2014/01 2014/02 2014/03 2014/04 2014/05 2014/06
2014/02 SCHEDULE
1 PRIVATE
2
FOLK / MALE VOCAL Inaba Akira
前年公演が好評につき2度目のブルーノートでのステージが決定!
因幡晃

名古屋ブルーノートLIVE Vol.2

〜ことづて〜



Inaba Akira


高校卒業後、鉱山技師として就職。ある日、仕事中の鼻歌からひとかけらのメロディと言葉が生まれた。頭から離れないこのメロディと言葉が融け合って因幡晃の代表曲『わかって下さい』が完成した。アマチュアでの音楽活動もない彼にとって、この曲は初めてのオリジナル作品として生まれた。この『わかって下さい』で1975年 第10回ヤマハ・ポピュラーソングコンテストに出場し、最優秀曲賞を受賞。また、第6回世界歌謡祭にて入賞。翌1976年、同曲でデビュー。以来『別涙』『思いで』『S.Yさん』『忍冬』『都忘れ』『夕映えを待ちながら』など、数々の名曲を発表。2013年3月に行われた当店でのコンサートではピアニスト塩入俊哉、パーカッション楯直己を迎え、鮮やかでダイナミックでありながら繊細さを感じさせるステージが好評を博し、同メンバーで2度目のコンサートが約1年振りに決定!デビュー当時から変わらぬキーで歌い上げる圧巻の歌唱力と独特の世界観はファンならずとも必聴!!聴く人を魅惑する甘美な旋律で会場を包みこみます。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
12月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月17日11:00〜)
因幡晃(vo,g) 塩入俊哉(p) 楯直己(perc)
3 OFF
4 OFF
5
JAZZ / TRUMPET Ruike Shinpei
Ex.urb(アーブ)の トランペッター類家心平の3rdアルバム「4 AM」はまさに昇華したジャズとロックのクロスオーヴァー!
類家心平

RUIKE SHINPEI 5 piece band

"4 AM" RELEASE TOUR



Ruike Shinpei



【整理券発行時刻】7:00pm〜

渋谷ストリートでは300人以上の集客、ジャズとロック、ポップ、R&Bなどジャンルを超え、いち早くクロスオーヴァーの旗手として注目を浴び、2004年にメジャーデビューを果たし人気を博したジャズ系バンドurb(アーブ)のトランペッター。その他にも数々のバンドを主催し、菊地成孔ダブ・セクステットやRoutine Jazz Sextetに参加。活躍のフィールドはジャズに留まることなく「LUNA SEA」のギタリストSUGIZOが率いるユニットや、元「ビート・クルセイダース」のケイタイモ率いる「WUJA BIN BIN」等にも参加し活躍の幅を広げている。2006年にスタートさせた自身のリーダーバンドの集大成として、2009年6月に満を持し1stアルバム『DISTORTED GRACE』を、2011年には菊地成孔プロデュースによる『Sectorb』をリリース。そして昨年11月に3rdアルバム『4 AM』を発表、若々しくも荒々しいそのサウンドは70年代マイルス・デイビスのバンドを想起させるロック色の強いサウンドとなり、音にこだわった作品に仕上がった。その最新アルバムを引っさげ名古屋ブルーノートに登場!



本公演は主催者の都合により2ndステージのみの開催とさせて頂きます。
ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。
また、インターネット予約にて決済された方にはご購入時のクレジットカード会社を通じてご返金致します。
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。


オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,500

メンバーズ会員特別価格:¥5,000
※1会員につき同伴者1名まで有効
12月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月17日11:00〜)
類家心平(tp) 田中拓也(g) 中嶋錠二(p)
鉄井孝司(b) 吉岡大輔(ds)
6
POPS / SOUL / R&B Peavo Bryson & Deniece Williams
ディズニー映画の代名詞“ピーボ”とフットルースのサントラで大ブレークした“デニース”とのソウルフルな競演!
ピーボ・ブライソン

with Special Guest

デニース・ウィリアムス



Peabo Bryson & Deniece Williams


ディズニー映画『美女と野獣』や『アラジン』のテーマ曲で世界中を酔わせるMr.バラードが贈る至福の夜! セリーヌ・ディオン、ナタリー・コール、ロバータ・フラック…。これらの女性アーティストは、これまでにピーボ・ブライソンがデュエットをしてきた錚々たるパートナーだ。当代随一のヴォーカリストにしてデュエットの名手である、“キング・オブ・バラード”ことピーボ・ブライソンが、今年も名古屋ブルーノートで夢のステージを魅せてくれる!ショーアップされたステージは、まるで映画さながらのドラマチック仕立て。今回の公演では映画『フットルース』に使われた『レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ』などのヒットで知られるデニース・ウィリアムスがスペシャル・ゲストとして登場。絹のように滑らかなピーボのヴォーカルと、4オクターヴに及ぶ美声を持つデニースが繰り広げる飛び切りの一夜に酔いしれたい。大切なヒトを誘って特別な夜をリザーヴしてみては? 本物の感動が音の波となって襲ってくる。

ピーボ・ブライソンオフィシャルサイト
デニース・ウィリアムスオフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,900
12月25日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月18日11:00〜)
ピーボ・ブライソン(vo,g) デニース・ウィリアムス(vo,cho) その他未定
7
JAZZ / PIANO Kishino Yoshiko
日本古謡のカバーアルバム「ふるさと」とオリジナル曲中心の「HOPE」の2作品を同時リリースし注目の木住野佳子が登場!
木住野佳子

-NEW YEAR & ALBUM RELEASE LIVE 2014-


Kishino Yoshiko


優美で端正なスタイルでジャズの域を超えた活躍を続ける実力派ピアニスト、木住野佳子。これまでに鈴木重子や白鳥英美子(トワエモワ)、noonとのコラボレーションなど、名古屋ブルーノート独自の企画でも度々その名演を見せてくれている。 そんな彼女が今回は、自身のトリオで登場。昨年11月に、3年ぶりとなるNEWアルバム『ふるさと』と『HOPE』を2枚同時リリース。 『ふるさと』は日本古謡から昭和の名曲をカバーし美しい日本の記憶が蘇る作品に。 『HOPE』はオリジナル曲を中心に、常に進化する木住野ワールドが満載。希望に満ち溢れた新作は優しく、力強くピュアな輝きを放つ作品に仕上がった。 優しさに満ち溢れた優雅なジャズの調べに酔いしれてください。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,300

メンバーズ会員特別価格:¥5,000
※1会員につき同伴者1名まで有効
12月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月17日11:00〜)
木住野佳子(p) 西嶋徹(b) 岡部洋一(perc)
8
POPS / MALE VOCAL Tsuruno Takeshi
“つるの剛士”の歌声をリアルに感じられる初のクラブレベルでの公演開催が決定!
つるの剛士

ひとのうただけどつるのうたベストコンサート2014



Tsuruno Takeshi


数々のテレビ番組に出演し、人気を博し、2008年に“羞恥心”を結成しリーダーとして活躍。3枚のシングルの売上げ合計は135万枚を突破し、日本レコード大賞特別賞を受賞、紅白歌合戦では瞬間最高視聴率を記録した。また一方でフジテレビ「歌がうまい王座決定戦」で2度の優勝し、“羞恥心”の所属レコード会社ポニーキャニオンに視聴者から多くの音源化希望のメールや電話が寄せられ、2009年にカバーアルバム『つるのうた』をリリースしオリコン1位を記録、続いてセカンドカバーアルバム『つるのおと』を発売し、トータル60万枚のセールスを記録した。そして昨年、これらのカバーアルバムからセレクトされた楽曲に新曲を加えたカバーベストアルバム『つるのうたベスト』を発表。日本武道館など数々のコンサートホールでライブをしてきたつるの剛士が初のクラブレベルでの公演を開催!コンサートとは一味違ったプレミアムなステージ、想像するだけでゾクッとするほどの期待感が漲る。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,000
12月26日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月19日11:00〜)
つるの剛士(vo)梶原健生(g)五十嵐勝人(g)島本道太郎(b)
渋谷憲(ds) 井出泰彰(key) 鹿島邦裕(man)
9 OFF
10
JAZZ PE'Z
国内外で躍進を続ける最強のインスト・バンド! 全国縦断クラブツアーを敢行!
PE'Z

