2012/12 2013/01 2013/02 2013/03 2013/04 2013/05
2013/02 SCHEDULE
1
POPS / FEMALE VOCAL Yuki Murakami
澄みきった歌声と、彩り豊かなサウンドが
絶妙な調和をみせる大人のポップ・ミュージック
SEKISUI HOUSE presents

村上ゆき

‘おんがえし’ TOUR 2013



Yuki Murakami


福岡県飯塚市生まれ。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。2004年ジャズシンガー&ピアニストとしてアルバムデビュー。'05年スイング・ジャーナル誌'05年度ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞国内部門3位受賞。たおやかで透きとおった歌声やことばの発音の美しさなどが評判となり、ヘブンズ・ボイスとも評される。現在はシンガー・ソングライターとして幅広く活動し、最近では森山良子、佐々木秀実等に楽曲提供も行う。一方で数多くのCMソングも手がけ、今や“大人のCMソング”ナンバーワン歌姫と称されるほどに。また'11年4月よりTBSラジオ「村上ゆきのスローリビング」でパーソナリティをつとめる。そして'12年7月からはTBSラジオ「100歳の詩人 柴田トヨ くじけないで」の番組音楽も担当している。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,250
村上ゆき(vo,p) 伊賀航(b) 佐々木貴之(g)
2
JAZZ / BIG BAND JAZZ LAB ORCHESTRA
平成22年度県文化賞を受賞! 東海地区リーディング・ビッグ・バンドがゲストヴォーカルを迎えて4年ぶりに登場!
ジャズラブオーケストラ





JAZZ LAB ORCHESTRA


結成40年を超える東海地区が誇る名門ビッグバンド、ジャズ・ラブ・オーケストラ。名古屋ブルーノートの開業当時から毎年出演を果たし、ここでしか観ることのできないスペシャルゲストとのセッションを繰り広げてきた彼ら。ここ数年はクリエイティビティを充電するかのごとく温存していた名古屋ブルーノート公演だが、約4年ぶりに待望の凱旋! 毎回バンドの新しい表情と懐の深さを見せてくれるが、今回のゲストはともに東海地区のジャズシーンを牽引する盟友ケン・バルディスをフィーチャー。王道のスタイルを貫く彼のヴォーカルにジャズラブメンバーがどう絡むか…。伝統を受け継ぎながらも新たな挑戦を続ける、ビッグ・バンドのダイナミックなステージを堪能していただきたい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
ジャズラブオーケストラ 【ゲスト】ケン・バルディス(vo) マリア・テレサ(vo)
3 PRIVATE
4 OFF
5 OFF
6 OFF
7
POPS / CHORUS Baby Boo
結成10年を経てさらに円熟味を増した
コーラス・ワークで魅了するバレンタインライブ
Baby Boo

バレンタインライブ 2013

〜11年目もよろしく〜



ベイビー・ブー


抜群のコーラス・ワークを誇る人気アカペラ・グループ、Baby Boo。バレンタインの季節にお届けする恒例のスペシャル・ライブが決定。「ホンモノをつくる」を合言葉に、神戸を拠点として活動を開始。2002年に「プラネタリウム」でメジャー・デビューし、'07年にはメジャー・デビュー5周年を記念し、ベスト・アルバム『Baby Boo Best』をリリースするなど、安定した人気を誇ってきた。毎回アカペラ、コーラス・ファンから強い人気を誇る彼らだが、今回はバレンタインを間近に控えたシーズンに登場。聴く者の心をほぐす繊細なハーモニーを、ロマンティックな雰囲気の中で楽しんでいただきたい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
Cherry(vo) U:suke(vo) Shinobu(vo) Ken(vo) You(vo) 妹尾 武(p)
8
FUSION Keiko Matsui
世界を股に活躍を続けるスムース・ジャズの人気プレイヤーが約1年半ぶりに名古屋ブルーノートに登場!
松居慶子

