2015/07 2015/08 2015/09 2015/10 2015/11 2015/12
2015/09 SCHEDULE
1
JAZZ New Century Jazz Quintet
ジャズ界に大きなインパクトを与える日米ハイブリッド・バンドが再び名古屋ブルーノートに登場!
New Century Jazz Quintet

New Century Jazz Quintet Japan Tour 2015
“In Case You Missed us”




ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテット


ドラム界の若き王者ユリシス・オーウェンズ・ジュニア、そして俊英ピアニスト大林武司を中心に、日米の若き精鋭が終結した日米ハイブリッド・バンド。ユリシスはアメリカの現代ジャズを築いた巨匠マルグリュー・ミラーを師と仰いで深い親交があり、大林にとってもマルグリューは最も敬愛するピアニストの一人だった。共通の師を持つ二人は2013年の初共演の時から意気投合し、ニューヨーク在住の若手ミュージシャンによる日米混合バンドの結成を企画。ジャズの歴史に深く根付きつつ、若い感性でジャズの今を表現していく事をコンセプトに掲げ、“New Century Jazz Quintet”の活動を開始。現代のジャズシーンに強烈な一撃を与えるスーパー・バンドの再登壇、刮目に値する一夜となるはずだ。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥6,500

メンバーズ会員優待価格:¥6,200

一般予約受付開始  6月8日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月1日11:00〜
ティム・グリーン(sax) ベニー・ベナック(tp) 大林武司(p)
中村恭士(b) ユリシス・オーウェンズ・ジュニア(ds)
2 OFF
3
AOR / FUSION PARACHUTE
日本を代表するプレイヤーが集結したセッション・スーパー・グループPARACHUTEが期待に応え再登場!
PARACHUTE





パラシュート


PARACHUTE(パラシュート)はフュージョン・ブーム真只中である1979年に結成された日本のフュージョン・バンド。'80年にデビュー・アルバム「パラシュート・フロム・アジアン・ポート」をリリース。2年間で計4枚のアルバムを発表し、当時の若者たちの間で絶大な人気を得たが、突然に活動を休止。メンバーはそれぞれ個々に活動を続けていくことになるが、遂に2003年5月、「クロスオーバー・ジャパン'03」にて21年ぶりとなる復活ライヴが行われた。2012年には「ライブ・イン・東京・クロスオーバー・ナイト」に出演。ファーストコールの面々が集結し輝きを放ち続けるセッション・スーパー・グループPARACHUTE。そのステージを心待ちにしていただきたい。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥8,400

メンバーズ会員優待価格:¥8,000

一般予約受付開始  6月11日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月4日11:00〜
林 立夫(ds) 斉藤ノヴ(perc) 松原正樹(g) 今 剛(g)
井上 鑑(key) 安藤芳彦(key) マイクダン(b)
4
POPS / MALE VOCAL PARACHUTE
ソウルフルな歌声と抜群の歌唱力で男女問わず、多くのファンを魅了する中西保志が今年も登場!!
中西保志

中西保志ライブツアー2015



Yasushi Nakanishi


1992年4月「愛しかないよ」でデビュー。同年8月、「最後の雨」をリリース。翌年、同曲が有線チャートを急上昇、オリコンでも再チャートインし、ポップス界では異例のロングセラーとなる。以後、バラードを中心に、ソウルフルな歌声と抜群の歌唱力で男女問わず、多くのファンを魅了している。2007年より、J-POPのカバー曲に挑戦。カバーアルバム「Standards」シリーズ4枚、ボーナストラックでオリジナル曲を収録したカバーアルバム「メロディーズ」も立て続けに発売するなど精力的に活動を展開。いずれも聴衆の心をつかむ結果となった。“天が与えたヴォーカル”と称される爽やかな歌声に包まれ過ごす、至福の一夜。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,300

メンバーズ会員優待価格:¥6,950

一般予約受付開始  7月10日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月3日11:00〜
中西保志(vo) 長谷川友二(g) 鈴木和郎(p)
5
JAZZ JAZZ LADY PROJECT
新アルバム収録曲を中心に、華麗でエキサイティングなJAZZを皆様にお届けします。
JAZZ LADY PROJECT





ジャズ・レディー・プロジェクト


才能豊かな女性ジャズ・アーティストたちが結集し、スタンダード・ナンバーを華麗に聴かせるプロジェクト、JAZZ LADY PROJECT。2011年に放送された、BSジャパン開局10周年記念番組「美女JAZZ」で誕生。番組放送後、女性ならではの演出と演奏で大きな話題を呼んだ。'12年10月10日に1stアルバム「THE JAZZ LADY」をリリース。ジャズフェスティバル等にも参加し活動の場を広げている。スタンダード・ナンバーを中心に、親しみやすいアレンジと演奏で、ビギナーには優しく、“ツウ”にはなるほどと感心させる一流のプレイ。ジャズの魅力を再発見できる、華やかで華麗なステージは必見。



