2013/09 2013/10 2013/11 2013/12 2014/01 2014/02
2013/10 SCHEDULE
1 OFF
2
POPS / MALE VOCAL Peter Cincotti
デヴィッド・フォスターをも魅了したシンガー・ソングライター。ジャズをベースに様々なサウンドを聴かせてくれる
ピーター・シンコッティ





Peter Cincotti


当代随一の敏腕プロデューサー、デヴィッド・フォスターもその才能に惚れ込んだ、天才シンガー・ソングライターであり、ピアニスト・俳優など様々な顔を持つピーター・シンコッティが遂に名古屋ブルーノートに初登場を果たす! NYに生まれ育ち、4歳でピアノ演奏、9歳で曲作りを開始。ハイスクールの頃からマンハッタンのジャズ・クラブに出演し、17歳のときにはモントルー・ジャズ・フェスティヴァルに招かれた。19歳で制作されたデビュー・アルバム『ピーター・シンコッティ』は全米トラディショナル・ジャズ・チャートで1位を獲得(歴代最年少記録)。目下の最新作『メトロポリス』では「音楽は創造」という信念のもとに、ロック〜ポップス色を強化している。類稀な才能とルックスを併せ持つピーターのレアなクラブ・ギグはもうすぐだ。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
ピーター・シンコッティ(vo,p) ジョージ・オーランド(g)
ピーター・ロドリゲス(b) レス・クリーヴランド(ds)
3
POPS paris match
日本のみならず、アジアや欧米でも高い評価を得るユニット! 豪華メンバーでスタイリッシュなサウンドをお届け
paris match





パリスマッチ


paris matchがお贈りする“音楽とお食事を楽しむライブツアー”を今年もここ名古屋ブルーノートで開催! 今回は、皆様からいただいたリクエストだけで構成する、スペシャルナイト。100曲以上となったparis matchのオリジナル曲から、1人3曲までリクエストしていただけます。
「いつもあの曲を聞いて気分を盛り上げてます」
「初めてparis matchを知ったあの曲をライブで聞きたい!」
「これは1番大好きな曲です!」
「まだライブで聞いたことのないあの曲をリクエストします!」
などなど。
皆様の思い入れと共にリクエストをして下さい♪ どんな曲が選ばれるかな?私達もとても楽しみです♪ たくさんのリクエスト、お待ちしております!

★リクエスト受付サイト
オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
ミズノマリ(vo) 杉山洋介(key,g) 樋口直彦(g) 坂本竜太(b)
濱田尚哉(ds) 堀秀彰(key) 山本一(sax)
4
JAZZ SOIL&
現メンバーが集結して今年で10周年! アニヴァーサリー・イヤー企画としてMIYAVIをゲストに迎えてオンステージ!
SOIL&"PIMP"SESSIONS

with special guest MIYAVI



ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ


SOIL&"PIMP"SESSIONSが、10周年のアニヴァーサリー・イヤーを迎え8月7日にリリースが決定した、初の全曲コラボレーション・アルバム『CIRCLES』のリリースを記念して、スペシャルなライブを行うことが決定! ライブのタイトルは「SOIL & "PIMP" SESSIONS 10th Anniversary! LIVE CIRCLES」。普段、スタンディングのライブハウスやホールを中心にライブを行うことが多いソイルが、ラグジュアリーな椅子席でのライブを行うことも貴重だが、なんと今回のツアーでは、各会場に豪華なゲストを迎えてよりゴージャスにお届け。気になるゲストは、ギターの風雲児MIYAVI! ライブ空間からコラボレーションまで、全てがスペシャルな「SOIL & "PIMP" SESSIONS 10th Anniversary! LIVE CIRCLES」はファンならずとも必見だ!

