2014/03 2014/04 2014/05 2014/06 2014/07 2014/08
2014/05 SCHEDULE
1 OFF
2
SOUL / R&B NAO YOSHIOKA
BRIAN OWENS
“日本版アリシア・キーズ”と賞賛されたNAO YOSHIOKAに新たなソウルスターと評判のBRIAN OWENSのソウルフルナイト!
NAO YOSHIOKA & BRIAN OWENS

Make the Change Project Tour 2014 in Japan



ナオ・ヨシオカ&ブライアン・オウエンズ


ニューヨークから彗星のように舞い戻ったソウル・シンガー Nao Yoshioka。2009年から二年半ニューヨークに滞在し、音楽のトップクラスが集まる彼の地で磨かれたその実力は、ソウル・シンガーなら誰もが夢見る、アポロシアターのアマチュアナイトで準優勝するほどだ。そんな彼女と、米ツアーの際には共に米国内を廻ったネオソウル系シンガー、BRIAN OWENSが、今回ここブルーノートで再共演!様々な苦境を乗り越え、規格外の実力を身につけた本物のアーティスト、Nao Yoshioka、ソウル・ミュージックの巨星マーヴィン・ゲイ、その“マーヴィンの再来”と呼ばれるBRIAN OWENS。ソウルで繋がった二人による白熱のライヴ、必見!!

NAO YOSHIOKAオフィシャルサイト
BRIAN OWENSオフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,900
3月20日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月13日11:00〜)
ナオ・ヨシオカ(vo) ブライアン・オウエンズ(vo)
マイケル・ヒックス(key) ショーン・ロビンソン(g)
エリック・ラメイ(b) ロブ・ウッディー(ds)
3 OFF
4 OFF
5 OFF
6 OFF
7
JAZZ / PIANO Yamanaka Chihiro
ダイナミズムと超絶技巧、ジャズの伝統と斬新なアレンジを併せ持つ天才ジャズピアニスト山中千尋が凱旋!
山中千尋

イスラエル・トリオ ツアー2014春



Yamanaka Chihiro


桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を経て、米国バークリー音楽大学に留学。在学中より幾多の賞を受賞し、数多くの有名アーティストと共演を重ねる。バークリー音楽大学を首席で卒業後、2001年に第一作『Living Without Friday』を発表、大手CDショップのジャズ・チャートでトップセールスをマークし、新人としては異例のデビューをかざる。2002年にリリースされた第二作『When October Goes』では、ジャズ・チャート初登場1位となり、聴衆から絶賛を受けた。その後も日本を含め、ニューヨークを中心に世界各地で活動を続け、2005年にはユニバーサル クラシック&ジャズと契約。その後の活動でも数々の賞を受賞した。名門デッカ・レーベル初の日本人ジャズ・アーティストとして全米デビューを果たした気鋭の天才ピアニストが、今ここに。

山中千尋オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,800
3月18日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月11日11:00〜)
山中千尋(p) アヴリ・ボロコフ(b) アヴィヴ・コーエン(ds)
8 OFF
9 OFF
10 OFF
11
POPS / FEMALE VOCAL Kohiruimaki Kahoru
ソウルフルなヴォーカルと完成度の高いサウンドで、世代を超えて愛され続けているその歌声は圧巻!
小比類巻かほる

2014ツアー
「Kohhy with Solid Platinum band」




Kohiruimaki Kahoru


1985年にデビュー後、現在まで13枚のアルバム・33枚のシングルをリリース。代表作に「Hold On Me」(日本テレビ系ドラマ『結婚物語』主題歌)、「TONIGHT」(日本テレビ系ドラマ『新婚物語』主題歌)、「City Hunter〜愛よ消えないで〜」(アニメ『シティーハンター』のOP曲)、「TOGETHER」「DREAMER」(TDKCMソング)などがある。海外では「プリンス」や「モーリス・ホワイト」等とのレコーディングを経験。女性R&Bアーティストのパイオニア的存在として一世を風靡した。また、近年は、愛称の「Kohhy(コッヒー)」名義でアーティストの作品提供、プロデュース等、幅広い活動も行っている。ここブルーノートでも、洋楽テイストの楽曲とソウルフルなヴォーカルで、観る者を魅了してくれることだろう。