ミュージックチャージ:¥6,300

メンバーズ会員優待価格:¥6,000

一般予約受付開始  6月25日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月18日11:00〜
五十嵐はるみ(vo) 折重由美子(p) 中村尚美(b)
飯塚理恵(ds) 大西由希子(sax) 平松加奈(vln) クラッシャー木村(vln)
6
FOLK / MALE VOCAL 堀内孝雄
暖かく優しい歌声に心癒される、アコースティックライブが再び。
堀内孝雄

アコースティックライブ2015



Takao Horiuchi


1971年、谷村新司、矢沢透と共に“アリス”を結成。翌年「走っておいで恋人よ」でデビュー。その後「冬の稲妻」「遠くで汽笛を聞きながら」などのヒット曲を多数発表し、'81年にアリスとしての活動を停止。その後本格的にソロ活動を展開する。'86年年末時代劇“白虎隊”の主題歌として大ヒットした「愛しき日々」。'90年のレコード大賞をはじめ6つの各賞を総ナメした「恋唄綴り」、18年連続で担当したテレビ朝日系“はぐれ刑事純情派”の主題歌「影法師」など数多くのヒット曲を発表。演歌でもなく歌謡曲でもなく、堀内節とも言われる独特のジャンルで歌い手として現在も一線で活躍中。昨年に引き続き今回の名古屋ブルーノート公演も、原点のスタイルとも言えるアコースティックギターを持ち、懐かしの名曲たちをお届けする大人のステージ。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥8,300

メンバーズ会員優待価格:¥7,900

一般予約受付開始  6月19日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月12日11:00〜
堀内孝雄(vo,g) 浅見昭男(Key) 林 政宏(p) 経田 康(g) 大本政知(b)
7
JAZZ STEVE GADD
祝70歳!"ドラムの神様"が新譜を携え、すご腕たちと繰り広げる豪華、迫力のセッション
STEVE GADD

STEVE GADD BAND
featuring MICHAEL LANDAU, LARRY GOLDINGS,
JIMMY JOHNSON & WALT FOWLER




スティーブ・ガッド


ドラマーとして世界最高峰の人気を誇るスティーヴ・ガッド。そのプレイ・スタイルは多くのフォロワーを輩出し、ミュージシャンの中ではワン&オンリーな存在として押しも押されもせぬビッグ・アイコンとなっている。“スタッフ”“ガッド・ギャング”“ステップス”等のユニットでも活動。'95年からはエリック・クラプトンの強い要請により彼のツアー・バンドでも欠かせぬ存在としてクラプトンのボトムを支えている。超絶テクニックと鳥肌もののグルーヴ感、驚異的な数のレコーディングやツアーを誇る、“ドラムの神様”による妙技をその目で確かめていただきたい。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥8,400

メンバーズ会員優待価格:¥8,000

一般予約受付開始  7月14日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月7日11:00〜
スティーヴ・ガッド(ds) マイケル・ランドウ(g) ラリー・ゴールディングス(key)
ジミー・ジョンソン(b) ウォルト・ファウラー(flh,tp)
8 PRIVATE
9 PRIVATE
10 OFF
11 OFF
12 OFF
13 OFF
14 OFF
15
FUSION / JAZZ FOURPLAY
フュージョン・コンテンポラリー・ジャズのスター4人が集結したドリーム・バンド
FOURPLAY





フォー・プレイ


1991年に結成されて以来、20年以上もの間フュージョン〜コンテンポラリー・ジャズ界に君臨し続けるスーパー・グループ。キーボード奏者、アレンジャー、プロデューサーとして多彩な活動を続けるボブ・ジェームス。エリック・クラプトンやTOTO、アレサ・フランクリンなど数多くのアーティストから絶大な信頼を得るネイザン・イースト。ハービー・ハンコックの名盤を支えたハーヴィー・メイソン。代々ビッグネームが歴任してきたギタリストのポジションにはチャック・ローブ。メンバーひとりひとりが音楽界のトップスターである。アルバムはいずれも好セールスを上げ、グラミー賞ノミネート作品も数多く頻出してきた。洗練されたメロディ、さらに磨きのかかった鉄壁のアンサンブルは正真正銘の世界最高峰サウンドだ。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥9,500

