2014/08 2014/09 2014/10 2014/11 2014/12 2015/01
2014/09 SCHEDULE
1
FUSION / JAZZ FOURPLAY
フュージョン・コンテンポラリー・ジャズのスター4人が集結したドリーム・バンドが今年も極上のショーを披露!
FOURPLAY





フォープレイ


1991年に結成されて以来、20年以上もの間フュージョン〜コンテンポラリー・ジャズ界に君臨し続けるスーパー・グループ。重鎮ボブ・ジェームスを筆頭に、マイケル・ジャクソンのサウンドには欠かせない名手ネイザン・イースト、代々ビッグネームが歴任してきたギタリストのポジションにはチャック・ローブ、ドラムにハーヴィー・メイソンと、メンバーひとりひとりが音楽界のトップスターである。アルバムはいずれも好セールスを上げ、グラミー賞ノミネート作品も数多く頻出してきた。そんな彼らが今年も名古屋ブルーノートにやってくる。眼前で繰り広げられる極上のステージを、ぜひお楽しみいただきたい。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥9,200
7月10日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月3日11:00〜)
ボブ・ジェームス(p,key) チャック・ローブ(g)
ネイザン・イースト(b) ハーヴィー・メイソン(ds)
2
3
LATIN / BIG BAND Tropical Jazz Big Band
3年ぶりとなる16枚目の新作を携え真夏のブルーノートに登場!!個性溢れるメンバーが、ラテンの名曲、ファンクからオリジナルまで熱いビッグバンドサウンドを展開!
熱帯JAZZ楽団





Tropical Jazz Big Band


我が国のラテン音楽シーンをリードし続けてきたパーカッショニスト、プロデューサーのカルロス菅野が「オルケスタ・デ・ラ・ルス」を脱退後に結成、日本のインストゥルメンタルシーンを代表するミュージシャンを一堂に集めた、ラテン・ジャズ・ビッグバンド。無機質な音楽が溢れている昨今、メンバーが作り出すパワフルなリズムとハーモニーは年齢を問わず幅広い観客を魅了する。個性溢れるメンバーが『音楽はエンターテイメントだ!』をコンセプトに、ステージ上でまさに縦横無尽に懐かしのラテン名曲は勿論、ジャズ・ファンキー・オリジナルまでとびっきり熱いビッグ・バンド・サウンドを繰り広げる。この熱気を肌で感じ取ることができる程の接近戦、ぜひあなたにもご参加いただきたい。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,500
7月9日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月2日11:00〜)
カルロス菅野(perc) 美座良彦(tim) 伊波 淑(conga) 森村 献(p)
平川象士(ds) 高橋ゲタ夫(b) 佐々木史郎(tp) 佐久間 勲(tp)
松島啓之(tp) 松木理三郎(tp) 中路英明(tb) 青木 タイセイ(tb)
西田 幹(b.tb) 萱生昌樹(a.sax) 藤陵雅裕(a.sax)
アンディウルフ(t.sax) 宮本大路(b.sax)
4
JAZZ / POPS / MALE VOCAL ウーター・ヘメル
オランダのジャズ・ボーカリスト・コンペティションで男性ボーカリストとしては史上初となる栄冠に輝いたウーター・ヘメルが初登場。
ウーター・ヘメル





Wouter Hamel


1977年、オランダ生まれ。スマッシング・パンプキンズなどのロックに夢中な10代を経て、音楽を学び始めてからアニタ・オデイらのジャズ・ヴォーカルに惹かれる。2005年、ドイツ・ジャズ・ヴォーカリスト・コンペティションに出場し、大会史上初めて、男性ヴォーカリストとして優勝。その後ノース・シー・ジャズフェスティバルやデトロイト・ジャズ・アワードに参加、テレビ番組に出演するなど幅広く活動。 '07年にアルバム『へメル』でデビュー。'14年4月には通算3作目となるオリジナル・アルバム『ポンパドール』を発表。ジャズをベースにしながら極上のポップ・サウンドへと昇華させた“Mr.シルキー・ボイス”ウーター・ヘメルの甘いヴォーカルがステージを横断する。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,400
7月17日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月10日11:00〜)
Wouter Hamel(vo) Sven Happel(b) Jasper van Hulten(ds)
Rory Ronde(g) Thierry Castel(p) Gijs van Straalen(perc)
5
JAZZ H ZETTRIO
今夏、超人的なパフォーマンスでオーディエンスの息を飲ませた
H ZETTRIO(エイチゼットリオ)が名古屋ブルーノート初登場!
H ZETTRIO

