2013/11 2013/12 2014/01 2014/02 2014/03 2014/04
2013/12 SCHEDULE
1
FUNK / POPS K2C SUNSHINE BAND
Big Horn BeeのFunkyなオリジナル曲、米米CLUBのラテンカバー等、バラエティーに富んだ「熱いParty」
K2C SUNSHINE BAND feat.

BIG HORNS BEE-1&テキーラ☆まさはる

「灼熱のライヴ」



K2C SUNSHINE BAND / BIG HORNS BEE /
テキーラ☆まさはる



“K2C SUNSHINE BAND”は、2007年に横浜のライブハウス“Motion Blue YOKOHAMA”にて始動。メンバーは“米米CLUB”の演奏メンバー金子隆博(key)大久保謙作(b)坂口良治(ds)林部直樹(g)得能律郎(g)MARI(perc)の6名。6月のライブも大盛況に終わり、早くも再登場!今回もホーンセクションに“BIG HORNS BEE”と、今年の“米米CLUB”アリーナツアーにも出演したテキーラ☆まさはる(ex.5050)をヴォーカルに迎え、ソウル、ファンク、ラテンなど踊れるナンバーを中心に、ハイパフォーマンスなライブをお届け。冬の名古屋を熱くする。

ミュージックチャージ:¥6,500
10月10日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月3日11:00〜)
【K2C SUNSHINE BAND】金子隆博(key) 大久保謙作(b) 坂口良治(ds)
得能律郎(g) 林部直樹(g) MARI(perc)
【BIG HORNS BEE】河合わかば(tb) 佐々木史郎(tp) 小林太(tp)
テキーラ☆まさはる(vo)
2
REGGAE / FEMALE VOCAL PUSHIM
魂をゆさぶる圧倒的な歌声。ワン&オンリーな個性を放つジャパニーズ・レゲエ・シンガーによるプレミアムな一夜…
PUSHIM

"YEAR END PREMIUM LIVE 2013"



プシン


その歌声を聞くと、誰もが“Feel The Soul(=魂を感じる)”、”Strong Voice!(=力強い声)”、”One & Only(=誰にも真似できない)”…と形容する。生まれながらにして人々を魅了する類い稀な歌声を持った彼女は、ジャパニーズ・レゲエ・シーンNO.1シンガーという確固たる地位に君臨すると同時に、日本の音楽シーンでも異彩を放っている。作品のみならず、そのライブ・パフォーマンスも絶大な評価を受けており、ほとんどのレゲエ野外ビッグ・イベントではトリをつとめ、また他ジャンルの音楽フェスティバルにおいても、今まで一度もライブを見たことのない人々をも、その魅力に引き込んでしまう説得力を持つ。常にその才能に磨きをかけ、進化し続ける、類い稀な歌声の持ち主、それがシンガー、PUSHIMである。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,400
(オリジナルグッズ付)
11月12日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は11月5日11:00〜)
PUSHIM (vo)TANCO (b)YUKKY(ds)NODATIN (g)
TAKAHIRO WATANABE(key)TORU TAKESHIMA(sax)CHINO(cho)
3
FEMALE VOCAL Asato Shizuki
数多の経験と実力に裏打ちされた気品あふれるステージ。聴く者の心に響く、感動をお届け。
姿月あさと

THE PRAYER [



Asato Shizuki


1987年宝塚歌劇団入団し、'98年「宙組」のトップスターに大抜擢される。'00年、1万人を超すファンに見送られ宝塚歌劇団を退団。 その後、ソロ・ヴォーカリストとしてコンサートやミュージカルなど音楽活動を中心に、テレビ、CMへの出演、連載コラム執筆など様々な分野で活躍する彼女のセルフプロデュースライブ『THE PRAYER[』。

【特別営業時間】
[1ST]open 4:00pm start 5:00pm [2ND]open 7:00pm start 8:00pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
10月1日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は9月24日11:00〜)
姿月あさと(vo) 榊原大(p) 光田健一(key) 一本茂樹(b) 大石真理恵(perc)
4
LATIN / WORLD MUSIC CHICO & THE GYPSIES
元ジプシー・キングスのチコが率いる人気グループ 情熱と哀愁のギター・アンサンブルが再び!
CHICO & THE GYPSIES





チコ&ザ・ジプシーズ


「バンボレオ」、「ジョビ・ジョバ」、「ヴォラーレ」…数多くのビッグ・ヒットで知られる元ジプシー・キングスの花形ギタリスト、チコ・ブーチキー率いる超人気グループ、“チコ&ザ・ジプシーズ”が待望の再登場を果たす! チコは1979年、フランス・アルル地方で“ジプシー・キングス”を結成。高い音楽性とヒット曲でグループを黄金時代に導いた後、'90年に脱退。'92年に“チコ&ザ・ジプシーズ”を結成し、たちまち世界的な評価を獲得した。白熱のギター・アンサンブル、哀感溢れるメロディ、そして力強いカンテ(ヴォーカル)は、ますます冴え渡っている。松崎しげるとのコラボも記憶に新しいチコ&ザ・ジプシーズ。最強ラインナップによる、情熱と哀愁のパフォーマンスに期待!