メンバーズ会員優待価格:¥9,050

一般予約受付開始  7月10日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月3日11:00〜
ボブ・ジェームス(p,key) チャック・ローブ(g)
ネイザン・イースト(b) ハーヴィー・メイソン(ds)
16 OFF
17
JAZZ / VOCAL 阿川泰子
日本を代表するジャズ・ヴォーカリスト、阿川泰子が今回も錚々たる強者メンバーを率いてオン・ステージ!
阿川泰子

阿川泰子
〜CROSSOVER NIGHT 2015〜




Yasuko Agawa


女性ジャズ・ヴォーカルの第一人者としてシーンに君臨する阿川泰子の、毎年秋の恒例となっている名古屋ブルーノートライヴ。文学座演劇研究所にて演劇を学び、その後女優として東宝映画“華麗なる一族”“青春の門”などに出演。1978年にジャズ・ヴォーカリストとしてデビュー。以来、セルジオ・メンデス、ジョー・サンプル、トミー・フラナガンなど錚々たるミュージシャンと共演、不動の地位を築く。'81年発表の5作目のアルバム「SUNGLOW」は、日本のジャズ・シンガーとしては異例の60万枚の大ヒットを記録。当時マスコミから“ネクタイ族のアイドル”“シュガー・ボイス”などと取り上げられ、アイドル的な人気を博す。女優の経験を生かした表現力豊かな歌唱と洗練された演出で、豪華で優雅でエレガントな一夜をお送りする。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥8,800

メンバーズ会員優待価格:¥8,400

一般予約受付開始  7月3日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月26日11:00〜
阿川泰子(vo) 松木恒秀(g) 村上“ポンタ”秀一(ds)
高水健司(b) 野力奏一(p,key)
18
JAZZ / PIANO 岸ミツアキ
ピアノで聴くジャズの名曲「スタンダードナンバー オンパレード」をお届け!
岸ミツアキ

岸 ミツアキ・トリオ



Mitsuaki Kishi


老舗ジャズ誌の読者人気投票でも長年上位にランクされるなど、実力・人気ともに日本を代表するジャズ・ピアニスト、岸ミツアキ。自己のグループでアメリカ、ドイツ、ロシア、キルギス共和国、カザフスタン共和国など数々の海外公演を行っており、国際的な評価のみならず、スインガーとしても緩急絶妙、流麗なピアノスタイルで新旧ジャズファンからの支持も厚い。最新リーダー・アルバム「ラヴ・アット・ファースト・サイト」は故ジョージ・シアリングを長年支えた名手ニール・スウェインソン、カウント・ベイシー・オーケストラのリーダーでもあるデニス・マックレルとの共演作。今回も、岸ミツアキ(p)本川悠平(b)力武誠(ds)の気心しれたトリオ編成で、ジャズの名曲をたっぷりと聴かせる。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥6,300

メンバーズ会員優待価格:¥6,000

一般予約受付開始  8月3日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月27日11:00〜
岸ミツアキ(p) 本川悠平(b) 力武 誠(ds)
19
JAZZ 渡辺貞夫
世界を舞台に活躍中の渡辺貞夫がL.A.の俊英たちと繰り広げるアコーステック・ジャズ・ナイト
渡辺貞夫

Sadao with LA Trio featuring
Russell Ferrante, William Kennedy and
Edwin Livingston.




Sadao Watanabe


18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドに参加。バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍。2005年“愛知万博”では世界中から集まった子供達400人と、国境や文化を越えた歌とリズムの共演という長年の夢を実現させ、それらの活動は海外へ広がる。近年は国立音楽大学の招聘教授として次世代の育成に力を注いでいる。2014年12月、17年ぶりに結成したビッグバンド「渡辺貞夫オーケストラ」を率いて国内6都市で公演。その際にダイナミックなサウンドで共に聴衆を圧倒したL.A.の俊英たち、さらに新たな仲間も加え今回の公演でも、老若男女すべての人に勇気と感動をプレゼントする。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥9,500

メンバーズ会員優待価格:¥9,050

一般予約受付開始  7月17日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月10日11:00〜
渡辺貞夫(a.sax) ラッセル・フェランテ(p)
エドウィン・リヴィングストン(b) ウィリアム・ケネディ(ds)
20 OFF
21 OFF
22
JAZZ デイヴ・ウェックル&小曽根真
スーパー・ドラマーが小曽根真を筆頭に豪華、実力派メンバーを迎えた新ユニット
デイヴ・ウェックル&小曽根真

