2020/06 2020/07 2020/08 2020/09 2020/11 2021/01
2020/09 SCHEDULE
1
-
2
-
3
LATIN
オルケスタ・デ・ラ・ルス
Orquesta De La Luz
(振替公演)

Arriba De La Luz☆
日本ラテン化計画2020
オルケスタ・デ・ラ・ルス
ミュージックチャージ :¥7,900
メンバーズ会員優待価格:¥7,600
結成35周年を迎え、世界に知られた日本人サルサ・バンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスが名古屋の夜をラテン化!
1984年結成。’89年に自費によるNew Yorkツアーを決行。このツアーで大ブレイクし、’90年BMGビクターより国内、海外デビュー。このアルバムが全米ラテンチャートで11週連続1位を獲得。その活動は世界に認められ、国連平和賞(’93)、グラミー賞ノミネート(’95)、日本レコード大賞特別賞(’91&’93)、New York批評家協会賞(’91&’92)、世界23カ国でのツアー、NHK「紅白歌合戦」出演(’93)、カルロス・サンタナとの共演など、目覚ましい活躍を続ける。’97年に解散するも、2002年活動を再開。国内、海外ツアー、各地ジャズフェス、ロックフェス出演、国内のアーティスト(井上陽水、松任谷由実、宮沢和史、山崎まさよし、大黒摩季、他)とのコラボレーション、タモリカップ出演、学校公演など、「日本ラテン化計画」をテーマに精力的に活動を続けている。2019年には結成35周年を迎え、10年ぶりのオリジナル・アルバム「Gracias Salseros」を発売。3月にFacebookにて配信したデビュー曲「Salsa Caliente Del Japon」のリハーサル映像が200万回再生に届く勢いで、中南米を中心に世界中で話題になっている。
[1st ] open 5:00pm start 6:00pm
[2nd] open 8:00pm start 8:45pm
[一般席受付] 3:30pm~
NORA (vo) JIN(vo,cho) 鈴木喜鏤(timbales,cho)
伊波淑(conga) 佐藤由(bongo)
斎藤タカヤ(p,cho) 澁谷和利(b) 佐久間勲(tp)
五反田靖(tp) 前田大輔(tb) 相川等(tb,cho)
一般予約受付開始  5月 4日11:00~
メンバーズ受付開始 4月27日11:00~
2020/3/25公演をご予約のお客様 4月13日11:00~(電話受付のみ)
[2020/3/25公演をご予約のお客様へ]
2020/3/25公演をご予約のお客様は4月13日から先行してご予約いただけます。
振替公演のご予約方法につきましては、別途メールか郵送にてご連絡させていただきます。
4
FOLK / MALE VOCAL
堀内孝雄
Takao Horiuchi

堀内孝雄 アコースティックライブ 2020
堀内孝雄
ミュージックチャージ :¥8,700
メンバーズ会員優待価格:¥8,400
暖かく優しい歌声に心癒される、アコースティックライブが今年も開催決定!
[1st ] open 5:00pm start 6:00pm
[2nd] open 8:00pm start 8:45pm
[一般席受付] 3:30pm~
堀内孝雄 (vo,g) 浅見昭男(g,synshe) 林政宏(key)
経田康(g) 今泉正義(ds,perc) 大本政知(b)
一般予約受付開始  5月14日11:00~
メンバーズ受付開始 5月 7日11:00~
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
沖縄民謡
古謝美佐子
Misako Koja
(振替公演)

古謝美佐子 ~文楽人形とともに~
古謝美佐子
ミュージックチャージ :¥6,900
メンバーズ会員優待価格:¥6,600
古謝美佐子が文楽人形の名手「勘緑」をゲストに迎えるスペシャルステージ。
沖縄の歌と人形の超絶コラボをお楽しみに!
「童神」などで知られる沖縄の民謡歌手、古謝美佐子。坂本龍一のCDやツアー参加、ネーネーズのリーダーなどの活動を経て、現在はソロで沖縄の心を歌い続けている。 今回はスペシャルゲストとして文楽人形の名人「勘緑」と木偶舎がブルーノート初登場。
両者による他では観られないコラボ公演が実現。 沖縄民謡の古典から琉球版「アメイジンググレイス」まで、魂の震える共演。