to Nagoya BlueNote from Montreux



エイチゼットリオ


07年、アルバム・デビュー。無重力奏法と形容される超人的パフォーマンスで人気を集めるピアニスト。PE'Zのヒイズミマサユ機、東京事変第一期の鍵盤奏者「H是都M」という説もあり。そんなH ZETT Mが率いる楽しく愉快なおもしろピアノ・トリオ。昨年末にリリースしたアルバム『★★★(三ツ星)』を中心にピアノ、ウッドベース、ドラムのこのシンプルなトリオジャズ編成がこんなにおもしろいものなのかと誰もが思わずにいられないだろう。 踊って、笑って、感動して。音楽の楽しさ是非堪能しよう。

H ZETT Mオフィシャルサイト

H ZETTRIOのMV「みんなのちから」を紹介!
エネルギッシュな彼らの演奏を是非ご覧下さい。
「みんなのチカラ」〜「ぼくをみていた」performance by H ZETTRIO
ミュージックチャージ:¥6,000
8月4日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月28日11:00〜)
H ZETT M(p) H ZETT NIRE(b) H ZETT KOU(ds)
6
JAZZ / VOCAL Agawa Yasuko
「What is HIP?」がサポートし、70年代末から80年代初頭のクロスオーバーなナンバーを中心に披露!
阿川泰子

「CROSSOVER NIGHT

〜UNCHAINED MELODY〜」




Agawa Yasuko


神奈川県鎌倉市出身。名古屋、椙山女学園高等学校卒業。文学座演劇研究所にて演劇を学び、東宝映画「華麗なる一族」「青春の門」、テレビドラマ「太陽にほえろ!」などに出演。その女優時代に、ジャズ・クラリネットの故鈴木章治氏を紹介され、ジャズ・ヴォーカリストの道を歩み始める。1981年発表からの5作目のアルバム『SUNGLOW』は日本のジャズ・シンガーとしては異例の60万枚の大ヒットを記録。当時マスコミから“ネクタイ族のアイドル”、“シュガー・ボイス”などと取り上げられ、アイドル的な人気を博す。女優の経験を生かした表現力豊かな歌唱と上品な演出で、多くのファンを魅了し続けている。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥8,700
8月4日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月28日11:00〜)
阿川泰子(vo) 松木恒秀(g) 岡沢 章(b) 渡嘉敷祐一(ds)
野力奏一(p,key)
7 OFF
8 OFF
9 OFF
10
FUSION / TRUMPET / GUITAR “ランディ・ブレッカー&マイク・スターン” BAND
コンテンポラリー・ジャズ/フュージョンのスター・プレイヤーが集結してのスーパー・セッション!!
“ランディ・ブレッカー&マイク・スターン” BAND





Randy Brecker & Mike Stern

【整理券発行時刻】7:00pm〜
自身のバンド、ブレッカー・ブラザーズでジャズ〜フュージョン界に革命を起こした超一流のトランペッターであるとともに、コンポーザーとしても天才的な楽曲を残すランディ・ブレッカー。1980年代初頭、マイルス・デイヴィスの歴史的カムバック・バンドに抜擢されて注目を集め、その後のソロ・アルバムはいずれもロングセラーを誇っているギタリスト、マイク・スターン。長年に渡りマイク・スターンとの親交の深い実力派ベーシスト、トム・ケネディ、さらにドラムスにはライオネル・コーデューを迎えた、コンテンポラリー・ジャズ〜フュージョン・ファン必見必聴のスーパーセッションだ。彼らの奏でる音たちは、あなたを乗せて、ステージ上を所狭しと駆け巡ることだろう。

本公演は都合により2ndステージのみの開催とさせて頂きます。 ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。 ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

