2018/08 2018/09 2018/10 2018/11 2018/12 2019/01
2018/09 SCHEDULE
1
POPS / MALE VOCAL
川上大輔
Daisuke Kawakami

川上大輔LIVE 2018
川上大輔
ミュージックチャージ :¥7,900
メンバーズ会員優待価格:¥7,550
2013年2月にシングル「ベサメムーチョ」でデビュー。その一ヶ月後には1stアルバム『ベサメムーチョ 〜美しき恋唄〜』をリリース。今年4月、魂を揺さぶる唯一無二の歌声“魂響(たまゆら)の貴公子”として、初のバラード作品となる7thシングル「人魚のように」をリリース。その官能的なプラチナボイスと端正な容姿で、歌謡界の新星として大きな注目を集める。あなたの心にそっと寄り添うような歌声を、ぜひとも生で感じ取っていただきたい。
特別営業時間
[1st ] open 3:00pm start 4:00pm
[2nd] open 6:00pm start 7:00pm
[自由席受付] 1:30pm〜
川上大輔(vo) 佐藤雄大(key) 田中"TAK"拓也(g) 松本智也(perc)
一般予約受付開始  6月 7日11:00〜
メンバーズ受付開始 5月31日11:00〜
2
GROUP SOUNDS
ザ・ワイルドワンズ
THE WILD ONES

お楽しみはこれからだ2018!
〜あの頃も これからも〜
ザ・ワイルドワンズ
ミュージックチャージ :¥7,700
メンバーズ会員優待価格:¥7,350
メンバー全員が70歳になったワイルドワンズ。
今年も元気いっぱいパワフルなステージをお届けします。
1966年結成。「想い出の渚」でデビュー。ヒットチャート1位を獲得。その後シングル17枚、アルバム10枚をリリース。言わずと知れた日本を代表するグループサウンズの旗手。年間80〜100本のステージングをこなし、'06年には全国ツアー50ヶ所と、新たな金字塔を打ち立てた。グループサウンドの枠を越えコーラスやトークでのエンターテインメントぶりも人気を博してきた。爽快な歌声のワイルドワンズ・サウンド、あの頃の、青春時代の輝きがやってくる。
[1st ] open 4:00pm start 5:00pm
[2nd] open 7:00pm start 8:00pm
[自由席受付] 2:30pm〜
鳥塚しげき(g) 植田芳暁(ds) 島 英二(b)
加瀬友貴(g) 加藤隆之(g) YUKIE(key) HIRO(ds)
一般予約受付開始  6月 4日11:00〜
メンバーズ受付開始 5月28日11:00〜
3
JAZZ
STEVE GADD
スティーヴ・ガッド

STEVE GADD BAND JAPAN TOUR 2018
featuring MICHAEL LANDAU, KEVIN HAYS, JIMMY JOHNSON & WALT FOWLER
STEVE GADD
ミュージックチャージ :¥8,600
メンバーズ会員優待価格:¥8,200
"ドラムの神様"が新譜を携え、すご腕たちと繰り広げる豪華、迫力のセッション
もはや説明不要の名ドラマー、スティーブ・ガッド。数々のセッション・シーンで活躍をしてきた"ドラムの神様"だが2013年にスティーブ・ガッド・バンド名義でアルバムをリリースしたのは記憶に新しい。今回は同バンドでの3年ぶりのスタジオ・レコーディング・アルバムを携えてのリリースツアーで登場。メンバーは、ギターのマイケル・ランドウ、べースのジミー・ジョンソン、トランペットのウォルト・ファウラー、そしてキーボードはケヴィン・ヘイズ。ジャズ・ファンク・フュージョンを自由自在に横断するアルバム収録曲はどれもゴキゲン!鉄壁のメンバーが贈る圧巻のスペシャル・セッションをどうぞお楽しみいただきたい。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
スティーヴ・ガッド(ds) マイケル・ランドウ(g) ジミー・ジョンソン(b)
ウォルト・ファウラー(tp,flh) ケヴィン・ヘイズ(key,vo)
一般予約受付開始  6月25日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月18日11:00〜
4
JAZZ / FUSION
John Scofield
ジョン・スコフィールド

