勝手にしやがれ

15th Anniversary Live

シルバー&ゴールド〜スペシャルライブ



KATTENI-SHIYAGARE


※会場の都合により当初発表の
9/14⇒9/16に変更となりました



“セックスピストルズの邦題”、“ゴダールの映画タイトル”、あるいは、“沢田研二の大ヒットシングル曲”をバンド名に持つ、勝手にしやがれ。1997年の活動開始以来、様々なジャンルのジャズをパンク・ロックの精神で独自の音楽に昇華。ギターレスで、ドラムスがヴォーカルを担当するという独特のスタイルでシーンをひた走る7人組。時代の流行り廃りに全く流されることなく、且つ、新鮮に、圧倒的な存在感を醸し出す彼らは、今年、ニュー・アルバムと15周年を記念してシルバー&ゴールドのベスト盤をリリース。絶好のタイミングで開催される今回の名古屋ブルーノート公演。スイング、ビバップ、モードといったジャズをベースに、アグレッシブなパンクのスパイスで調理されたキラーチューンで綴るライブ・パフォーマンスは心をわしづかみにされること間違いない!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,300
7月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月17日11:00〜)
福島 忍(tb) 田中 和(tp) 浦野正樹(b) 田浦 健(ts)
飯島 誓(bs) 斉藤淳一郎(p) 武藤昭平(ds,vo)
17
REGGAE Freddie McGregor
Big Shipレーベルを主宰するなどジャマイカを代表する
偉大なレゲエ・シンガーが待望の初登場を果たす!
フレディ・マクレガー





Freddie McGregor


ルーツ/ラヴァーズ/カヴァーと様々なスタイルを持ち合わせるレゲエの母国ジャマイカの国民的シンガー、フレディ・マクレガー。7歳の頃から名門レーベルSTUDIO ONEで活動し、ボブ・マーリー等と交流。「ボビー・バビロン」や「ザット・ガール」といったビッグ・ヒットを次々と放ち、世界中にレゲエの魅力を広めた功績は計り知れない。80年代末には自身のレーベルであるBIG SHIPを設立し、プロデューサーとしての活躍の幅も広げている。活動を開始してから今年で49周年。奇しくも今年で独立50周年を迎えるジャマイカの歴史と共に生き、レゲエ・ミュージックの歩みとともに歌い続けてきたカリスマ・シンガーのキャリア初となる単独来日公演はレゲエファンならずとも絶対に見逃すわけにいかない。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
7月19日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月12日11:00〜)
フレディ・マクレガー(vo) ヤシマベス(vo) ダリア・マクレーン(cho) ジェームス・パート(key) リンカーン・トーマス(g) ダルトン・ブラウン(g) ステファン・デパス(b) ベイジル・シャーリー(ds)
18 PRIVATE
19
JAZZ / ACCORDION Richard Galliano
ピアソラからニュー・ミュゼットの旗手に指名された現在のユーロ・ジャズを代表するアコーディオン奏者
【メンバーズ優待公演】

リシャール・ガリアーノ




Richard Galliano


「ミュゼット」とはフランスの民族音楽の総称であり、その音楽の発展に重要な役割を果たした楽器がアコーディオンと言っても過言ではないだろう。リシャール・ガリアーノはフランスで最も有名なバンドネオン/アコーディオン奏者であり、ミュゼットの革命児とも呼ばれるシーンの最重要人物。カンヌに生まれ、4歳から演奏活動を開始。タンゴの巨匠、アストル・ピアソラとは1983年に初めて出会い、ピアソラが劇音楽を担当した舞台「真夏の夜の夢」ではバンドネオンのソリストに抜擢された。ふたりの交流はピアソラが亡くなるまで続き、'93年には名誉あるジャンゴ・ラインハルト賞にも輝いている。今回のステージは、そのピアソラの没後20年の節目ということで特別に編成した七重奏団“ピアソラ・フォーエヴァー”を率いてのトリビュート・ライブとなる。名曲が新たな生命とともに蘇る…。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500

メンバーズ会員特別価格:¥6,000
※1会員につき同伴者1名まで有効
7月31日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月24日11:00〜)
リシャール・ガリアーノ(acc) セバスチャン・シュレル(vln) ベルトラン・セヴェラ(vln) ジャン・マルク・アパ(vla) エリック・ルヴィオノア(vc) ステファン・ロジェロ(b) ヂミトリ・ネディチュ(p)
20
MALE VOCAL / AOR Yoshitaka Minami
「モンロー・ウォーク」「スローなブギにしてくれ」など、大人の洗練されたアーバン・ポップの旗手!
南 佳孝 LIVE

「All My Best Special」





Yoshitaka Minami


「スローなブギにしてくれ(I Want You)」「モンロー・ウォーク」等のヒットで知られ、80年代シティ・ポップ・ムーヴメントの中心を担った南佳孝が7/4にリリースされるキャリア初のライブ・ベストアルバムと共に名古屋ブルーノートに帰ってくる。クセになる独特のメロディラインは彼の真骨頂であり、歳を重ねるごとに深みを増すアダルトでセクシーなヴォーカルはライブ・ステージでこそその真価を発揮する。幅広くセレクトされた新作の世界観はそのままに、往年のヒット曲、ラテン、AOR、ロックからジャズ、バラードまで色彩豊かな名曲のオンパレードで大人の夜を艶やかに演出する。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
7月10日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月3日11:00〜)
南 佳孝(vo,g) 佐山雅弘(p) バカボン鈴木(b)
佐野 聡(tb) 鶴谷智生(ds)
21 OFF
22
JAZZ Eiji Taniguchi
オーソドックスなジャズのスタイルとコンテンポラリーなセンスが絶妙のバランスでブレンドされた音楽性
谷口英治(cl)NEW カルテット