REALIVE TOUR 2014

〜Plays the PE'Z in the JAZZ HOUSE〜




ペズ


1999年に結成された5人組ジャズバンド。ライブハウスやクラブに加え、渋谷などでストリートライブを定期的に開催する。'02年にメジャーデビューを果たし、同時にイベントや野外フェスへの出演を通して知名度を獲得する。海外でのライブも積極的に行い、世界をまたにかけロック魂あふれるジャズサウンドを響かせている。過去には“合法ダウンロード”企画を実施し、全曲無料配信のアルバムを発表し、大きな話題を集めた。日本を「音楽で元気にしたい」という熱い想いから、“ご当地SONGカバー企画”を立ち上げ、全国各地でPE’Zのアレンジによって生まれ変わった地元(ふるさと)に馴染みのある曲を1曲ずつ披露し、ファンから作品化を望む声が多数寄せられたため『故郷のジャズ』をリリース。夏には全国の大型フェスティバルに出演し、初の真夏の単独公演“納涼大音頭2013”を東京・日比谷野外音楽堂で行った。'14年1月にこのステージを映像化したDVD『真夏の夜のペズ』を発売。常に時代の変化と新しい価値観を先取りしながら突っ走る侍5人衆。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
12月18日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月4日11:00〜)

一般予約受付開始日にご注意ください
Ohyama "B.M.W" Wataru(tp) Kadota "JAW" Kousuke(ts) Nirehara Masahiro(b) ヒイズミマサユ機(p,key) 航(ds)
11
12
JAZZ / VOCAL Halie Loren
好評に終わった7月公演を再び… 今宵は注目を集めるジャズ・ディーヴァとプレミアムな一夜を…
ヘイリー・ロレン

"My Jazzy Valentine V"



Halie Loren


瑞々しくもスモーキーなヴォーカルとソング・ライティングもこなすマルチな才能で、ここ数年ジャズ界の注目を一身に集めるヘイリー・ロレン。15歳でプロとして歌い始め、21歳で全曲オリジナルのデビュー・アルバム『Full Circle』(2006年)を発表。2008年に発表した『THEY OUGHTA WRITE A SONG 邦題:青い影』が「Just Plain Folks Music Awards 2009」で163カ国から発表された42,000ものインディペンデント・アルバムの中から「ベスト・ヴォーカル・ジャズ・アルバム」に選ばれる快挙。日本ではAmazonの年間ジャズ・チャートで4位にランクされる。2011年、ヴァン・モリソンやボブ・マーリー等のカヴァーを披露した『Heart First』を発表し、アルバム収録曲の「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」はiTunesで1位を獲得する。昨年発表した『Simply Love』ではストリングスやギター、ウクレレを配したユニークな編成で愛の喜びをロマンティックに歌っている。ジャズ黄金期の輝きとニュー・ポップスを絶妙にブレンドした独特のスタイルでジャズ・ヴォーカル界を賑わしている。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,300
12月19日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月12日11:00〜)
ヘイリー・ロレン(vo) マット・トレダー(p)
マーク・"モー"・シュナイダー(b) ブライアン・ウェスト(ds)
13 OFF
14
FEMALE VOCAL Fried Pride
恒例のアコースティック・コンサート。ここ名古屋ブルーノートでしか見ることのできない魅力に酔いしれる二夜
岩崎宏美