John Scofield’s "Combo 66" featuring Vicente Archer,
Gerald Clayton & Bill Stewart
John Scofield
ミュージックチャージ :¥8,000
メンバーズ会員優待価格:¥7,600
ジャズ・フュージョン界で圧倒的な存在感を放つギタリスト、ジョン・スコフィールドが10年振りに
名古屋ブルーノートに登場! スタープレイヤー達が目前で繰り広げるスーパーセッションを見逃すな!
マイルス・デイビスも寵愛したジャズギタリスト、ジョン・スコフィールド。近年は立て続けにグラミー賞も受賞し、シーンの中でますます存在感を高める彼が新カルテットを率いて登場!ベーシストにはロバート・グラスパーとの共演でも注目を集める若手奏者、ヴィセンテ・アーチャー。鍵盤は現在のNYジャズ界で圧倒的な人気を誇る、ジェラルド・クレイトン。そして、常に多数のアーティストから引っ張りだこのベテランドラマー、ビル・スチュワート。世代の垣根をこえた3人のミュージシャンと、もはや大御所の域に達するギタリスト、ジョン・スコフィールドが一つのステージに集う!業界人も大注目のこの貴重なセッションを見逃す手はない!
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
ジョン・スコフィールド(g) ヴィンセンテ・アーチャー(b)
ジェラルド・クレイトン(p) ビル・スチュワート(ds)
一般予約受付開始  6月15日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月 8日11:00〜
5
FUNK / SOUL / ROCK
TOWER OF POWER
タワー・オブ・パワー

TOWER OF POWER "50th Anniversary Celebration"
TOWER OF POWER
ミュージックチャージ :¥11,000
メンバーズ会員優待価格:¥10,500
米西海岸が生んだ“宇宙最強のファンク・バンド”
結成50周年を祝うプレミアム・ライヴ
祝・結成50周年!世界最強・最長のファンク・ユニット、タワー・オブ・パワーがアニヴァーサリー・ライヴを開催する。‘68年8月、エミリオ・カスティーヨとスティーブン・ドク・クプカを中心にアメリカ西海岸のオークランドで結成。‘72年メジャー・デビューを果たし、「ホワット・イズ・ヒップ」、「ユー・アー・スティル・ア・ヤング・マン」など数多くのヒットで人気を不動のものとした。最高にエキサイティングなホーン・アンサンブル、歌声、リズム・セクションの絡みは、まさしくワン&オンリー。6月国内発売の最新作『ソウル・サイド・オブ・タウン』からのナンバーも含む極上のプログラムで、オーディエンスを興奮の渦に包み込む。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
エミリオ・カスティーヨ(t.sax) スティーヴン “ドッグ” クプカ(b.sax)
デヴィッド・ガリバルディ(ds) トム・ポリッツァー(t.sax)
サル・クラキオーロ(tp) アドルフォ・アコスタ(tp)
ジェリー・コルテス(g) ロジャー・スミス(key,org,vo)
マーク・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(b) マーカス・スコット(vo)
一般予約受付開始  7月 4日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月27日11:00〜
6
OFF
7
FOLK / MALE VOCAL
堀内孝雄
Takao Horiuchi

アコースティックライブ2018
堀内孝雄
ミュージックチャージ :¥8,500
メンバーズ会員優待価格:¥8,100
暖かく優しい歌声に心癒される、アコースティックライブが再び名古屋ブルーノートに。
1971年、谷村新司、矢沢透と共に“アリス”を結成。アリス活動停止以降、ソロ歌手としてのヒット曲「愛しき日々」「恋唄綴り」などをスーツを着て、ハンドマイクでお茶の間の番組などで熱唱するイメージが定着してる堀内だが、元々はアリスで数多くの名曲の作曲をてがけるメロディーメーカーとして、そして、ギタリストとしてもギターテクニックはかなりの腕前と評判であった。そんな堀内、いや、この日ばかりはあの頃のギターを抱えた「べーやん」に戻って、ヒット曲だけでなく「本当に今歌いたい歌を届ける」もはや定番になっている年に一度のアコースティックライブ。今宵はぜひその世界をご堪能いただきたい。
特別営業時間
[1st ] open 3:00pm start 4:00pm
[2nd] open 6:00pm start 7:00pm
[自由席受付] 1:30pm〜
堀内孝雄(vo,g) 浅見昭男(a.g) 林政宏(p) 経田康(g) 大本政知(b)
一般予約受付開始  5月21日11:00〜
メンバーズ受付開始 5月14日11:00〜
8
ROCK
田中昌之
Masayuki Tanaka