オフィシャルサイト[レーベル]
ミュージックチャージ:¥8,000
11月6日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月30日11:00〜)
Chico(g,vo) Joseph Gautier(g,vo) Mounin(g,vo) Kema(g) Kassaka(g,vo) Tony Ballester(b) Eric Lafont(ds) Juan Vicente(p) PeeWee(vln)
5
【メンバーズ優待公演】 JAZZ European Jazz Trio
叙情的な音楽性とロマンティシズムが香り立つ、ヨーロピアン・ジャズの最高峰“ヨーロピアン・ジャズ・トリオ”が凱旋!!
ヨーロピアン・ジャズ トリオ





European Jazz Trio


オランダのジャズ・ミュージシャン3人で結成されたジャズ・ピアノ・トリオ。数回のメンバーチェンジを経て、1995年に現在のマーク・ヴァン・ローン(p)、フランス・ホーヴァン(b)、ロイ・ダッカス(ds)からなるトリオとなった。哀愁漂うリリカルなサウンドとヨーロッパの気品を感じさせる洗練されたアレンジが特徴。ピアニストのマークはビル・エヴァンスから強い影響を受けたという。クラシック、ミュージカル、ピアソラ、モリコーネ等の名曲や日本の歌謡曲、童謡、ポップス、またビートルズ、エリック・クラプトン、ビリー・ジョエルらのスタンダード・ソングをジャズ化し人気を得ている。ライブ活動も精力的に行っており、多岐にわたるプログラムがジャンル、世代を越え、音楽ファンを魅了し続けている。来年25周年を迎えるヨーロピアン・ジャズ・トリオ。オリジナル・アルバム26枚から代表曲である1曲目(NO.1)を集めたALL TIME BEST ALBUMを発売したばかりの彼らが3年ぶりに凱旋。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000

メンバーズ会員特別価格:¥5,500
※1会員につき同伴者1名まで有効
10月22日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月15日11:00〜)
マーク・ヴァン・ローン(p) フランス・ホーヴァン(b) ロイ・ダッカス(ds)
6
POPS / FEMALE VOCAL Asako Toki / Schroeder-Headz
感嘆符が!品切れだ。チケットは売り切れだ。あまりに華麗な土岐麻子!あまりに過激な渡辺シュンスケ!Schroeder-Headzで、お!も!て!な!し!
す!ば!ら!し!い!

Toki Asako meets

Schroeder-Headz

お!も!て!な!し!





Asako Toki / Schroeder-Headz


土岐麻子
97年にCymbalsとしてデビュー。04年『STANDARDS〜土岐麻子ジャズを歌う〜』、05年オリジナルアルバム『Debut』をリリース。その後精力的にライブ活動を行いながら、自身の作品のみならず、数多くのアーティストの作品へのゲスト参加、CM、TV、ラジオ番組など、まさに“声のスペシャリスト”として多方面で活躍。今年6月には、ソロ10年目を迎えた自身の音楽観すべてを詰め込んだオリジナルアルバム『HEARTBREAKIN’』をリリース。

Schroeder-Headz 
名古屋市出身。数多くの著名ミュージシャンのサポートとして活躍するキーボーディスト、渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクトにして、ピアノとベース、ドラムスによるインストゥルメンタル・トリオ。その名前はアメリカのアニメ "PEANUTS"( 日本名:スヌーピー )に登場するトイピ アノを弾く男の子、シュローダー君に由来している。クラシック、ジャズ、ダンスミュージック、エレクトロニカなどを通過した現代の耳を持つ、リリカルな男子の脳内イメージ、そして同アニメの音楽を担当したビンス・ガラルディ・トリオへの敬愛の意も込めて。

土岐麻子オフィシャルサイト
Schroeder-Headzオフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
10月8日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月1日11:00〜)
土岐麻子(vo)
【Schroeder-Headz】渡辺シュンスケ(key) 須藤優(b) 千住宗臣(ds)
7
JAZZ / PIANO / SAX Ozone Makoto
Branford Marsalis
ジャズ界を牽引する“Ozone”&“Branford”を存分に堪能できる至福の瞬間!!
小曽根真&

ブランフォード・マルサリス DUO



Ozone Makoto&Branford Marsalis



音楽の神から命を受けた二人は、出会うべくして出会う。1960年生まれのサクソフォーン奏者、ブランフォード・マルサリスと、1961年生まれのピアニスト、小曽根真。ともにジャズピアニストの父を持ち、バークリー音楽大学で学んだ二人は、今や世界的に活躍するミュージシャンとなった。それぞれがジャズだけでなく、クラシック音楽など幅広い表現で多くの聴衆を魅了している。昨年、小曽根はブランフォードの父、エリス・マルサリスと「Pure Pleasure For the Piano」というアルバムで共演した。ニューオリンズで二日かけて行われたレコーディングには、1曲だけブランフォードが飛び入り参加し、音楽を通した絶妙な会話を繰り広げた。二人は互いの音楽性を尊重している。そしてこの12月、3年ぶりに同じ舞台に立つことになった。日本初となるライヴハウスでの夢の共演は、名古屋のブルーノートだけ。二人の演奏を息づかいまで聞こえてきそうな至近距離で楽しむことができる。