【特別営業時間】
[1ショー公演]open 8:30pm start 9:15pm


ランディ・ブレッカー オフィシャルサイト
マイク・スターン オフィシャルサイト
トム・ケネディ オフィシャルサイト
ライオネル・コーデュー オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,500
8月1日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月25日11:00〜)
ランディ・ブレッカー(tp) マイク・スターン(g) トム・ケネディ(b)
ライオネル・コーデュー(ds)
11 OFF
12
JUMP BLUES / JIVE The TRAVELLERS
NAOYUKI FUJII
ジャンプミュージック、スウィングミュージックに敬意を払いつつ作り出すサウンドはクールでパワフルでダンサブル!
The TRAVELLERS

with NAOYUKI FUJII





ザ・トラベラーズ , 藤井尚之


音楽に国境がないことを証明するバンド、TheTRAVELLERS。1998年より本格的な演奏活動を開始し、その年に1stシングル『TRAVELLERS』をリリース。'99年以降はUSA西海岸ツアーやイギリスツアーを敢行、精力的な活動はアメリカ・イギリスのメディアから注目を集めた。国内でもクラブクアトロツアーを行い、2004年以降にはタイ・バンコクにてアジア最大の音楽イベント「FatFestival」に4年連続出演するなど、ワールドワイドな活動を展開している。今回のステージでは、2011年にアルバム『RUBBERTOWN』でコラボレーションを果たしたチェッカーズのサックスプレイヤー、藤井尚之も加わり、さらに骨太なサウンドを響かせてくれるだろう。

The TRAVELLERSオフィシャルサイト
藤井尚之オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥6,900
7月16日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月9日11:00〜)
武田圭治(b) 武田真治(sax) 石原顕三郎(vo,g)
末房央(ds) 藤井尚之(sax)
13
POPS / FEMALE VOCAL 宏実
“誰もが恋するRAINBOW VOICE”と称される歌声のシンガーソングライター「宏実」が初登場!
「MY OWN FILM〜消えたブレーキライト〜 in 名古屋」

-宏実 PIANO DUO LIVE-





Hiromi


【整理券発行時刻】3:30pm〜

R&Bシンガーであり、ソングライター。4歳のときより生田流箏を始め、幼少期から音楽に触れ育つ。2008年に日本のトッププロデューサーが集結したファーストミニアルバム「TRUE COLORS」をリリース。収録曲「CONPLETE」や「HATE U」がレコチョクなど着うたサイトでたて続けにヒットする。2009年には自身初のフルアルバム「RAINBOW」をリリース。大きな話題を呼び、人気アーティストからフューチャリングのオファーが殺到、着うたサイトで宏実を目にしない日がないほどの現象が起きた。日本人離れした圧倒的な歌唱力、高い作詞、作曲能力を備えた日本では稀に見る本物のシンガーソングライターとして、今注目を集めている。

【特別営業時間】
[1ショー公演]open 5:00pm start 6:00pm

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥6,000
8月14日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は8月7日11:00〜)
宏実(vo) 瀧田敏広(p)
14
JAZZ Terakubo Erena
天才サックス奏者のエレナがニューヨーク・ジャズの精鋭ミュージシャン達を引き連れて堂々の凱旋公演!
Erena Terakubo Quartet

September Tour 2014



寺久保エレナ


札幌生まれの女性ジャズ・サックス奏者。9歳からサックスを習い始める。札幌ジュニア・ジャズ・オーケストラに参加し、ハービー・ハンコック、タイガー大越、日野皓正、本田雅人等のクリニックを受け、13才の時、最年少でボストン・バークリー・アワードを受賞。高校在学中に1stアルバム『NorthBird』をニューヨークで録音。リリース後、同アルバムはSwingJournal誌のゴールドディスクに選定される。“東京JAZZ2010”ではジャズの大御所ロン・カーターやオマー・ハキム等と共演し、世界中のジャズ・ファンを驚かせた。フランスや西アフリカで初の海外公演を敢行した後もニューヨークや日本で演奏活動を続ける。話題沸騰中の彼女の登壇を、見逃すわけにはいかない。

オフィシャルブログ

ミュージックチャージ:¥5,900
7月22日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月15日11:00〜)
寺久保エレナ(sax) ドナルド・ベガ(p) クシュ・アバディ(ds)
ズゥエ・ドゥマ・レ・ペレ(b)
15
JAZZ Kyle Eastwood
父クリント・イーストウッド監督作品の音楽にも携わるパリ在住の人気ジャズ・ベーシストが8年振りの登場!
カイル・イーストウッド