「Your Song 2018」
田中昌之
ミュージックチャージ :¥7,500
メンバーズ会員優待価格:¥7,150
魂を揺さぶる熱い歌声、多くの聴衆を魅了する元クリスタルキング・田中昌之が贈る最新ステージ
1979年、クリスタルキング名義で発表したシングル「大都会」のヒットにより、一躍スターダムへと駆け上った田中昌之。その後、『北斗の拳』のテーマ・ソング「愛をとりもどせ!!」が世界中でヒットするなど、ロックに根ざしたサウンドと魂を揺さぶる歌声で多くのリスナーを虜にしてきた。近年はセッション・ライヴを続けてきたが、2010年から活動を本格化。当店では3度目の出演となる。円熟味を増す歌声とパワフルなステージングで観客を魅了する。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
田中昌之(vo) 川上聡(g,cho) 吉池千秋(b,cho) 高田真(ds) 中林彩(cho) 大坪正(key)

【Opening Act】
 1st Yasagure Night : Yumi(vo) 遊人(vo) 大島章義(g)
 2nd 島田恵美子(vo)
一般予約受付開始  6月11日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月 4日11:00〜
9
MALE VOCAL
前川 清
Kiyoshi Maekawa

Kiyoshi Maekawa My Favorite Songs Live 2018 〜Oldies〜
前川清
ミュージックチャージ :¥10,800
メンバーズ会員優待価格:¥10,300
1969年、内山田洋とクール・ファイブのヴォーカルとして、「長崎は今日も雨だった」でデビュー。その後「そして神戸」「中の島ブルース」「東京砂漠」などの多くのヒット曲を生み出す。'87年からソロ活動を開始し、「花の時・愛の時」「男と女の破片」がヒット。2002年、福山雅治プロデュースによる新曲「ひまわり」を発表。現在、ソロでの活動のほか、前川清&クール・ファイブとしても活躍中。歌謡曲の大御所の登場、乞うご期待。
[1st ] open 4:00pm start 5:00pm
[2nd] open 7:00pm start 8:00pm
[自由席受付] 2:30pm〜
前川 清(vo) 見砂和照(ds) 近藤研介(b) 伊藤せんべい(p)
大久保 明(g) 伊藤佳奈子(vl) 吉永 寿(sax)
斉藤妙子(cho) 鈴木佐江子(cho) 大嶋吾郎(cho)
一般予約受付開始  6月29日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月22日11:00〜
10
OFF
11
OFF
12
SPECIAL UNIT
Jazztronik Presents Hizuru

飛鶴 アルバムリリース Live
Hizuru
【1stステージのみ開催致します】

ミュージックチャージ :¥6,500
メンバーズ会員優待価格:¥6,200
毎回様々な編成による新たなサウンドを追求する野崎良太(Jazztronik)主催の音楽家プロジェクト”Musilogue”。
そのMusilogueが純邦楽の和楽器奏者達とのコラボレーションの為に結成したユニットHizuruが初登場!
記念すべき第1弾アルバム『飛鶴 / Hizuru』を2017年10月にリリース。邦楽器奏者としては、純邦楽のみならず様々なジャンルとの共演をこなす3人の演奏家、木村俊介(三味線)・田辺しおり(尺八)そして明日佳(箏)が今作に参加、その他の参加者は西嶋徹(Bass)栗原健(Sax)波多江健(Drums)Yurai(Chorus)井上新(E.Guitar)そして野崎良太(Piano)となっています。Hizuruとは飛ぶ鶴という意味から来ています。その飛鶴の姿のごとく邦楽器の魅力を新たな音楽へと昇華させていくのがこの""Hizuru""の音楽です。
この日はHizuruの曲のみならず、Jazztronikの人気楽曲を和楽器を入れたこの日のみのスペシャルHizuruアレンジでお届けいたします!
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[自由席受付] 3:45pm〜
野崎良太(p) 吉崎明日佳(箏) 田辺しおり(尺八) 栗原健(sax)
西嶋徹(b) 井上新(g) 波多江健(ds)
一般予約受付開始  7月 5日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月28日11:00〜