アコースティックライブ2014




Iwasaki Hiromi


1982年、「聖母たちのララバイ」で日本歌謡大賞を受賞。その後の精力的な活動により不動の地位を獲得。その圧倒的な歌唱力で観客を魅了してやまないシンガー、岩崎宏美。デビューから39年を迎える今も進化を続ける表現力と、心に染入るヴォーカルは当代随一のクオリティを誇る。オリジナルのみならず、新旧の名曲やヒット曲のカバーがこれほどまでに岩崎宏美のカラーに染まるのは、やはり彼女が唯一無二のシンガーである証しだろう。近年恒例となったアコースティック・クラブ・サーキットでは、そのアットホームなステージが幅広い世代から支持されている。だれもが「いい曲」と感じる名曲をしっとりと歌いあげる至福の時間を味わう貴重な二夜。どうぞお見逃しなく。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥9,000
1月16日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は1月9日11:00〜)
岩崎宏美(vo)青柳誠(p)古川昌義(g)
15
16
JAZZ / SOUL / R&B / HIP-HOP  Jose James
Photo by
Janette Beckman

ジャズ・R&B・HIP-HOP…多様なスタイルで世界中から大絶賛のホセ・ジェイムズが満を持して登場!
ホセ・ジェイムズ

No Beginning No End TOUR FINAL



Jose James


2006年、ロンドンで行われた国際ジャズコンペティションに参加し、その後ジャイルス・ピーターソンにその才能を認められ、彼のレーベルであるブラウンズウッドと契約。脈々と続いてきたボーカルジャズの伝統を守っているヒップな若い男性としてレアな存在である。ジャズだけにとらわれず、ダンスミュージックやHIP-HOPを聞いてきたバックボーンを音楽に活かしている。2008年に『ザ・ドリーマー』でデビュー。ヴォーカル・ジャズの歴史を塗り替えたとまで言われる美声は世界中で大絶賛され、国内外のジャズ/クラブ・チャートを総なめにした。そして2012年、名門ジャズレーベルブルーノートに移籍。2013年に新作『ノー・ビギニング・ノー・エンド』をリリース、収録曲の『トラブル』が全国ラジオ・チャート洋楽2週連続1位獲得するなど大ヒット!12月には同アルバムにRemix曲を新たに加えた来日記念デラックスエディションもリリース。今回は、ツアーファイナルとなる。全世界から大絶賛される歌声を聞き逃すな!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,800
12月25日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月18日11:00〜)
ホセ・ジェイムズ (vo) タクヤ・クロダ (tp) クリス・バウワース (key)
リチャード・スペイヴェン(ds) ソロモン・ドーシー (b)
17
POPS / R&B / SOUL Ben E. King
「スタンド・バイ・ミー」は映画とともに世界中で愛され続ける世代を超えたマスターピース。ノスタルジーに浸る一夜…
ベン・E・キング





Ben E. King


不朽の名曲『スタンド・バイ・ミー』はベン・E.キングの代名詞であり世界中で愛され続けるスタンダード。後に公開された同名映画はスティーヴン・キングの原作を基に、この曲にインスパイアされて制作された。故リバー・フェニックス、キーファー・サザーランドの好演もあり映画は大ヒット。このヒットにより、リリースから25年を経て再びベン・E.キングにスポットライトを浴びせることとなった。ベン・E.キングは、1959年当時所属していたグループでのパフォーマンスをドリフターズのマネージャーが目にしたことから新生ドリフターズに加入、リード・シンガーとして活躍。その後ソロに転向し『ドント・プレイ・ザット・ソング』『セブン・レターズ』『スーパーナチュラル・シング』などのヒット曲を多数残している。ベン・E.キングの珠玉の作品は、時を超えいつの時代も歌い継がれていくであろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,500
12月25日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月18日11:00〜)
ベン・E・キング(vo) その他未定
18
POPS / MALE VOCAL kitayama Youichi
ゴスペラーズの“北山陽一”からあなたへ一足早い「春休み」をプレゼント!
北山陽一