小曽根真オフィシャルサイト
ブランフォード・マルサリスオフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,900
10月22日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月15日11:00〜)
小曽根真(p) ブランフォード・マルサリス(sax)
8
9
JAZZ Sadao Watanabe
日本を代表するトップ・ミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍
渡辺貞夫

SADAO WATANABE BEBOP THE NIGHT



Sadao Watanabe


1933年宇都宮生まれ。18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドへの参加、バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍。'05年“愛知万博”では世界中から集まった子供達400人と、国境や文化を越えた歌とリズムの共演という長年の夢を実現させ、それらの活動は海外へ広がる。5月には、25年ぶりのブラジル録音による新譜「OUTRA VEZ 〜ふたたび〜」を発表。6月に横浜で開催されたTICADのイベント「アフリカン・フェア2013」でアフリカをテーマに演奏。また「第2回野口英世アフリカ賞授賞式及び記念晩餐会」では天皇皇后両陛下、アフリカ各国首脳ご臨席の下、福島県立安積黎明高等学校コーラス部と共に「Share the World」を披露。同月、日米混合のカルテットで5年ぶりにNYブルーノートに出演。連日満員の聴衆から大きな喝采を受けた。生涯現役プレイヤーのその姿は、世界中の老若男女に勇気と感動を与えている。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥9,000
10月10日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月3日11:00〜)
渡辺貞夫(sax) アーロン・ゴールドバーグ(p) ニコラス・ペイトン(tp) ルーベン・ロジャース(b) オベド・カルヴェール(ds)
10
POPS / FEMALE VOCAL Miho Fukuhara
いま最も注目を集めるソウルフルな歌姫…。圧倒的な歌唱力と表現力でブルーノートのステージを熱く揺らす!
福原美穂

Live in Music Vol.5



Miho Fukuhara


北海道出身。15歳の時、地元テレビに出演したことがきっかけで道内のみでミニアルバムを二作発表し、道内だけで10,000枚を超える大ヒットを記録。2008年2月に日本人としてはじめて、米ロサンゼルスの黒人教会にて「奇跡の子」と称されるパフォーマンスを披露、“黒人教会220年の歴史を変えた!”と賞賛を受け、同年4月に『CHANGE』でメジャーデビュー。'09年1月にファーストアルバム『RAINBOW』を発売。オリコン初登場2位をマークし、15万枚の大ヒットとなる。'10年6月には2NDアルバム『Music is My Life』を発表し、二作連続オリコンベスト5を記録。また映画『沈まぬ太陽』(渡辺謙主演)、『悪人』(妻夫木聡主演)の主題歌に抜擢される等、その歌声は各方面から注目を浴びている。5th Anniversary Yearの前半を、"LIVE"で駆け抜けてきた福原美穂。「次はどんなLIVEをみせてくれるのか。」、Live in Musicへの期待もおのずと高まる中、福原が選んだ編成は、【ピアノと、声】、究極に削ぎ落とされたシンプルな編成で登場。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,900
10月8日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月1日11:00〜)
福原美穂(vo) 松浦基悦(p)
11 OFF
12
POPS K
端麗な容姿と甘い歌声で高い人気を誇る実力派シンガー・ソングライター “K” が5年振りにブルーノートに凱旋!!


Premium Live 2013




K


“a voice from the heaven”と称されるソウル出身のJポップ・シンガー・ソングライター。2005年のデビュー以来、数々のヒットを飛ばし、ドラマ主題歌などにも起用され一躍トップアーティストへ。5月には約2年間の活動休止後、初のオリジナルミニアルバム『641』を発表し、人間的に一周りも成長したKの人間味溢れる最高傑作となった。よりオトナな空間でアコースティックなライブをお楽しみ頂くことができるプレミアムな公演。まだKの生の歌声を体感したことがない方は、この貴重なチャンスをお見逃しなく!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
11月19日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は11月12日11:00〜)
K(vo,p) 真藤敬利(key) 設楽博臣(g) notch(perc)
13
14
ROCK Masanori Sera
アコースティックロック・ユニット。洋楽から世良のオリジナルまで2本のアコギで変幻自在。名古屋では当店のみのエクスクルーシヴ!
音屋吉右衛門 (世良公則×野村義男)