Kyle Eastwood


アメリカを代表する名優・名監督、そしてジャズ・ファンとしても高名なクリント・イーストウッドを父に持つサラブレッド。傑出したベース・テクニックと曲作りの才能で幅広いオーディエンスを虜にするカイル・イーストウッドが8年ぶりに登場!少年の頃からジャズに親しみ、1998年にメジャー・デビュー。華やかなソロ活動の一方で父親の映画に楽曲提供を続け、2008年には『グラン・トリノ』の音楽がゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞にノミネートされたほか、9月末に公開される『ジャージー・ボーイズ』のサウンド・トラックにも貢献している。抜群の音楽センスと、父親譲りの精悍なルックスを併せ持つ彼のステージ、素敵な一夜になること間違いなしだ。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,200
7月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月17日11:00〜)
カイル・イーストウッド(b) クエンティン・コリンズ(tp)
ブランドン・アレン(sax) アンドリュー・マコーマック(p)
アーネスト・シンプソン(ds)
16 OFF
17
POPS / MALE VOCAL 南佳孝
「モンロー・ウォーク」、「スローなブギにしてくれ」…数々のヒットソングで知られるアーバンポップの旗手が登場!
南佳孝





Minami Yoshitaka


1950年、東京都大田区生まれ。小学生の頃より兄、姉の影響でスタンダードナンバーやポップスに親しむ。中学時代にバンドを結成し、早くもオリジナルを手がける。大学時代にはシンガー・ソングライターとして活動し、TV番組のシンガー・ソングライターコンテストで3位に入賞。それをきっかけに、1973年、『摩天楼のヒロイン』でデビュー。'79年リリースの『モンロー・ウォーク』を郷ひろみが「セクシー・ユー」のタイトルでカバーし大ヒット。『スローなブギにしてくれ』も同名の映画のヒットに伴い大ヒットとなる。その後もコンスタントに作品を発表する一方で、多岐に渡る活躍を続けている。数々の名曲たちで彩られたステージ、心待ちにしていただきたい。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥6,900
7月29日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月22日11:00〜)
南佳孝(vo,g) 竹田 元(pf) 土屋 潔(g) バカボン鈴木(b)
鶴谷智生(ds) 佐野 聡(tb)
18 OFF
19 OFF
20
POPS/ MALE VOCAL 河村隆一
ソロ・シンガーとして、LUNA SEAのヴォーカリストとして活躍する河村隆一がソロライブとしてブルーノートに登場!
Ryuichi Kawamura

Special Live in Nagoya Blue Note



河村隆一

※お一人様につき2名様までのご予約となります

90年代を代表するロックバンドLUNASEAのボーカリストとしてデビュー。1997年LUNASEAの活動休止期間中、シングル「Iloveyou」でソロ活動をスタート。ドラマ出演や小説の出版、他アーティストへの曲をプロデュースするなどの活動の一方、2ndシングル「Glass」は100万枚以上、オリジナルアルバム「Love」は320万枚のセールスを記録した。2001年にソロ活動を再開。'08年にはソロ活動10周年の集大成となる71曲ライブを日本武道館にて成功させた。その並外れた歌唱力とカリスマ性が生み出すステージに、だれもが心打ち震える感動を覚えることだろう。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥10,000
8月7日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月31日11:00〜)
河村隆一(vo) 葉山拓亮(p) 福田真一朗(g) 島本道太郎(b)
岩丸 正(ds)
21
津軽三味線 / POPS 吉田健一
吉田兄弟として現代の邦楽界をリードしてきた吉田健一、待望のソロライブ開催が決定!
吉田健一 from Yoshida Brothers

〜ファースト・ソロライブ・ツアー〜



Yoshida Kenichi


【整理券発行時刻】1:30pm〜

幼少の頃より三味線を習い始め、兄と並び、三味線と共に生きてきた吉田健一。様々なミュージシャンや音楽と出会い、止まることなく挑戦し続けることで培われた感性により新たな扉が開かれ、進化したオリジナリティ溢れる津軽三味線の世界へと昇華させた。デビュー15周年を迎える今年、吉田健一の最大の理解者であり、福山雅治の公演や舞台「真田十勇士」の音楽監督のほか、プロデューサー、アレンジャー、キーボーディストとして多彩な活動を続ける井上鑑とタッグを組み、新進気鋭のミュージシャン、関谷友貴・土田祐生・三浦剛志と共に、今、ソロ奏者として新たな一歩を踏み出す。