■勘緑(かんろく)
1955年徳島県生まれ。元(財)文楽協会技芸員。人形座「木偶舍」主宰。現在は日本で唯一の文楽座出身のフリーのプロ人形遣い。伝統的な文楽の演目に加え、古謝美佐子~沖縄民謡を始め音楽や演劇など他ジャンルと人形との革新的なコラボ公演を創作し従来の枠を越えたパフォーマンスが話題を呼んでいる。欧米をはじめ海外公演も多数。また全国各地で人形座の指導育成する他、京都芸術センター専任講師、首都大学東京非常勤講師なども務める。平成19年度国民文化祭・劇場王国まつりコーディネーター。昨年はフランス在住シリア難民パフォーマー「マラス兄弟」との日本ツアーを主催し成功させた。

■木偶舍
勘緑を中心とした人形遣いグループ。メンバーの多くは女性だが、その実力は各方面で評価が大変高い。
[1st ] open 5:00pm start 6:00pm
[2nd] open 8:00pm start 8:45pm
[一般席受付] 3:30pm~
古謝美佐子(vo,三線) 佐原一哉(key)
<ゲスト>勘緑+木偶舎(文楽人形)
一般予約受付開始  4月22日11:00~
メンバーズ受付開始 4月15日11:00~
2020/3/20公演をご予約のお客様 4月6日11:00~(電話受付のみ)
[2020/3/20公演をご予約のお客様へ]
2020/3/20公演をご予約のお客様は4月6日から先行してご予約いただけます。
振替公演のご予約方法につきましては、別途メールと郵送にてご連絡させていただきます。
21
POPS / FEMALE VOCAL
小比類巻かほる
Kahoru Kohiruimaki
(振替公演)

35th anniversary Live
小比類巻かほる
ミュージックチャージ :¥7,700
メンバーズ会員優待価格:¥7,400
デビュー35周年を迎えた小比類巻かほるのスペシャルステージ!
数々の名曲たちとともに特別な一夜を…。
1985年のデビュー以降、「Hold On Me」「City Hunter~愛よ消えないで~」「Together」「DREAMER」など圧倒的な歌唱力で数々のヒット曲を放ってきた小比類巻かほる。 プリンス、モーリス・ホワイトらとセッションやレコーディングも経験。R&Bやゴスペルなどのテイストを採り入れたサウンドと、ソウルフルなヴォーカルで高い評価を受ける。 近年は自身の活動のほか、楽曲提供やプロデュースなど幅広い活動も積極的に行っている。ソウルフルなヴォーカルと高い完成度を誇るサウンドは、今回も魅惑のステージを繰り広げることだろう。
[1st ] open 5:00pm start 6:00pm
[2nd] open 8:00pm start 8:45pm
[一般席受付] 3:30pm~
小比類巻かほる(vo) その他未定
一般予約受付開始  5月 5日11:00~
メンバーズ受付開始 4月28日11:00~
2020/5/2公演をご予約のお客様 4月17日11:00~(電話受付のみ)
[2020/5/2公演をご予約のお客様へ]
2020/5/2公演をご予約のお客様は4月17日から先行してご予約いただけます。
振替公演のご予約方法につきましては、別途メールか郵送にてご連絡させていただきます。
22
-
23
SPECIAL STAGE
加藤登紀子
Tokiko Kato
(振替公演)