Masanori Sera


1977年、「あんたのバラード」で第14回ポプコングランプリと第8回世界歌謡祭グランプリを獲得。 ハスキーな声でシャウトする姿は、それまでのロックシーンに変革をもたらす逸材として注目を集めた世良公則。「宿無し」「銃爪」「燃えろいい女」など数多くのヒット曲を世に送り出した後、'81年12月ツイスト解散。 以後、ソロアーティストとしての活動を展開し、国内外のミュージシャンとのセッションを精力的に行う。 今回もバースデーを盟友と日替わりで祝すスペシャルエディション。 初日はギタリスト野村義男とのアコースティックロック・ユニット『音屋吉右衛門』が登場。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
11月5日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月29日11:00〜)
世良公則(vo,g) 野村義男(g)
15
ROCK Masanori Sera
現在も活動を共にする唯一のTWISTオリジナルメンバー神本宗幸、LAからは親友Eric Gorfainを迎え珠玉のLIVEをお届け
世良公則 with Friends





Masanori Sera


1977年、「あんたのバラード」で第14回ポプコングランプリと第8回世界歌謡祭グランプリを獲得。 ハスキーな声でシャウトする姿は、それまでのロックシーンに変革をもたらす逸材として注目を集めた世良公則。「宿無し」「銃爪」「燃えろいい女」など数多くのヒット曲を世に送り出した後、'81年12月ツイスト解散。 以後、ソロアーティストとしての活動を展開し、国内外のミュージシャンとのセッションを精力的に行う。 今回もバースデーを盟友と日替わりで祝すスペシャルエディション。 二日目はwithFriendsと題し、エリック・ゴーフェン、神本宗幸が登場。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
11月5日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月29日11:00〜)
世良公則(vo,g) エリック・ゴーフェン(vln) 神本宗幸(p)
16
POPS / FEMALE VOCAL Kana Uemura
「トイレの神様」が空前の大ヒットを記録した人気シンガー・ソングライターがクリスマス・シーズンにオンステージ!
植村花菜





Kana Uemura


透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで同世代をはじめ多くの人を魅了する。'10年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、各チャートの上位を長期的に騒がすロングヒットを記録。最新ミニ・アルバム『Steps』は、2012年に音楽武者修行としてアメリカを単独横断した経験をもとに制作。今回は、JAZZテイストをたっぷり楽しんでいただけるステージに。また、テレビドラマのエンディング曲としてOAされている“輝く時間(とき)の中で”をライブ初披露!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
10月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月17日11:00〜)
植村花菜(vo,g) 清水勇博(ds) 工藤精(b) 栗田妙子(p)
17
JAZZ John Ken Nuzzo
世界が認めた圧倒的な美声と実力を誇るトップテナー“ジョン・健・ヌッツォ”によるレアなJAZZ LIVE!!
ジョン・健・ヌッツォ

ジャズライブ Sing Sing Sing



John Ken Nuzzo


世界三大歌劇場のウイーン国立歌劇場とメトロポリタン歌劇場でオペラデビューを果たし、日本をリードするトップテナーの地位を確立。その一方、米国在住時、ブロードウエイ・ミュージカル・シンガーズ「カリフォルニアンズ」のメンバーとして、トニー・ベネットやシャーリー・ジョーンズと共演。NHK大河ドラマ「新撰組」のテーマ曲を歌い、NHK紅白歌合戦にも2度出場。また天皇皇后陛下とローマ法皇に歌声を披露した経験をもつほか、MLB日本開幕戦、NFL、サッカーやホッケー国際試合での国歌斉唱もつとめる。音楽を通じた東日本大震災への復興支援も精力的に行っている。

【特別営業時間】
[1ST]open 5:30pm start 6:30pm [2ND]open 8:30pm start 9:30pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥10,000
(クリスマスプレート付)
10月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月17日11:00〜)
ジョン・健・ヌッツォ(vo) 阿部篤志(p) 齋藤たかし(ds) 佐瀬正(b)
18
POPS / FEMALE VOCAL Chara
永遠のスウィート・ヴォイスとファッション性でJ-POPシーンの第一線で輝きを放ち続けるCharaが初登場!
Chara

Special Live " JEWEL "




チャラ


オリジナリティ溢れる楽曲に強烈な存在感の声が生み出す世界観で人気を得て、音楽だけにとどまらず、個性の強いキャラクターとファッションでも人気を集める。ライフスタイルをも含めた新しい女性像としての人気も獲得し、「Charaのような」と他の女性アーティストを形容するような個性を完全に確立する。11月にはデビューから22年、通算17枚のオリジナルアルバム(約200曲)から厳選された12曲に、新たな輝きの息吹を吹き込んだニューアルバム『JEWEL』を発表。代表曲である『やさしい気持ち』『Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜』などに加え、ファンには堪らないライブ人気曲やインディーズ時代の曲もセレクトした、バラエティー豊かな収録曲。新進気鋭の若手から日本の音楽シーンを支えるベテランまで、数多くのミュージシャンが参加。選び抜かれたそれぞれの楽曲を新たなアレンジで瑞々しく彩り、優しく深みが増したCharaの歌声で名古屋ブルーノートを包み込む。