ソロツアー2014 “春休み Vol.2”



Kitayama Youichi


今年メジャーデビュー20年目に突入したゴスペラーズ。多くの楽曲で作曲・コーラスアレンジを手掛ける北山陽一が名古屋ブルーノートのステージに初登場!全6都市を巡る今回のソロツアーでは、ゴスペラーズの楽曲はもちろん、ソロのステージでしか聴くことが出来ないオリジナル楽曲・カヴァーも盛り込まれたステージは必見!

ゴスペラーズオフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
12月20日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月13日11:00〜)
北山陽一(vo) 柴田敏孝(p) 望月敬史(ds) 後藤克臣(b) 小川 翔(g)
19 OFF
20
JAZZ / VOCAL noon
ホセ・ジェイムズのプロデュースによるデビュー10周年記念アルバム「Full Moon」と共に祝杯を…
noon

10th anniversary tour 〜Full Moon〜


ヌーン


瑞々しく伸びやかな歌声が魅力のジャズ・シンガーnoon。2003年10月、アルバム『better than anything』でデビュー。2004年1月からトヨタホームのTV-CMに『Close to you』の歌唱が起用され、同曲が収録されたセカンド・アルバム『my fairy tale』がロングセールスを記録。また、2005年4月より6年間もの長きにわたりZIP-FMの『TIME MACHINE CAFE』にレギュラー出演し、ジャズの魅力を幅広い世代に発信。2013年にはブルーノート・レーベルを代表するヴォーカリスト、ホセ・ジェイムズをプロデューサーに迎えたアルバム『Full Moon』を、今年1月には8枚のアルバムから選曲したジャズ〜ポップスのバラード・ベスト・アルバム『Ballads』をデビュー10周年記念としてリリース!柔らかで、みずみずしい感性と、伸びやかな歌声を是非ご堪能ください。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,900
12月26日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月19日11:00〜)
noon(vo) 宮川純(p) 増原巌(b) 加納樹麻(ds)
21
JAZZ FUSION / POPS noon
ヒット曲からスタンダードまでエンターテイメント性あふれる珠玉のステージは必見!
MARLENE

〜 Just One Night


マリーン


“ディスコ・クイーン”として名を馳せ数多くのヒット作を世に放った偉大な歌手 ドナ・サマーへのオマージュ作品であるニュー・アルバム「マリーン・シングス・ドナ・サマー」を昨年リリースした歌姫マリーン。ポップでリズミカルなディスコ・ナンバーを、時にはダンサブルに、時には大胆なバラード・アレンジに、またムードたっぷりに、バラエティ豊かなサウンドで再創造したそのアルバムから、また、スタンダードや、自身のヒット曲などから選りすぐったメロウかつソウルフルなナンバーの数々を、日本を代表する凄腕プレイヤーと共に作りあげるゴージャスなサウンドにのって、マリーンがポジティブなパワーで歌いあげる。そのエネルギーを是非、肌で感じてください。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,000
12月27日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月20日11:00〜)
マリーン(vo) 安部潤(p,key) 日野“JINO”賢二(b)
高田真(ds) マサ小浜(g) Fire Lily(cho)
22
JAZZ / MALE VOCAL 小林桂
抜群の歌唱力とエンターテイメント性の高いステージが多くの支持を集める男性ジャズ・ヴォーカルのトップ・ランナー
小林桂

小林桂+4(プラスフォー)