DAVE WECKL & MAKOTO OZONE
featuring
TOM KENNEDY & GARY MEEK




DAVE WECKL&MAKOTO OZONE


チック・コリア、ミシェル・カミロ、マイク・スターンら数多くのトップアーティストたちから絶大な信頼を得るスーパー・ドラマー、デイヴ・ウェックルが新ユニット“デイヴ・ウェックル・アコースティック・バンド”を結成。日本では7月に発売される『オブ・ザ・セイム・マインド』の世界をライヴで繰り広げる。メンバーはD.ワーウィックやA.ジャロウ等との共演で知られるサックス奏者ゲイリー・ミーク、ウェックルと鉄壁のコンビネーションを誇るベース奏者トム・ケネディ、そしてピアノ、オルガンでは小曽根真が大きくフィーチャーされる。ストレート・アヘッドなジャズを中心にファンクやラテンも導入した幅広いサウンドで、今年4〜5月にロンドン、ミラノ、ウィーン、プラハ、パリと欧州17か所で行ったツアーでは各地の聴衆を熱狂させた。凄腕たちが火花を散らす、最高にホットなパフォーマンスを見逃すわけにはいかない。

DAVE WECKLオフィシャルサイト
小曽根真オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥9,500

メンバーズ会員優待価格:¥9,050

一般予約受付開始  7月29日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月22日11:00〜
デイヴ・ウェックル(ds) 小曽根真(p,ハモンドオルガン)
トム・ケネディ(b) ゲイリー・ミーク(sax)
23 OFF
24 OFF
25 OFF
26 OFF
27
BRAZIL / ALTERNATIVE / JAZZ ANTONIO LOUREIRO
ブラジル/ジャズ/オルタナティヴ・シーンで話題のシンガーソングライター、アントニオ・ロウレイロによる二年振りの来日公演が決定!
ANTONIO LOUREIRO

ANTONIO LOUREIRO Japan Tour 2015



アントニオ・ロウレイロ


ブラジル・サンパウロ生まれ。作曲と鍵盤打楽器を学び、2000年よりプロとしてのキャリアを開始。グループ「Ramo」のメンバー等を経て、2010年に初のソロ・アルバム『Antonio Loureiro』を発表。この作品が日本でもミュージックマガジン誌によって取り上げられ話題沸騰。ポルトガル、フランスでもツアーを行い、隣国アルゼンチンのアーティストとの交流にも精力的、南米器楽系ルネッサンスの中核的存在となりつつある。'12年に2ndアルバム『ソー』を発表。'13年に初来日、全国4箇所でツアーを行う。中でも豪華編成で行われた東京公演は大きな評判を呼び、'14年に同ライヴ録音がアルバム『In Tokyo』としてリリースされ、さらなる話題を呼んだ。同年ヴィブラフォン奏者・作曲家としての器楽曲アルバム『Herz e Loureiro』をリリース。現代ブラジルでその将来を最も嘱望されているアーティストのひとりだ。


ミュージックチャージ:¥6,900

メンバーズ会員優待価格:¥6,600

一般予約受付開始  7月28日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月21日11:00〜
アントニオ・ロウレイロ(vo,p)
28 OFF
29 OFF
30
POPS / FEMALE VOCAL 元ちとせ
日本を代表する女性シンガーが親密なクラブ空間で魅せるエクスクルーシヴ・ライブ!
元ちとせ

元ちとせ
ワンマンライブ 〜平和元年〜




Chitose Hajime


鹿児島県奄美大島出身。高校3年で奄美民謡大賞の民謡大賞を史上最年少で受賞。2002年に「ワダツミの木」でデビューし、大ヒットとなる。4枚のオリジナルアルバムの他、'10年8月にカヴァー・アルバム「Orient」(邦楽編)、「Occident」(洋楽編)を2枚同時リリース。'11年には3月9日に同郷のシンガー中孝介とのユニット“お中元”名義でシングル「春の行人(ゆこうど)」をリリース。4月からはNHK BSプレミアム「Amazing Voice」で初のMCを務める。8月31日には元ちとせとして3年振りとなるシングル「永遠(トワ)の調べ」をリリースするなど、精力的に活動。2児の母の顔も持ち、唯一無二の歌声と存在感を放つ、日本を代表する女性シンガーである。

元ちとせオフィシャルサイト
ミュージックチャージ:¥8,200

メンバーズ会員優待価格:¥7,800

一般予約受付開始  9月 4日11:00〜
メンバーズ受付開始 8月28日11:00〜
元ちとせ(vo) 間宮 工(g) 沖山優司(b) SUNNY(key)
ASA-CHANG(ds) 藤井珠緒(perc)
2015/07 2015/08 2015/09 2015/10 2015/11 2015/12
PAGE TOP


© NAGOYA BLUE NOTE