ユーラシアン ラプソディー
加藤登紀子
ミュージックチャージ :¥9,500
メンバーズ会員優待価格:¥9,200
私の原風景が鮮やかに浮かび上がり、胸が熱くなる大好きな歌!
ロシア、ポーランド、ハンガリー、フランス…。ユーラシアの名曲をお楽しみ下さい。
1943年 旧満州・ハルビン市 生まれ。1965年、東京大学在学中に第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。1966年「赤い風船」でレコード大賞新人賞、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年「知床旅情」ではミリオンセラーとなりレコード大賞歌唱賞受賞。以後、80枚以上のアルバムと多くのヒット曲を世に送り出す。国内コンサートのみならず、1988年、90年N.Y.カーネギーホール公演をはじめ、世界各地でコンサートを行い1992年、芸術文化活動における功績に対してフランス政府からシュバリエ勲章を授けられた。近年は、「FUJI ROCK FESTIVAL」に毎年出演し、世代やジャンルの垣根を超え観客を魅了し続けている。また、年末恒例の日本酒を飲みながら歌う「ほろ酔いコンサート」は45年以上続いていて人気のイベントとして定着している。歌手活動以外では女優として映画『居酒屋兆治』(1983年)に高倉健の女房役として出演した。宮崎駿監督のスタジオジブリ・アニメ映画『紅の豚』(1992年)では声優としてマダム・ジーナ役を演じた。

◆主な曲
悲しき天使 カチューシャ 遠い祖国 あなたに逢えたら 花はどこへ行った
今日は帰れない 暗い日曜日 愛の讃歌 百万本のバラ

北川翔
ロシア民謡研究家であった北川剛を祖父に、バラライカ奏者であった北川つとむを父に持ち、幼少よりロシアの音楽に親しむ。 2004年、ロシア国立ラフマニノフ記念ロストフ音楽院に特別奨学生として入学。 2008年、国際ロシア民族楽器コンクール<ベロゴーリエ杯>にて日本人初となるバラライカ部門優勝。 全国各地での公演や、テレビ朝日「徹子の部屋」、NHK「うたコン」など、TV、ラジオ、新聞等にたびたび登場し、日本でのロシア民族楽器普及の為、幅広く活動している。 日本ユーラシア協会常任理事、北川記念ロシア民族楽器オーケストラ音楽監督。

浜野与志男
2011年日本音楽コンクール第1位。日本フィル・サントリーホール定期やロイヤル・フェスティバル・ホール(ロンドン)、モスクワ音楽院ラフマニノフホール、浜離宮朝日ホールでのソロ・リサイタルをはじめ国内外にて活動を展開する。東京藝術大学を経て英国王立音楽大学修士号およびアーティスト・ディプロマを取得、モスクワ音楽院にて研鑽を積む。これまで岡田敦子、エリソ ヴィルサラーゼ、故・エレーナ アシュケナージ、ドミトリー アレクセーエフ、ニキータ フィテンコほか各氏に師事。2018年4月より東京藝術大学非常勤講師、東京音楽大学非常勤講師。デビューアルバム[ステート オヴ マインド ~漂流する国の孤高なる音楽]発売中。
[1st ] open 5:00pm start 6:00pm
[2nd] open 8:00pm start 8:45pm
[一般席受付] 3:30pm~
加藤登紀子(vo) 北川翔(balalaika) 浜野与志男(p)
一般予約受付開始  5月19日11:00~
メンバーズ受付開始 5月12日11:00~
2020/4/4公演をご予約のお客様には、振替のご案内を郵送させていただきます。
24
BANDONEON
小松亮太
Ryota Komatsu
(振替公演)