13
OFF
14
OFF
15
JAZZ / FEMALE VOCAL
akiko
アキコ

「ジャズを詠む」出版記念ライブ
akiko
ミュージックチャージ :¥6,900
メンバーズ会員優待価格:¥6,600
ジャズ・シンガーakikoが綴る初めてのライフスタイル・エッセイ集、『ジャズを詠む- 人生を幸せにする、
25のスタンダード・ナンバー』の発売を記念したプレミアムなライブを開催。
エッセイで綴られたスタンダードナンバーを、歌詞や内容を紹介しつつ人気のトリオをバックに唄う極上の一夜。
アルバム毎に違ったコンセプトで多彩なスタイルを提案するakiko。過去作品ではプロデューサーとしてSwing Out Sister(UK)、須永辰緒、小西康陽、ブッゲ・ヴェッセルトフト等を迎えている。レコーディングもパリ、ロンドン、ニューヨーク、リオデジャネイロ、オスロと世界各地に渡り、アート・リンゼイ、クオシモード等、コラボレーションや客演も多い。また、ソングライティングやアレンジ、ジャケットのアートディレクションに至るまで、セルフ・プロデュースもこなす。音楽のみならず、ライフスタイルやファッションなど、発信するすべてに注目を集めるヴォーカリスト。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
akiko(vo)
工藤拓人(p) 中林薫平(b) 白根佳尚(ds) 田中義人(g)
一般予約受付開始  7月24日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月17日11:00〜
16
LATIN
オルケスタ・デ・ラ・ルス
Orquesta de La Luz

ORQUESTA DE LA LUZ
オルケスタ・デ・ラ・ルス
ミュージックチャージ :¥7,900
メンバーズ会員優待価格:¥7,550
世界に知られた日本人サルサ・バンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスが名古屋の夜をラテン化!
1984年秋、日本人サルサ・バンドとして結成。メンバー全員が日本人でありながら、世界中のサルサ、ラテン・ファンから支持される伝説のサルサ・グループ。世界を奔り続けてきた彼らの“日本ラテン化計画”は益々勢いに乗り、「聴いたら明るくなれるはず」と呼びかけるそのハイテンションなサウンドが、まだ熱気の残る名古屋の夜にやってくる。
[1st ] open 4:00pm start 5:00pm
[2nd] open 7:00pm start 8:00pm
[自由席受付] 2:30pm〜
NORA(vo) JIN(vo) 鈴木喜鏤(timbales) ジョナサン・カッツ(p)
渋谷和利(b) 佐藤 由(bongo)五反田 靖(tp)佐久間勲(tp)
相川 等(tb) 前田大輔(tb)伊波淑(conga)

出演を予定していたピアノ奏者である斎藤タカヤは、誠に急ではございますが、網膜剥離の緊急手術で1週間ほど入院する事となった為、公演に出演することが出来なくなりました。出演を楽しみにしていただいていたお客様につきましては、誠に申し訳ございません。 なお、代役として、急遽ジョナサン・カッツ(Jonathan Katz)が出演致します。(プロフィール下記参照)
何卒ご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。

ジョナサン・カッツ(Jonathan Katz)
ニューヨーク州ロングアイランド出身。
イェール大学とイ−ストマン音楽院で音楽を幅広く学び、上智大学留学後、東京を拠点に活動している。(詳細は下記URLにて)
http://www.jkatz.net/j/bioj-2.html
一般予約受付開始  6月12日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月 5日11:00〜
17
FUSION
本多俊之&ラジオクラブ