SOIL&"PIMP"SESSIONS オフィシャルサイト
MIYAVI オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,900
社長(アジテーター) タブゾンビ(tp) 元晴(sax) 丈青(p)
秋田ゴールドマン(b)みどりん(ds) 【ゲスト】MIYAVI(g,vo)
5
JAZZ / MALE VOCAL TOKU
日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤーがニュー・アルバムを携えて登場!
TOKU





TOKU


日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤー。大学の学園祭でマイルス・デイビスの“IF I WERE A BELL”を吹いているのをジャズドラマーが聴いていてライブハウスでのセッションに誘われる。何度かのセッションでジャズに深く興味を覚える。大学2年の時にオレゴン州に語学留学。その時のルームメイトがジャズピアニストだったことで一緒にバンド活動を開始。大学卒業後、ライブハウスで唄っているところをアメリカのラジオ・パーソナリティーがスカウト。2000年1月アルバム“Everythig She Said”でSMEよりデビュー。デビュー当初から注目を集め、その年の8月には早くもブルーノート東京に出演。更にアルバムはアジア各国でもリリースされ11月には韓国ソウル大学の建国大学内ニューミレニアムホールにて海外での初ライブを行った。デビュー以来、海外公演を積極的に行い、2007年度は北京、上海、パリ、ベルギーでのライブを敢行。ジャズの枠を越えた幅広い音楽性からJ-POP界にJazz Feelを注入する一翼を担う。また、2004年-2007年Four Roses(キリンビール)の媒体キャラクターに選ばれ、雑誌・交通媒体で展開。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
TOKU(vo,flh) 宮川純(p) 岩永マナ(b) 石若駿(ds) 荻原亮(g)
6
JAZZ / FUSION Lee Ritenour
コンテンポラリージャズ/フュージョン界の人気ギタリストが豪華サポートメンバーと奏でる白熱のセッション!
リー・リトナー





Lee Ritenour


歌心溢れるギターと流麗なピアノが織り成す上質なマリアージュ…。それはまるでワインのように芳醇な味わいで聴く者すべてを夢見ごこちに酔わせるマジックがある。スムース・ジャズ〜フュージョン界の頂点に輝き続けるギターヒーロー、リー・リトナー(g)が、ジョン・ビーズリー(key)トム・ケネディ(b)ハーヴィー・メイソン(ds)という豪華サポートメンバーを率いて白熱のセッションを繰り広げる! 1970年代から現在まで第一線で活躍を続けるリーに鉄壁の3人が加わる珠玉のパフォーマンスは伝説として語り継がれること間違いない…。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,500
リー・リトナー(g) ジョン・ビーズリー(key)
トム・ケネディ(b) ハーヴィー・メイソン(ds)
7 OFF
8 OFF
9
JAZZ Steve Gadd BAND
ドラムのカリスマが自身のグループを率いて登場!
鉄壁のメンバーたちと繰り広げる迫力のパフォーマンス!
スティーヴ・ガッド BAND

featuring マイケル・ランドウ,

ラリー・ゴールディングス,

ジミー・ジョンソン

and ウォルト・ファウラー



Steve Gadd BAND


これまでも幾度となく当店に出演し、完全無欠のパフォーマンスをみせてくれている世界最高峰のドラマー、スティーヴ・ガッド。そんな彼が初のセルフ・プロデュース・アルバム『ガッドの流儀』を携えて凱旋を果たす。1970年代初頭からセッション・ミュージシャンとしてジャズ〜フュージョン界を牽引し、“スタッフ”、“ステップス”、“ガッド・ギャング”等のユニットでも活動。'95年からはエリック・クラプトンの強い要請により彼のツアー・バンドでも欠かせぬ存在としてクラプトンのボトムを支えている。今回のステージには、ジェームス・テイラー・バンドの同僚であるマイケル・ランドウ、ラリー・ゴールディングス等、最新作そのままのメンバーが集結。テクニックと鳥肌もののグルーヴ感、驚異的な数のレコーディングやツアーを誇る“ドラムの神様”による妙技をお見逃しなく!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
スティーヴ・ガッド(ds) マイケル・ランドウ(g) ラリー・ゴールディングス(key) ジミー・ジョンソン(b) ウォルト・ファウラー(tp,flh)
10 OFF
11 OFF
12 OFF
13 PRIVATE
14 PRIVATE
15 OFF
16 OFF
17
JAZZ / VIOLIN 寺井尚子
Photo by Keita Haginiwa
繊細な表現力と情熱的な演奏にますます磨きがかかる、
世界を舞台に活躍するジャズ・ヴァイオリニスト
寺井尚子