小比類巻かほるオフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
3月18日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月11日11:00〜)
小比類巻かほる(vo) ケイレブ・ジェームス(p) マサ小浜(g)
松本幸弘(ds) 村田隆行(b)上杉雄一(sax,key) 川上鉄平(tp)
ルイス・バジェ(tp) 石戸谷 斉(tb) 原口知己(cho)
12 OFF
13 OFF
14
SPECIAL UNIT Yoshida Minako,Kawai Daisuke,Murakami “PONTA”Shuichi
独自の世界観を歌い上げる吉田美奈子と巧みの技が光る河合代介・村上“PONTA”秀一が生み出すクリエイティブワールド!
TRIM 吉田美奈子&河合代介 DUO meets 村上“PONTA”秀一

CARAVAN TOUR 2014



Yoshida Minako,Kawai Daisuke,Murakami “PONTA”Shuichi


ジャンルを取り払った自由自在な音楽活動は、クオリティーを保ちながらも個性を発揮し続けるミュージシャンとして多方面から共演を熱望され、常に高い評価を得ている吉田美奈子。彼女に「こんなにうまいオルガニストが日本にいたんだ!」と絶賛され、豊かな経験と、ジミー・スミスを彷彿させるような柔らかな音色で日本のオルガンシーンをリードする河合代介。さらに、いちドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性を持ち、幅広い活動を繰り広げている、村上"PONTA"秀一。この3人による名古屋ブルーノートでの初公演が決定!これほどのメンバーが、手をのばせば届きそうなステージで演奏をしてくれる。その環境は、あなたに贅沢な一夜をお贈りすることだろう。

吉田美奈子オフィシャルサイト
河合代介オフィシャルサイト
村上“PONTA”秀一オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
3月25日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月18日11:00〜)
吉田美奈子(vo) 河合代介(org) 村上“PONTA”秀一(ds)
15
R&B / SOUL Eric Benet
ハートを溶かす甘いソウルフルヴォイス… 正統派R&Bの伝道者がセクシーなファルセットで魅了する
エリック・ベネイ





Eric Benet


「Sometimes I Cry」、「Spend My Life With You」など数々のビッグ・ヒットを持つ “現代R&B界のヒーロー” “リアル・ソウルの伝道者” エリック・ベネイ。姉や従兄弟と共にグループ「ベネイ」を結成し、1992年にセルフタイトルを発表。'96年に「True to Myself」でソロデビュー。ディアンジェロ、マックスウェルと共にニュー・クラシック・ソウル・ムーヴメントを牽引する存在として脚光を浴び、これまで発表された6枚のアルバムはいずれもベスト・セラーを記録してきた。音楽性とルックスを高レベルで兼ね備えたエリックならではの、スタイリッシュでソウルフルなステージを満喫したい。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,600
4月3日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月27日11:00〜)
エリック・ベネイ(vo) その他未定
16
TANGO Saeki Anna
タンゴ界のトップアーティスト“冴木杏奈”が昨年に続き華麗なショーを披露!
冴木杏奈

「歌うことは生きること…」



Saeki Anna


1984年「ミスさっぽろ」に選出されたのをきっかけに、'87年「Tango Primavera」でタンゴ歌手としてデビュー。実力を認められ、アルゼンチンやヨーロッパ、アメリカでのレコーディングを経験し、日本ではアルゼンチン屈指のバンドとともにコンサートを開催。さらに女優、司会としてなども活躍。ラテンブームの火付け役としてサルサの老舗バンド、オルケスタ・デルソルのソロボーカリストとして活躍後、現在はタンゴ界のトップアーティストとして、日本はもとより世界各地でコンサート活動を行っている。2008年にはアルゼンチン、コルドバ州のフェスティバルで「タンゴに貢献した20人に贈る賞」を日本人として初めて受賞した。今年3月24日に行われた2度目の公演となるNYブルーノートでのライブは、 前回同様sold out のうちに大盛況に終わり、ニューヨーカーを魅了した。彼女が繰り広げるタンゴの魅惑に、あなたも触れてみませんか。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,500
4月3日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月27日11:00〜)
冴木杏奈(vo) アレハンドロ・シュワルツ(g)
ジョン・バティスト・アンリ(bandoneon) ディエゴ・オビア(p)
17
POPS / FEMALE VOCAL Okamoto Mayo
「TOMORROW」のビッグヒットは言うまでもなく、ミュージシャンへの楽曲提供でも大活躍の“岡本真夜”が初登場!
岡本真夜

19th Start Live“Synchronicity”