小松亮太 五重奏 スペシャルライブ
小松亮太
ミュージックチャージ :¥7,900
メンバーズ会員優待価格:¥7,600
高校時代より才能を発揮し、伝説的歌手である藤沢嵐子の91年のラスト・ステージではバンドネオン・ソロで伴奏を担当。98年のCDデビューを果たして以来、カーネギーホールやアルゼンチン・ブエノスアイレスなどで、タンゴ界における記念碑的な公演を実現している。ソニーミュージックより20タイトル以上のアルバムをリリースし、「ライブ・イン・TOKYO~2002」はアルゼンチンで高く評価された。15年にリリースした大貫妙子との共同名義アルバム『Tint』は、第57回輝く!日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞。その後もタンゴ界にとどまらず、ソニーのコンピレーション・アルバム「image」と、同ライブツアー「live image」には初回から参加。作曲活動も旺盛で、数多くの映画やテレビ番組、アニメーションのサウンドトラックなどを手掛けている。国内だけではなく、海外アーティストとの共演もあり16年12月「小松亮太meetsワールドバンドネオンプレイヤーズ」開催、17年7月にイ・ムジチ合奏団と共演するなどしている。本公演ではヴァイオリン,ギター,ピアノ,コントラバスを迎え、豪華な五重奏スペシャルライブに期待してほしい。
[1st ] open 5:00pm start 6:00pm
[2nd] open 8:00pm start 8:45pm
[一般席受付] 3:30pm~
小松亮太(bandoneon) 近藤久美子(vln)
鬼怒無月(g) 鈴木厚志(p) 田中伸司(cb)
一般予約受付開始  4月22日11:00~
メンバーズ受付開始 4月15日11:00~
2020/3/23公演をご予約のお客様 4月6日11:00~(電話受付のみ)
[2020/3/23公演をご予約のお客様へ]
2020/3/23公演をご予約のお客様は4月6日から先行してご予約いただけます。
振替公演のご予約方法につきましては、別途メールと郵送にてご連絡させていただきます。
25
-
26
-
27
-
28
-
29
JAZZ / PIANO
大西順子
Junko Onishi
(振替公演)

大西順子トリオ
大西順子
ミュージックチャージ :¥7,900
メンバーズ会員優待価格:¥7,600
1967年4月16日、京都生まれ。東京に育つ。 1989 年、ボストン、バークリー音楽大学を卒業、ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、数多くのジャズ・ジャイアンツと活動を共にする。 1993 年、デビュー・アルバム『ワウ』を発表し大ベストセラー作品とする。 1994 年、 NY の名門ジャズ・クラブ“ビレッジ・バンガード”に日本人として初めて自己のグループを率いて出演し1週間公演を行う。同公演を収録した、『ビレッジ・バンガードの大西順子』は数多くの賞を受賞し、人気実力ともに日本ジャズ・シーンのトップに昇りつめる。その後日本ジャズの牽引者として縦横無尽に活躍。 2013年、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」に出演し、小澤征爾率いるサイトウ・キネン・オーケストラと共演。 2017年11月、自身初のバラッド・アルバム『 Very Special 』とレギュラートリオによる『 Glamorous Life 』を2枚同時リリースし、 JAZZ JAPAN AWARD 2017アルバム・オブ・ザ・イヤー、 CDショップ大賞ジャズ部門受賞する。 2018年12月、レギュラートリオに 3管を据えて録音された最新アルバム、大西順子セクステット『XⅡ』を発売。 2019年7月、実に 23 年ぶりとなるライブ録音アルバム『 Junko Onishi presents JATROIT Live at BLUE NOTE TOKYO 』を発売。現在も日本を代表するジャズピアニストとして圧倒的な存在感を示している。
[1st ] open 5:00pm start 6:00pm
[2nd] open 8:00pm start 8:45pm
[一般席受付] 3:30pm~
大西順子(p) 井上陽介(b) 吉良創太(ds)
一般予約受付開始  4月22日11:00~
メンバーズ受付開始 4月15日11:00~
2020/3/27公演をご予約のお客様 4月6日11:00~(電話受付のみ)
[2020/3/27公演をご予約のお客様へ]
2020/3/27公演をご予約のお客様は4月6日から先行してご予約いただけます。
振替公演のご予約方法につきましては、別途メールと郵送にてご連絡させていただきます。
30
-
2020/06 2020/07 2020/08 2020/09 2020/11 2021/01
PAGE TOP