Naoko Terai


4歳よりヴァイオリンを始め、1988年、プロ・デビュー。来日中だったケニー・バロンとの共演をきっかけに、NYでのレコーディングに参加し、一躍注目を集める。その後も独自性あふれる表現力ゆたかな演奏スタイルで人気の高いコンサートを中心に、テレビ、ラジオなど、幅広く音楽活動を展開している。最新作『リベルタンゴ・イン・トーキョー』をはじめ、年1作のペースで発表しているアルバムは、 いずれもジャズ・アルバムとして異例のセールスを記録。繊細な表現力と情熱的な演奏にますます磨きがかかる、世界を舞台に活躍するジャズ・ヴァイオリニストである。「平成21年度 文化庁芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)《受賞(2010年)をはじめ、 日本ゴールドディスク大賞ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー<邦楽>(2004年)、南里文雄賞(2008年)、 南里文雄賞(2008年)、ジャズ・ディスク大賞<日本ジャズ賞>(2005年)等、受賞暦多数。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,900
寺井尚子(vln) 北島直樹(p) 店網邦雄(b) 中沢剛(ds)
18
JUMP BLUES / JIVE the TRAVELLERS
Naoyuki Fujii
ジャンプミュージック、スウィングミュージックに敬意を払いつつ作り出すサウンドはクールでパワフルでダンサブル!
the TRAVELLERS with 藤井尚之





the TRAVELLERS / Naoyuki Fujii


1998年より本格的な演奏活動を開始し、その年に1stシングルCD「TRAVELLERS」をリリース。'99年以降は、アメリカ西海岸ツアーやイギリスツアーを敢行、LAのMTV“CD Hightway”にも出演。世界最大規模のR&R Weekender "Viva Las Vegas", "Rhythm Riot"にも出演を果たし、アメリカ・イギリスのメディアで注目を集める。'02年には、中村達也 (Losalios)をドラムに迎えて、NYでライブレコーディングされたアルバム"Jumpin' at N.Y"を発表。国内でもクラブクアトロツアーを敢行、Fuji Rock Festival、Rising Sun Rock Festivalをはじめ各フェスに参加。'03年には陣内孝則監督作品、映画「ROCKERS」にも出演するなど精力的な活動をしている。'04年以降、タイ・バンコクにてアジア最大の音楽イベント"Fat Festival"に4年連続出演、国内に留まらずワールドワイドな活動を展開している。'06年にタイ・バンコクでレコーディングされたアルバム"east Bound"を発表。それはスタイルを深化させるアルバムとなった。'10年、アルバム"LEFT TURN"をリリース。久留米を拠点としながらジャンプミュージック、スウィングミュージックに敬意を払いつつ作り出すサウンドはクールでパワフルでダンサブル、音楽に国境がないことを証明するバンドだ。

the TRAVELLERS オフィシャルサイト
藤井尚之 オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
武田圭治(b) 武田真治(sax) 石原顕三郎(vo,g)
ハリー吉田(ds) 藤井尚之(sax)
19 OFF
20 PRIVATE
21 OFF
22
POPS / PIANO Keiji Matsumoto
レコ発ツアーとなる今回はゲストにNAOTO、ブルーノート初登場の中沢ノブヨシを迎えゴージャスな一夜を演出
松本圭司