Okamoto Mayo


95年にデビュー曲「TOMORROW」で、200万枚のセールスを記録。 3rdシングル「Alone」は初のバラードとしてロングセラーに。 以降、「そのままの君でいて」「サヨナラ」「宝物」「ハピハピ バースディ」 「アララの呪文」などCMソング・アニメ・ドラマ・映画の主題歌など次々にヒット曲を輩出。 一方で、広末涼子、中山美穂、島崎和歌子、相川七瀬など、楽曲提供も多数手がけており、 コンポーザーとしても活躍している。 2012年3月には、自身のデビュー曲TOMORROWを再録音し、 東日本大震災で傷ついた人々の復興のためにとALBUM「Tomorrow」を発表。 復興支援ライブやチャリティーライブにも積極的に参加している。 今回のステージでも、多くの名曲たちはあなたの心を癒し、明日への力を与えてくれるだろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,200
4月4日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月28日11:00〜)
岡本真夜(vo) 伊藤ハルトシ(g,cello)
18
FOLK / MALE VOCAL Horiuchi Takao
アリスの活動が一段落するも自身のソロプロジェクトが間髪入れず始動!
堀内孝雄

アコースティックライブ 2014


Horiuchi Takao



【整理券発行時刻】14:00pm〜

1971年、谷村新司、矢沢透とともにアリスを結成。『走っておいで恋人よ』でデビュー。デビュー当初は関西を基点に活動していたが、1973年、神田共立講堂にて東京での初のアリス・リサイタルが行われた。1975年に『今はもうだれも』、1977年には『冬の稲妻』を発表。大ヒットとなり、アリスの人気が決定的なものとなる。同時にソロ活動も始め、1981年にアリスの活動を停止するも、その後も精力的にソロ活動を展開。数々のヒット曲を生み出し、多くの音楽祭において各賞を受賞した。歌手活動43年目となる今年、原点のスタイルとも言えるアコースティックギターを持ち、懐かしの名曲たちと共に2年ぶりの名古屋ブルーノートにて公演。


【特別営業時間】
[1ST]open 3:30pm start 4:30pm [2ND]open 7:00pm start 8:00pm

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,900
3月17日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月10日11:00〜)
堀内孝雄(vo,g) 浅見昭男 (g,cho) 林 政宏(pf) 経田 康(g)
大本政知(b)
19
POPS / FEMALE VOCAL Furuuchi Toko
デビュー20周年を迎えたシンガー・ソングライターが女性の胸中を優しく歌い上げるプレミアム・ライヴ
古内東子

Early Summer Rain



Furuuchi Toko


「恋」―――。彼女を一文字で表すとしたらこの字しかないだろう。恋愛を主題にした曲のスタイルから、「恋愛の神様、教祖」等と称えられ、松任谷由実に次ぐ逸材といった評価も受けている。1993年、ソニーレコードより「はやくいそいで」でデビュー。96年に「誰より好きなのに」をリリース、彼女の代表曲となる。彼女の手による詞は、恋愛の情景を生々しく描写するドキュメンタリー・タッチ。その最大の魅力は、彼女自身が経験した恋愛の歌のみを歌うことであり、恋について歌えなくなったら歌手をやめるとまで言ったという。こうした徹底しているスタンスが、主に女性を中心に支持され続けている理由であろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,200
4月4日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月28日11:00〜)
古内東子(vo,p) 古川昌義(g)
20
JAZZ / PIANO Matsui Keiko
アメリカを拠点に世界で活躍する松居慶子がNew Album“SOUL QUEST"のワールドツアーを敢行!
松居慶子

KEIKO MATSUI

“SOUL QUEST”WORLD TOUR 2014




Matsui Keiko


研ぎ澄まされたピアノ・タッチ、優しくポップなメロディ作り。世界中で活動を繰り広げるスター・ピアニスト、松居慶子。アメリカを拠点に世界的な活動を続けている。五歳からクラシックピアノを始め、高校在学中に映画音楽の作曲など音楽活動を始める。十八歳でヤマハと契約、その後独立して渡米。1987年に発表した自主制作アルバム「水滴」で全米デビューを果たした。マイルス・デイヴィスのコンサートにスペシャル・ゲストとして迎えられ、パティ・オースティン、チャカ・カーン、ボブ・ジェームス、ヒュー・マセケラ等とも共演。近作『The Road...』では全米コンテンポラリー・ジャズ・チャートで2位を記録し、日本でもロング・セラー中。世界に響く彼女の"音"を、ぜひご堪能あれ。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,200
3月19日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月12日11:00〜)
松居慶子(p) トム・ブラクストン(sax) リカルド・ベルド(b)
ジョアン・ペドロ・モウラウン(g) デイブ・カラソニー(ds)
21 OFF
22 OFF
23
OPERA Yoshikawa Kenichi
Washio Mai
初めてオペラを聞く方からオペラ好きの方まで楽しめる、オペラコンサートをお届けします。
吉川健一×鷲尾麻衣