Kobayashi Kei


抜群の歌唱力で男性ジャズ・ヴォーカルのトップ・ランナーをひた走る小林桂。両親・祖父ともにジャズ・ミュージシャンという音楽一家で育ったサラブレットは、早くからその才能を開花させ、弱冠15歳の頃から都内のライブハウスで活躍。ジャズ・ヴォーカリストとしてのキャリアは20年近くにも及ぶ。メジャー・デビューは1999年、当時20歳の天才ヴォーカリストとして各メディアで話題となり、数々の賞を総なめ。その後も化粧品のCMソングに起用された『流し目プレイ☆』が空前の大ヒットを記録、その名を一気に全国区に広めた。歌の他にも、タップダンス、ドラムプレイとマルチな才能を発揮するエンターテイメント性の高いステージはファンを魅了してやまない。そして昨年、活動20周年を記念してウォルト・ディズニーに捧げる小林桂初のオマージュ・アルバム『星に願いを』をリリース。アレンジは随所にひねりがきいており、その歌声はディズニーによく似合い、優しく平和的な仕上がりとなった。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,900
12月27日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月20日11:00〜)
小林 桂(vo) 佐藤浩一(p) 安カ川大樹(b) 山本昌広(sax) 竹田達彦(ds)
23 OFF
24 OFF
25 OFF
26
BOSSA NOVA 東京女子BOSSA
ヴォーカルあさばみほが中心となって結成した女性ばかりのBossaユニットが名古屋初見参!
東京女子BOSSA

「東京BOSSA」発売記念ツアー

@名古屋Bluenote



Tokyo Joshi BOSSA


スムースカフェBossaをコンセプトに東京からおしゃれなBossaを発信すべく、ヴォーカリストあさばみほが中心となって女性ばかりのBossaユニットを結成。1stアルバム『東京BOSSA』とともに昨年10月20日全世界に発進した彼女達の発売記念ツアー!BOSSAが1年中いたる所で流れている街。それは、世界中でただ一つ、TOKYOなのかもしれない。街角のカフェ、イタリアンやフレンチレストラン、Bar。そのTOKYOで生まれたTOKYO感性のBOSSA。それがアルバム『東京BOSSA』。クレプスキュールのSoundが底辺に流れ、Jobinや、ジルベルトをこよなく愛し、スタンダードBOSSAを毎日の生活の中でさりげなく聞いている女子達。それを東京女子BOSSAと呼ぶ。ヨーロピアンボッサでも、ブラジリアンネイティブのボッサでもない。新しい都市のBGMとしてのBOSSA、名古屋初登場!!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,250
12月19日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月12日11:00〜)
MIHO(vo) MICHIRU(p) YASUE(fl) RINDA☆(perc)
27 OFF
28
CELLO / PIANO 古川展生X塩入俊哉
デビュー15周年を迎える古川展生と盟友塩入俊哉が最新アルバム発売前に競演するプレミアムライブ!
古川展生 × 塩入俊哉 Platinum Live

GENTLE SOULS アルバムリリース

先行ライブ



Furukawa Nobuo × Shioiri Toshiya


藤原道山(尺八)、妹尾武(ピアノ)とのユニット“KOBUDO-古武道-”としての活動や映画「おくりびと」のテーマ曲のソロ演奏など目覚しい活躍を続けるチェリスト、古川展生。作編曲家、ピアニスト、サウンドプロデューサーとして様々なアーティストを担当、クオリティの高い音楽制作を通してその活動を支え、繊細で大胆な自身のピアニズムを基本として構築するアルバム作りやコンサートの制作は他者には無い大きな特徴となり、2000年には作曲作品が文化庁芸術新人賞を受賞した塩入俊哉。そんな二人がデュオでブルーノートのステージに挑む。全国各地でのソロリサイタル、室内楽の活動を展開するこの両者がデュオというミニマムな編成で奏でる究極のコラボ。一瞬一瞬がクリエイティブな音に包まれること必至、注目のライブをお見逃し無く!

古川展生オフィシャルサイト
塩入俊哉オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥5,500
12月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は12月17日11:00〜)
古川展生(vc) 塩入俊哉(p)
2014/01 2014/02 2014/03 2014/04 2014/05 2014/06