25th Anniversary Concert



Keiko Matsui


研ぎ澄まされたピアノ・タッチ、優しくポップなメロディ作り。アメリカを拠点に世界的な活動を続ける松居慶子が、ソロ・デビュー25周年を記念した特別公演を行なうことが決定! 5歳からピアノを始め、1987年に全米デビュー。マイルス・デイヴィスのコンサートにスペシャル・ゲストとして迎えられ、パティ・オースティン、チャカ・カーン、ボブ・ジェームス、ヒュー・マセケラ等とも共演。'02年には米大統領の歓迎レセプションに出席、'04年には外務大臣表彰を受けている。近作『The Road...』は全米コンテンポラリー・ジャズ・チャートで堂々2位を記録し、日本でもロング・セラー中。スムース・ジャズ界を牽引しつづける松居慶子の過去・現在・未来が一望できるスペシャル・ライブになるだろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,000
松居慶子(key,p) ジャキーム・ジョイナー(sax) グレコ・ブラトー(g) エリック・ベインズ(b) スティーヴ・ハス(ds)
9
POPS / MALE VOCAL Kohei Otomo
“HOUND DOG”の大友康平によるソロ・プロジェクト!軽快なロックと重厚なバラードで名古屋ブルーノートのステージを飾る
大友康平

J-STANDARD BALLADS NIGHT



Kohei Otomo


1976年、東北学院大学在学中に学校の仲間と“HOUND DOG”を結成し、'80年にメジャー・デビューを飾る。軽快なロックンロールと重厚なバラードを武器にライブでは絶大な評価を得る。'85年シングル『ff(フォルテシモ)』が大ヒット。その後『Only Love』『BRIDGE』など数多くのヒットを生み出し、アルバム『GOLD』『BRIDGE』はオリコン1位を獲得。ライブでも武道館15日連続公演といった記録だけでなく、HIROSHIMAピース・コンサート(チャリティ)を10年間行い続け、被災者施設を建設するなど、日本のロック文化を常に担い続けてきた。'08年5月にソロ・プロジェクトとして、70年代の名曲に特化したコンセプトカヴァーアルバム「J-STANDARD 70's」をリリースし、全国ツアーを行い、'09年5月20日には「HOUND DOG ULTIMATE BEST」をリリース、'10年3月にメジャーデビュー30周年を迎え、「BIRTHDAY LIVE」を行った。東日本大震災以降、被災地で炊き出しやミニライブを行うなど精力的に活動し、復興支援チャリティソング『ハガネのように 花のように』の楽曲とPVを'11年6月1日より配信開始した。数多くのバラエティドラマや映画にも出演し、役者としての評価も高い。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,900
大友康平(vo) 佐藤達哉(key) 設楽博臣(g)
須長和広(b) 今泉総之輔(ds)
10
POPS / 韓流 Ryu
人気ドラマ「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」で一躍注目を浴びた韓国の実力派シンガー・ソングライター
Ryu

Valentine Live 2013



リュウ


1974年6月23日韓国生まれ。シンガーソングライター兼プロデューサー。韓国人気ドラマ「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」や挿入歌のシンガーソングライターとして一躍注目を浴びる。「第46回日本レコード大賞」で特別賞受賞、NHK「第55回紅白歌合戦」に出場。'05年より初のソロ全国ツアー「Ryu Unplugged Live2005 ユメ〜襟を濡らす涙」、ディナーショーなど毎年日本各地で公演をおこない多くの観客を魅了。歌手としての活動以外でもフォト&エッセー集「ユメ-襟を濡らす涙」を刊行。韓国政府から「ハングル広報大使」に任命され、NHK教育テレビ「ハングル講座」にも'05年、'06年と出演。また、'08年からは韓国観光名誉広報大使にも任命され、歌、独学の日本語を通して日本と韓国の交流に努めている。

【特別営業時間】
[1ST]open 3:00pm start 4:00pm [2ND]open 6:00pm start 7:00pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,900
Ryu(vo) 増崎孝司(g/from DIMENSION) TBA(p,key)
浜崎賢太(b) 目次敬之(ds)
11
二胡 Chen Min
ジャンルを超えて活躍を続ける二胡奏者。
中国の伝統楽器の優しい響きに包まれる至福の夜
チェンミン