本多俊之&ラジオクラブ
ミュージックチャージ :¥6,800
メンバーズ会員優待価格:¥6,500
自信を持って申し上げます!このラジオクラブ程下品、もとい上品で、
メンバー全員悪魔、もとい天使のようなバンドは他に有りません!乞うご期待! by本多俊之
ラジオクラブとは、1987年に結成され、1990年に惜しまれつつも解散に至った名門バンド。そのオリジナルメンバーは非常に濃く、キャラクターだけでなく音楽性も実力も折り紙つきのものである。本多俊之はチック・コリア、フレディー・ハバード、レッド・ミッチェル、クリストファー・クロス等、国内外の著名ミュージシャンと共演。日本を代表するサックス奏者である。特にソプラノ・サックスの音色の美しさには定評があり右に出る者はいない。この稀有な機会にぜひともご来場いただきたい。
[1st ] open 4:00pm start 5:00pm
[2nd] open 7:00pm start 8:00pm
[自由席受付] 2:30pm〜
本多俊之(sax) 鳴瀬喜博(b) 小川美潮(vo) 是方博邦(g) 東原力哉(ds) 大清美(key)
一般予約受付開始  7月11日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月 4日11:00〜

18
JAZZ / FEMALE VOCAL
STACEY KENT
ステイシー・ケント

STACEY KENT
ミュージックチャージ :¥8,000
メンバーズ会員優待価格:¥7,600
キュートなルックスと透明感あふれるヴォーカル
最新作も話題の人気女性シンガーが、約1年半ぶりの登場
ノーベル文学賞に輝く作家、カズオ・イシグロが歌詞を手掛けた楽曲を含むニュー・アルバム『アイ・ノウ・アイ・ドリーム』がベスト・セラー中。英語、フランス語、ポルトガル語を駆使しながら、コスモポリタン的に活躍する“ジャズ・ソングバード”、ステイシー・ケントがハートウォーミングなステージを繰り広げる。米国ニュージャージー州に生まれ、英国ロンドンで本格的な活動を開始。2009年にはフランス芸術文化勲章を受章、前述の最新作は2017年度ジャズ・ジャパン・アワード“アルバム・オブ・ザ・イヤー/ヴォーカル部門”も獲得した。今回も夫君ジム・トムリンソンを含むバンドと共に、時代や国境を超えた名曲の数々で魅了してくれるはずだ。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
ステイシー・ケント(vo) ジム・トムリンソン (sax,fl) ジェレミー・ブラウン(b)
ジョシュ・モリソン(ds) グラハム・ハーヴィー(p,key)
一般予約受付開始  7月 9日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月 2日11:00〜

19
OFF
20
JAZZ
AI KUWABARA with STEVE GADD & WILL LEE
桑原あい with スティーヴガッド & ウィルリー

AI KUWABARA with STEVE GADD & WILL LEE
ミュージックチャージ :¥7,500
メンバーズ会員優待価格:¥7,150
世界のトップアーティスト2人を迎え、新時代を切り開く気鋭のピアニスト桑原あいが登場!
話題となった前回のツアーから、早1年3か月。桑原あい、ウィル・リー、スティーヴ・ガッドの3人がまたもやひとつのステージに集う。桑原は幼少よりエレクトーンと作曲を学び、中学生でピアノに転向。洗足学園高等学校音楽科ジャズ・ピアノ専攻を卒業後の2012年にアルバム・デビュー。 2015年のモントルー・ジャズ・フェス(スイス)ではクインシー・ジョーンズから絶賛を受けた。 今回のステージは3人の共演作『Somehow, Someday, Somewhere』からのナンバーに加え、書き下ろし曲や新カヴァー曲も披露予定。若き才能、桑原あいと、スティーヴ・ガッド、ウィル・リーという音楽を知り尽くしたレジェンド・ミュージシャン二人との再会に期待が高まる。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
桑原あい(p) スティーヴ・ガッド(ds) ウィル・リー(b)
一般予約受付開始  8月 3日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月27日11:00〜
21
OFF
22
TANGO
冴木杏奈
Anna Saeki