【特別営業時間】
[1ST]open 5:30pm start 6:30pm [2ND]open 8:30pm start 9:30pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,500
11月8日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は11月1日11:00〜)
Chara(vo,key) 名越由貴夫(g) mabanua(ds) 砂山淳一(b)
佐野観(key) 川崎太一朗(tp,flh) 加藤哉子(cho) 竹本健一(cho)
19
20
JAZZ / TRUMPET TILL BRONNER
新世代のヨーロッパ・ジャズを牽引するティル・ブレナー。ニ度のエコー賞に輝く才人が満を持して登場!!
TILL BRONNER





ティル・ブレナー


シーン颯爽と登場し、『チャッティン・ウズェト』や『ブルーアイド・ソウル』など新鮮なジャズ解釈によるヒット作を連発。端正なマスクと囁くような歌声、そして抜群の情感を持ったプレイで「チェット・ベイカーの再来」と称され人気を集めたドイツ・ベルリンのトラペッター/ヴォーカリスト。更なる高みに到達したティル・ブレナーが、自身の最強ユニットと共にクリスマス・シーズンをスタイリッシュに彩る。母国ドイツのケルン音楽院で学び、’93年にソロ・デビュー。端正なトランペットの響きと絹のように滑らかなヴォーカルで人気を集め、目下のニュー・アルバム『ティル・ブレナー』もロング・セラーを続けている。新世代のヨーロッパ・ジャズを牽引すると共に、トゥーツ・シールマンス、ミルトン・ナシメント、セルジオ・メンデス等、数々の巨星ともコラボレーションを繰り広げているティル。2度のエコー賞(アメリカのグラミー賞に相当)に輝く才人の最新ステージに限りなく期待が高まる。

【特別営業時間】
[1ST]open 5:30pm start 6:30pm [2ND]open 8:30pm start 9:30pm

オフィシャルサイト[レーベル]
ミュージックチャージ:¥10,000
(クリスマスプレート付)
11月7日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月31日11:00〜)
Till Bronner(tp,flh) Magnus Lindgren(ts,fl) Jasper Soffers(p)
Christian von Kaphengst(b) David Haynes(ds)
21
BLUES / MALE VOCAL Ryudo Uzaki
2013年のクリスマスは宇崎竜童が御堂筋ブルースバンドとタッグを組んだブルージーなサウンドで盛り上げる
宇崎竜童 &御堂筋ブルースバンド

with 野本有流



Ryudo Uzaki


1973年に“ダウン・タウン・ブギウギ・バンド”を結成しデビュー。 『港のヨーコ、ヨコハマ、ヨコスカ』『スモーキン・ブギ』など数々のヒット曲を生み出すとともに、作曲家としても山口百恵など多数のアーティストへ楽曲を提供、妻・阿木燿子とのコンビは音楽界の至宝ともいえる稀代のヒットメイカー。今回も関西在住のメンバーによる“御堂筋ブルースバンド”、そして大阪の老舗のブルース・トリオ“アンタッチャブル”の野本有流らをフィーチャー!今年音楽活動40周年を迎え、そのすべてを綴った集大成ともいえる『バックストリート・ブルース』を出版、さらに決定的ベストアルバム『宇崎竜童ソングブック』を発売。 クリスマスシーズンをブルージーに盛り上げる!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥11,000
(クリスマスプレート付)
10月29日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月22日11:00〜)
宇崎竜童(vo,g) 野本有流(g,cho)
御堂筋ブルースバンド:田中晴之(g) 南角光児(b) 小林健治(ds)
土井淳(p,org)
沸騰ハラミホーンズ:築山 昌広(tp) 古谷 光広(sax) 大迫 明(Tb)
22
POPS THE JAYWALK
年末恒例のTHE JAYWALK公演 ヒット曲満載でクリスマスを艶やかに…
THE JAYWALK

WINTER LIVE 2013




ザ・ジェイウォーク


1980年結成。'91年に『何も言えなくて・・・夏』が幅広い層の支持を受け大ヒット。コンサートの他ドラマ、CM等の楽曲提供も多数手掛ける。2011年5月、ハスキーボイスの独特な魅力とアメリカ人を父に持つヴォーカリスト馬渕英将の加入が話題になる他、サポートとして活動していた女性ドラマーの青木桃子が正式加入し、師弟ツインドラムとして田切&青木のパワフルなドラミング、サウンドを支えるツインギター、好評のコーラスも魅力な7人編成として活動。バンド名も「THE JAYWALK」と唯一無二の存在という意味を込め改名。昨年、3年ぶりのオリジナルアルバム『New Born Tears』を発表。この夏には新体制後初のバンドとして4年振りの全国ツアーを行うなど、デビューから30年以上経ったいまでもなお、その勢いは留まることを知らない。過去の名曲から新曲までを織り交ぜたクリスマスならではのステージを披露する。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥11,500
(クリスマスプレート付)
10月31日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月24日11:00〜)
馬渕英将(vo) 知久光康(g) 浅川昌輝(g) 杉田裕(key)中内助六(b)
田切純一(ds) 青木桃子(ds)
23
POPS / FEMALE VOCAL Suzuki Kiyomi
ジャパニーズ・ソウルの女王“鈴木聖美”がクリスマスシーズンをメローに演じる一夜…
鈴木聖美