【特別営業時間】
[1ST]open 3:00pm start 4:00pm [2ND]open 6:00pm start 7:00pm


吉田兄弟オフィシャルサイト
井上 鑑オフィシャルサイト
関谷友貴オフィシャルサイト
土田祐生オフィシャルサイト
三浦剛志オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,800
8月4日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月28日11:00〜)
吉田健一(津軽三味線)
井上 鑑(key) 関谷友貴(b) 土田祐生(perc) 三浦剛志(ds)
22 OFF
23
PIANO Kiyozuka Shinya
人気ドラマ「のだめカンタービレ」にて玉木宏氏演じる「千秋真一」の吹き替え演奏や、映画「さよならドビュッシー」出演などで人気の"清塚信也"が初登場!
清塚信也 LIVE





Kiyozuka Shinya


【整理券発行時刻】1:30pm〜

5歳よりクラシックピアノに親しみ、国内外のコンクールで数々の賞を受賞してきたマルチ・ピアニスト清塚信也が初登場。ドラマ『のだめカンタービレ』にて玉木宏演じる「千秋真一」や、映画『神童』では松山ケンイチ演じる「ワオ」でのピアノの吹き替え演奏や、映画『さよならドビュッシー』への出演、またNHK大河ドラマ『龍馬伝』では「龍馬伝紀行」テーマ曲演奏を手掛けるなど、その表現力とマルチな活躍で唯一無二の存在感を放ち続けている。9月には謎のサラリーマン・ピアニスト井羅人との共演による初の連弾CD『KIYOZUKA☆LAND-キヨヅカ☆ランド-』をリリース。今回のステージには、ピアニスト清塚信也の呼びかけに応じ集まった一流アーティストによる、2014年始動の新ユニットで登場する。ピアニストが2人、ヴァイオリン、打楽器…という異色の編成で、POPSともJAZZともROCKともいえる、オリジナルな音楽を披露する。ソロはもちろん、デュオやトリオ、と様々な形で奏でる形にも注目して頂きたい。また新作でも共演する井羅人も登場することもあり、息の合ったコンビネーションによる生連弾も期待できる。普段のコンサートホールではお聴きいただくことができない、ブルーノートならではの初めて尽くしのコンサートになること間違いなし!

【特別営業時間】
[1ST]open 3:00pm start 4:00pm [2ND]open 6:00pm start 7:00pm

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥6,400
7月31日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月24日11:00〜)
清塚信也(p) 井羅人(p) 吉田翔平(vln) 齋藤たかし(ds)
24
JAZZ / PIANO 山中千尋
ダイナミズムと超絶技巧、ジャズの伝統と斬新なアレンジを併せ持つ天才ジャズピアニスト山中千尋が5月に続き登場!
山中千尋

ニューヨーク クインテット ツアー

2014 秋 〜サムシン・ブルー〜




Yamanaka Chihiro


2001年に第一作『Living Without Friday』を発表、大手CDショップのジャズ・チャートでトップセールスをマークし、新人としては異例のデビューをかざる。2002年にリリースされた第二作『When October Goes』では、ジャズ・チャート初登場1位となり、聴衆から絶賛を受けた。その後も日本を含め、ニューヨークを中心に世界各地で活動を続け、数々の賞を受賞。今回は75周年を迎えたジャズレーベル「BlueNote」から最新作「サムシン・ブルー」をリリースする全国ツアー。飽くなき挑戦心と驚きの発想力でジャズの可能性を切り拓いてきた山中千尋が、王道に立ち返り、初のクインテット編成で贈るジャズ・コンサート。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥6,900
8月1日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月25日11:00〜)
山中千尋(p) ベニー・ベナック 三世(tp) ジェリール・ショウ(sax)
ケンドリック・スコット(ds) 脇 義典(b)
25
JAZZ / BIG BAND The Count Basie Orchestra
今年で結成79年目! 新ディレクターが就任したビッグ・バンド・ジャズの名門が登場!
レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ

directed by スコッティ・バーンハート(counductor)