魂の翼に乗せて
冴木杏奈
ミュージックチャージ :¥8,900
メンバーズ会員優待価格:¥8,500
タンゴ界のトップアーティスト“冴木杏奈”が自身プロデュースのバンド
「ESPERANZA〜エスペランサ」を率いて名古屋ブルーノートに登場!
北海道生まれ。ミス札幌に選ばれたのをきっかけに、タンゴ歌手としてデビュー。実力を認められ、さらに女優、司会としてなども活躍。タンゴ界のトップアーティストとして、日本はもとより世界各地でコンサート活動を行う。'08年、アルゼンチン、ラファルダ・タンゴフェスティバルで「タンゴに貢献した20人」に選ばれ、外国人として初となる快挙を得る。会場でところ狭しと繰り広げられるタンゴの魅惑に、あなたも触れてみてはいかがだろうか。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
冴木杏奈(vo)
[ESPERANZA] 春日真菜(cello) 池田夕里恵(cb) 水谷道代(p)
望月雄史(g)
一般予約受付開始  6月28日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月21日11:00〜
23
FEMALE VOCAL
秋元順子
Junko Akimoto

『秋元順子 Premium LIVE 2018
in NAGOYA Blue Note LIVE 2018 』
秋元順子
ミュージックチャージ :¥7,900
メンバーズ会員優待価格:¥7,600
「愛のままで・・・」のヒットからちょうど10年になる秋元順子。ヒット曲はもちろん最新シングル「哀しみのコンチェルト」を含むオリジナル曲や、メジャーデビュー以前から大切に歌ってきた様々なジャンルの曲を盛り込んだプレミアムライブ。脇を固めるのは、常に彼女のサポートを務めるピアニスト中村力哉、旧知のドラマー長谷川清司、そして日本でただひとりベルギー配列ボタン・アコーディオンを操る桑山哲也。すべてを順子ワールドで歌い上げるライブをお楽しみ下さい。
特別営業時間
[1st ] open 2:00pm start 3:00pm
[2nd] open 5:00pm start 6:00pm
[自由席受付] 0:30pm〜
秋元順子(vo) 中村力哉(p) 長谷川清司(ds) 桑山哲也(acc)
一般予約受付開始  7月18日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月11日11:00〜
24
WORLD MUSIC
ネオ・ジャパネスク
NEO Japanesque

“龍蓮の奏”
ネオ・ジャパネスク
ミュージックチャージ :¥6,300
メンバーズ会員優待価格:¥6,000
元気な日本!を世界に発信する和洋混成バンドネオジャパネスク!
ダイナミックかつ繊細なステージをご堪能ください。
元気な日本!を世界に発信する和洋混成バンドネオジャパネスク!
2016年全米でCD『NEO Japanesuque』をリリースし、2017年に渡米、美しい音の情景描写や躍動感あふれる楽曲で述べ2万人のお客様を魅了 した。2019年に全米で2枚目となるCDリリースが決定し、さらに飛躍が期待されている。
ダイナミックかつ繊細なステージをご堪能ください。
[1st ] open 4:00pm start 5:00pm
[2nd] open 7:00pm start 8:00pm
[自由席受付] 2:30pm〜
塩崎智由(和太鼓・篠笛・尺八) 永田香織(和太鼓・篠笛)
小川和也(ds) 勝良平(key) 松下晋開(b)
一般予約受付開始  5月31日11:00〜
メンバーズ受付開始 5月24日11:00〜
25
JAZZ / TRUMPET
黒田卓也
Takuya Kuroda

TAKUYA KURODA
黒田卓也
ミュージックチャージ :¥6,900
メンバーズ会員優待価格:¥6,600
N.Y.を拠点に活躍を続けるサムライ・トランペッター
精鋭メンバーと繰り広げる最新ステージ
J-Squadでの活動、MISIAやJUJUとのコラボレーション等、多岐に渡る共演や活動を続けるトランペッター黒田卓也が約1年半ぶりに自身のバンドを率いて登場する。2003 年に渡米し、ニューヨークのニュースクール大学ジャズ科を経て、2014年ホセ・ジェイムズのプロデュースによる『ライジング・サン』でワールド・デビュー。2016年にはアンティバラスやceroとの共同作業を含む『ジグザガー』を発表した。この春に行なわれた野外イベント「Jazz Auditoria」でも、抜群のエンターテイナー性とパワフルな演奏でオーディエンスを圧倒した黒田卓也。世界を震撼させる気鋭トランペッターからの最新メッセージが待ち遠しい。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
黒田卓也(tp) クレイグ・ヒル(ts) 泉川貴広(p,key)
ラシャーン・カーター(b) アダム・ジャクソン(ds)
一般予約受付開始  8月10日11:00〜
メンバーズ受付開始 8月 3日11:00〜
26
OFF
27
OFF
28
JAZZ / VOCAL
阿川泰子
Yasuko Agawa