2013 Christmas Special Live!



Suzuki Kiyomi


20歳の頃バンドで歌い、プロからの誘いを受けるが「女の幸せは結婚」とバンドを抜ける。同時期、弟の鈴木雅之がバンドで活躍“シャネルズ”という名前でプロデビュー。鈴木聖美は二児をもうけ、弟の活躍を見守っていたが、離婚。仕事をしながら、弟の勧めでシャネルズのライブでアマチュアとして歌う。そのライブのコーナーが後の名曲「TAXI」へと繋がる。そしてアマチュアのまま“シャネルズ+1”として、1980年「もしかしてI LOVE YOU」をリリース。それから7年後、'87年4月「シンデレラリバティー」でメジャーデビュー。1STアルバム『Woman』は60万枚を越す大ヒット。収録曲「ロンリーチャップリン」はデュエットソングの定番としてその後末永く愛される運命となる。デビュー25周年の節目を過ぎ、新たな第一歩を踏み出した鈴木聖美の今を存分に楽しむことができるブルーノート・ライブ。大切なヒトと肩を並べグラスを傾けて大人の世界観に酔いしれて欲しい…。

【特別営業時間】
open 6:30pm start 7:30pm ※1日1回公演となります。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥11,000
(クリスマスプレート付)
11月13日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は11月6日11:00〜)
鈴木聖美(vo) 伊賀武氏(g) 山内和義(b) 清水淳(ds)
鈴木憲彦(key) 堀江有希子(sax)
【ゲスト】 桑野信義(vo&tp)
24
POPS / FEMALE VOCAL Anna Tsuchiya
昨年に引き続きクリスマス・イブを艶やかに艶っぽく彩るのは土屋アンナ!!
土屋アンナ





Anna Tsuchiya


歌手、ファッションモデル、作家、女優、映画監督としてマルチな活動を続ける土屋アンナが、3年連続でクリスマスイヴの名古屋ブルーノートに登場。2005年夏から音楽活動を本格的に開始し、パリで行なわれた「JAPANEXPO」や日本最大級のロック・フェス「SUMMERSONIC」にも出演。'07年のシングル「BUBBLETRIP」には、ブリトニー・スピアーズのプロデューサー・チーム、KNSProductionsも参加し話題となった。また、安室奈美恵、AIとの最強の3人での「WonderWoman」や、松本孝弘(B'z)、難波章浩(Hi-STANDARD)とのコラボなど、彼女の音楽活動は勢いを増して加速中だ。女性アーティストとしてさらなるステップを踏み出した土屋アンナ。今回の「アンプラグド・ライブ」は内容もさらにパワーアップしてお届け!

【特別営業時間】
[1ST]open 5:30pm start 6:30pm [2ND]open 8:30pm start 9:30pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥11,000
(クリスマスプレート付)
11月1日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月25日11:00〜)
土屋アンナ(vo) 飯田“ダッチ”匡彦(g) 阿部光一郎(b) 阿部雅宏(p)
クラッシャー木村(vln) 渋谷 憲(ds) 北出治男(cho) 秋山ゆり代(cho)
25
POPS / FEMALE VOCAL Aoi Teshima
スタジオジブリ映画「ゲド戦記」で鮮烈なデビューを飾り、「コクリコ坂から」でも話題となったシンガーと過ごすクリスマス
手嶌葵

Miss AOI -Special Night


Aoi Teshima


2003年と'04年に、福岡で行われたTEENS' MUSIC FESTIVAL協賛「DIVA」に出場。その歌声が聴衆を魅了し、翌年には韓国で行われたイベント「日韓スローミュージックの世界」にも出演、好評を博した。その当時彼女が歌った「The Rose」のデモCD が、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと、'06 年に公開された映画「ゲド戦記」の監督、宮崎吾朗氏の耳に届く事となり、デビューへの足掛かりとなった。映画挿入歌と主題歌の歌唱。さらにその劇中ヒロイン“テルー”の声もつとめ、デビュー曲「テルーの唄」はロングヒットを記録。'08年には洋画メインテーマを全編英語で歌唱した3RDアルバム「The Rose〜I Love Cinemas〜」をリリース。'09年にシリーズ第二弾「La Vie En Rose〜I Love Cinemas〜」をリリース。そして'11年夏、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」で再び宮崎吾朗監督作品の主題歌を担当。7THアルバム「コクリコ坂からの歌集」をリリース。同年8THアルバム「Collection Blue」リリース。 その後、精力的にライブ活動をし、CMやテレビ番組の歌唱を担当するなど活躍の場を広げている。その限りなく澄んだ歌声と、自然派のライフスタイルが反映された楽曲は独自の世界観を放ち、どんな言葉ででも形容し切れない神秘的な魅力をもつ…。 小さな会場だからこそ、より心に響くステージとなるだろう。