Chen Min


時に優しく、時に情熱的に音楽を通してメッセージを届ける二胡奏者。彼女の二胡の音色は果てしなく切なく、人々の心を揺さぶるパワーを持ち、どこかに置き忘れてきた思い出を蘇らせる愁いにあふれている。中国・蘇州生まれ。2001年にアルバム「I wish‐我願」で脚光を浴び、二胡ブームの火付け役に。活動は幅広く、演奏活動に加え、テレビ番組テーマ曲などの作曲活動も手掛ける。(代表的な演奏作品:NHK『スポーツ大陸』エンディング・テーマ、大河ドラマ『風林火山』、映画音楽『たそがれ清兵衛』、『春の惑い』など多数。)イッセイミヤケのパリコレクションの音楽、谷村新司、ヨーヨー・マら、ジャンルを超えたアーティストたちとのコラボレーションにも積極的に取り組み、二胡の可能性を追求し続けている。2010は祖国と日本への深い情愛と感謝を込めて作った、11枚目となるアルバム『affection 〜探幽〜』を発表。先日の上海万博においてオープニングとフィナーレの二回にわたって演奏を披露、話題を呼んだ。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
チェンミン(二胡) 江草啓太(p) 早川哲也(b)
村石篤重(g) 鈴木直樹(fl,sax) 堀越彰(ds)
12
POPS / FEMALE VOCAL Hiromi Iwasaki
恒例のアコースティック・コンサート。ここ名古屋ブルーノートでしか見ることのできない魅力に酔いしれる二夜
岩崎宏美





Hiromi Iwasaki


1982年、「聖母たちのララバイ」で国民的マドンナに。その後の精力的な活動により不動の地位を獲得。その圧倒的な歌唱力で観客を魅了してやまないシンガー、岩崎宏美。デビューから35年を越えた今も進化を続ける表現力と、心に染入るサウンドは当代随一のクオリティを誇る。オリジナルのみならず、新旧の名曲やヒット曲のカバーがこれほどまでに岩崎宏美のカラーに染まるのは、やはり彼女が唯一無二のシンガーである証しだろう。近年恒例となったアコースティック・クラブ・サーキットでは、そのアットホームなステージが幅広い世代から支持されている。だれもが「いい曲」と感じる名曲をしっとりと歌いあげる至福の時間を味わう貴重な二夜。どうぞお見逃しなく。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥9,000
岩崎宏美(vo) 青柳誠(p) 馬場一嘉(g)
13
14 OFF
15 OFF
16
POPS / FEMALE VOCAL Machiko Watanabe
「迷い道」「かもめが翔んだ日」など、数々のヒット曲をアコースティック・スタイルで披露する恒例のクラブ・ギグ
渡辺真知子

35th Anniversary

'Amor & Smile' Tour



Machiko Watanabe


圧巻のヴォーカルで高い人気を誇る日本を代表するシンガーソングライター、渡辺真知子。デビュー時よりドラマチックに心情を描く印象的な歌詞とメロディー、ディープ&メロウな歌声で、ジャンルを問わず幅広い層に支持され続けてきた。その魅力はさらに円熟味を増し、なおも進化を続ける。「迷い道」や「かもめが翔んだ日」などのヒット曲はもちろん、今回35周年記念作品に収録の新曲やカバー曲など初披露の曲も楽しみだ。ブラジル移民100周年やキューバ移民100周年の記念式典など、海外でも評価の高い抜群の歌唱力はそのままに、さまざまな経験を経て得た彼女の歌は、豊かな表現力と包容力を持って人を包み込む。こんな時だからこそ、聴く人にパワーを与えてくれる彼女のライブを是非体感して欲しい。

オフィシャルブログ
ミュージックチャージ:¥7,900
渡辺真知子(vo) 石塚まみ(p) コモブチキイチロウ(b) 加納樹麻(ds)
佐久間大和(vln) 内田佳宏(vc)
17 BRIDAL FAIR
18 OFF
19 OFF
20
ROCK / MALE VOCAL Ryudo Uzaki
多彩な活動で不動の地位を誇る宇崎竜童が
ブルーノートで魅せる大人のロック・スピリット…
宇崎竜童

with 横田明紀男 from Fried Pride



Ryudo Uzaki


日本の歌謡界の重鎮であると同時に、唯一無二の歌声と楽曲センスで独自の世界を描いてきた孤高のアーティスト、宇崎竜童。1973年に“ダウン・タウン・ブギウギ・バンド”を結成しデビュー。『港のヨーコ、ヨコハマ、ヨコスカ』『スモーキン・ブギ』など数々のヒット曲を生み出すとともに、作曲家としても山口百恵など多数のアーティストへ楽曲を提供。妻・阿木燿子とのコンビは音楽界の至宝ともいえるヒットメイカーだ。彼の歌には日本人の心の琴線にふれる郷愁とソウルが満ちている。恒例となったアコースティックライブのパートナーは、宇崎が全幅の信頼を寄せる“フライド・プライド”の超絶ギタリスト=横田明紀男。名古屋ブルーノートのステージでどんな“竜童節”を聴かせてくれるか、想像するだけでゾクッとするほどの期待感が漲る。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,400
宇崎竜童(vo,g) 横田明紀男(g)-from Fried Pride
21
JAZZ / FUSION FOURPLAY
フュージョン〜コンテンポラリー・ジャズ界のカリスマ4人によるドリーム・チームが新作を携えて凱旋!
フォープレイ