The Count Basie Orchestra


ワン&オンリーのスイング感、溢れるブルース・フィーリング、凄腕メンバーが一丸となった大迫力の合奏。「ワン・オクロック・ジャンプ」「シャイニー・ストッキングス」を筆頭に数々の名曲を歴史に刻むCBOがビッグ・バンドの王道を届ける。1936年の結成以来、レスター・ヤング、フレディ・グリーン、サド・ジョーンズなど数多くの伝説的奏者を輩出し、創始者ベイシーの没後も精力的に活動。新ディレクターのスコッティ・バーンハートは‘93年からオーケストラの花形トランペット奏者を務める一方、トニー・ベネットやレイ・チャールズとの共演でもキャリアを積み重ねてきた。永遠不滅のベイシー・サウンドに新たな一章が加わる、ビッグ・バンド・ファン垂涎のステージになることは間違いない。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥9,000
8月5日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月29日11:00〜)
スコッティ・バーンハート(conductor)
マーシャル・マクドナルド(a.sax) クリーヴ・ガイトン(a.sax)
ダグ・ミラー(t.sax) ダグラス・ローレンス(t.sax)
ジェイ・ブランフォード(b.sax) チャールス・オーウェンス(b.sax)
マイク・ウィリアムス(tp) クリス・ジョンソン(tp)
エンドレ・ライス(tp) ブルース・ハリス(tp)
クラレンス・バンクス(tb) デイヴ・ケイム(tb)
アルヴィン・ウォーカー(tb) マーク・ウィリアムス(btb)
ボビー・フロイド(p) ウィル・マシューズ(g)
マーカス・マクローリン(b) クレイトン・キャメロン(ds)
26
JAZZ / CHORUS TIME FIVE
海外の名コンポーザー5名の代表曲をタイムファイブのハーモニーでお届けします。
タイムファイブ

The Great Composers 5



TIME FIVE


【整理券発行時刻】3:30pm〜

アメリカのコーラスグループ、フォー・フレッシュメンが好きな同志社大学軽音楽部の先輩後輩同士で結成されたコーラスグループ。メンバーは結成から40年来変わらず、田井康夫、野口鎮雄、勅使河原貞昭、吉村晴哉、杉江浩平の男性5人。大学対抗バンド合戦に優勝後上京し、本格的にプロとしての活動を開始。以後、楽器を演奏しながらコーラスをするという独自のスタイルと、テンションを駆使した高度なハーモニーをグループのカラーとし人気を博してきた。コンサート、ライブ活動およびテレビ、ラジオへの出演をする傍ら、CMソングをこれまで1000曲以上も歌い上げるという偉業を為す。海外の名コンポーザー5名の代表曲で構成された今回の公演では、懐かしく心温まるショーを披露してくれることだろう。

【特別営業時間】
[1ST]open 5:00pm start 6:00pm [2ND]open 8:00pm start 8:45pm

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,000
7月31日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月24日11:00〜)
田井康夫(1st vo) 野口鎮夫(2nd vo) 勅使河原貞昭(3rd vo,tp)
吉村晴哉(4th vo,key) 杉江浩平(5th vo,fl) 相原秀章(g)
27
JAZZ / VIOLIN / VOCAL 寺井尚子
JAZZ VIOLINIST第一人者の寺井尚子が名古屋の盟友と共にお送りするスペシャルナイト!
NAOKO TERAI & FRIENDS





寺井尚子


4歳よりヴァイオリンを始め、1988年、ジャズ・バイオリニストとしてプロデビュー。来日中だったジャズ・ピアニスト、ケニー・バロン氏との共演をきっかけに、ニューヨークでのレコーディングに参加し、一躍注目を集める。その後も独自性あふれる表情ゆたかな演奏スタイルで、人気の高いコンサートを中心にテレビやCM出演など、幅広く音楽活動を展開している。ジャズ・バイオリンの世界ではスウィンギー、かつグリッサンドを活かした演奏が多い中で、バップの基本スタイルを徹底的にマスターしたと思われるアドリブを展開し、ジャズ・バイオリン奏法に新しい解釈を与えた。今年4月に行われたライブの感動も覚めやらぬまま、繊細な表現力と情熱的な演奏が再びやってくる。

オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥8,000
8月5日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月29日11:00〜)
寺井尚子(vln) 北島直樹(p) 店綱邦雄(b) 中沢 剛(ds)
松岡“matzz”高廣(perc)
【名古屋Friends】伊藤昌司(p) かとうえい子(vo)
ケン・バルディス(vo) 司いつ子(vo) いくら(vo)
28
JAZZ / GUITAR ラッセル・マローン
ピーター・バーン
今、最もニューヨークで注目される二人が繰り広げる息をもつかせぬ白熱のギター・デュオ!
ラッセル・マローン X ピーター・バーンスタイン ギターDUO