New Album "Fearless" Release Tour 2013

feat.中沢ノブヨシ&NAOTO



Keiji Matsumoto / Nobuyoshi Nakazawa / NAOTO


元T-SQUAREのピアニスト松本圭司が6年ぶりに放つ4枚目のオリジナルアルバムを携えて名古屋ブルーノートに登場。新アルバムでは、第一線で活躍しているアーティストたちから絶大な信頼を受ける松本がこれまで培ってきた音楽経験値をフル活用し、ジャズ、フュージョン、あらゆるフィールドに松本のピアノが優しく、無邪気に、時に大人の色気で官能的に響きます。本公演のみゲストとして、“関ジャニ∞”に楽曲提供や“DREAMS COME TRUE”の20周年コンサートでオープニングアクトを務めるなど、その艶やか且つソウルフルな歌声と表現力でオーディエンスを魅了している中沢ノブヨシと、ドラマ「のだめカンタービレ」などで注目を集めたポップスヴァイオリニストNAOTOが参加し、バンドメンバーも今をときめく最重要ミュージシャンばかり。国や世代を問わず、聞く度に心地良い、松本ならではの世界観でお届けする名古屋だけのプレミアムライブ。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,000
松本圭司(p) 石成正人(g) 小松秀行(b) 天倉正敬(ds)
【ゲスト】中沢ノブヨシ(vo) NAOTO(vln)
23
【振替公演】JAZZ / FUSION Kaori Kobayashi
「アジアで最も美しいサックス奏者」として、国内にとどまらず韓国・タイ・台湾各国で脚光を浴びるアーティスト
小林香織

スタンダード



Kaori Kobayashi


みなさんこんにちは! 小林香織です。2005年のデビュー当初からずっとライブをさせていただいている名古屋ブルーノート。ここでのライブは、私のモチベーションになっています。おかげさまで最近は国内外、いろいろな所でライブをさせていただいていますが、私にとって名刺となるような、私のスタンダードナンバーを集めたライブは、意外にも国内ではあまり行っていない事に気付きました。そこで、デビュー当初から応援していただいている名古屋ブルーノートでの今回のライブは、デビューアルム“Solar”から最新アルバム“Urban Stream”までを詰め込んだ私のスタンダードと言えるナンバーを集めてお届けしようと思います! タイや香港、インドネシアで演奏して盛り上がった私のナンバーを母国日本で! ゆかりある名古屋で演奏できる事、今からとても楽しみです! 気合いは十分です。さぁ、一緒に盛り上がりましょう!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,300
小林香織(sax) 加藤'Q'久幸(ds) 河野充生(b)
菅原潤子(g) 泉川貴広(key)
24
FUSION Yuji Toriyama
Yuji Toriyama
鳥山雄司と本田雅人が、スーパー・ミュージシャンとセッション! まさに、スペシャル・フュージョン・ナイト!
鳥山雄司&本田雅人

Back to 80's 〜Fusion Night〜



Yuji Toriyama / Masato Honda


ギタリストとして、また、アレンジャー・プロデューサーとして幅広く活躍する鳥山雄司が、日本のトップサクソフォーンプレイヤーである旧友本田雅人を迎えた、まさにスペシャル・フュージョン・ナイト。鳥山雄司のアルバム「TRANSFUSION」(1988)、「プラチナ通り」(1990)や本田雅人のアルバム「Growin'」(1998)、「Solid State Funk」(2009)等からセレクトするきら星のごとき名曲の数々をスーパーミュージシャンとセッション! スキルフルなコラボレーションを堪能できること間違いなしの一夜。

鳥山雄司 オフィシャルサイト
本田雅人 オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
鳥山雄司(g) 本田雅人(sax)
【スペシャルゲスト】
則竹裕之(ds) 川崎哲平(b) 森俊之(key)
25
WORLD / TANGO Ryota Komatsu
タンゴ・シーンを牽引する人気バンドネオン奏者小松亮太による約1年半ぶりとなる名古屋ブルーノート公演!
小松亮太