気軽にオペラコンサート

@ NAGOYA Blue Note




Yoshikawa Kenichi,Washio Mai


数々の国際コンクールで受賞歴を持ち、新国立劇場、東京・二期会等、第一線の舞台で活躍するバリトン・吉川健一とロンドン・ニューヨークに於いて絶賛された期待の美人ソプラノ鷲尾麻衣が、名古屋BlueNoteに初登場。 オペラ初心者から愛好家の方までが楽しめるオペラコンサート。
プログラムは、モーツァルトのオペラ「魔笛」の名曲から、世代を超えて愛される「サマータイム」、サンレモ音楽祭で話題となった「ヴォラーレ」、「アル・ディ・ラ」等のポピュラーなものまで幅広くお届けします。また日本語による珍歌曲「ところがトッコちゃん」なども披露。楽しいトークと共にわかりやすくお楽しみいただけます。
今まで体験したことのない生の歌声による迫力のあるオペラコンサート。是非、お見逃しなく。

吉川健一オフィシャルサイト
鷲尾麻衣オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥6,500
4月2日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月26日11:00〜)
吉川健一(bariton) 鷲尾麻衣(soprano) 石野真穂(p)
24
POPS GODIEGO
「ガンダーラ」、「モンキーマジック」、「銀河鉄道999」… 数々のビッグヒットを携え遂にGODIEGOが登壇!
GODIEGO

ゴダイゴコンサート2014

〜「ビューティフル・ネーム」から35年〜




ゴダイゴ


1975年に結成され、日本のプログレッシブロックバンドの草分け的存在となった。ゴダイゴという名前のロックバンドを作ろうと考えていたのは、リーダーのミッキー吉野だが、彼の在学時の後輩でもあるスティーヴ・フォックスに相談したところ、英語の綴りを『GODAIGO』ではなく「GO-DIE-GO」「GOD-I-EGO」の二つの意味を込め、不滅を願い『GODIEGO』にしたという逸話がある。結成後、CMタイアップ、TVドラマの主題歌、映画のサウンドトラックなど、以来既存のロックグループの活動概念から外れた数々の活動を繰り広げて行く。今日では当たり前のように繰り返されているその制作方法こそが、ゴダイゴの先見性の高さを表しており、同時にクオリティーの高い音楽性は、オリジナルメンバーとして現在も注目され続けているスーパーバンドである。


ミッキー吉野さんからメッセージが届きました!
Message from ミッキー吉野

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥9,400
3月6日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は2月27日11:00〜)
ミッキー吉野(key) タケカワユキヒデ(vo) 浅野孝己(g)
スティーブ・フォックス(b) トミー・スナイダー(ds)
【サポートメンバー】竹越かずゆき(key)
25
26
JAZZ / FUSION Chuck Loeb
Fourplayでお馴染みの“チャック・ローブ”がステップス・アヘッド在籍時からの盟友“ピーター・アースキン”を筆頭に凄腕達と凱旋!
CHUCK LOEB'S SILHOUETTE BAND

with PETER ERSKINE, JANEK GWIZDALA & MATT KING



チャック・ローブ


スムース・ジャズ/フュージョンで活動する人気ギタリスト/コンポーザー、チャック・ローブが最新バンドで名古屋BlueNoteに登場。甘美で心地よいギターの音色、気さくで明るい人柄ながら情熱的なプレイはファンを魅了しつづけている。これまでのキャリアの集大成ともいえる18枚目のリーダー・アルバムは、チャックが1985年〜88年まで在籍したステップス・アヘッドの仲間であり久々の再会で最新作リリースのきっかけとなったドラムスのピーター・アースキンを筆頭に、ランディ・ブレッカー、マイク・スターンや渡辺香津美などとの共演で現在最も注目を集める英国出身ベーシスト、ヤネク・グウィズダーラ、長年チャックの信頼を寄せているピアニスト、マット・キングがシルエット・バンドとして集結し、極上のアンサンブルを聴かせる。王道のフォープレイ・サウンド、知的なファンク、メランコリックに響くハーモニー…多彩なチャック・ローブの世界に存分に浸ってほしい。