Russell Malone,Peter Bernstein


ラッセル・マローン、1963年にジョージア州で生まれる。4歳のときからおもちゃのギターで遊び、やがて数多のアーティストの音楽に触れ、多大な影響を受けつつ多くのテクニックを学ぶ。'88年からはバンド活動を中心に、その腕を磨いてきた。1967年にニューヨークで生まれ、8歳の頃よりピアノ、13歳のときからギターに触れてきたピーター・バーンスタイン。今回の公演は彼らの初めての顔合わせとなる。独特の揺れを感じさせるビーバップ・スタイルのギター・ワークがユニークなラッセル・マローン、暖かく抒情的なメロディーが特徴的なピーター・バーンスタインのギター・サウンド。彼らの演奏が交錯するこのステージを、心ゆくまで味わっていただきたい。

ラッセル・マローン オフィシャルサイト
ピーター・バーンスタイン オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,000
7月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月17日11:00〜)
ラッセル・マローン(g) ピーター・バーンスタイン(g)
29
JAZZ / PIANO ハロルド・メイバーン
ラッセル・ホール,リー・ピアソン
マイルス・デイビスからウェス・モンゴメリー等と共演したハードバップ世代最後のレジェンド“ハロルド・メイバーン”は必聴!
ハロルド・メイバーン トリオ





Harold Mabern


【整理券発行時刻】7:00pm〜


1936年、メンフィス生まれ。60年代にマイルス・デイビスをはじめウェス・モンゴメリー、アート・ファーマーなど、数々の大物たちと活躍してきたベテラン・ピアニスト。いまや現存するハードバップ世代最後の大物の一人。ほぼ独学でピアノを学び、'54年シカゴに進出。バピッシュな面とモーダルな面の両方で存在感を放ち、歌心豊かな表現力と気骨のあるバネのプレイで人気を博した。本公演は、ウィントン・マルサリスが最も将来を嘱望しているというベーシスト、ラッセル・ホール、近年スパイロ・ジャイラやケニー・バロン・トリオでも活躍し、ロバータ・フラックの音楽監督も務めるドラマー、リー・ピアソンを迎えたトリオ公演。そのダイナミックで華麗な旋律に酔いしれてほしい。

本公演は都合により2ndステージのみの開催とさせて頂きます。 ご予約いただいておりました皆様には、順次お電話にてご連絡を差し上げて参ります。 ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

【特別営業時間】
[1ショー公演]open 8:30pm start 9:15pm



ハロルド・メイバーン
ラッセル・ホール オフィシャルサイト
リー・ピアソン オフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥7,000
7月24日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月17日11:00〜)
ハロルド・メイバーン(p) ラッセル・ホール(b) リー・ピアソン(ds)
30
JAZZ / VIOLIN / GUITAR 牧山純子,横田明紀男
横田明紀男プロデュースによる「月虹」をリリースした牧山純子が記念コラボ企画として初登場!
牧山純子 featuring 横田明紀男

牧山純子CD「月虹」発売ツアー



Makiyama Junko,Yokota Akio


東京都出身のヴァイオリニスト、牧山純子。3歳からピアノ、4歳よりヴァイオリンを始め、海野義雄、大谷康子に師事する。大学卒業後フランスで研鑽を積み、帰国後ソリストとして数多のコンサートに出演。2002年バークリー音楽大学に入学しジャズ・ヴァイオリンを専攻。同年のNHK紅白歌合戦の平井堅「大きな古時計」ではアメリカから衛星生中継で出演した。 '08年、自身のアルバム「ミストラル」でメジャーデビューを果たし、最近までライブ活動からテレビやラジオなど、幅広く精力的な活動を続けている。人気ユニットFriedPrideのギタリスト、横田明紀男とのコラボとなる本ステージ、ヴァイオリンとギター、ふたつの弦楽器による協演は、優しく、ときに激しく、会場を包み込む。

牧山純子オフィシャルサイト
Fried Prideオフィシャルサイト

ミュージックチャージ:¥6,500
7月23日一般予約受付開始
(メンバーズ先行は7月16日11:00〜)
牧山純子(vln) 横田明紀男(g) その他未定
2014/08 2014/09 2014/10 2014/11 2014/12 2015/01