【特別営業時間】
[1ST]open 5:30pm start 6:30pm [2ND]open 8:30pm start 9:30pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥9,800
(クリスマスプレート付)
11月6日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月30日11:00〜)
手嶌葵(vo) YANCY(p) オオニシユウスケ(g)
26
FRENCH POPS Clementine
常にフレッシュな話題を発信し続けるフレンチ・ポップスのビッグ・アイコンが届けるパリの風…
クレモンティーヌ





Clementine


パリ生まれ。レコードコレクターの父の影響でジャズに囲まれて育つ。ジャズ、ポップス、ボサノヴァなど様々なジャンルで数々の作品を発表。日本で最も愛されるフランス人歌手のひとり。現在は中国ツアーを行うなど、アジア全土でもその人気を不動のものとしている。「天才バカボン」のカヴァー(2010年)でも注目された彼女が、11月にはディズニーやスタジオジブリの名曲を中心にカヴァーしたファンタジーと夢溢れるアルバム『ドリーム・シネマ〜リラクシング・スタンダード・コレクション〜』を発表。本作では誰もが知るファンタジックなナンバーをスムースなジャズ・アレンジで歌唱する。音楽を愛し、心地よい時間の過ごし方、人生の本当の楽しみ方を知っている大人のパリジェンヌ=クレモンティーヌ。今後もますます女性達の憧れとして、アーティストとして注目を集め続けることだろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
10月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月17日11:00〜)
クレモンティーヌ(vo) ロブソン・ガルディノ(g, b)
山田智之(perc) 滝本成吾(p,key)
27
POPS THE JAYWALK
お蔭様で追加公演決定!2013年を締めくくるにふさわしいナンバーを共に分かち合おう…
THE JAYWALK

WINTER LIVE 2013

〜追加公演〜 “ さらば ! 2013 “



ザ・ジェイウォーク


1980年結成。'91年に『何も言えなくて・・・夏』が幅広い層の支持を受け大ヒット。コンサートの他ドラマ、CM等の楽曲提供も多数手掛ける。2011年5月、ハスキーボイスの独特な魅力とアメリカ人を父に持つヴォーカリスト馬渕英将の加入が話題になる他、サポートとして活動していた女性ドラマーの青木桃子が正式加入し、師弟ツインドラムとして田切&青木のパワフルなドラミング、サウンドを支えるツインギター、好評のコーラスも魅力な7人編成として活動。バンド名も「THE JAYWALK」と唯一無二の存在という意味を込め改名。昨年、3年ぶりのオリジナルアルバム『New Born Tears』を発表。この夏には新体制後初のバンドとして4年振りの全国ツアーを行うなど、デビューから30年以上経ったいまでもなお、その勢いは留まることを知らない。過去の名曲から新曲までを織り交ぜたステージを披露する。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,500
11月27日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は11月20日11:00〜)
馬渕英将(vo) 知久光康(g) 浅川昌輝(g) 杉田裕(key)中内助六(b)
田切純一(ds) 青木桃子(ds)
28
JAZZ / PIANO Yuji Ohno & Lupintic Five
大野雄二率いるルパンティック・ファイブ、ジャズの醍醐味ともいえるスリリングなインプロや音楽の楽しさを堪能…
大野雄二 & Lupintic Five





Yuji Ohno & Lupintic Five


スリリング&ジャジーなスタイルで「ルパン三世」シリーズのナンバーを聴かせてくれる、年末恒例の“大野雄二&ルパンティック・ファイブ”。大野雄二(p,rhodes) 井上陽介(b) 江藤良人(ds) 鈴木央紹(sax) 松島啓之(tp) 和泉聡志(g) 6人の持ち味であるスピード感あふれる演奏に加え、メロウで軽快な楽曲の魅力が世代を超えた人気の秘訣。彼らがジャズの敷居を下げ、スタイリッシュな音楽としてジャズを若年層に広めた功績は計り知れない。大野雄二曰く「JAZZは難しいものではなく、格好良くて楽しいもの」。“ルパンティック・ファイブ”は、まさにそのスピリットを体現したバンドと言える。最新作『PRINCESS OF THE BREEZE』を11月13日にリリースし、12月公開の「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」の音楽を担当するなど、その勢いはとまらない!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,000
11月12日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は11月5日11:00〜)
大野雄二(p,rhodes) 井上陽介(b) 江藤良人(ds)
鈴木央紹(sax) 松島啓之(tp) 和泉聡志(g)
29
UK FUNK / CLUB JAZZ INCOGNITO
年末を彩るパワフル&エキサイティングなライヴ!! ブルーイ率いるU.K.ジャズ・ファンクの人気バンドが登場
INCOGNITO