Chuck Loebオフィシャルサイト
Peter Erskineオフィシャルサイト
Janek Gwizdalaオフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,700
5月2日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は4月25日11:00〜)
Chuck Loeb(g) Peter Erskine(ds) Janek Gwizdala(b)
Matt King(p,key)
27 OFF
28
FUSION / ROCK Simon Phillips
TOTOや上原ひろみTRIOでも活躍のスーパーテクニカルドラマーが新作アルバムを引っさげ登場!
サイモン・フィリップス

“プロトコルII”

featuring アンディ・ティモンズ、スティーヴ・ウェインガート、アーネスト・ティブス



Simon Phillips


三歳からドラムを始め、六歳の頃には父のバンドでBBCの録音に参加するなど積極的な活動を行っていた。十二歳の頃には学業よりも音楽活動を中心とした生活を送っており、この頃からプロとなる。十六歳でバンドから独立し、セッションプレイヤーとしての活動を開始。この頃からジャズ以外の音楽もオールジャンルに対応し始め、幅広いアーティストをサポートした。最近では嵐のレコーディングや、ジャズピアニスト上原ひろみのVOICEツアーにも参加している。ドラムセットに非常に多くの楽器を扱うのも彼のスタイルであり、音楽と共に育ってきた彼ならではのテクニックを披露してくれることだろう。

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,500
4月3日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月27日11:00〜)
サイモン・フィリップス(ds) アンディ・ティモンズ(g)
スティーヴ・ウェインガート(key) アーネスト・ティブス(b)
29
JAZZ / FUSION / DRUMS Harvey Mason
Fourplayでもお馴染み“神様”ハーヴィー・メイソンが自身のバンドを率いニューアルバム発売記念ライブを敢行!
ハーヴィー・メイソン





Harvey Mason


ジャズ・ファンクの定番「Chameleon」を含むハービー・ハンコックのメガ・ヒット・アルバム『Head Hunters』('73年)。そのドラマーであったハーヴィー・メイソンが、ニュー・アルバム『Chameleon』を携えて黄金期のジャズ・ファンク・サウンドを蘇らせる。'70年代初頭からロサンゼルスの音楽シーンで頭角を現し、クインシー・ジョーンズ、ジョージ・ベンソン、リー・リトナー等の名盤に参加。ソロ活動やプロデュースでも才能を発揮すると同時に、'91年からFourplayの一員としても活躍している。最新作では「Chameleon」に加え、リオン・ウェアの名曲「If I Ever Lose This Heaven」他をリメイク。“西のハーヴィー・メイソン、東のスティーヴ・ガッド”として人気を二分する世界最高峰ドラマーのスペシャル・プロジェクトは必聴必見!

オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥7,700
4月14日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は4月7日11:00〜)
ハーヴィー・メイソン(ds) ジミー・ハスリップ(b)
ジョン・ビーズリー(key) カマシ・ワシントン(sax)
クリス・ターナー(vo) フィリップ・ウー(key)
30
ROCK Tak Matsumoto
アルバム『TAKE YOUR PICK』でグラミーを獲得したギタリスト松本孝弘ソロプロジェクトでふたたび、希少なクラブ・ギグを敢行!
Tak Matsumoto

Tak Matsumoto LIVE 2014

-New Horizon-




松本孝弘



※本公演は全席指定となります。

B'zのギタリスト松本孝弘が5月10日(土)神奈川・Motion Blue yokohamaよりソロツアー「Tak Matsumoto LIVE 2014 -New Horizon-」を開催する事が決定した。 同ツアーはグラミー賞受賞アルバム、Larry Carlton&Tak Matsumoto『TAKE YOUR PICK』を携え、2010年に行われたツアー以来4年振りの開催。ツアーは6月15日(日)東京・BLUE NOTE TOKYO公演まで、7か所で27公演行われる。今春には、待望のニューアルバムもリリースが予定されており、2014年は精力的な活動が期待できそうだ。

Tak Matsumoto(B'z)オフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥9,800
3月15日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は3月08日11:00〜)
Tak Matsumoto(g) ジョン・フェラーロ(ds)
トラヴィス・カールトン(b) 小野塚 晃(key) 大賀 好修(g)
31
6/

1
2014/03 2014/04 2014/05 2014/06 2014/07 2014/08