阿川泰子
ミュージックチャージ :¥8,900
メンバーズ会員優待価格:¥8,500
80年代ジャズ・ブームの牽引役として脚光を浴び、
後に日英クラブ・シーンでも再評価を受けるなど、
世代を超えて支持を集める阿川泰子が、今年も「クロスオーヴァー・ナイト」を開催。
女性ジャズ・ヴォーカルの第一人者としてシーンに君臨する阿川泰子の、毎年秋の恒例となっている名古屋ブルーノートライブ。1978年にジャズ・ボーカリストとしてデビューして以来、セルジオ・メンデス、ジョー・サンプル、トミー・フラナガン、ピノ・パラディーノなど伝説的な海外ミュージシャンと多数共演。ロンドンのクラブ・シーンを中心とした若い世代からも多大なリスペクトを受ける。女優の経験を生かした表現力豊かな歌唱と洗練された演出で、大人の為のクロスオーヴァーな夜をお届けする。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
阿川泰子(vo) 笹路正徳(key) 則竹裕之(ds)
バカボン鈴木(b) 天野清継(g) 庵原良司(sax)
一般予約受付開始  7月 6日11:00〜
メンバーズ受付開始 6月29日11:00〜
29
POPS / MALE VOCAL
古澤 剛
Takeshi Furusawa

古澤剛 Live at NAGOYA Blue Note
〜僕らをつなぐ歌がある Special Night〜
古澤 剛
ミュージックチャージ :¥5,900
メンバーズ会員優待価格:¥5,600
1983年9月生まれ。中学三年生の時、友人の影響でギターを弾き始め、山崎まさよしをコピーし、ギターでオリジナルソングを作曲し、高校二年のときにバンドを組む。高校三年のときには高校生ロック選手権でグランプリを受賞。25歳で上京し、都内のライブハウスで活動を始める。2013年9月に「BIRTH-DAY」をリリース。'15年にはアルバム「Dear My Friend」を発売。2016「Color」でメジャーデビュー。聴く人の耳に、心に、ストレートに届く歌声はまさに唯一無二のものである。
[1st ] open 5:30pm start 6:30pm
[2nd] open 8:30pm start 9:15pm
[自由席受付] 3:45pm〜
古澤剛(vo,g) 真藤敬利(p)
一般予約受付開始  7月 9日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月 2日11:00〜
30
R&R
COOLS
クールス

スーパーパワー
COOLS
ミュージックチャージ :¥7,400
メンバーズ会員優待価格:¥7,050
1975年、キャロルのラスト・コンサートにおいてバックアップを務めた単車チーム“クールス”が、ロックン・ロール・バンドとしてシングル「紫のハイウェイ」とアルバム『黒のロックンロール』の同時リリースでデビュー。強面なイメージとは裏腹の音楽性を誇り、アメリカン・オールド・スタイルのロックン・ロール・バンドとして定着していった。評論家やマスコミ、社会、そしてファン達の興味はオートバイや革ジャンといったファッション面にも注がれ、彼らのスタイルは非常に多くの人々の心に響いたといえるだろう。
[1st ] open 4:00pm start 5:00pm
[2nd] open 7:00pm start 8:00pm
[自由席受付] 2:30pm〜
佐藤秀光(ds,vo) 村山一海(vo) ジェイムス藤木(g,vo)
市川信昭(key) 佐藤尚之(sax) 中村正治(b) 石井健一(g)
一般予約受付開始  7月13日11:00〜
メンバーズ受付開始 7月 6日11:00〜
2018/08 2018/09 2018/10 2018/11 2018/12 2019/01
PAGE TOP