デビュー15周年ライブ

ラスト・タンゴ・センセーション



Ryota Komatsu


東京生まれ。1998年、ソニーより衝撃的なCDデビューを果たし、今年デビュー15周年を迎える。共演は、ピアソラと共に活動したタンゴ界のトップアーティストたち。タンゴを若い世代にブレイクさせる引き金となった。以後、自身のユニットを率いて多数の公演をこなしながら、自らのプロデュースによる意欲的な企画公演も行っている。CDは、これまでに20枚リリース。大貫妙子、小曽根真、ミッシェル・ルグラン、NHK交響楽団など、ジャンルを越えて様々なアーティストと共演している。ソニーのコンピレーション・アルバム「image」、同ライブツアー「live image」にも、初回から参加。'03年にはブエノスアイレスでライブを行い、アルゼンチン演奏家組合などから表彰された。また、'05年には南米4カ国ツアーを行い、各地でソールド・アウトが続くなど、海外での活動も積極的に行う。現在、TBS「THE 世界遺産」のオープニングテーマ曲を作曲、演奏している。'13年は映画「体脂肪計タニタの社員食堂」、NHKドラマ「ご縁ハンター」の音楽も制作している。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
小松亮太(bn) 近藤久美子(vln) 天野清継(g) 田中伸司(b) 鈴木厚志(p)
26
FUSION DIMENSION
1992年のデビュー以来、インストゥルメンタルシーンを牽引し続けてきた最強バンドによる恒例LIVE
DIMENSION

Live Dimensional-2013 〜26〜



DIMENSION


日本を代表するインストゥルメンタルグループ、DIMENSION。彼らの音楽的評価は高く、この20年間、着実に日本のインストゥルメンタルシーンを切り開いてきた。バンドとしてはもちろんメンバー個々の評価も非常に高く、常に人気投票ランキングの上位に選出されている。個性ある音作りと柔軟なギターワークに定評がある増崎孝司、抜群のアレンジ力と別名義“JAFROSAX”で魅せるエッジさを併せ持つ勝田一樹、様々なアーティストから絶大な信頼を誇るピアノ/キーボードのファーストコール小野塚晃。この3人が生み出すサウンドは、DIMENSIONというフィルターを通してさらに高次元へと昇華される。自由奔放でソリッドかつメロディアスなサウンドが詰まった本物の音楽を心ゆくまで堪能したい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
増崎孝司(g) 小野塚 晃(key) 勝田一樹(sax)
則竹裕之(ds) 川崎哲平(b)
27 OFF
28 OFF
29 OFF
30 OFF
31
POPS / FEMALE VOCAL Toko Furuuchi
女性の恋心を洗練されたサウンドで届ける人気シンガー・ソングライター。秋のクラブ・サーキット!
古内東子

秘密の調べ



Toko Furuuchi


同世代の女性を中心に、絶大な支持を集める古内東子。その切なくもリアルな恋心を綴ったソングライティングには定評があり、ラブソングこそ彼女の真骨頂である。幼い頃から音楽に興味を持ち、高校での米国留学を経て1993年、シングル『はやくいそいで』でデビュー。'96年には「誰より好きなのに」が大ヒット、'97年にはアルバム『恋』が「レコード大賞アルバム賞」を受賞し、不動の人気を確立。近年はピアノ弾き語りライブをライフワークとし、'08年にはニューヨークの「Joe's pub」に出演する快挙も。'09年には再び“PURPLE in New York”を敢行するなど、その活躍は日本にとどまらず世界に拡がっている。メロウなサウンドと女性らしい独自の世界観、美しいメロディに、優しくも艶のある歌声…。そんな古内東子がクラブ全体を至福の空気で包み込む。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
古内東子(vo,p) 草間信一(key)
2013/09 2013/10 2013/11 2013/12 2014/01 2014/02