FOURPLAY


スポーツでいえば世界選抜はたまたオールスターといったところか。卓越したプレーヤーが集結する完全無欠のドリームチーム。ファンはそこに夢を託し、希望を膨らませる…。現在のフュージョン〜コンテンポラリー・ジャズ界における紛れもないトップスター4人が集結したユニットこそこのフォープレイだ。つい先日、松田聖子とともに行った東北支援のコンサートが話題となった重鎮ボブ・ジェームスを筆頭に、エリック・クラプトン、デヴィッド・フォスター、古くは故マイケル・ジャクソンのサウンドには欠かせない名手ネイザン・イースト、リー・リトナー、ラリー・カールトンとビッグネームが歴任してきたギタリストのポジションには三代目チャック・ローブが就任。今回残念ながら参加できないハーヴィー・メイソンに代わってドラムのポジションには名手クラレンス・ペンが座る。そんな彼らが待望の新作を携えて名古屋ブルーノートに凱旋! 目の前で繰り広げる超一流のステージはあなたを感動の渦へと巻き込むだろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,900
ボブ・ジェームス(p,key)
チャック・ローブ(g)
ネイザン・イースト(b)
クラレンス・ペン(ds)
ハーヴィー・メイソンは、アキレス腱手術後の回復が当初の見込みより遅れたため医師の判断により、来日&出演をキャンセルすることとなりました。 本公演には、代役としてクラレンス・ペン(ds)が参加いたします。 ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。 ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、 何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 名古屋ブルーノート
22
JAZZ Kayoko Nishizaki
待望のCDデビューを果たし今もっとも話題を集める美人トランペッターが満を持してブルーノートのステージへ
西崎佳代子

featuring クリヤマコト・トリオ



Kayoko Nishizaki


名古屋出身。菊里高校音楽科、愛知県立芸術大学を卒業しプロとして活動。これまでに、上海万博公式イベント出演や宇崎竜童ディナーショーへの参加。セントレア空港音楽祭では寺井尚子らと出演、高槻ジャズストリート2012ゲスト出演など多くのキャリアを重ねている。昨年9月には待望のCDデビュー、ファーストアルバム「kayoko nishizaki」をリリース。アマゾン・ライトクラシック部門で最高13位にチャートインするなど全国的に堅調なセールスを記録している。ヤマハ銀座店や、山野楽器でレコメンドされるなど業界関係者の注目度も高い。また、朝日新聞デジタル版では葉加瀬太郎や秋川雅史らとイージーリスニング特集で取り上げられ注目される。「美しすぎるトランペッター」として今もっとも話題を集める美人トランペッターである。名古屋ブルーノート初登場。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
西崎佳代子(tp,vo) クリヤマコト(p) 鳥越啓介(b) 鶴谷智生(ds)
23
POPS / MALE VOCAL Shinji Harada
欧米・フィリピンでの活動も行うなど「愛と平和」の大切さを音楽を通じ地球上に届ける活動を展開!
原田真二

The Road to the Light 1st Stage Final

1st stage 〜Acoustic Solo

2nd stage 〜with the Band


Shinji Harada


1977年「てぃーんず ぶるーす」でデビュー。3ヶ月連続でシングルを発売し、そのすべてが同時にベストテン入りし、デビュー・アルバムが初登場一位を記録するという日本音楽史上初の快挙を成し遂げる。他アーティストへの楽曲提供、プロデュース、CFソング、ミュージカル、NHK教育テレビのエンディングテーマ制作、小学校の校歌制作、心の環境整備を訴えたチャリティー「鎮守の杜コンサート」を開催するなど幅広く活動を展開。平成22年度広島市民賞を受賞。ニューヨーク国連本部・国連軍縮会議をはじめ欧米・フィリピンでの演奏、東日本大震災被災地での支援ライブも数多く行い、音楽を通じ、周りを思いやる優しさ「大和」の心を、世界中に届ける活動を展開している。