インコグニート


アルバム『サリアル』がロング・セラー中。アシッド・ジャズ〜ジャズ・ファンクの真髄を極め続ける人気グループ、インコグニートが真冬の名古屋ブルーノートをダンスフロアに変える。ギタリスト兼プロデューサーのジャン・ポール“ブルーイ”モーニックを中心として’81年に結成。’90年代のアシッド・ジャズ・ブームをブラン・ニュー・ヘヴィーズらと共にリードし、メイザ・リーク等、数多くの逸材を輩出した。ブルーイはこの春、初ソロ・アルバム『リープ・オブ・フェイス』を発表したばかり。今回の公演は彼のソロ・プロジェクトでの経験もフィードバックされた、一層バラエティに富んだものになるはずだ。ハッピー&ダンサブルな音作り、圧倒的な演奏力、猛烈なグルーヴに溢れた極上のショウをお見逃しなく!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,500
11月12日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は11月5日11:00〜)
ジャン・ポール "ブルーイ" モニック(g) バネッサ・ヘインズ(vo)
トニー・モムレル(vo) ケイティ・レオーネ(vo)
キアラ・ハンター (vo) シド・ゴウルド(tp)
ナイジェル・ヒッチコック(sax) タリク・メキ(tb)
マット・クーパー(key)フランシス・ヒルトン(b)
フランチェスコ・メンドリア(ds) ジョァオ・カエタノ(perc)
30
CLUB JAZZ Jazztronik
ピアニスト・DJそしてプロデューサーと、マルチな才能を発揮している野崎良太のミュージックプロジェクト“Jazztronik”が凱旋!
Jazztronik




ジャズトロニック



【整理券発行時刻】2:30pm〜

ピアニスト、作曲、編曲家、DJとして唯一無二のポジションを築き上げている野崎良太。 “Jazztronik”とはそんな彼が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージックプロジェクト。 高いスキルと幅広い音楽性で、ダンスミュージックを主軸としながらも、クラシックやジャズなど形にとらわれないスタイルをハイブリッドに展開。その手腕は、葉加瀬太郎、山崎まさよし、椎名林檎など数々のメジャーアーティストのサウンドプロデュースから、映画音楽やドラマ音楽の制作までに至る。昨年末発表した『Jazztronik Studio Live Best』は近年Liveパフォーマンスで好評を得ている名曲をスタジオ生演奏で再録音し、躍動感溢れるLIVEの熱気を感じ取れる生演奏にこだわり、本当の意味でのBEST ALBUMになっており各方面から高い評価を得ている。年末のパーティーシーズン真っ只中に登場する今回の名古屋ブルーノート公演は、最高の盛り上がりをみせるだろう。

【特別営業時間】
[1ST]open 4:00pm start 5:00pm [2ND]open 7:30pm start 8:30pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
11月5日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月29日11:00〜)
野崎良太(p,key) 大槻カルタ英宣(ds) 藤谷一郎(b) 伊藤彩(vln)
古川淑恵(vc) 前田大輔(tb) 寺内茂(tp) 姫野朋久(sax,fl)
有坂美香(vo) 為岡そのみ(cho)
31
JAZZ / VOCAL Keiko Lee
人気・実力ともにNo.1に君臨するジャズ・ヴォーカルの女王と共に華やかなカウントダウンを…
ケイコ・リー




Keiko Lee



【整理券発行時刻】5:30pm〜

1995年のデビュー作『イマジン』以来、存在感のあるヴォーカル・スタイルとディープ・ヴォイスで、これまでに多数のアルバムをリリース。共演したミュージシャンから「楽器と対等に渡り合える歌手」と絶賛され、その即興性と瞬発力に優れたパフォーマンスの評価は高い。'01年日産ステージアCMソング『ウィ・ウィル・ロック・ユー』の大ヒットで幅広いファンを獲得。翌年に発表したベスト・アルバム『ヴォイセズ』は累計25万枚のヒット作となった。 '03年SJ誌主催「日本ジャズメン読者人気投票」では女性ヴォーカル部門第1位に加え、「ジャズマン・オブ・ザ・イヤー」「アルバム・オブ・ザ・イヤー」の三冠の快挙を達成。国内はもとより香港・台湾・韓国などアジア地域でも人気を博す。実力・人気ともにNO.1ジャズ・ヴォーカリストとして国内外でその地位を確立している彼女が地元・愛知で2013年のカウントダウンを飾る。

【特別営業時間】
[1ST]open 7:00pm start 8:00pm [2ND]open 10:00pm start 11:00pm

オフィシャルサイト
1st stageミュージックチャージ:¥8,500


2nd stageミュージックチャージ:¥9,800
(カウントダウンシャンパン付)
11月7日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は10月31日11:00〜)
ケイコ・リー(vo) 野力奏一(p,key) 岡沢 章(b) 渡嘉敷祐一(ds)
2013/11 2013/12 2014/01 2014/02 2014/03 2014/04