with おぬきのりこ





Eiji Taniguchi


久々に名古屋ブルーノートに帰って来るジャズ・クラリネットの貴公子の呼び声も高い谷口英治のワンナイト・ギグ。親しみやすく楽しいスイング本来のエッセンスを持ち前の高度なテクニックで存分に歌いまくるクラリネット魔術は、今や国境を越えて、世界にも誉れ高い。その安定かつ精力的な活躍は、常にメロディアスで明朗に響き渡って音楽シーンを彩ってきたのはライブハウスやスタジオまでに加え、多くの録音作品でも実証されてきた。曰く「モダンに走らず、ノスタルジックに逃げず」の直球勝負で絶妙バランスを保つハイクオリティを売り物にしている。今回は自己の気心知れたリズム・セクションに初登場の歌姫“おぬきのりこ”が華を添えてのモダンユニットのステージだ。昨今、直球勝負のスタンダードが聴けなくなった…とお嘆きの皆様にお贈りするハイセンス、ハイクオリティのメインストリームジャズ。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,800
8月7日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月31日11:00〜)
谷口英治(cl) 田窪寛之(p) 山下弘治(b)
岡田朋之(ds) おぬきのりこ(vo)
23 BRIDAL FAIR
24 OFF
25 OFF
26 OFF
27
CROSS OVER ESCOLTA
クラシックとポップスがドラマティックに融合…。
美しく重厚なアンサンブルを創り出す唯一無二の声
ESCOLTA





エスコルタ


クラシック、オペラ、ミュージカル、ポップス界でそれぞれが活躍中のソリスト/ヴォーカリストによって構成された日本の「クラシカルクロスオーバー」のパイオニア的ヴォーカル・グループ、ESCOLTA(エスコルタ)。2007年11月、アルバム「愛の流星群」でメジャーデビュー。このデビューアルバム「愛の流星群」には作家陣に、阿久悠・谷川俊太郎・阿木燿子・石田衣良・白井晃各氏らが参加し、その“鍛えられた歌声”と“美しく重厚なアンサンブル”によって、シーンに新たな1ページを切り開き話題となる。田代万里生(テノール)、吉武大地(バリトン)、結城安浩(ポップス)の3人によるハーモニーは、美しくかつ切なく、はかない独自の世界観を表現する。待望の名古屋ブルーノート初登場となる今回は、ジャズクラブならではの演出で特別なステージとなるだろう。完売必至のプレミアム・チケットはお早めに!

【特別営業時間】
[1ST]open 4:00pm start 5:00pm [2ND]open 7:00pm start 8:00pm


オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,000
7月26日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月19日11:00〜)
結城安浩 田代万里生 吉武大地
28
JAZZ / CHORUS TIME FIVE
楽器と声を自在にあやつる独自のスタイルで40年以上も第一線で活躍を続ける大御所コーラス・グループ!
タイムファイブ

with special guest

サラ・レクター(vo)



TIME FIVE


ジャジーで粋なショーアップはお手のもの! 既に国内の音楽シーンでも重鎮であり、かつ最高峰に位置する男性コーラスの草分け的存在を示し、不滅のグループであるタイムファイブ。元祖アカペラ、そして同時に楽器まで操る至高の妙技を存分に味わえるスタンダード・ジャズからポップスまでの素材を華麗なる自在のハーモニーで魅了する恒例の秋の一夜がやってくる。NHK-FMの番組ナビゲーターと共に、ますます磨きのかかったヴォーカリストとしての活躍も着実な歩みを見せるお馴染みサラ・レクターも、定番で明朗・コケティシュなステージを展開させてくれよう。今回も和声の真骨頂を華麗に演出した色鮮やかなステージになる事請け合い。大御所の永遠のハーモニーに酔いしれよう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
7月26日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月19日11:00〜)
田井康夫(1st vo) 野口鎮夫(2nd vo) 勅使河原貞昭(3rd vo,tp) 吉村晴哉(4th vo,key) 杉江浩平(5th vo,fl) その他未定
【ゲスト】サラ・レクター(vo)
29 PRIVATE
30
CELLO Hajime Mizoguchi
『世界の車窓から』のテーマ曲をはじめとした美しいチェロの音色は多くの人を魅了してやまない…
溝口 肇





Hajime Mizoguchi


テレビ朝日の長寿番組「世界の車窓から」のテーマ曲でもお馴染みの、チェリストとして、また、サウンドプロデューサーとして幅広い顔を持つ溝口肇。カラヤンに憧れて3歳よりピアノを習い始めて以来、クラシックのみならずロック、ポップスなどさまざまな音楽と出会い、東京芸大在学中、多重録音により現在の基礎となる独自作品を作成。'86年にはアルバム『ハーフインチデザート』でソロデビュー、日本たばこ「ピースライト」のCM出演とともに一躍脚光を浴びる。彼の多彩な音楽性は、チェロの勉強と平行して学生時代に没頭していたバンド活動にも起因するだろう。意外にもディープパープル、クリーム、サディスティック ミカバンド、ウエザーリポートなどをコピーし、キーボードを担当していたそうだ。唯一無二のホスピタリティあふれるサウンドをぜひ生で感じてみてください。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
8月2日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月26日11:00〜)
溝口 肇(vc) コモブチキイチロウ(b) 竹中俊二(g)
2012/07 2012/08 2012/09 2012/10 2012/11 2012/12