※各ステージ内容が異なります。

オフィシャルサイト
NPO法人ジェントルアース
ミュージックチャージ:¥6,800
【1stステージ】 原田真二(vo,g,p)
【2ndステージ】 原田真二(vo,g,p) ウォーネル・ジョーンズ(b)
リューベン・マン(ds) 太田美知彦(key)
24 PRIVATE
25
R&B / HIP-HOP / JAZZ Roy Hargrove
ロイ・ハーグローヴの別名義プロジェクト!すべてのブラックミュージックを包み込んだグルーヴに酔いしれる…
ロイ・ハーグローヴ

& his RH FACTOR BAND



Roy Hargrove


ウイントン・マルサリスのサポートでデビューして以来、常に新しいチャレンジを続け、ジャズ界をリードする当代随一のトランペッター、ロイ・ハーグローヴ。ルイ・アームストロングに端を発するジャズ・トランペッターの系譜を受け継ぐハードヒッターでありながら、時にヒップホップ/R&B畑の仕事でダンスフロアをロックし、時に19人編成のビッグバンドでスイングする…。そのレンジの広さとクールでヒップなセンスは、様々なミュージシャンから共演の依頼が後を絶たない事が証明している。今回登場するRHファクターは、そんな彼の“ブラックミュージック名義”である。同名でリリースした作品はディアンジェロやエリカバドゥをフィーチャーし、ジャンルの壁を乗り越えたマイルストーンとなっている。その世界観をライブで再現するとなれば人選含めて期待は膨らむ。2月の最重要ラインナップのひとつだろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
ロイ・ハーグローヴ(tp,flh) ボビー・スパークス(key,org) ルネー・ヌーヴィル(vo,key) キース・アンダーソン(sax) ブルース・ウィリアムス(sax) ブライアン・ハーグローヴ(key) トッド・パースノウ(g) レニー・ストールワース(b) ジェイソン“JT”トーマス(ds)
26 OFF
27
JAZZ Terumasa Hino
世界を舞台に活躍を続けるトランペッターが、
フレッシュな面々と創り出す全く新しいグルーヴ!
日野皓正





Terumasa Hino


世界を舞台に活躍し、日本のジャズシーンを牽引し続けるマエストロ、日野皓正。昨年のステージでは、新作『AFTERSHOCK』の世界観をそのままに、ビートにはターンテーブルを導入。レギュラーグループとは一変したサウンドを展開。若いフレッシュな面々と次世代の新しいグルーヴを創り出し、あらためて彼の限りない探究心と健在ぶりを証明してくれた。ジャズとストリートミュージックを独自の視点でマッシュアップさせたセンスは、停滞気味のシーンに一石を投じた…。60年代から活躍を続け、文部科学大臣賞や紫綬褒章をはじめとする数々の栄誉に輝きながらも、とどまることなく自己の音楽を進化させてきた日野皓正。そんな彼が今回は、自身で人選したスペシャル・ユニットを率いて登場。どんなサウンドを聴かせてくれるのか!? 誰も体験したことのない、新しいサウンドがいま明らかになる。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
ドラムがFUYUから田中徳崇に
急遽変更となりました
日野皓正(tp) 柴田敏弥(p) 日野“JINO”賢二(b) 田中徳崇(ds)
28
POPS / FEMALE VOCAL Takako Shirai
元祖ロックンロールエンジェル白井貴子。未知なる空に羽ばたく名盤を引っさげてお届けするバンドライブ!
白井貴子

「HAPPY BLUES NO.1」 ライブ



Takako Shirai


神奈川県藤沢市出身。フェリス女学院短期大学音楽科卒業。1981年CBSソニーよりデビュー。デビュー当初、年間100本を超えるハードなライブパーフォーマンスと'84年「CHANCE!」のスマッシュヒットを機に『ロックの女王』と呼ばれ、女性ポップロックシンガーの先駆者的存在となった白井貴子。昨年、デビュー30周年「町おこCHINEMA」3作品のために書きおろした初の「サウンドトラック」ともいえるアルバム「HAPPY BLUES NO.1」をリリース。さらに、氷見絆国際映画祭2012では3作品の主題歌「蒼い影」が最優秀音楽賞受賞! 初登場となる今回は、ロック、ポップス、ジャズ、ブルース…未知なる空に羽ばたく名盤を引っさげてお届けするバンドライブ。新曲は勿論、80年代の代表曲もお届け!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
白井貴子(vo) 本田清巳(g) 竹田 元(p) 俵山昌之(b)
鎌倉規匠(ds) ラティール・シー(perc)
2012/12 2013/01 2013/02 2013/03 2013/04 2013/05